ほっかほっか亭 バイト。 ほっかほっか亭のバイトは時給も安いしきつい!リアルな評判

ほっかほっか亭のバイトの仕事内容を教えてください

ほっかほっか亭 バイト

この記事の目次• お弁当屋さんをバイト先に選んだ理由 専門学生時代、大阪で一人暮らしをしていました。 専門学生だったので毎日課題に追われる日々を過ごしており、時間があまりありませんでしたが、友達と食事したり洋服を買う自由なお金が欲しくてバイトを考えました。 そこで私が選んだのが、ほっかほっか亭です。 選んだ主な理由は、料理に興味があったのと、時間の融通をきいてくれそうだったからです。 また一人暮らしだったため、残り物を安く持って帰れるんじゃないかと思い選びました。 飛び込みで電話し、バイトを求人しているか聞いて面接して頂きました。 思っていたより手作り ほっかほっか亭はチェーン店なので、簡単な温めや調理でいいと思っていましたが、意外と下準備の段階から手作りするものが多かったです。 野菜などは当然その日に下準備をしておきますし、炒める作業なども1から味つけするものが多くありました。 単純な作業と思っていたので覚えるのは大変でしたが、やりがいも感じられました。 意外と暇な時間がない お弁当屋さんなので、お昼時がピークで、間の時間は暇なものだと思っていました。 しかし私が働いていた大阪の豊中曽根店は、間の時間や夜の時間も忙しく、暇だと感じる時間はそんなになかったです。 お客様が来店しない時間帯は切らした野菜などの下準備に追われので、バイト時間も早く過ぎたように思います。 先輩は優しいお母さん 同年代の若いアルバイトはほとんど居らず、だいたいが主婦の方や、子育てが終わった年齢の女性が先輩です。 いざこざなども全くないですし、一人暮らししていた私の食事を気遣って多めに賄いをくれたり、残り物ではなく特製で作ってくれたり、本当に助かりました。 配達が一番楽しい ほっかほっか亭は配達もしていて、夜の時間には配達の方が多い日もあります。 私はバイクの免許を持っていたので、配達係として入っていましたが、これが一番好きでした。 配達が入るとお客様の所に持っていくのですが、次の配達が入っていない限りゆっくりと帰り、時間を潰していました。 あまりいいことではありませんが、やることやれば自由な時間があり楽しかったです。 出会いが全くない 学生時代のバイトといえば、女の子との出会いも楽しみのひとつだと思います。 その点で言えばお弁当屋さんは、従業員の9割がお母さん世代のため、全くと言っていいほど出会いがありませんでした。 お客様も仕事中のサラリーマンや、夜ご飯の買い出しの主婦で、配達先も店舗に来られない高齢の方や、ホームパーティ先の配達がほとんど。 全く色気がなく、周りの同年代が話すバイト先での出会いをいろいろと聞いては寂しくなった記憶があります。 ほっかほっか亭は、楽しく料理を学べて、男だと特別扱いしてくれる面もあったり、賄いとしておかずやご飯を持って帰ることも出来ます。 食費を浮かすには最高のバイト先と言えますが、オシャレや色気が全く無いのが難点でした。 「メリ職」の受付嬢と事務を兼ねている。 事務処理能力は社内トップクラス。 上司の佐々木くんには事あるごとにデートに誘われるが、上手くかわしている。 第一印象で仕事ができそうな顔をしているが、思ったよりも仕事ができない。 仕事はできないくせに九条さんを何度も口説くため、九条さんから呆れられている。 発覚次第、法的な措置を取らせていただきます。 ご注意ください。

