クレジットカード現金化 問題点。 クレジットカード現金化の実行後に自己破産しても免責される?困ったら弁護士に相談するのがおすすめ!

クレジットカード現金化を女性が利用する場合の注意点

クレジットカード現金化 問題点

クレジットカード現金化の現金調達方法としてのメリットについて クレジットカード現金化は、カードローンのように、面倒な審査もなく、クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまっていても、 クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化できるために、クレジットカードさえあれは、簡単に、即、換金できるのが、メリットの大きい、現金調達方法として、利用されています。 実際のところ、お金が必要な時に、ローンも組めず、キャッシング枠も無い状況の場合に、どうやって現金を調達しようかと困っている方には、クレジットカード現金化すること自体が、メリットになります。 では、現金調達方法として、メリットの大きい、クレジットカード現金化ですが、 クレジットカード現金化の何が 問題点なのか? デメリットがあるのか?について詳しく解説します。 クレジットカード現金化の問題点とは? デメリットがあるのか? クレジットカード現金化を利用することによる問題点とは何か? カード会社のクレジットカード会員規約に記載されている内容ですが、 会員は、現金を取得することを目的として、商品の購入に、クレジットカードのショッピング枠、ショッピング残高枠を利用すること クレジットカード現金化、ショッピング枠現金化 はできません。 現金を取得することを目的とするショッピング利用である限り、方式のいかんにかかわらず、禁止の対象となります。 「クレジットカードのショッピング枠を現金化」とうたった広告を、新聞・雑誌・看板・インターネットなどで見かけますが、本来、商品やサービスの支払いをするために設定されているクレジットカードのショッピング枠を換金目的で利用することです。 また、現行紙幣・貨幣などをクレジットカードで購入する事もショッピング枠の現金化に該当する行為です。 このような取引行為を、会員規約では禁止しております。 以上のような内容が、クレジットカード会員規約の禁止事項として記載されています。 分かりやすく、まとめると、換金することを目的に、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入すると、カード会社のクレジットカード会員規約に違反するということです。 では、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入します。 お金に困っている訳ではないし、換金目的で購入した訳でもなく、その後、購入した商品が不要となり、購入した商品を第三者に売ります。 これは、普通によくあることです。 これも禁止事項に該当するのでしょうか? もちろん、禁止事項に該当しません。 当たり前のことです。 では、違いは何なのでしょうか? 換金目的で商品を購入したか、どうかの違いだけです。 それならば、カード会社は、クレジットカード会員が、換金目的で商品を購入したか、どうかが分かるのでしょうか? クレジットカード会社も、残念ながら、クレジットカード会員が、換金目的で商品を購入したか、どうかが分かりません。 では、本当の問題点は何なのでしょうか? 本当の問題点は、クレジットカードの支払いが、完了しているか、どうかが、最大の問題点となります。 クレジットカードで購入した商品は、カード会社への支払いが終わるまで、購入した商品が、たとえ手元にあっても、その所有権はカード会社にあります。 つまり、クレジットカードで購入した商品は、クレジットカードの支払いが、終わるまでは、カード会社のものである、ということになります。 