今年 の 12 月 23 日 は 祝日 です か。 日本の祝日カレンダー 2020年(令和2年)

国民の祝日について

今年 の 12 月 23 日 は 祝日 です か

2019年12月23日は「平日」です 今年も祝日だと認識していたねっこ。 余りのショックに、にわかには信じがたく、まっすぐアクセスしたのは、です。 ここなら信頼性の高いソースがあるに違いない…。 念のため、SSL証明書の信頼性も確認する疑いぶり。 だってそんな!突然「今年から平日だから」とか、そんな急に別れを告げられても!私たちが付き合ってきた31年間は何だったの! 12月23日が消えてる…! 参考: 愕 然。 祝日のリストからは、2019年12月23日が消え、新たに2020年2月23日が祝日として加わっていました。 そう、12月23日は、平日に戻ります。 そして2019年は、非常に珍しい「天皇誕生日の無い年」なのです。 来年からは、2020年2月23日が「祝日」になるよ 令和の時代は、今上天皇陛下の誕生日である「2020年2月23日」が天皇誕生日となります。 年の瀬でせわしない日々を送っているであろう皆さま。 12月21日 土 、22日 日 に休んだ勢いで、23日 月 も休んでしまわないよう、十分ご注意ください。

次の

2月23日が天皇誕生日になるのはいつから?12月23日は祝日でなくなる?

今年 の 12 月 23 日 は 祝日 です か

Contents• 2019年から天皇誕生日の12月23日はどうなるの? 今年で天皇陛下は85歳になられ、天皇としての最後のお誕生日を迎えられますが、その氣になる 「天皇誕生日」は一体 どうなるのでしょうか? 個人的には祝日が多い方が嬉しいのですが!(笑) 2019年の12月23日は祝日のまま? 残念ながら2019年の今年は、 「天皇誕生日」の12月23日は 「平日」となるそうです。 これは、「祝日法」が出来て以降初めて「平日」となるそうで、それにはちょっとした訳があるみたいです。 2019年の12月23日が「平日」になる理由 それは、天皇陛下が退位される日と、今度新しく天皇になられる今の皇太子さまの即位日と関係があります。 どう言う事かと言うと、今度新しく天皇になられる皇太子さまは、誕生日が2月23日である為「今年の2019年での誕生日はもう過ぎた!」となっているので、2019年の「天皇誕生日はなし!平日にする!」となったから12月23日は「平日」となってしまったのです。 2019年から12月23日はしばらく「平日」になる? 今のところ政府は、2019年からしばらくの間、12月23日は「平日」のままいく予定だそうですが、決定ではないのでこれからどうするか世間の動きを見て判断していくそうです。 ちなみに2020年の「天皇誕生日」は2月23日が「祝日」になります。 今後の一般参賀はどうなるの? 例年であれば一般参賀は毎年 「天皇誕生日」の12月23日に行われていますが、どうやら12月23日の一般参賀は 今年で最後になるようです。 2020年からは、新しい天皇陛下の「誕生日」である 2月23日に変更されるもようです。 まさに「平成最後」という訳ですね! それから、実は今までの一般参賀の日であるこの12月23日は当初、この日にするかどうか迷ったそうです。 