かわりもの メタモン レイド。 【ポケモン剣盾】メタモンの育成論と対策

【ポケモンXY】かわりものメタモンの使い方

かわりもの メタモン レイド

スカーフメタモンと組ませることが前提なので、まずはかわりものメタモンについて解説したいと思います。 ご存知の通り、メタモンの特性かわりものは相手のHP以外の要素をすべて丸パクリする特性です ただし、技のppは全て5。 これを利用することにより、例えば積み技で能力の上がった相手ポケモンに化けることで逆に相手を詰ませるといった芸当ができます。 また、威張ると組み合わせて相手の能力をわざとあげておくといったコンボが非常に強力です。 しかし、アイテム無しの状態では50パーセントの確率で相手に先手を取られて全抜きの前に倒されてしまいます。 そこで、まずは目の前の相手にタイマンで勝てるようにするためスカーフか襷を持たせる場合が一般的になっています。 スカーフは相手を上から殴って一撃で倒す、襷は確実に一発耐えて反撃するという発想からきています。 では、次にそれぞれのデメリットがどのようにさかさバトルに効いてくるかを考えます。 まず、襷のデメリットですが、連続技に弱いという点が挙げられます。 これはつまり絶対王者でありかつ一番パクリたい対象であるメガガルーラに弱いということになり、かなり痛手となります。 また、通常シングルよりもかなり使用率の伸びているキノガッサの種ガンに弱いのも結構厳しいです。 あとは、Sが高くないポケモンに化けると全抜きが難しいことが挙げられます。 一方、スカーフのデメリットですが、拘ってしまうことです。 つまり、技の一貫性を出すまで強力な相手をパクっても十分な抜き性能を発揮できないため、立ち回りが難しくなります。 ですが、さかさバトルでは相性の反転により以下のようなタイプの技の一貫性が通常時と比べて異様に高くなります。 ノーマル 半減 無し• 草 半減 水・地面・岩• 地面 半減 炎・電気・毒・岩・鋼• 竜 半減 竜 まず、ノーマルは言わずもがなでしょう。 草はバンギ・ゲッコウガ・草食くらいにしか耐性がないので、一貫性が高いといえます。 地面は毒や鋼タイプが使われることが少なく、本来の欠点である飛行に無効にされなくなるので地震の性能の高さとあいまって制圧力が高いです。 竜技もメタモンを出した時点で相手が削れていればかなりオススメです。 そして、環境上位の物理アタッカーはメガガルーラ ノーマル技 ・キノガッサ 草技 ・ガブリアス 地震・逆鱗 ・カイリュー 神速・逆鱗 といったようにこれらのタイプの技を駆使するポケモンが多いので、スカーフメタモンが化けた際に腐りにくくなります。 また、マンムー・ガッサ・ホルード等の中速ポケモンに化けてしまった場合でも、スカーフなので十分な抜き性能を確保できます。 以上よりさかさバトルではスカーフに大きく軍配が上がるといえ、実際にPGLでもスカーフ>>襷となっています。 電磁波威張るにすると単純にメタモンが持ち物無しの状態でも対面している相手に先制技を打たれない限り、確実に先制できるようになります。 そのため襷の場合、襷を温存しつつ目の前の敵を突破できるので、電磁波威張るがほぼ必須となります。 今回想定しているスカーフの場合でも、襷の場合ほどのメリットはありませんが、スカーフ持ちの相手に化けた場合でも確実に先制できるので有用といえます。 しかし、必須ではないことが分かるかと思います。 それではスカーフ持ちとの対面で5分5分になってしまうデメリットを背負ってでも毒みがにしている理由は何かと言いますと、高耐久低火力なポケモンを流すorはめ殺すことがてきるということです。 さかさバトルでは先ほど説明したように、メタモンが化けたいノーマルを始めとした一貫性の高いアタッカーが積極的に採用されています。 となると、これらポケモンを受けるためにはどうすればよいでしょうか。 答えは一つで数値で受けるしかありません。 そのため普段のバトル以上にクレセ、ポリ2、クレベース、ラッキー、レジアイスといったメタモンが化けると返って不利になってしまう受けポケも積極的に採用されています。 