ライン 電話。 ラインの友達追加を電話番号から行うやり方。できない時は?

LINEで電話番号を登録(認証)する方法

ライン 電話

ただし、電話料金の代わりに、通信料金がかかります。 つまり、 毎月支払うお金に変わりはないけれど、LINE通話の分だけ毎月利用できるデータ通信量を削ることになるということです。 おいおいおいおい???って感じになりませんか? これって、本当に無料と言えますか?データ通信量を気にしないなら、契約内容で2Gか3G、5G、10Gと悩むことってないはずですよね。 LINE電話の通信料を知りたいなら、通信量で考える必要があります。 ビデオ通話となると、当然データ量も増えます。 何も考えずにビデオ通話をして、通信制限されていたなら、少し気をつけた方が良いでしょう。 LINEの通信量はどれくらい? LINEを利用した際の通信量について、簡単に説明しておきます。 LINEトークー1メッセージにつき約2KB(0. 002MB)• 01MB)• 画像送信ー1画像につき約1MB• LINE無料通話ー1分あたり約300KB(0. 3MB)• LINEビデオ通話ー1分あたり約5MB、1時間で約300MB(0. 3GB) 気になるLINEの無料通話に注目すると、1時間ほど電話すると 約20MBほどかかります。 つまり、 月に50時間ほど電話すると、1GBほどの通信量を無料通話だけで使ってしまう計算になります。 LINEカメラ多用しようと思ってたけど通信料... — あやめ AoLSZNZ7OLOFlMt 毎日1時間半ほど電話すれば、これくらい消費する感じになりますね。 スマホの通信消費量を見た時に、LINEアプリだけ異様に高い数値が出ている人は、無料通話が原因である可能性が高いですよ。 LINEのパケット通信量を抑える方法 では、実際にどうやってLINEのパケット通信を抑えれば良いのでしょうか? 自宅ならwifi接続でパケット消費がなくなる もし自宅で利用するなら、 Wifiに接続して利用するべきです。 Wi-fiであれば、自宅のインターネット環境の通信を利用することになります。 つまり、 スマホで契約している通信は利用しないということ。 ほとんどの家庭のインターネット環境は、月額定額制で契約していると思います。 これだと、いくら利用しても通信制限がかかることがありませんし、スマホ電話通信に比べて通信速度や回線の質なども良好です。 Wifiでの無料通話なら、本当の意味での無料と言えるでしょう。 外出時もパケット消費を抑えたい場合 自宅じゃなくて、外に出ているときもパケットを気にせず利用したい。 そういう人におすすめなのが、 ポケットwifiです。 ポケットwifiのメリットは、 外出時でも自宅のインターネット回線に負けない高速通信が実現できるところ。 ポケットwifiの想定ユーザーとしては、• インターネットのヘビーユーザーで、とにかく回線でイライラしたくないという人。 いちいち画面読み込みで、もたもたしたくない人。 外でも動画をカクつきなく見ることができて、安定した回線を実現したい人。 常時高速通信でパケットを気にしたくない人。 外でスマホゲーで遊ぶ人 こういう人におすすめです。 もしLINEで完全無料通話が実現してしまえば、電話の通話料金で儲かっている会社は潰れるでしょう。 そこはやはりバランス関係なんですね。 ただし、1つだけ例外があります。 それは、 格安simサービスのlineモバイルを利用するという方法です。 LINEモバイル、LINE・ツイッター・fb・インスタの通信料が無料なのでパケット残量がぜんぜん減らない ありがてえ — 無明堂 ariakedo Lineモバイルで契約すれば、Lineの無料通話はパケットの消費対象外となるのです。 つまり、Lineモバイルであればどこにいても、 完全な無料通話を利用することができるということです。 もちろん通信制限もかかりません。 ソフトバンクのシンプルスタイルの体たらくさって半端ない! 機種は選べない、機種変更は在庫ない、挙句の果てに通信料はボッタクる。 これまで無駄に消費していたパケットを他のことに使えるようになるかもしれません。 パケット消費なら無料と同じと感じる方は、そのまま変わらず利用して問題ないですね。 ただし、スマホの月額料金が5000円以上かかっているなら、必要以上に月額料金を払っている可能性が高いですよ。 格安SIM(500円~2000円台)+ポケットwifi(2000円前後で高速通信)で利用した方が、圧倒的に使い勝手も、料金もお得ですから。

次の

LINEには「無料通話」と「LINE Out」2つの電話機能があるって知ってた?