所有権が、購入者のものではない、ことが問題となります。 クレジットカードの支払いが、終われば、所有権が、購入者のものになり、購入した商品を売っても何の問題も無くなるということです。 クレジットカード現金化することによる問題点のまとめ• クレジットカード現金化の問題点として、換金目的で商品を購入したか、どうかが、問題になる。 しかし、カード会社は、クレジットカード会員が、換金目的で商品を購入したか、どうかは、分からない。 本当の問題点は、クレジットカードの支払いが、完了しているか、どうかが、最大の問題点となる。 クレジットカード現金化の デメリットがあるのか? カード会社は、クレジットカード会員が、換金目的で商品を購入したか、どうかは、断定は出来ませんが、カード会社も、クレジットカード現金化を利用させないように対策を考えます。 クレジットカードの支払いが、完済するまでは、クレジットカードで購入した商品の所有権は、カード会社のものである期間が、最大のリスクになります。 カード会社は、クレジットカードの支払いが残ったままで、完済されないと損失を被ります。 カード会社は、損失を出さないために、対策を考えます。 では、どのようにして対策をするかと言いますと、クレジットカード会員の利用状況を注意して監視します。 具体的には、クレジットカードの支払い遅れが無いか、どうかが、重要ポイントになります。 利用状況の良い、クレジットカード会員は、決して、クレジットカードの支払い遅れをしません。 クレジットカードの支払い遅れをすると、利用状況の悪い、クレジットカード会員と見なされます。 利用状況の悪い、クレジットカード会員は、いずれ、支払い不能となり、カード会社の損失となる可能性が高いため、クレジットカード現金化をしていなくても、利用状況を注意して監視される場合があります。 クレジットカードの支払い遅れをする利用状況の悪い、クレジットカード会員が、換金性の高い、金券、商品を購入する場合は、クレジットカード現金化をする可能性が有ると、見なされてしまう事もあり得ます。 利用状況の良いクレジットカード会員が、クレジットカード現金化をしても問題ありませんが、利用状況の悪いクレジットカード会員が、クレジットカード現金化をする場合には注意して、業者、購入商品を選ぶ必要が有ることが、クレジットカード現金化のデメリットになる可能性があります。 クレジットカード現金化は違法性があるのか? クレジットカード現金化の業者で過去に検挙・逮捕された業者もいます。 検挙・逮捕されたクレジットカード現金化業者は、いずれも、出資法違反と脱税で検挙されています。 出資法違反とは、貸金業者の上限金利等を定めた法律のことです。 出資法の上限金利を超えた利息を取ると、出資法違反として法的に罰せられます。 出資法違反で検挙・逮捕されたクレジットカード現金化業者は、クレジットカード現金化そのものが違法とされて検挙された訳ではありません。 クレジットカード現金化そのものは、違法ではありません。 では、何が違法と見なされたのか、と言いますと、 クレジットカード現金化の業者には、主に、2つのタイプがあります。 買取方式とキャッシュバック方式の2つです。 買取方式は、クレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入して、実際に、その商品を業者に買い取ってもらい、換金してクレジットカードを現金化する方式です。 キャッシュバック方式は、クレジットカード決済で商品を購入して、(後日、商品が郵送で届きます。 )キャッシュバックという名目で、現金を振り込みしてもらい、クレジットカードを現金化する方式です。 出資法違反で検挙・逮捕されたクレジットカード現金化業者は、いずれも、キャッシュバック方式の業者でした。 