つまり、メタモン視点でさかさ環境を眺めると『すごく化けたい』と『絶対化けたくない』との2極化が激しくなっていることが分かります。 したがって、毒みがを採用することで、『絶対化けたくない』受けを流し、メタモンを『すごく化けたい』物理アタッカーとの対面に導いてあげることができます。 さらにメタモンサポートの要として採用している威張ると毒みがにはなかなかのシナジーがあります。 威張るによる混乱が身代わりや回復アイテムとあいまって、毒のターンを稼ぎやすいです。 また、相手がメタモンにパクられることを警戒して、物理アタッカーから化けられた際に被害が少なそうな受けポケへ交換するかもしれないという局面でも、威張るが一貫して刺さるので使い勝手が良いです。 他のいたずらごころとの差別化 毒いばみがをするということなら全てのいたずらごころ持ちが実行することができるので、差別化を書いておきたいと思います。 ヤミラミ、エルフーン、クレッフィとはタイプ耐性の安定性で容易に差別化できます。 次に、ボルトルネですがタイプ耐性の安定性がやや勝っていますが、対クレセリア性能で見るとこいつらの方が上なので十分な差別化にはなりません。 ではどうするのかというと、ここが割とミソなのですが、リフレクターを採用することで差別化できます。 「スカーフで上から殴るだけなので必要ないのでは?」と思われるかもしれませんが、対メガガルーラにおいてかなり有用な技になります。 こちらも不意打ちを選択すれば確かに勝てるかもしれませんが、メタモンにスカーフを持たせているので、不意打ちのpp5を交換連打でやり過ごされる可能性があるので非常にリスキーです。 また、全抜きのためにも不意打ちよりも威力・一貫性が高いノーマル技を選択しておきたいというのもあります。 性格 オボンが基本ですが、その他にも候補があります。 オボン 単純に場持ちが良くなります。 食べ残しよりも即効性があるので、対物理アタッカーと受けポケの両方に対して腐りにくいアイテムです。 具体例を挙げると、陽気メガガルーラの猫捨て身を確定耐えします。 食べ残し 対受けでは威張るの混乱があり、ターン数が稼ぎやすいので総合的な回復量でオボンに勝る場合があります。 即効性が無いのがややネック。 ホズのみ ノーマル技を半減できる木の実です。 メガガルーラに威張った後の恩返しをリフレクター無しで耐えられるのがメリットですが、猫だましで潰されることもしばしば。 後は、カイリューの神速に対して威張っていきやすくなります。 努力値• 確定技 威張る メタモンをサポートする型なので外せません。 これを物理アタッカーに打ち、メタモンに繋ぐのが目的です。 もちろん、受けポケにも刺さったり、最悪運ゲーに持ちこめるのも強み。 毒々 今回のポイント。 受けポケを流して、物理アタッカーに繋げやすくします。 みがわり 受けポケが持っていることの多い補助技をシャットアウトすると同時に、毒のターン稼ぎができます。 他にもガッサの胞子を透かしたり、ラティの流星群をやり過ごしたりできるので便利。 リフレクター ボルトルネとの差別化となる技。 先ほど説明した通り、メガガルーラの不意打ちやガッサのマッハパンチに対して、メタモンが強気に恩返しや種ガンを選択できるようになります。 また、物理耐久が高くないニャオニクス自身の行動回数を稼ぐのにも役立ちます。 全て補助技なのが少々気になりますが、どれも切れない技なので仕方ありません。 他にも、たまにいる身代わりガルーラに有効なシャドボや、単純にターンを稼げる守るなどもありますが、なかなか搭載するのが難しいです。 ダメ計 今回は攻撃技が無いので、被ダメのみです。 物理方面 A252ガブリアス 逆鱗 48. 偶発した場合、受けがいるようなら一貫する威張るを打ちましょう。 猫だましを打ってきた場合、そのまま突っ張ってくる可能性があるので壁を残してメタモンに繋げやすくするためリフレクターを貼るのが良いでしょう。 A252キノガッサ マッハパンチ 49. とりあえず、1ターン目は胞子意識で身代わりを貼ることもできます。 