今年 の 漢字 一文字。 今年の漢字、2019年は「令」

今年の漢字、2019年は「令」

今年 の 漢字 一文字

当サイトで「嵐」と予想していたが… 東京五輪マラソンを北海道に移さねばならない決定をIOCが下すほど 毎度の猛暑はもちろんだが、戦後最大規模の 台風19号をはじめ、立て続けに千葉を襲い、停電、断水、計画運休などインフラの寸断がニュースになった今年は震災以来に自然災害と沖縄・首里城の火災など、立て続けに災いが降った一年だった。 ご指摘ありがとうございました。 訂正しお詫びいたします。 すみません。 2019年末で活動休止する、ジャンーズの人気アイドルグループ「ARASHI」 しかし、数々の災いをスルーして、 東京オリンピック2020を1年後に控えた今年の日本に「災」などという不吉な感じが選ばれてはならないと、上からの圧力も考えられる「今年の漢字」の裏事情も十分予想できる点から、嵐や災いとはまったく真逆な 国威発揚的一文字が選ばれる可能性も大いにあり得る。 今年は最後まで余談を許さなかった。 そして発表されました。 その後、漢字が発表され「令」に決まりました; 予想を外しました; お疲れ様でした。 スポンサードリンク 「今年の漢字」とは? が毎年(12月12日)発表する、世相を表した 漢字一文字。 それが年末恒例「 今年の漢字」。 1995年からこのキャンペーン始まり、京都清水寺のお坊さんが、 らしくない大きなキャンバスに書きド派手に発表していることで知られ、浮世に影響された大衆色強い一文字に違和感も否めない。 公金で儲けすぎ有名の漢検について そんな、派手なPRに相当お金がかかっているだろうこの行事。 主催している 漢字検定協会って日本中の漢字を習う子どもたちからお金入って ぼろ儲けだなー、と思うのも当然、過去に 公金横領事件を背景としたがあり、その潤沢資金と豪邸、ワンマン経営ぶりで有名だった。 ベストジーニストだの メガネ男子だの、商品セールスのために有名人と タイアップする賞をTVでよくみるが、「 今年の漢字」は漢字そのものが 役者である点で、誰を祝福していいか違和感があるが、毎年選ばれる漢字というのが、世相や政治問題が多く、と同様にうっすら 政治色を感じるイベントになっている。 まー、黒い裏事情はさておき、今年の選定候補を考えてみた。 今年の 「今年の漢字」予想 改めて、今年の世相を眺めながら今年選定されることが予想される 今年の漢字ランキングを出してみた。 今年を振り返ると自然災害と首里城火災が心に深く焼き付いている。 「今年の漢字」選定もその影響を強く受けると予想される。 その他の漢字候補• 嵐(自然災害や首里城の火災など 不幸の嵐が続くとともに、アイドルグループARASHIの活動休止にちなんで)• 災(猛暑、台風、豪雨、震災、など 災いが続いたことによる「今年の漢字」セオリー通りの予想)• 令(令和元年と、大嘗祭などの公室行事にちなんで)• 桜(「桜を見る会」の税金の私物化と違法性、ARASHIのメンバー桜井の名前にちなんで)• 煽(あおり運転や、N国などの 扇動的でマウントを取る風潮) こうなると予想していましたが… スポンサードリンク 参考:去年の「今年の漢字」は何だったか 去年の漢字は何だったのか、参考に見てみよう。 一位は「災」 2018年度の「今年の漢字」 一昨年、その他の候補だった漢字 1位… 災(地震、台風、豪雨水害、土砂崩れと各地で相次いだ) 2位… 平(平成最後の年にちなんで) 3位… 終(平成の「終」わり、平成に活躍した安室奈美恵さんや貴乃花親方の引退、著名人の逝去、オウム事件死刑囚13人全員の刑執行。 ) 4位… 風(近畿を中心に甚大な影響を及ぼした台風21号など、大型台「風」が多かった) 5位… 変(豪雨や地震など天「変」地異による災害の発生。 南北首脳会談や米朝首脳の初会談に歴史の「変」化。 ) 6位… 暑 7位… 大 8位… 最 9位… 新 10位…金(平昌五輪の「金」メダルラッシュ、夏の甲子園での秋田「金」足農業の活躍、トランプ大統領と「金」正恩委員長による初の米朝首脳会談) スポンサードリンク 歴代「今年の漢字」一覧 毎年更新していきますので、ここに来ればいつでも見られて安心ですね。 はやりこうしてみると、オリンピックのある年は金であることがはっきりわかります。 そうです。 意外なパターンとはオリンピックの周期。 大事件が起こった時以外、 4年周期で「金」が選ばれる。 逆に、そうじゃない年はオリンピックを上回る大事件が起こった年で、その事件の影響力に驚く。 それは1996年の食中毒問題、2004年の新潟中越地震、2007年の首相失脚。 表をみると直近、2周期連続で「金」が選ばれているので、2020年も「 金」になる可能性が高い。 