キャッシュバック方式で、何が問題となったのか、と言いますと、現金化業者が用意したキャッシュバック付きの商品をクレジットカードで決済した時点で、取引が成立し、すぐに現金が振り込みされます。 通常は、後日、商品が郵送で届きますが、商品を送らない、届いた商品の実態が無い場合、届いた商品の価値が無い場合、のいずれかに該当する場合に、無許可の貸金行為と見なされ、出資法の上限金利を超えた利息を取つたとされ、出資法違反として検挙・逮捕されました。 買取方式とキャッシュバック方式のどちらも、クレジットカードのショッピング枠を使って実際に、価値のある商品を購入して、業者に、買取、キャッシュバックしてもらえば、クレジットカード現金化そのものは、違法ではありません。 クレジットカード現金化の注意点は何か?【現金化の注意点について解説します】 クレジットカード現金化を利用する際の注意点とは何か? クレジットカード現金化を実際に利用する時に注意しないといけないことは、何かと言いますと、まず、ご自分のクレジットカードの利用状況が、良いのか、悪いのか、把握する事も大事です。 ご自分のクレジットカードの利用可能なショッピング枠をお持ちの方であれば、クレジットカードの利用状況が著しく悪いという事は、無いとは思います。 ただし、近年、カード会社のクレジットカード現金化に対する対策も厳しくなってきている状況ですので、クレジットカードの支払い遅れをすると、利用状況の悪い、クレジットカード会員と見なされます。 利用状況の悪い、クレジットカード会員と見なされますと、クレジットカード現金化をしにくくなる場合もありますので、クレジットカードの支払い遅れは、絶対にしないように、ご注意ください。 最悪のケースですが、クレジットカードの支払いが、2~3ヶ月以上にわたる延滞をすると、長期延滞となり、信用情報機関に事故情報として一定期間記録が残ります 通称、ブラックリストになります。 もちろん、クレジットカードは利用停止となり、利用できません。 クレジットカード現金化の業者選びとして、買取方式とキャッシュバック方式のどちらを選ぶかも大切な要素となります。 キャッシュバック方式の場合は、クレジットカード決済をした時点で現金化が完了します。 実際に決済する相手は、海外のオンラインの決済代行業者になります。 カード会社も海外のオンラインの決済代行業者が、現金化に利用される状況を把握しており、クレジットカードの決済の段階で、海外決済は、クレジットカードの決済自体を下さないと言う手段も取っていますので、海外の端末を通しますとカード会社が認証しないことが多数あります。 また、オンラインの決済代行業者が、クレジットカード現金化を代行していることが、カード会社が特定済みのケースもあり、カード決済をした時点で、利用者が、クレジットカード現金化を利用したことが、カード会社に特定されてしまいますので、非常に危険です。 使用するクレジットカードによっては、換金性の高い金券類が購入できないカードもあります。 自分で現金化しようとして、換金性の高い金券類をクレジットカードで買おうとしても、買えない場合がありますので、各社クレジットカードの詳細を把握している現金化の業者に任せた方が、リスクが減ることもあります。 残念ながら、悪質なクレジットカード現金化業者もいるのが現状です。 非常に高い換金率を記載しているにもかかわらず、実際に利用すると非常に低い換金率で現金化されるケースや、クレジットカード決済を完了したが、現金が振り込まれない、ケースなどもあります。 買取方式の業者の場合は、実際に、店舗を構えて、来店してから、クレジットカード現金化を利用出来る実店舗ありの業者もありますが、キャッシュバック方式の業者の場合は、ネットのみで、無店舗しかありませんので、安心感で選ぶなら、断然、実店舗ありの業者が、安心できます。