次の

ほっかほっか亭のバイトの仕事内容を教えてください

ほっかほっか亭 バイト

ほっかほっか亭のバイトの面接では、どんなことを質問されるのかとても気になると思いますが、特にそれほど難しい質問はありません。 どの店舗でも必ず質問されることは、バイトに入れる曜日、時間帯、いつから働けるのか、志望動機などです。 ほっかほっか亭はフランチャイズ店が多くありますので、店舗によって面接内容は少しずつ違ってきますが、人手不足の店舗もあり、問題が無いようであれば、すぐにバイトをしてほしいというのが本音のようです。 ですので、面接と同時に即採用ということも珍しくはないようです。 また、ほっかほっか亭のバイトの面接時の服装は、私服で清潔感のあるものなら大丈夫です。 お弁当屋さんのバイトですので、普段着に近い物でも構いませんが、服装に迷ったら、いつもよりは少しきれい目な格好、例えばシャツにパンツ、スカート、カーディガンなどが無難で印象も良いのではないかと思います。 ほっかほっか亭のバイトの志望動機の考え方とポイント ほっかほっか亭のバイトの志望動機を考える際には、いくつかポイントがあります。 まずは、 なぜ、 ほっかほっか亭を選んだのかということです。 例えば料理が好き、接客の仕事がしたい、家が近い、ほっかほっか亭のお弁当が好きなどが挙げられます。 そして自分のアピールポイントを付け加えます。 ほっかほっか亭のバイトは、てきぱき仕事ができることと、大量のご飯の入ったお釜を持ち上げるなど、実はかなり体力も使うバイトです。 ですので、機敏さや体力に自信があることもアピールしておくと、採用につながりやすくなります。 その他には、ほっかほっか亭を利用した時のエピソードや、好きなメニューを話しておくと、さらに印象が良くなるのではないでしょうか。 志望動機は人それぞれですので、ここに挙げたものはほんの一例です。 マニュアル通りではない、自分なりの志望動機で採用を勝ち取ってくださいね。