年代 漢字 時代背景 1995年 【震 】 阪神淡路大震災 1996年 【食】 🏅アトランタ五輪だが「金」ならず、 O-157による食中毒の集団感染。 狂牛病。 1997年 【倒 】 山一證券、北海道拓殖銀行などの倒産。 サッカーW杯初出場。 1998年 【毒 】 和歌山毒物カレー事件。 ダイオキシンや環境ホルモンなどの社会問題。 1999年 【末 】 世紀末 2000年 【金】 🏅シドニー五輪。 2001年 【戦 】 アメリカ同時多発テロ。 その後にイラク戦争。 2002年 【帰 】 北朝鮮・拉致被害者の帰国。 2003年 【虎 】 阪神タイガースが優勝 2004年 【災】 🏅ソルトレイクシティ五輪だが「金」ならず。 新潟中越地震、観測史上最多台風10個、記録的な猛暑、などの災いから。 2005年 【愛 】 紀宮様ご成婚。 愛・地球博開催。 卓球・福原愛の活躍。 2006年 【命 】 悠仁様のご誕生 2007年 【偽 】 老舗料亭「吉兆」の残飯問題をはじめ、産地、賞味期限、年金記録、政治活動費、米艦給油量、耐震強度、選手、英会話学校、など日本中で偽装問題噴出 2008年 【変】 🏅北京五輪の年だが「金」ならず。 病気の第一次安倍内閣から福田首相に交代するもわずか1年で退陣。 2009年 【新 】 民主党に政権交代。 オバマ新大統領就任。 新型インフルエンザ流行。 2010年 【暑 】 歴代初めての「暑」 2011年 【絆 】 東日本大震災で国民団結の言葉としてテレビを中心に広まった。 2015年 【安 】 国会で審議中の 安全保障関連法案について、与党の自民・公明が強行採決。 2016年 【金】 🏅リオデジャネイロ五輪 2017年 【北 】 北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験 2018年 【災 】 観測史上最高更新の猛暑、西日本豪雨、台風、北海道震災( 当サイト予想的中!🎖) 2019年 【令 】 (当サイト予想「嵐」はずれるが、「令」は4位に予想していた) 2020年 金 🏅東京五輪がある年なので、金メダルの金を予想。 オリンピックの年は金の可能性が歴代高い。 歴代漢字から浮かび上がったパターン.

次の

2位は「挑」1位は…新社会人515人が選んだ、決意&抱負の漢字一文字ランキング!

今年 の 漢字 一文字

1 変 5. 6%)でした。 「天皇の退位など、変化に向けて動き出す年だから」(女性30代、福岡県)、「2020年に向け、いろいろと変化していくのかなと感じている」(男性30代、神奈川県)など、2019年の「元号改正」、2020年の「東京オリンピック」を控え、その本番準備に向けた今年は「変化が求められる年」になるのではないかという声。 また自由回答の中には「朝鮮半島で変化のきざしが感じられる一年になるといい」(男性50代、東京都)など、昨年1月にトランプ米大統領就任して以来、北朝鮮との関係が急激に悪化するなど、ただならぬ空気が漂っており、日本を取り巻く緊張関係に「良い変化」「前向きな変化」を期待する声も寄せられました。 今年の秋には自民党総裁選がありますが、その争点はやはり「北朝鮮」「憲法改正」の2つ。 「大きな変化」や「変革」を進める時には必ず軋轢や抵抗が生じるものですが、議論を十分に尽くし、日本の未来に向けて最良な判断をしてほしいものです。 ちなみに過去6年間の「漢字一文字」を振り返ってみると、2012年、2013年、2014年ともにトップは「昇」(2012年=6. 2%、2013年=7. 3%、2014年=6. 1%)、2015年も「上」(4. 6%)が続き、東日本大震災以降は「上昇」の意志を感じさせるポジティブな漢字がしばらく続いていましたが、2016年は一転して「乱」(9. 1%)。 米大統領選挙、中東や北朝鮮の情勢などが取り沙汰され、「波乱」や「混乱」を懸念する声が目立ちました。 さらに昨年と今年は「変」(2017年=7. 8%、2018年=5. 6%)が続きましたが、同じ漢字ながら昨年と今年ではその意味合いが変わってきているようです。 昨年の「変」は、トランプ大統領や小池都知事の誕生などリーダー交代で、これから起こり得るだろう変化を良くも悪くも予想するものでした。 一方、今年の「変」は北朝鮮ミサイル問題や憲法改正、築地移転など、もう待ったなしの状態の中で「少しでも良い方向へ変わってほしい」という願いが込められたものと言えるでしょう。 同じくポジティブな漢字では「オリンピックに向けて活気ある街づくりなどに取り組み、日本全体が明るくなってほしいから」(女性20代、神奈川県)など、2位に「明」(4. 2%)。 