特殊方面 C252ラティオス メガネ流星群 109. C252ポリゴンZ さわぐ 威力90音技 76. 私は身代わり張ってあるからとのんびりしてたら、ファーーってなりました。 C4ポリ2 トライアタック 31. 運用 先発や死に出しの方がHPが多くあるので仕事をしやすいですが、状況によっては物理アタッカーに強引に後出しして、いたずらごころ威張るを入れてメタモンで全抜きという展開が考えられます。 動きとしては物理アタッカーに対面させ、一貫性の高い威張るを打ち、メタモンにとって厄介な受けがでてきたら毒みがで嵌め殺した後、物理アタッカーに威張るを打ってメタモン無双が理想的です。 また、挑発にも注意してください。 相性の良い味方 メタモン 必須。 育成論でも触れたようにスカーフが良いでしょう。 メガガルーラ とりあえず強いので、他のメガシンカを採用する強い理由がなければパーティーに組み入れると良いでしょう。 2回攻撃なので、ニャオニクスが苦手なグライオンや、猫だましや不意打ちにより身代わり持ちにもある程度強くでることができます。 ラッキー、ウルガモス等特殊アタッカーを対処できるポケモン このニャオニクスは受けは確実に流せるのですが、特殊アタッカーを流せるかは相手のプレイスタイルによるところが大きく微妙です。 そのため、ラッキーのように特殊を確実に受けたり、ウルガモスのように死に出しから特殊を起点にしたりするのが良いでしょう。 ウルガモスでもホズか眠カゴを採用することで厄介なポリZをも起点にすることができます。 ゴーグルバンギラス キノガッサに化けた場合、状況次第で非常に強力ではあるのですが、メガガルーラの不意打ちや相手の草食に妨害されることが多々あります。 また、胞子・マッパのためニャオニクス自身の立ち回りも少し難しくなります。 バンギラスはH252振りのみで意地ガッサの岩石封じを3回耐えることができ、後出しからの砂ダメ襷潰しができます。 さらに追い打ち追い打ち採用で逃さず倒すこともできるので立ち回りが楽になります。 また、対特殊性能が有る程度あるのもgood。 ガッサは相手に草食がいると厄介ですね。 ガッサが草に弱いので割と一緒に組み込まれている事があると思っています。 まぁそいつが出てきた時は1度引っ込むべきなんでしょうね。 評価つけるなら3〜4くらいです。 理にかなっていて良いですね。 若干相手PTへの依存度が高いのはしょうがないですが、メタモンとのシナジーも良さそうです。 要点も抑えられていて、良い育成論だと思います。 心内ですが、評価5です。 あと、ポリゴンZのファーーで笑いました。 八つ当たりは本文でも書いたとおり、宿命的に厳しいですね。 化ける前に気づけばまだ手は打てるのですが それでも厳しい 、化けてから気づくとやはり詰みます。 草食は確かに結構いますね。 本文に追加しておきます。 ガッサに化けると強いかどうかは状況次第なので、厳しいと感じたら紹介したバンギのような対策ポケモンで刈り取るのが一番ですね。 ポリゴンZは計算したらあまりにも綺麗に倒される数値だったので、再度ファーーってなりました。 考察も納得してもらえて嬉しいです。 >タマムシ大学教授さん たまにこの手の指摘が私の育成論にはあるんですよね。 しゃべりたいこと全部しゃべっておくというスタイルで書いている私としてはできる限り考察の流れを重視して纏めたつもりですのでご了承ください。 もちろん、日本語としておかしいところがあれば修正しますので、よろしくお願いします。 追記しておきました。 まあ、どちらかというと胞子には一切頼らないので、ボルトメタモンの亜種のような気もしますが。 高評価ありがとうございます。 もっと早くくるものかと思ってましたw さかさだとノーマル技が壊れてますからガルーラが独壇場になっているのでそれにたいして有利とはいかずとも多少なりとも動けるのは素晴らしいですね。 私はボルトメタモンで使っていてガルーラが重すぎて諦めかけていたのですがニャオニクスは盲点でした。 一回試してみたいと思います。 a毒乃闘争心 toxorivalry 実数値を表示しませんか? 目安になると思います。