次の

クレジットカード現金化の問題点とは?違法性はあるのか?注意点は?

クレジットカード現金化 問題点

2010年に定められた法律、総量規制。 この総量規制の結果、カードローンの借り入れに制限がかかるようになり、その代わりにクレジットカード現金化の利用者が増えています。 しかし、クレジットカード現金化が話題になればなるほど、その問題点も指摘されるようになってきました。 クレジットカード現金化はその便利さとは裏腹に、危ない問題も抱えているんです。 クレジットカード現金化は出資法違反になる? クレジットカード現金化は、大きく分けて購入した商品を業者に購入してもらう買取方式と、指定した商品を購入したらキャッシュバックという形でお金が貰えるキャッシュバック方式の2つがあります。 この内の買取方式が、出資法違反に触れているのではないかと言われています。 とは、貸し付けの際に金利の上限を設ける事で、高金利の貸し付けを防ぐ法律です。 例えば、クレジットカード現金化を利用して50万の商品を購入したとします。 業者が40万で買取をしてくれるとはいえ、翌月以降に50万円の支払いはしなくてはいけません。 もし、その支払いを2ヶ月後にすると、利息は年で150%。 これは、出資法に触れてしまう高金利です。 このように、買取方式は出資法に触れるのではないかと言われ、実際に2011年に出資法違反で逮捕された現金化業者もあります。 しかし、間違えてはいけないのは、クレジットカード現金化自体が法律違反というわけではない事です。 買取方式自体は法律に触れる部分があるものの、クレジットカード現金化全体が法律に触れているわけではありません。 だからこそ、クレジットカード現金化は「グレーゾーン」と言われているんです。 キャッシュバック方式は景品表示法違反? 近年主流になっているキャッシュバック方式ですが、こちらは景品表示法に触れるのではないかと言われています。 景品表示法とは、商品の品質や価値を実際以上のものだと表示するのはダメという法律です。 例えば、容量が100しかない商品を容量110あるように宣伝したり、実際には効果が無いのに効果がある商品のようにうたったりなどが、景品表示法に当たります。 つまり、商品の虚偽の表示をしたり、購入者を勘違いさせるような表示をすると、景品表示法に触れてしまうんです。 キャッシュバック方式は、この景品表示法の総付景品に当たるのではと疑いを持たれています。 総付景品ではキャッシュバックの上限が10分の2までと定められていて、例えば1万円の商品を購入するとキャッシュバックは2千円までとなります。 その為、普通に考えれば景品表示法違反になります。 しかし、キャッシュバック方式は景品表示法違反にはなりません。 なぜなら 「取引が妥当な場合は景品表示法に当たらない」という景品表示法の例外が、キャッシュバック方式にも適用されるからです。 つまり、キャッシュバック方式は法律に触れないサービスという事です。 クレジットカード現金化のキャッシュバック方式は景品表示法違反ではないので、安心してくださいね。 クレジットカード現金化=法律違反ではない クレジットカード現金化自体はグレーゾーンなサービスです。 法律違反で検挙される業者も増えていますし、実際に出資法に触れるのではないかともいわれています。 しかし、クレジットカード現金化全体が法律に触れているサービスではありません。 現金化業者の中には、会社設立から5年以上たった今でもサービスを提供し続けている業者も普通にあります。 クレジットカード現金化自体が違法なら、何年もサービスの提供を続けられる業者がいるはずがありません。 クレジットカード現金化には法律に触れないサービスを提供する優良業者もいて、逆に悪質業者ばかりが警察に検挙されているんです。 また、そもそもキャッシュバック方式ならば、法律には触れてはいません。 クレジットカード現金化がグレーゾーンなのは事実ですが、法律に触れない 「便利なサービス」であるのも事実です。 クレジットカード現金化自体を敬遠するのではなく、法律に触れる悪質業者を利用しない、という風に考えてみてはいかがでしょうか。