さらに「年号が平成から新しく変わり、新しい年がスタートするので」(男性20代、青森県)、「AI、自動運転技術、ロボット技術の進歩」(男性40代、山口県)など、4位に「新」(3. 1%)、6位に「進」(2. 6%)が続き、元号改正や新しいテクノロジーの発展等々、ランキング上位には「光明」「前進」「新生」をイメージさせる前向きな漢字が並びました。 また今年2月に「平昌オリンピック」、6月に「サッカーW杯ロシア大会」の開催が予定されていますが、5位に「金」(2. 9%)がランクイン。 「平壌オリンピックで金メダルを日本がたくさん取る、そして経済が更に発展して、お金の巡りが良くなる」(女性20代、岡山県)など、日本人アスリートの活躍と共に、日本経済の回復で日本の元気を取り戻してほしいという声も寄せられました。 相場格言では「申酉(さるとり)騒ぐ」と言われる一方で、「戌(いぬ)笑い」と言われ、戌年は相場が活気づき、笑いの止まらない縁起の良い年と言われています。 ぜひそうなることを期待したいものです。 「乱」「危」など、株乱高下、災害、米朝関係など「不安が募る年」と予測する声も ランキング上位にポジティブな漢字が目立った一方で、2位には「乱」(4. 2%)。 「株が乱高下して、経済も混乱しそうなため」(女性50代、新潟県)など、株価上昇でバブル再来を懸念する声。 さらに「昨年から自然災害など予期せぬことがたくさん起こっているので、今年もそれが続くかもしれない」(女性50代、大分県)など、地震や豪雨等の自然災害を心配する人も少なくありませんでした。 またランキング圏外ながら「北朝鮮への米国の攻撃により、米朝の戦が始まる」(男性60代、千葉県)など、「危」(1. 7%)、「戦」(1. 4%)を挙げる声も寄せられ、アメリカと北朝鮮の戦争に巻き込まれるのではないか、危機感を募らせている人もいました。 1 健 9. まず、男性回答で最も多かったのは「健」(9. 1%)でした。 「健康であれば、何事にも前向きに立ち向かえるのではないかと思う」(男性60代、大阪府)、「健康は金では買えないので」(男性50代、兵庫県)など、国内外を見渡せば、米朝間の一触即発の緊張関係、さらに憲法改正や消費税10%導入、東京五輪に向けての準備等々の課題が山積していますが、国民ひとり一人においては、様々な試練に立ち向かえる「健康が第一」という声が多数寄せられました。 自由回答の中には「2017年は人生初めての入院を経験するなど体調面に不安があったから」(男性50代、徳島県)など、病気や怪我等を経験して、より一層健康の有り難みを認識したという人もいました。 2位は「楽」(4. 0%)。 「仕事、金銭、人間関係等を含め、家族が楽しく過ごせるように、という想いで」(男性30代、大阪府)など、トップの「健康」が体を重視するものであった一方、2位には「心の健康」とも言える「楽しさ」を抱負に掲げる声。 さらに「安心して心静かに暮らしたい」(男性60代、福岡県)など、3位にも「安」(3. 5%)が挙げられ、大きな夢や目標達成よりも、心身共に充実し、安心して暮らせる環境を求める人が目立ちました。 続いて、4位は「挑」(3. 2%)がランクイン。 「今年の6月に技能検定一級の試験があるのでそれに挑みたいのと、スノーボードにも初挑戦してみたい」(男性40代、北海道)など、新しい目標に向けて、「果敢にチャレンジする年にしたい」と決意を新たにする声。 さらに「どんな困難な事が目の前に起こっても前に進んで行く」(男性40代、香川県)など、同じく4位に「進」(3. 2%)、9位に「努」(1. 6%)、「躍」(1. 6%)が続き、「努力」を怠らず、一歩一歩と「進化」「前進」「躍進」をしていきたいという建設的な声が目立ちました。 ストレスに対してパニックを起こさず、「無の境地」でメンタルコントロール また例年になく、今年ならではの漢字で目立ったのは「無」(2. 4%)でした。 「心が騒ぐことなく、穏やかに暮らしたいから」(男性50代、愛知県)、「ただただ生きる」(男性60代、千葉県)など、「無の境地」で平常心を保ちたいという声。 総合ランキングでは、2018年の漢字として「変」を予想する声が多く、いわば「変化に伴う大きなストレスを抱える年」ともいえます。 そのストレスに対して真っ向勝負を仕掛けるわけでも、パニックに陥るわけでもなく、「冷静に気持ちをコントロールして過ごしたい」という声が目立ちました。 なかなか修行を積んだお坊さんにように「無の境地」を達することは難しいものですが、メンタルコントロールを身に付けることは、難しい時代を生き抜く現代人のストレス対処法として大事なことかもしれません。 1 健 9. 」(女性30代、大阪府)など、女性回答の上位も「健」(9. 