次の

メタモンの育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

かわりもの メタモン レイド

メタモンの厳選方法 ストーンズ原野での厳選手順動画 解説付き! メタモンの厳選手順• 「ねがいのかたまり」を入手• メタモン島かストーンズ原野に向かう• 巣穴に「ねがいのかたまり」を使う• メタモンを捕獲し、再び3へ 1. ねがいのかたまりを入手 メタモン厳選を行うにはまず「ねがいのかたまり」を入手しましょう。 「ねがいのかたまり」は道場前にいるお兄さんや本島にあるワットショップにて「3000W」で購入できます。 メタモン島かストーンズ原野に向かう メタモンは「メタモン島」と「ストーンズ原野」のレイドに出現します。 どちらかの巣穴に向かい厳選を始めましょう。 ストーンズ原野とは違い、 柱の太さに関わらず高確率でレイドに出現し、効率良くメタモンの厳選ができるので、DLCを購入した方はメタモン島で厳選を行いましょう。 巣穴にねがいのかたまりを使う 巣穴に「ねがいのかたまり」を使用しましょう。 メタモン島で使用した場合は柱の太さに関わらず高確率でメタモンが出現し、ストーンズ原野では太い柱からのみ出現します。 メタモンを捕獲し、再び3へ メタモンを捕獲し、狙った個体であれば終了、そうでなければ再び手順3に戻り厳選をしましょう。 なお、メタモンが図鑑に登録されている方は一度捕まえたことのあるポケモンを捕まえやすくなる「リピートボール」を使用するのがおすすめです。 4Vの個体は孵化厳選で使うには最低限程度の個体なので、本気で厳選する場合は5Vの個体を狙いましょう。 メタモンの出現場所 ワークアウトの海のレイドボスとして出現 ワークアウトの海の北東にあるメタモンが多く出現するメタモン島にてレイドボスとして出現します。 上記のマップの「巣穴A」から出現し、ストーンズ原野とは違い、 柱の太さに関わらず高確率でエンカウントできます。

次の

【ポケモン剣盾】メタモン厳選(6v5v)出現場所・レイド確率

かわりもの メタモン レイド

『』のレイドバトルで出現する 太い光の柱の時 橋の柱が並んでいる場所にある穴 マップ画像のL から出現します。 場所が分かりにくいので、下記で解説します。 まずは、空を飛んで『ハシノマ原っぱ』に移動しよう• 『ストーンズ原野』を目指そう 橋の柱が並んでいる所へ、向かって右端へと進みます。 反対側から見ると、下記のようになります。 太い光の柱は同時に2つ出ることはありません。 別の太い光の柱がない状態にしてから、『ねがいのかたまり』を使うようにしましょう。 ダイマックスしているメタモンは伝説のポケモンに『へんしん』できない 4人全員が伝説のポケモンを選択すれば、メタモンは『へんしん』が必ず失敗するため楽勝になります。 友達などと2台以上のSwitchでレイドバトルをすると、メタモンを増やすことができる! メタモンをゲットしたあと、片方 A のSwitchではレポートを書かずに オートセーブをオフにしましょう 、電源を切るとメタモンと戦う前の状態に戻ります。 AのSwitchから再び友達同士でレイドバトルを募集すれば、BのSwitchでは2匹目をゲット可能になります。 これを繰り返せば、BのSwitchではどんどんメタモンが増えていくことに。 Aは、Bから交換で分けてもらえば良いでしょう。 この方法で出現するメタモンは、同じ性格・個体値のメタモンになります。 その他のポケモンの生息地.

次の