次の

ONEPAYMENTでクレジットカード現金化が出来た!簡単すぎてワロタ

クレジットカード現金化 問題点

【2011年の8月】出資法違反でクレジットカード現金化業者が逮捕 法律のグレーゾーンで成り立っているクレジットカードの現金化。 「買った商品を買い戻すもしくはキャッシュバックしているだけだから違法にならない」という説明がされます。 しかし、実際に2011年の8月にはじめての逮捕者が出てから、多数の現金化業者が検挙されています。 これは、ショッピング枠をキャッシング目的のために利用させるということは事実上の金融業とみなせるということが警視庁の判断したためです。 そのようにみなすと、正規よりもずっと高い金利による出資法違反、無登録で営業していることによる賃金業法違反となります。 本来、現金化業者は古物商を許されているだけであって、金融取引は行えません。 業者のホームページにはよく「の許可を得ている」という記載がありますが、クレジットカードの現金化そのものが許されているわけではないため注意が必要です。 実際に逮捕者が出ている以上、今や「違法ではない」という業者の言葉は信用するべきではないでしょう。 買取方式のクレジットカード現金化業者は逮捕される? 現金化そのものが違法と見なされている以上、どのような方式でも業者が逮捕されることが考えられます。 しかし、その中でも買取方式はリスクが高いと言えるでしょう。 それはこの取引だからこそ存在する悪徳な業者がいるためです。 買取方式は新幹線のチケットやブランドのバッグ、ネックレスなど価格の高いものをユーザーにショッピング枠を利用して買ってもらい、商品を届けた後すぐに買い戻すという方法です。 問題となるのは買い戻すところです。 これは業者がユーザーに買ったものを返送してもらい、その後になってようやく銀行に入金するという手順を踏んでいます。 ユーザーが連絡しても、「商品に傷がついていたため差し引いた」「チケットの期限が少なくなった」などの言いがかりをつけて応じることはありません。 このように、買取方式の現金化業者の中には悪徳な業者もおり、その分だけ逮捕のリスクも高くなると判断できるでしょう。 クレジットカード現金化利用者は逮捕されないの? 今までクレジットカード現金化の利用者が逮捕された事例はないようです。 しかし、法律上は安全とは言い切れず、解釈次第では抵触してしまうことも考えられます。 その最たる例が横領罪です。 これは買取方式で取引を行った際に犯してしまうことが考えられます。 クレジットカードで購入した商品は料金を完済するまでの所有権がカード会社にあります。 取引中に買ったものをすぐに買い戻させるということは、自分のものでないものを転売してしまうことだと考えられるためです。 また、現金化そのものが詐欺罪にあたる可能性もあります。 一連の取引によって、カード会社からお金を詐取しているとも見なせるためです。 現在はまだ現金化の利用者が検挙されたことはありませんが、実際にはいつ逮捕者が出てもおかしくない状況です。 また、法律に抵触せずともクレジットカードの利用規約には違反しているため、今でも使用を停止させられしまうことはあります。 利用する際はそのことを十分に注意し、新聞やニュースなどで動向をよく観察していった方が良いでしょう。 キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者は逮捕されない? クレジットカード現金化には買取方式のほかにキャッシュバック方式があります。 これはまず、数十円~数百円ほどの安いネックレスやリングなどをユーザーに20,000円といった高い価格で買ってもらいます。 その後に、キャッシュバックとして16,000円といった購入金額に応じた分を銀行に振り込むものです。 この時に買ったものはユーザーの手元に残ります。 買い戻した後に「商品に傷がついた」と言いがかりを付けられることがある買取方式と違って、比較的悪徳業者も少ない傾向があるとも言われています。 また、ユーザーもあとで商品を返送する必要がないため、転売による横領罪に抵触することもありません。 しかし、警視庁は現金化そのものに対して「事実上の金融取引である」との見解を述べています。 実際にキャッシュバック方式で取引していた現金化業者が逮捕されたという事例もあるようです。 どのような方式で取引を行っていたとしても、絶対に安全とは言い切れないものがクレジットカード現金化のようです。 パチンコ換金で逮捕された会社があるの? クレジットカード現金化と似た境遇にあるものとしてパチンコ換金があります。 今まではギャンブルにはならないとされていましたが、2014年に逮捕された運営会社が出ており、危うい立場に立たされているようです。 合法であるという主張の根拠としてがあります。 ユーザーがパチンコ店で出玉と景品を交換した後は、敷地外の交換所で換金する必要があるというものです。 それぞれの店舗が独立しているため、直接換金しておらずギャンブルにあたらないことになります。 しかし、2014年に札幌で風営法違反として実際の逮捕者が出ています。 警視庁の発表ではパチンコ店と交換所が独立せず共謀しており、事実上自社内で換金を行っていたと見なせるためとのことです。 