8%)、「楽」(6. 6%)でした。 続いて、3位は「笑」(4. 7%)。 「(昨年は)気持ちに余裕がなく、せかせかしてあまり笑顔がなかったし、大声で笑うこともなかった気がする。 今年は久しぶりに友達と会って大笑いしたり、家庭でも笑顔を心がけたい」(女性40代、兵庫県)など、心に余裕を持ち、家庭を照らす笑顔を心掛けたいという声。 さらに「イライラせずにマイペースでゆったり過ごしたい」(女性50代、大分県)など、5位にも「穏」(2. 8%)が続き、「戌笑う」の年のごとく、穏やかで笑顔の絶えない一年にしたいと誓う声が寄せられました。 「株でお金持ち」「節約に励む」など、女性は将来に向けた資金作りも高い関心 女性回答ならではの漢字では、6位に「痩」(2. 6%)がランクイン。 「今年こそは最後のダイエットにしたい。 ダイエット成功を祈って」(女性50代、山形県)など、正月太りで青ざめている人も多いせいか、「今年こそ痩せてやる」と心に誓う声。 さらに「3月出産予定なので、子育てや家族愛、夫婦愛を育みたい」(女性30代、福島県)など、7位にも「育」(2. 1%)が挙げられ、「ダイエット(美容)」や「子育て(家族)」に対する女性の意識の高さがうかがえます。 また見逃せないのは、8位の「金」(1. 9%)です。 「2018年から気合いを入れて節約に励むから」(女性30代、神奈川県)など、将来に向けた資金作りのため、節約や貯蓄に励みたいという声。 自由回答の中には「株でお金持ちになりたいから」(女性40代、兵庫県)など、今年初めの東京株式市場の大発会では26年ぶりに高値を更新し、株式投資で一攫千金を目論む人もいました。 そのほか、「幸せに感謝して、家族との時間を大切にする一年にしたい」(女性30代、神奈川県)など、「幸」(1. 9%)、「和」(1,9%)が続き、平凡でも「幸せ」に「平和」に暮らすことを望む声も寄せられました。 緊張状態の続く今日だからこそ、尚更、そう感じる人が多いのでしょう。 そのほか、自由回答の中からいくつか漢字をピックアップしてご紹介します。 「『六』。 シックスパックを目指すので!! 」(男性30代、大阪府)、「『筋』。 身体、そして大問題の顔の筋力が落ちてきている。 これはなんとかしなくてはと思い、今年の抱負は筋トレ。 絶対に脱たるみ」(女性40代、長野県)など、筋力アップや体力づくりに向けて、「体を鍛え直す一年にしたい」という声。 「『支』。 子どもが受験のため、仕事を頑張って塾費用を経済的に支えていこうと思う」(女性40代、栃木県)、「『窮』。 子ども2人への仕送りで、お小遣いに困窮するから」(男性50代、和歌山県)など、子どもの教育費の捻出のため、「仕事や節約に精を出す一年にしたい」という声。 さらに「『変』。 あと一年で定年を迎え収入がダウンする。 セカンドライフをどう楽しめば良いか知識をつけると同時に、徐々に(お金のかからない)生活スタイルに変えていきたい」(女性50代、大阪府)、「『忍』。 改革を推し進めるが、結果が出るまでの間、反対勢力の圧力に耐えなければいけないから」(男性40代、兵庫県)など、ライフスタイルや仕事において大きな変化を起こすべく、「下準備や根回しをじっくり行う一年にしたい」という人もいました。 今回は年始め恒例企画として、皆さんに「2018年の日本」を漢字一文字で占ってもらいました。 今年を占う漢字一文字のトップは「変」でした。 北朝鮮との緊張関係、それに伴う憲法改正の動きなど、現状の日本を取り巻く環境は決して好ましいものではありません。 こうした危うい状況が、「少しでも良い方向に変化」してくれることを期待する「変」と言えるでしょう。 2月には平昌五輪、6月にはサッカーW杯ロシア大会が開かれるなど、今年はスポーツの国際大会が目白押しで楽しみの多い一年でもあります。 ぜひスポーツ分野の交流を通じて、対話や緊張緩和のきっかけにしてほしいと願うばかりです。 また来春には天皇退位および新元号の改正も控え、平成は実質30年間の節目を持って新たな時代へとバトンタッチします。 孔子の有名な言葉によれば、「吾、十有五にして学に志し、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る…」と、30歳で自己を確立して独立することを示していますが、ある意味、日本がこれからどう生きていくべきかを見極めなければならない、大事なタイミングに立たされているといえるでしょう。 「戌年」は、来年の十二支最後の集大成である「亥年」、さらに十二支の新たな始まり「子年」に向けた、準備や仕込みのための年と位置づけられています。 ここで良い準備ができるか否かが、未来の日本の行く末に大きな影響を与えていくことになります。 