次の

ほっかほっか亭のバイト評判・大学生の口コミ!|t

ほっかほっか亭 バイト

ほっかほっか亭でバイトしてよかったのは弁当の製造作業を楽しむことができたこと。 普段から料理をしない自分に弁当を作ることができるか不安だったけれど、製造作業は覚えれば簡単だったので安心した。 最初はご飯を盛ることが多く、慣れると揚げ物・炒め物・その他を徐々に任されていく。 ほっかほっか亭のメニューは料理をしない自分にもできるものばかりだ。 が、ほっかほっか亭にはいつものメニューに加えて季節のメニューがある。 一番手間取ったのは秋の松茸弁当と松茸御膳。 松茸弁当はまだ良いけれど、御前となると細かく盛り付けしなければならないので、一気に注文された時は慌てたことを覚えている。 それでも、残った松茸ご飯を皆で分けて持ち帰ることができるのは唯一の楽しみだった。 名無しさん ほっかほっか亭では弁当作りのノウハウを知ることができましたし、私は男性ですが、主婦の方とコミュニケーションを取り、仲良く仕事を行なうことができました。 さらに、調理専門ではなくレジ打ちやレジチェック、さらにはお弁当の宅配など多岐にわたる内容が盛り込まれていましたので、覚えることが大変なこともありましたが、慣れてくるととても楽しく充実していました。 また宅配を行なった時にも、お腹を空かせたお客様が本当に喜んで下さり、ほとんどの方がこころよく対応してくださったので、このような喜びを与える仕事は自分にとってもやりがいのある良いお仕事だと感じました。 また良い点として、まかないとしてお弁当を半額で、好きな分量盛り付けてよい取り決めでしたので、とてもうれしかったです。 とるきーさん ほっかほっか亭のは半分以上が主婦のパートの人たちで、あとはほぼ若いバイトの人でした。 同じ時期に入ることになった女の子とすごく気が合って、仲良くなったので、そのバイトに行くことに決めて一番良かったのはそれだと思います。 主婦のパートさんたちも店長もみんないい人で、毎日楽しくバイトできました。 主婦の人に、自分の親とは違った視点からいろんなことを教えてもらえたのもありがたかったです。 調理の仕事もあるので、それほど料理が得意ではありませんでしたが、そこで教えてもらえることで料理の苦手意識がなくなりました。 またお客さんに出すことができなくなった商品を安く買えたり、といったスタッフの特権があったので、揚げ物好きな私にはありがたいバイト先でした。 CONさん ほっかほっか亭でバイトをして思ったことは、とにかく大変な作業が多かったです。 田舎にあるため、バイトやパートの人数が少なかったということもありますが、昼でも夜でも基本1人か2人での作業になり、ピーク時はかなりばたばたしました。 フライ系が多いので油を使うことが多いですが、忙しい時は油に気をつけるということができず、手や腕に油が飛び、やけど跡になることもありました。 サラダやおかずの下に引いているスパゲッティは多くの量をまとめて作るため、力がいる仕事だなと感じました。 お客様は常連様が基本でしたので、仲良くなると色々なお話を聞くことができ、お客様との会話をする時間は非常に楽しかったです。 パートさんは基本的に主婦さんばかりでしたので、同世代が少ない分、あまり気を張る事なくバイトができたのもいい点でした。 お砂糖さん ほっかほっか亭は意外と手作りが多かったことに一番びっくりしました。 親子丼の鶏肉は、前日までにタレで煮込んで、一人分ずつ分け、冷凍保存しておく下準備など、料理に応じて細かく下準備があり、大変だと感じました。 定番の唐揚げも、二度揚げをしっかりとしていたので、どれも家庭的で、美味しいと思いました。 冷凍をチンするものばかりだと思っていたので、安心感はありました。 大変なのが、配達業務でした。 はたらいていた店舗では、配達用のバイクが一台しかなかったので、配達が立て込むと、店舗での販売と配達とで手が回らなくなり、忙しい夜の時間帯は本当に大変でした。 そんな中でも、楽しみが惣菜を持って帰れたことです。 人暮らしをしていたので、その時は食費と家庭的な味に助けられました。 小次郎さん ほっかほっか亭は小さい店舗だからこそ一人一人の役割がきちんと決まっているわけではなく、業務を全般にこなすことが大変でした。 アイドルの時間帯などは一人で店番をすることがあったので、注文を受けに店頭に出て、調理をして完成したら袋詰めして会計まで。 その間に予約の電話が鳴ることもあります。 でもチェーン店なので、一駅先にはまた他の店舗もあることを思えば地域密着な仕事だなぁとも思いました。 いつもこのメニューを注文する人、いつもこの時間帯に電話で予約をしてから受け取りに来る人、宅配に行くと家族構成なども見えてきたらして、それぞれの特徴がつかめた時には接客中に生まれる会話もあり、仕事が楽しいと思える瞬間でした。 また宅配業務は自転車でしたので、とても体力がつきました。 Iさん スポンサーリンク 悪い口コミ ほっかほっか亭の人間関係・常連含むお客さん、全部嫌だった。 面接してくれた店長は何も言わないまますぐ辞めたし、教育担当の先輩 当時21歳 は基本優しいけれど、怒ると客の前でも物に当たったり、気に入らないことがあると怒鳴るから怖かった。 パート歴が長いオバさんたちは「目が悪いから」とレジに触ろうとしないし…。 イジメがあったワケじゃないけれど、とにかく皆「失敗したら自分のせいなんだから、自分でどうにかして」という感じ。 お客さんもお客さんでマナー悪いし、「こんな大人になりたくないな」と思う人ばかり。 が、だんだん耐えきれなくなってきて、出勤日は腹痛に苦しむように。 お金の為に頑張ったけれど、限界に達した自分は1年で辞めた。 名無しさん ほっかほっか亭のバイトはほとんどはよい思い出ですが、やはりお給料が安いということです。 時給設定が700円スタートでほとんど昇給することなく数年働きました。 さらに、中年女性が多い職場でしたので、可愛がってもらえたものの噂話や同僚の悪口をいつも聞かされる状態でしたのでそれを聞くのは大きなストレスになりましたし、人を信頼することが難しくも感じました。 とるきーさん ほっかほっか亭には制服があるのですが、オレンジ色のポロシャツでとってもださかったです。 私が勤めていた店は、近隣の施設への配達も行っていたのですが、昼間の時間帯はバイトが自転車で配達することもあり、その制服のまま自転車に乗っていくのがとても嫌でした。 冬は上着を着れるので何とかなりましたが、真夏は悲惨で、配達中に誰にも会わないことを願うばかりでした。 夜の時間は、若いバイトの人が多かったのですが、一人おじさんがしょっちゅう遅れてくるのにすごく仕切りたがり屋で、気分屋で、その人の相手をするのがめんどくさいことがありました。 怖いお得意様のお客さんの注文が電話で入る時がとても緊張して、聞き返したり間違えたりしたらとんでもないことになるのではないか、という恐怖があったので、電話に出るのが嫌でした。 CONさん スポンサーリンク ほっかほっか亭のバイトはどんな人に向いてる? 向いてる人• 人と話すのが好きな人• 料理が好きな人• 落ち着いて接客できる人• 揚げ物が好きな人• 同じ作業を淡々とできる人• 忙しい時間でも臨機応変に対応できる人 こんな人には向いてない• コミュニケーションが苦手な人• 小さなことを気にしてしまう人• 衛生管理ができない人• 体力のない人• 油のにおいが気になる人 ほっかほっか亭のバイトの基本データ 職種ジャンル 弁当屋 時給 750~850円 仕事内容• レジでの接客• 調理業務• 発注業務• 清掃 応募資格 なし 高校生 可 勤務時間帯 朝~夜 スポンサーリンク ジャッジくんの判定 ほっかほっか亭のバイトはかなりいい。 店が小さくて接客と調理両方体験できるから初めてのバイトにはかなりいいと思う。 接客もレジだけなので人見知りでもなんとかなるレベル。 あとは主婦のパートが多いのでその層と仲良くできればかなり働きやすいと思う。 そして一番のポイントはまかない。 半額で好きなだけ食べれるのはおいしい。

次の