これは上記の三店方式を逸脱したことが原因のように見えますが、しかし、実際にはどのぐらい多くの店舗が同じような体制を取っているかは判断できません。 パチンコも現金化と同じぐらいグレーな領域であると言えるでしょう。 クレジットカード現金化業者は違法なのか 現金化業者は法律的にグレーな領域で成り立っています。 実際に逮捕されている業者が出ている以上、必ずしも安全とは言い切れません。 その問題の1つとして、現金化の取引をお金の貸し借りと考えると金利がとても高いことが挙げられます。 例えば、10万円のショッピング枠を利用して換金して9万円をゲットし、その翌月にクレジットカード会社から10万円の支払い請求が来るとします。 これは9万円を借りて翌月10万円にして返すとも捉えることができます。 今まで現金化が成り立っていた理由は、あくまで一連のやり取りがただの商品売買で、購入物に対して払戻もしくはキャッシュバックをしたに過ぎないという主張があったためです。 しかし、一連の取引をお金の貸し借りと考えると、闇金とほとんど変わらない暴利であるとも言えるでしょう。 クレジットカード現金化業者を利用するのは危険なのか? 現金化取引において利用者が逮捕されたということは今までなく、法律の観点で言えば現時点ではセーフと考えられます。 しかし、今後いつ逮捕者が出るかわからないため安心はできません。 また、それ以外の危険性については無視できません。 まず、グレーゾーンな業界だからこそ悪徳業者が多く存在します。 振り込まれた金額が事前に説明されたものよりも明らかに少なかったり、そもそもお金が振り込まれなかったりといったことは十分にあり得ます。 何の調査もなしに利用することは間違いなく危険であると言えるでしょう。 それに加えて、法的にセーフといっても、カードの利用規約に違反している点が挙げられます。 逮捕されることがなくても、たった1度の利用で会員資格を剥奪されてしまう危険もあります。 現金化を行うと自己破産手続きができないという点も見逃せません。 現金化業者を利用することは法律の面以外で明らかな危険があります。 自身の安全を護るためにも、本当に必要なのかをしっかりと判断して利用しなければならないでしょう。 本当の問題はやりすぎて返済ができなくなること ・多重債務を助長する ・債務整理ができない ショッピング枠を現金に換金するのは簡単でも、支払いをする事ができなければ大きな問題となってしまいますから、支払いが困難にならないように利用限度を自分で調整する必要があります。 クレジットカード現金化をすることにより、多重債務となってしまえば、これからの生活にも支障が出てしまいますし、現金化したことがバレてしまうと債務整理をする事もできませんので、利用前にしっかりと検討するようにしましょう。 クレジットカードが利用停止になってしまうというリスクもあるため、 クレジットカード現金化をする際は慎重に業者選びをしているというかたも多くなっています。 まとめ クレジットカード現金化というのは、違法ではないと言われていますが、グレーゾーンとなっていますので、利用したいと検討しながらも、逮捕されたりするのではないかと不安になってしまう方もいらっしゃるでしょう。 そもそもクレジットカードのショッピング枠は、買い物をするという目的で使用するのが正しい使い方となっており、 現金に換金するという目的での使用は利用規約違反となるのです。 クレジットカード会社は、換金目的だと思われる購入があると不正利用として判断し、カードの利用を停止する事があります。 特に換金性の高い、新幹線の乗車券や回数券、金券やブランド品などを大量に購入すると不正利用として検知されますので気をつけなければなりません。 では、バレなければ問題ないのか・・という事になりますが、クレジットカードで商品を購入し、サイズが合わない・気に入らない・思っていたものと違った・・などという場合には返品するという事もありますので、法律で取り締まる事ができないのです。 利用できるショッピング枠を現金に換金してもらい、利用した分はしっかりとカード会社に支払いをしていけばいいのですから、あまり不安にならなくても大丈夫です。 この方法で利用したお客さんが逮捕されたり、事情聴取されたりというケースは聞いたことがありませんし、 現金化の利用者の逮捕例は1件もありません。 実績のあるしっかりとした業者と取引するようにしていただければ問題ありません。 気をつけていただきたいのは、現金化目的での利用はクレジットカード会社の規約で禁止されているという点です。 ショッピング枠は、買い物をするために利用するものですから、現金を入手するために商品を買って売る・・という方法はクレジットカードの利用停止処分となることがあるので注意が必要です。 クレジットカード現金化は、買取方式かキャッシュバック方式かという部分で考えると、買取方式の場合は詐欺や横領となってしまう場合もあるので気をつけなければなりませんが、現金化した額をしっかりとカード会社に支払っているのであれば、 利用者が逮捕されるということはありませんので、現金化をする時はきちんとクレジットカード会社に支払いをしましょう。 以上、…でした。

次の