心して慎重に取り組んでいきたいものですね。 最後に皆さんから寄せられた「2018年の抱負」の自由回答の中からいくつかご紹介します。 2018年の抱負は?• 「一人息子が結婚するかもしれないので、母親のさみしさから喜びに前進させねばならない気持ちとの葛藤の年。 自分の人生も仕事も今まで以上にがんばらなきゃと思う」(女性60代、岩手県)• 「90歳の母親が寝た切り寸前の状態にまで弱っており、今年は、忍の一字かと覚悟している」(男性60代、兵庫県)• 「もっと妻を大切にしていきたい」(男性50代、山形県)• 「今年は憧れのマイホームへ引っ越す予定。 新しい土地で、地域・ひと・環境に貢献できるように活動的になりたいと思う」(女性20代、茨城県)• 「今年は阪神がリーグ優勝する。 なんせ去年のクライマックスシリーズ敗退で悔しさがあるし、チーム一丸があるから!! 」(女性60代、大阪府)• 「社会がめまぐるしく変化する昨今、自分を見失わない1年にしたい。 SNSの普及で情報の接点も増えましたが、自分の考えや思いを大切にしていきたい」(男性30代、大阪府)• 「4月より新しい職場で色んな新しい出会いが待っているので、今から、わくわくしている」(女性20代、岡山県)• 「昨年以上に旅行に行ったり、食事など交流を楽しみたい」(女性50代、宮城県)• 「今年から家庭菜園とりわけ花を育ててみようと思っている。 狭いベランダなので、大きな鉢植えは出来ませんが四季折々のかわいい花を鉢植えで行いたい。 今まで花に興味がなく知識もないので、近所の皆さんに教えて貰いながら花造り楽しみたい」(男性60代、愛知県)• 「飽き性で根気が無いので、コツコツ根気よく。 それから大地に根をはって、フラフラ優柔不断も治さなきゃ! 」(女性40代、大阪府)• 「競馬でドンドン高額配当を当てたい」(男性50代、新潟県)• 「昨年は人や物に尖った対応を多くしてしまったので、今年は角が立たないように、丸くなれるように心を平穏に過ごしていきたい。 そして一年を振り返り、丸がつくような素晴らしい一年にもしたい」(男性20代、神奈川県)• 「治癒の見込みがない病気を抱え平穏な心を保つ心を養う」(男性60代、大阪府)• 「美容をもっと追求して去年よりもっと綺麗になりたい。 三十路という節目の年なので大人の女に」(女性20代、熊本県) 『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼 「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。 1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。 賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。 予めご了承ください。 【 アンケート参加について 】 アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。 「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。 すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。 初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。

次の

2019年「今年の漢字」は「嵐」でなく「令」確定!歴代漢字リストと今年の予想

今年 の 漢字 一文字

1 変 5. 6%)でした。 「天皇の退位など、変化に向けて動き出す年だから」(女性30代、福岡県)、「2020年に向け、いろいろと変化していくのかなと感じている」(男性30代、神奈川県)など、2019年の「元号改正」、2020年の「東京オリンピック」を控え、その本番準備に向けた今年は「変化が求められる年」になるのではないかという声。 また自由回答の中には「朝鮮半島で変化のきざしが感じられる一年になるといい」(男性50代、東京都)など、昨年1月にトランプ米大統領就任して以来、北朝鮮との関係が急激に悪化するなど、ただならぬ空気が漂っており、日本を取り巻く緊張関係に「良い変化」「前向きな変化」を期待する声も寄せられました。 今年の秋には自民党総裁選がありますが、その争点はやはり「北朝鮮」「憲法改正」の2つ。 「大きな変化」や「変革」を進める時には必ず軋轢や抵抗が生じるものですが、議論を十分に尽くし、日本の未来に向けて最良な判断をしてほしいものです。 ちなみに過去6年間の「漢字一文字」を振り返ってみると、2012年、2013年、2014年ともにトップは「昇」(2012年=6. 