リモートプレイ ps4 スマホ。 PS4をAndroidスマホでリモートプレイ やり方&レビュー Nexus 7でも動く?

iPhone・iPadでPS4をリモートプレイ可能に!設定方法と動作速度について!

リモートプレイ ps4 スマホ

PS4リモートプレイとは まずは、PS4のリモートプレイについて見ていきましょう。 リモートプレイとは、携帯機(スマホ、iPadなど)から据え置き機のゲームを操作することで、 3月7日、PS4(プレイステーション4)に関しても、リモートプレイが可能になりました。 いままでならテレビの前でPS4をプレイすることが強いられていましたが、 これからは自宅のPS4とスマホで結ぶことができます。 例えば、 家でPS4を起動させておいて、場所を選ばずスマホを操作しながらPS4のゲームで遊ぶことができるようになります。 PS4ゲームはPS4のコントローラー及びアーケード用コントローラーで遊ぶことを推奨しているので、スマホでは遊びにくいのではないかと思われますが、リモートプレイアプリを利用することによって、従来の操作感でプレイすることが可能です。 さすがに「ストリートファイター5」のような格闘ゲームは厳しいですが、コントローラーで操作するアドベンチャーゲーム等は問題なくプレイできるでしょう。 スマホ端末に専用アプリをインストールして操作しなければいけません。 他のユーザーの番号が入力されています。 このような文章が出てきた場合、 PS4とPS4リモートプレイアプリのアカウントが別々であることを表わしています。 PS4内にアカウントを2つ以上持っていてログインするときあべこべになっているのかもしれません。 エラーが起きました エラー表示がされただけで、あとはなんの解決方法も示していないエラーが出てくることがあります。 いわゆる 「その他のエラー」と考えてください。 上記のどのエラーでもないので対処法がわかりにくいかもしれませんが、下記で紹介する対処法を全部確認することで、エラーが解消する可能性は高くなっています。 PS4リモートプレイ時のエラー対処法は? それでは、PS4リモートプレイ時のエラーの対処法を見ていきましょう。 今回のエラーはまずは上記のエラーの原因をしっかりと把握しなくてはいけません。 エラー内容を把握した上で、どのエラー対処法が適切かどうか考えて実行する必要があるからです。 大前提!PS4をアップデートさせる そもそもの大前提ですが、今回PS4がリモートプレイに対応したのは「アップデート」による功績です。 そのため、 まずはPS4自体をリモートプレイ対応バージョンにするため、アップデートしなくてはいけません。 アップデートしていないのであれば、まずはPS4を開いてアップデートするようにしてください。 アップデート方法ですが、PS4でなんらかのアプリを選択すれば 「PS4のアップデートが必要です」と表示されるので、まずはこれを選択してください。 アップデートが開始されますが、5分から10分程度でアップデートが完了します(通信状況に応じて誤差があります)。 その後、PS4リモートプレイアプリを起動させ、設定するようにしましょう。 PS4をリモートプレイしたい場合はPS4もつけておく PS4の設定が終わったらPS4のほうを切ってしまう人がいるようですが、今回に限ってはPS4の電源を切ってはいけません。 PS4のリモートプレイアプリ自体はスマホにインストールされていますが、 PS4の電源も付けていないとゲームをプレイすることができないからです。 PS4を起動させてから、PS4のリモートプレイアプリで設定するようにしてください。 PS4をつけっぱなしにしていないといけないということは、例えば友達の家(WiFi完備)やファミレスでPS4のゲームをプレイしようとするなら、その間 自宅のPS4をずっとつけっぱなしにしないといけないことになります。 そうなると電気代や通信費等の問題も出てきますので、気になる方はPS4リモートプレイの頻度を落とす等して、対策するようにしてください。 手動でPS4に接続する この方法は、 「PS4が見つかりませんでした」と表示された場合に試してみてください。 インターネットに繋がっていれば自動でアプリの方がPS4を見つけてくれますが、見つけてくれなかった場合は手動でPS4を登録するのが一番手早いです。 その後、PS4に表示された番号をiPhoneに入力すれば、問題なく利用できるようになります。 手動設定で間違った番号を入力していないか確認する 手動でPS4を設定すると「PS4に接続できませんでした」と表示されますが、 この場合は入力した番号を確認するだけで大丈夫です。 リモートプレイアプリにPS4の番号を入力して手動登録する必要がありますが、この番号が間違っていた場合、PS4内の番号は読み込まれませんよね。 番号が間違っていた場合、 修正してください。 スマホをWiFiに接続する スマホをWiFiに接続させることも忘れてはいけません。 PS4リモートプレイアプリは、WiFiに接続していないと使うことができません。 そのため、 スマホのWiFi設定をしておく必要がありますので、あらかじめWiFiを確認しておいたほうがいいです。 「WiFiでネットワークに接続できませんでした」エラーが出た場合はこの方法を試しましょう。 PS4アカウントとリモートプレイしたいアカウントを確認する 「他のユーザーの番号が入力されています」エラーが出た場合は、 PS4のアカウントとPS4リモートプレイアプリのアカウントが同じかどうか確認してください。 違った場合、PS4に登録しているリモートプレイしたいアカウントで許可できていないことになるので、ゲームで遊ぶことができません。 スマホ・PS4を再起動させる もし、原因不明のエラーが出た場合は、 一旦スマホ・もしくはPS4アプリを再起動させてみてください。 どちらでエラーが出ているかわからないので、どちらも再起動させてみて、エラーが出ている方の端末を一度落ち着かせましょう。 しばらくしたらもう一度リモートプレイを試してみてください。 他にオススメの人気ゲームは? 他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、 今の内にダウンロードしてみて下さい。 分類に分けて徹底解説しています。 放置少女• 女の子たちが圧倒的にかわいい• 三国志の世界観を擬人化美少女が贈る• 「放置」するだけでキャラクター育成可能• 隙間時間にプレイしたいと思っている人にぴったり• 主人公は名立たる英雄ではなく、ありふれた日常を送る主人公。 乱世を彩る美人や勇猛果敢な武将たちと戦い、協力しながら、歴史を変える成り上がりストーリーを楽しむことができます。 メインとなるのは国の運営で、家臣の育成や資産経営をしていきます。 歴史上の姫達との結婚や子育ても可能。 ガチャが存在しない為、殆どのキャラを無課金で手に入れることが出来ます。 ゲームは奥深いですが、ボタンタップで簡単操作。 放置系なので遊んでいる他のゲームと同時に遊べます。 戦闘も自動で行ってくれるので、戦闘操作が不安な方でも楽しめます。 何をしたらいいのか迷った時は、次にやるべき課題を表示できるので安心です。 海外の運営ですが、日本語訳も自然。 ストーリーも本格的なものになっています。 同盟(ギルド)機能も充実しており、対戦やプレイヤー同士での跡取り縁談、宴会の開催まで行えてしまいます。