何故かと言うと、この時期は冬で寒いし年末と言う事もあり、「みんな忙しいだろう!」と心配されていたみたいです。 ですが「お祝い事」なので、「喜んでくれるだろう!」と考えてする事になったのです。 「お祝い事」であれば、寒さも飛んでいきますね! 国民の休日も少し変わり祝日の名前も一部が変わる Sponsored Link 天皇陛下が退位され、 元号が 「令和」になりますが、それに伴い今までの国民の休日や祝日の名前一部が変わるそうですよ! 2019年の場合 2019年は天皇陛下が即位される5月1日と、即位の儀式が行われる10月22日が「祝日」になります。 という訳で、「祝日」と「祝日」の間の日は「祝日になる」という「祝日法」の為、4月30日と5月2日は「祝日」になります。 そんな訳で、2019年の「ゴールデンウィーク」は10連休になるという素晴らしさ! 「そんなに休んでどうするの?」と個人的に思っています!(笑) 〇平成31年(2019年)の国民の祝日・休日 名称 日付 備考 元日 1月1日 成人の日 1月14日 建国記念の日 2月11日 春分の日 3月21日 昭和の日 4月29日 休日 4月30日 祝日法第3条第3項による休日 休日(祝日扱い) 5月1日 天皇の即位の日 休日 5月2日 祝日法第3条第3項による休日 憲法記念日 5月3日 みどりの日 5月4日 こどもの日 5月5 日 休日 5月6日 祝日法第3条第2項による休日 海の日 7月15日 山の日 8月11日 休日 8月12日 祝日法第3条第2項による休日 敬老の日 9月16日 秋分の日 9月23日 体育の日(スポーツの日) 10月14日 休日(祝日扱い) 10月22日 即位礼正殿の儀の行われる日 文化の日 11月3日 休日 11月4日 祝日法第3条第2項による休日 勤労感謝の日 11月23日 引用元: 2020年の場合 2020年からは「体育の日」が 「スポーツの日」に名前が変わります。 これは、2018年に「祝日法の改正」が行われたからです。 意味は、「スポーツを楽しんで周りの人を尊重する気持ちを養い、元気な社会にしていこう!」となっています。 また 2020年の時だけ「体育の日(スポーツの日)」が10月から7月の24日になり、「海の日」も7月23日となります。 それから、 「山の日」も8月10日に変わるので、この年だけ少しややこしいですね! 〇平成32年(2020年)の国民の祝日・休日 名称 日付 備考 元日 1月1日 成人の日 1月13日 建国記念の日 2月11日 天皇誕生日 2月23日 休日 2月24日 祝日法第3条第2項による休日 春分の日 3月20日 昭和の日 4月29日 憲法記念日 5月3日 みどりの日 5月4日 こどもの日 5月5日 休日 5月6日 祝日法第3条第2項による休日 海の日 7月23日 スポーツの日 7月24日 山の日 8月10日 敬老の日 9月21日 秋分の日 9月22日 文化の日 11月3日 勤労感謝の日 11月23日 引用元: まとめ 2019年の 「天皇誕生日」は「祝日」にはならないのですね! それに休日や祝日の名前の一部が変わるのは、なんだかややこしいですね! カレンダーの業者さんは、さぞ大変でしょうね! 天皇について合わせて読みたい記事はこちら!.