2%、2013年=7. 3%、2014年=6. 1%)、2015年も「上」(4. 6%)が続き、東日本大震災以降は「上昇」の意志を感じさせるポジティブな漢字がしばらく続いていましたが、2016年は一転して「乱」(9. 1%)。 米大統領選挙、中東や北朝鮮の情勢などが取り沙汰され、「波乱」や「混乱」を懸念する声が目立ちました。 さらに昨年と今年は「変」(2017年=7. 8%、2018年=5. 6%)が続きましたが、同じ漢字ながら昨年と今年ではその意味合いが変わってきているようです。 昨年の「変」は、トランプ大統領や小池都知事の誕生などリーダー交代で、これから起こり得るだろう変化を良くも悪くも予想するものでした。 一方、今年の「変」は北朝鮮ミサイル問題や憲法改正、築地移転など、もう待ったなしの状態の中で「少しでも良い方向へ変わってほしい」という願いが込められたものと言えるでしょう。 同じくポジティブな漢字では「オリンピックに向けて活気ある街づくりなどに取り組み、日本全体が明るくなってほしいから」(女性20代、神奈川県)など、2位に「明」(4. 2%)。 さらに「年号が平成から新しく変わり、新しい年がスタートするので」(男性20代、青森県)、「AI、自動運転技術、ロボット技術の進歩」(男性40代、山口県)など、4位に「新」(3. 1%)、6位に「進」(2. 6%)が続き、元号改正や新しいテクノロジーの発展等々、ランキング上位には「光明」「前進」「新生」をイメージさせる前向きな漢字が並びました。 また今年2月に「平昌オリンピック」、6月に「サッカーW杯ロシア大会」の開催が予定されていますが、5位に「金」(2. 9%)がランクイン。 「平壌オリンピックで金メダルを日本がたくさん取る、そして経済が更に発展して、お金の巡りが良くなる」(女性20代、岡山県)など、日本人アスリートの活躍と共に、日本経済の回復で日本の元気を取り戻してほしいという声も寄せられました。 相場格言では「申酉(さるとり)騒ぐ」と言われる一方で、「戌(いぬ)笑い」と言われ、戌年は相場が活気づき、笑いの止まらない縁起の良い年と言われています。 ぜひそうなることを期待したいものです。 「乱」「危」など、株乱高下、災害、米朝関係など「不安が募る年」と予測する声も ランキング上位にポジティブな漢字が目立った一方で、2位には「乱」(4. 2%)。 「株が乱高下して、経済も混乱しそうなため」(女性50代、新潟県)など、株価上昇でバブル再来を懸念する声。 さらに「昨年から自然災害など予期せぬことがたくさん起こっているので、今年もそれが続くかもしれない」(女性50代、大分県)など、地震や豪雨等の自然災害を心配する人も少なくありませんでした。 またランキング圏外ながら「北朝鮮への米国の攻撃により、米朝の戦が始まる」(男性60代、千葉県)など、「危」(1. 7%)、「戦」(1. 4%)を挙げる声も寄せられ、アメリカと北朝鮮の戦争に巻き込まれるのではないか、危機感を募らせている人もいました。 1 健 9. まず、男性回答で最も多かったのは「健」(9. 1%)でした。 「健康であれば、何事にも前向きに立ち向かえるのではないかと思う」(男性60代、大阪府)、「健康は金では買えないので」(男性50代、兵庫県)など、国内外を見渡せば、米朝間の一触即発の緊張関係、さらに憲法改正や消費税10%導入、東京五輪に向けての準備等々の課題が山積していますが、国民ひとり一人においては、様々な試練に立ち向かえる「健康が第一」という声が多数寄せられました。 自由回答の中には「2017年は人生初めての入院を経験するなど体調面に不安があったから」(男性50代、徳島県)など、病気や怪我等を経験して、より一層健康の有り難みを認識したという人もいました。 2位は「楽」(4. 0%)。 「仕事、金銭、人間関係等を含め、家族が楽しく過ごせるように、という想いで」(男性30代、大阪府)など、トップの「健康」が体を重視するものであった一方、2位には「心の健康」とも言える「楽しさ」を抱負に掲げる声。 さらに「安心して心静かに暮らしたい」(男性60代、福岡県)など、3位にも「安」(3. 5%)が挙げられ、大きな夢や目標達成よりも、心身共に充実し、安心して暮らせる環境を求める人が目立ちました。 続いて、4位は「挑」(3. 2%)がランクイン。 「今年の6月に技能検定一級の試験があるのでそれに挑みたいのと、スノーボードにも初挑戦してみたい」(男性40代、北海道)など、新しい目標に向けて、「果敢にチャレンジする年にしたい」と決意を新たにする声。 さらに「どんな困難な事が目の前に起こっても前に進んで行く」(男性40代、香川県)など、同じく4位に「進」(3. 