次の

PS4をiPhone・iPadでリモートプレイする方法・使用感レビュー 遅延が気になるが対策アリ

リモートプレイ ps4 スマホ

DUALSHOCK4を使う場合は、• メインアカウント• リモートプレイ用のアカウント 2つのアカウントを取得しておきましょう。 PS4のコントローラーを使わないならいつも使っているメインアカウントだけでOKです。 PS4 Remote PlayをiPhoneにインストールする PS4 Remote Playはこちらのリンクからダウンロード・インストールできます。 違うアカウントだとリモートプレイすることができないので注意をしてください。 PS4の設定方法 PS4の電源をONにして 「リモートプレイ用のアカウント」でログインします。 (8桁の番号は後で必要となる場合があります。 PS4が見つからない場合は先ほどPS4で表示した8桁の番号を入力してPS4に機器登録をします。 「登録中です…」と表示されるのでしばらく待つとリモート接続が完了します。 iPhoneの画面が切り替わってPS4の画面が表示されたらリモートプレイ接続に成功です。 縦持ち状態では上にPS4の画面が表示されて下にソフトウェアボタンが表示されています。 ランドスケープモード(横)にすると画面上にソフトウェアコントロールが表示されます。 少しだけ操作しずらいと感じてしまいますが、スマホゲームに慣れている方は特に問題なく遊ぶことができるのかなと思います。 スポンサーリンク PS4のコントローラー(DUALSHOCK4)を使う 今回配信された iOS版のPS4 Remote PlayはPS4のコントローラー(DUALSHOCK4)を接続できない仕様となっていますが、二つのPSNアカウントを使って切り替えてPS4側に強制的に切り替えることでPS4側でPS4のコントローラーを接続して操作することができます。 少しややこしいのですが、 iPhone側で操作をするのではなくてPS4に接続したPS4のコントローラーを使って操作できるようになります。 現時点では、「リモートプレイ用のアカウント」でログインしている状態になっていますが、 PS4のコントローラー(DUALSHOCK4)のPSボタンを押して「リモートプレイ用のアカウント」から「ゲームプレイ用のアカウント」に切り替えします。 アカウントを切り替えると「あなたの画面に切り替えるには、PSボタンを押してください」という警告が表示されるので、もう一回「PSボタン」を押します。 これで操作がPS4 Remote Play経由ではなくPS4のコントローラー(DUALSHOCK4)経由に切り替えることができ、PS4のコントローラーでゲームを楽しむことができるようになります。 通常状態はiPhone側(PS4 Remote Play)から操作を受け付けているのに対して、PS4側のアカウントを強制的に切り替えることでPS4側から操作できるようになっているんですね。 つまり、 近くにPS4本体がないとPS4のコントローラーを使って操作はできない…ということになるので注意です。 2019年秋に配信されるiOS 13ではPS4のデュアルショック4を使ってゲームができるようになります。 つまり、PS4 Remote Playによるゲームもネイティブに操作できる…はずなので、このような面倒くさいことをしなくても、コントローラーを使って遊べるようになるかもしれません!• iPhoneにおけるPS4 Remote Playの動作について iPhone 7を使って実際にPS4をリモートプレイしてみましたが、けっこうコマ落ちしまくっています。 最初に豪快にコマ落ちしていますがその後は安定した動作となっています。 また、XperiaはPS4のコントローラー(DUALSHOCK4)を直接接続できるので近くにPS4本体がなくても操作できます。 さすがソニーのPS4とソニーモバイルのXperiaの相性は抜群です。 PS4のリモートプレイをするならXperiaを選んだ方がいいのかもしれません。 まとめ:iOS版のPS4 Remote Playは今後のアップデートに期待 iOS版 PS4 Remote Playは使いやすさから見てXperiaのPS4 Remote Playにかなり劣っています。 しかし、2019年3月に配信されたばかりなので今後のアップデートで安定性向上に期待できるとでしょう。 PS4のコントローラーも直接接続できるようになったらかなり使いやすくなると思いますし今後のアップデートに期待です。 今すぐ、PS4を快適にリモートプレイしたいのならXperiaのスマホを買いましょう.