次の

東京オリンピック1年延期で2020年の移動した祝日は元に戻る? ~海の日・山の日・スポーツの日~

今年 の 12 月 23 日 は 祝日 です か

2019年5月1日に今上天皇が即位され、元号は「令和」となりました。 今上天皇のお誕生日である2月23日は「天皇誕生日」という祝日になりますが、いつからなのでしょうか? また、退位された上皇陛下のお誕生日だった12月23日がどのようになるのかも気になりませんか? 今回は、「天皇誕生日」どうなるかについて調べてみました。 2月23日が天皇誕生日になるのはいつから? 「天皇誕生日」という祝日は、国民の祝日に関する法律(祝日法)によって「天皇の誕生日を祝う日」とされていますので、皇太子殿下が新天皇に即位された時からこの法律が適用されます。 即位なさったのは、2019年(令和元年)5月1日ですので、 最初の「天皇誕生日」は令和2年(2020年)2月23日(日)ということになりますね。 12月23日は祝日でなくなる? では、これまで「天皇誕生日」という祝日だった上皇陛下のお誕生日の12月23日は今後はどうなるのでしょうか? まず、これまでの天皇誕生日がどうなっているのかを見ていきましましょう。 明治天皇の誕生日の11月3日は「文化の日」として残っています。 明治天皇が崩御されると、国民が「明治天皇が近代日本の礎を築いた功績を後世に伝えていくために11月3日を祝日としてほしい」という運動を起こし、昭和2年(1927年)に「明治節」という名称で祝日になりました。 しかし、敗戦後の昭和22年(1947年)、当時日本を占領していたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は、「明治節」を廃止しました。 GHQは、天皇と国民の繋がりを少しでも排除しようとしたのでしょう。 明治節が廃止され、11月3日を「憲法記念日」にしようという動きがありました。 日本国憲法の前の大日本帝国憲法の公布日は2月11日です。 2月11日は「建国記念の日」ですが、もともとは「紀元節」といって、日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日です。 神武天皇の即位日という縁起の良い日を選んで大日本帝国憲法を公布したことに倣って(ならって)、日本国憲法の公布日を明治節である11月3日にして「憲法記念日」にしようとしましたが、GHQから強く反対されました。 国にとって重要な憲法記念日と、明治天皇の誕生日を結びつけたくなかったのでしょう。 そのかわり「憲法記念日じゃなければいい」ということで、昭和23年(1948年)に近代文化が目覚ましい発展を遂げた明治の時代を年頭に「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨とし「文化の日」が祝日に加えられました。 大正天皇の誕生日は8月31日です。 しかし、 8月31日は祝日として残っていません。 大正天皇が崩御されたあと「名称を変えて残そう」という運動がなかったことや、大正時代は15年間と短かったこと、明治天皇や昭和天皇のように後世に伝えたい偉業がないなど、さまざまな考え方があるようですが、祝日法で定められなかっただけのことです。 昭和天皇の誕生日の4月29日は「昭和の日」として残っています。 昭和天皇の誕生日であった4月29日は、ゴールデンウィークを構成する祝日となっていたことから、国民生活への影響が懸念され「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨とした「みどりの日」という祝日として残ることになりました。 その後、昭和天皇とともにあった昭和という激動の時代を忘れないためにも「昭和の日」としようという動きがあり、国民の要望もあったことから、平成17年(2005年)の祝日法改正により、4月29日は「昭和の日」となり、「みどりの日」は5月4日に移動しました。 このように、明治天皇や昭和天皇の誕生日が祝日となっていることは特別だと考えた方が良いかもしれません。 上皇陛下のお誕生日12月23日はどうなる? 政府は平成29年(2017年)12月21日に、 退位後の12月23日は当面の間は平日にする検討に入ったと発表しました。 この発表で菅官房長官は「どのような日を祝日にするかは多様な論点があり、皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするかは国民各層の幅広い議論が必要だと思っている」と述べました。 12月23日を「上皇誕生日」として祝日にした場合、「二重権威」ともなりかねないため、当面は平日にするのがふさわしいとの指摘もあります。 このような経緯から、 令和元年( 2019年)12月23日(月)は平日ということになります。 12月23日が祝日として残って、今上天皇のお誕生日が新たに天皇誕生日という祝日になれば、祝日が1日増える!と単純に考えて喜んでしまいそうですが、当面の間は12月23日は平日ということで、そんなに簡単なお話ではないようですね。 現在のところ、上皇陛下のお誕生日の2019年12月23日は平日、今上天皇が即位され、初めてのお誕生日は2020年2月23日ということになるので、 2019年には「天皇誕生日」という祝日が存在しないことになりそうですね。 今後、どうなっていくのか見守りましょう。 関連: - , , 陛下はお示しになられた御聖慮のなかに一言も「退位」とは下賜されておりません。 そもそも退位というのは不敬・無礼であり不適切な表現です。 正しくは「譲位」です。 テレビや新聞が故意に乱用する「退位」という言葉の不適切性を認識くださるようおねがい致します。 テレビ局や新聞は、一般視聴者、一般日本国民から何度も何度もこの誤りと不適切性を指摘し訂正を求められていますが無視しつづけています。 再三苦情を受けているのに尚も執拗に「退位」を使い続けるのは、 国体である天皇・皇室を貶め、そうして日本を貶めるためです。 日本の情報媒体は、日本が敗戦して赤を内包する戦勝勢力に占領されたときから 完全に戦勝勢力に支配され今現在に至っているのです。 今現在も日本は占領体制でガチガチに縛られています。 皇室典範も敗戦後に設けられたもので、緩やかにしかし確実に皇統が途絶えて消滅させるためのものです。 憲法も本当の現行憲法は帝国憲法ですが、 日本国民のほとんどは騙されており、法的無効で使う根拠も動機もない危険な日本国憲法という名の占領基本法を日本の憲法だと思い込んでいます。 テレビ、新聞といった報道・情報媒体は今現在もSCAPIN33を遵守しているのです。 大事なことなので繰り返しますが、退位ではなく、「譲位」、「御譲位」です。

次の