2%)、9位に「努」(1. 6%)、「躍」(1. 6%)が続き、「努力」を怠らず、一歩一歩と「進化」「前進」「躍進」をしていきたいという建設的な声が目立ちました。 ストレスに対してパニックを起こさず、「無の境地」でメンタルコントロール また例年になく、今年ならではの漢字で目立ったのは「無」(2. 4%)でした。 「心が騒ぐことなく、穏やかに暮らしたいから」(男性50代、愛知県)、「ただただ生きる」(男性60代、千葉県)など、「無の境地」で平常心を保ちたいという声。 総合ランキングでは、2018年の漢字として「変」を予想する声が多く、いわば「変化に伴う大きなストレスを抱える年」ともいえます。 そのストレスに対して真っ向勝負を仕掛けるわけでも、パニックに陥るわけでもなく、「冷静に気持ちをコントロールして過ごしたい」という声が目立ちました。 なかなか修行を積んだお坊さんにように「無の境地」を達することは難しいものですが、メンタルコントロールを身に付けることは、難しい時代を生き抜く現代人のストレス対処法として大事なことかもしれません。 1 健 9. 」(女性30代、大阪府)など、女性回答の上位も「健」(9. 8%)、「楽」(6. 6%)でした。 続いて、3位は「笑」(4. 7%)。 「(昨年は)気持ちに余裕がなく、せかせかしてあまり笑顔がなかったし、大声で笑うこともなかった気がする。 今年は久しぶりに友達と会って大笑いしたり、家庭でも笑顔を心がけたい」(女性40代、兵庫県)など、心に余裕を持ち、家庭を照らす笑顔を心掛けたいという声。 さらに「イライラせずにマイペースでゆったり過ごしたい」(女性50代、大分県)など、5位にも「穏」(2. 8%)が続き、「戌笑う」の年のごとく、穏やかで笑顔の絶えない一年にしたいと誓う声が寄せられました。 「株でお金持ち」「節約に励む」など、女性は将来に向けた資金作りも高い関心 女性回答ならではの漢字では、6位に「痩」(2. 6%)がランクイン。 「今年こそは最後のダイエットにしたい。 ダイエット成功を祈って」(女性50代、山形県)など、正月太りで青ざめている人も多いせいか、「今年こそ痩せてやる」と心に誓う声。 さらに「3月出産予定なので、子育てや家族愛、夫婦愛を育みたい」(女性30代、福島県)など、7位にも「育」(2. 1%)が挙げられ、「ダイエット(美容)」や「子育て(家族)」に対する女性の意識の高さがうかがえます。 また見逃せないのは、8位の「金」(1. 9%)です。 「2018年から気合いを入れて節約に励むから」(女性30代、神奈川県)など、将来に向けた資金作りのため、節約や貯蓄に励みたいという声。 自由回答の中には「株でお金持ちになりたいから」(女性40代、兵庫県)など、今年初めの東京株式市場の大発会では26年ぶりに高値を更新し、株式投資で一攫千金を目論む人もいました。 そのほか、「幸せに感謝して、家族との時間を大切にする一年にしたい」(女性30代、神奈川県)など、「幸」(1. 9%)、「和」(1,9%)が続き、平凡でも「幸せ」に「平和」に暮らすことを望む声も寄せられました。 緊張状態の続く今日だからこそ、尚更、そう感じる人が多いのでしょう。 そのほか、自由回答の中からいくつか漢字をピックアップしてご紹介します。 「『六』。 シックスパックを目指すので!! 」(男性30代、大阪府)、「『筋』。 身体、そして大問題の顔の筋力が落ちてきている。 これはなんとかしなくてはと思い、今年の抱負は筋トレ。 絶対に脱たるみ」(女性40代、長野県)など、筋力アップや体力づくりに向けて、「体を鍛え直す一年にしたい」という声。 「『支』。 子どもが受験のため、仕事を頑張って塾費用を経済的に支えていこうと思う」(女性40代、栃木県)、「『窮』。 子ども2人への仕送りで、お小遣いに困窮するから」(男性50代、和歌山県)など、子どもの教育費の捻出のため、「仕事や節約に精を出す一年にしたい」という声。 さらに「『変』。 あと一年で定年を迎え収入がダウンする。 セカンドライフをどう楽しめば良いか知識をつけると同時に、徐々に(お金のかからない)生活スタイルに変えていきたい」(女性50代、大阪府)、「『忍』。 改革を推し進めるが、結果が出るまでの間、反対勢力の圧力に耐えなければいけないから」(男性40代、兵庫県)など、ライフスタイルや仕事において大きな変化を起こすべく、「下準備や根回しをじっくり行う一年にしたい」という人もいました。 今回は年始め恒例企画として、皆さんに「2018年の日本」を漢字一文字で占ってもらいました。 今年を占う漢字一文字のトップは「変」でした。 北朝鮮との緊張関係、それに伴う憲法改正の動きなど、現状の日本を取り巻く環境は決して好ましいものではありません。 