次の

AndroidでもPS4リモートプレイが可能に!その方法を、Pixel 3aにDUALSHOCK 4を接続して確かめてみた

リモートプレイ ps4 スマホ

こんにちは、子育てパパです。 今回はAmazonのFireタブレットよりPS4プレイする方法を紹介。 FireタブレットでPS4をリモートプレイできるようにするまでのやるべきことは以下。 ・FireタブレットにGooglePlayを導入。 ・ WindowsPCで「PSJoy」親側設定。 ・Fireタブレットに「PSJoy」クライアントアプリを導入。 ではさっそくやってみましょう。 FireタブレットにGooglePlayを導入。 後述する「PSJoy」クライアントアプリはGooglePlayよりインストールする必要がありますが、FireタブレットはGooglePlayが入っていないため、まずはGooglePlayを導入する作業が必要になります。 有限工房様で説明されている導入方法をご紹介します。 リンクフリーとのことで紹介させていただきました。 ・WindowsPCで「PSJoy」親側設定。 使用するのが、 「PSJoy」というアプリ。 上記公式サイトの画像のように、 WindowsPCがリモートプレイに対応していることを利用し、そのWindowsPCの画面をさらにAndroidスマホに転送するというもの。 まずはPS4のPC用リモートプレイアプリを公式サイトよりダウンロードしてインストールしましょう。 ここは公式サイトを見れば分かるハズなので、細かい手順は割愛します。 続いて 「PSJoy」をWindowsPC側にセットアップします。 まずは以下の 「PSJoy」サイトにアクセス。 「Download」を選択し、右ページを少しスクロールしたところにある ソフト 雲のアイコン を選択してダウンロードします。 ダウンロードしたファイルをダブルクリックして起動し、セットアップします。 「同意する I accept the agreement 」を選択して 「next」。 保存場所を任意に変更して 「next」。 問題なければ変更せずそのままでOK。 スタートメニューのフォルダ名なので、そのまま 「next」。 ショートカットをどうするかを選択して 「next」。 とりあえずデスクトップにショートカットだけ作りました。 「Install」を押してインストール開始します。 終わったら 「Finish」。 「Launch PSJoy Server」にチェックが入っていれば、 「Finish」を押すと同時に 「PSJoy」が起動します。 起動するとこんな感じで初期画面が表示されます。 「PS4 Remote Play found. 」が表示されていることを確認してください。 これが出なければ、公式のリモートプレイアプリをインストールして下さい。 問題なければ 「Start」を選択します。 すると、公式のPS4リモートプレイアプリが起動します。 WindowsPCがPS4と同じネットワークに接続されていることを確認して 「はじめる」を選択すると、しばらくしてリモートプレイが開始されます。 うまく接続できれば、PSJoyの画面とともにリモートプレイの画面も表示されます。 「Capture」を押せばWindowsPC側の準備は完了。 ・Fireタブレットに「PSJoy」クライアントアプリを導入。 Fireタブレットでアプリをインストール。 GooglePlayより 「PSJoy」で検索すれば出てきます。 先ほども書いた通り、 本アプリは有償ですのでご注意下さい。 インストールして起動すると、以下画面が表示されますので、左下の 「Connect」をタップします。 右下の 「+」をタップします。 「Search Server」をタップ。 上手くWindowsPCを見つけられると以下のような画面になりますので 「Save」をタップします。 エラーになる場合はスマホとWindowsPCが同じネットワークにいるか、WindowsPC側に「PSJoy」が起動しているか確認してください。 「Connect」の画面内にWindowsPCの情報が表示されますので、 その部分をタップしてWindowsPCと接続します。 上手くいけば、以下のようにトップ画面に戻り、 「Remote」という名前のボタンが灰色から白色に変わり有効化されますので、それをタップします。 するとFireタブレット側もPS4画面が表示されるようになります。 Fireタブレットでプレイしてみた! 今回はFire7タブレットで試してみましたが、両手で持って仮想ボタンを押すサイズ感が絶妙で、非常にプレイしやすいと思いました。 こちらのゲーミングボタンと組み合わせることで、さらに快適にプレイできました。

次の