こうした危うい状況が、「少しでも良い方向に変化」してくれることを期待する「変」と言えるでしょう。 2月には平昌五輪、6月にはサッカーW杯ロシア大会が開かれるなど、今年はスポーツの国際大会が目白押しで楽しみの多い一年でもあります。 ぜひスポーツ分野の交流を通じて、対話や緊張緩和のきっかけにしてほしいと願うばかりです。 また来春には天皇退位および新元号の改正も控え、平成は実質30年間の節目を持って新たな時代へとバトンタッチします。 孔子の有名な言葉によれば、「吾、十有五にして学に志し、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る…」と、30歳で自己を確立して独立することを示していますが、ある意味、日本がこれからどう生きていくべきかを見極めなければならない、大事なタイミングに立たされているといえるでしょう。 「戌年」は、来年の十二支最後の集大成である「亥年」、さらに十二支の新たな始まり「子年」に向けた、準備や仕込みのための年と位置づけられています。 ここで良い準備ができるか否かが、未来の日本の行く末に大きな影響を与えていくことになります。 心して慎重に取り組んでいきたいものですね。 最後に皆さんから寄せられた「2018年の抱負」の自由回答の中からいくつかご紹介します。 2018年の抱負は?• 「一人息子が結婚するかもしれないので、母親のさみしさから喜びに前進させねばならない気持ちとの葛藤の年。 自分の人生も仕事も今まで以上にがんばらなきゃと思う」(女性60代、岩手県)• 「90歳の母親が寝た切り寸前の状態にまで弱っており、今年は、忍の一字かと覚悟している」(男性60代、兵庫県)• 「もっと妻を大切にしていきたい」(男性50代、山形県)• 「今年は憧れのマイホームへ引っ越す予定。 新しい土地で、地域・ひと・環境に貢献できるように活動的になりたいと思う」(女性20代、茨城県)• 「今年は阪神がリーグ優勝する。 なんせ去年のクライマックスシリーズ敗退で悔しさがあるし、チーム一丸があるから!! 」(女性60代、大阪府)• 「社会がめまぐるしく変化する昨今、自分を見失わない1年にしたい。 SNSの普及で情報の接点も増えましたが、自分の考えや思いを大切にしていきたい」(男性30代、大阪府)• 「4月より新しい職場で色んな新しい出会いが待っているので、今から、わくわくしている」(女性20代、岡山県)• 「昨年以上に旅行に行ったり、食事など交流を楽しみたい」(女性50代、宮城県)• 「今年から家庭菜園とりわけ花を育ててみようと思っている。 狭いベランダなので、大きな鉢植えは出来ませんが四季折々のかわいい花を鉢植えで行いたい。 今まで花に興味がなく知識もないので、近所の皆さんに教えて貰いながら花造り楽しみたい」(男性60代、愛知県)• 「飽き性で根気が無いので、コツコツ根気よく。 それから大地に根をはって、フラフラ優柔不断も治さなきゃ! 」(女性40代、大阪府)• 「競馬でドンドン高額配当を当てたい」(男性50代、新潟県)• 「昨年は人や物に尖った対応を多くしてしまったので、今年は角が立たないように、丸くなれるように心を平穏に過ごしていきたい。 そして一年を振り返り、丸がつくような素晴らしい一年にもしたい」(男性20代、神奈川県)• 「治癒の見込みがない病気を抱え平穏な心を保つ心を養う」(男性60代、大阪府)• 「美容をもっと追求して去年よりもっと綺麗になりたい。 三十路という節目の年なので大人の女に」(女性20代、熊本県) 『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼 「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。 1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。 賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。 予めご了承ください。 【 アンケート参加について 】 アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。 「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。 すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。 初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。

次の