ライン 電話

アカウント作成ができない番号もある そもそもLINE(ライン)のアカウントの作成ができない番号もあるので覚えておきましょう 050から始まる電話番号 050から始まる電話番号はIP電話と呼ばれる種類の電話に与えられた番号です。 IP電話はラインがアカウント認証に使うSMS機能に対応していないのでアカウントの作成に使用できません。 短時間にアカウントの削除と登録を繰り返した番号 短時間にアカウントの削除と新規の登録を繰り返した電話番号で登録をしようとすると 無効な電話番号と表示され、登録ができないことがあります。 この表示が出た場合は 少し時間を置いてから再度試すと登録ができます。 登録が再びできるようになるには 数時間〜数日かかる場合もあるため気をつけましょう どうしてもアカウントを2つ欲しい時は固定電話番号・Facebookを使おう 実はLINE(ライン)のアカウント登録は携帯電話番号以外でも登録が可能です。 携帯電話番号以外の登録方法は2つあるので説明します。 Facebookを使って登録する方法 LINE(ライン)の登録画面には電話で認証する方法とFacebookで認証する方法が表示されています。 この時にFacebookアカウントを持っていれば電話番号の登録をせずに登録が可能です。 固定電話番号を使って登録する方法 LINE(ライン)にはSMSを使用できない時のための登録認証方法として 通話による認証が用意されています。 方法は簡単で電話認証画面で 「通話による認証」をタップし固定電話番号を入力するだけです。 固定電話にきた着信に流れる4桁の番号をLINEの画面に入力すればアカウントの作成が完了します。 この方法を使えば本来SMS機能を持たないタブレットなどでもラインアカウントを作ることができますので試してみてください。 固定電話番号でLINE(ライン)に登録するデメリット 固定電話番号でLINE(ライン)に登録すると2つのデメリットが生まれてしまいます。 電話帳に登録している番号が友達追加される LINE(ライン)の機能の1つに端末に登録されている連絡先を友達として追加してくれる機能があります。 そのため固定電話の電話帳に登録されたLINE(ライン)をやっている友達が登録されてしまう可能性がありますので注意してください。 この機能は設定の 「友達の自動追加」の機能をオフにすれば止められるので覚えておきましょう。 電話番号を知っている相手の「友達かも」に表示される 自分の固定電話の電話番号を登録している友達の「友達かも」に表示されてしまうのもデメリットの一つです。 アカウントを固定電話の番号で作ったのを知られたくない時は設定の 「友達への追加を許可」をオフにしておきましょう。 家族の誰かが固定電話番号で登録すると自分のアカウントが消える 固定電話は基本的に家族共通で使用していると思います。 家族の誰かが固定電話番号を使ってLINE(ライン)のアカウントを新規登録すると自分のアカウントが自動的に削除されてしまうので注意しましょう。 LINEモバイルに加入すれば月600円から2つ目のLINE ライン アカウントを作成可能! LINE ライン でサブ垢 複垢 を作るにはFacebook認証か、新しく電話番号が必要になるとお話ししました。 しかし中には「スマホを1つしか持っておらず新しい電話番号を用意できない」あるいは「乗り換えてしまって今は使えなくなった古いスマホを再利用したい」、「Facebookは既存のLINEと連携している等で使えない」といった方もいるかと思います。 その場合は見出しにもあるように、 LINEモバイルへ加入することで2つ目のLINE ライン アカウントを作成することが可能です。 「諸事情により新しい電話番号の用意ができない、よってLINE ライン のサブ垢を作ることができない」という方はぜひ LINEモバイルへの新規加入を検討してみてください。 ちなみに、月額600円から利用できる格安SIMはLINEモバイルのほかにありません。 LINEモバイルへの加入で受けられるメリット LINEモバイルは「月額600円~」という親切な料金設定のほかにも、• 電話番号いらずでLINEアカウントの作成が可能• 通信制限を気にすることなくLINEを使い放題• 年齢確認・ID検索の機能を利用可能 といったメリットも持っています。 上記の恩恵を月額たった600円で受けられるというのは、大手キャリアはおろか普通の格安SIMをもってしても不可能です。 LINE ライン サービスに特化した格安SIM「LINEモバイル」を一度ぜひ利用してみて下さい。 LINE(ライン)は同じ電話番号でなければ2つのアカウントが作れる! LINE(ライン)のアカウントは1つの番号に1つまでというルールが存在します。 なので1つの携帯電話番号でアカウントを2つ持つことはできません。 2つ目のアカウントを作成する場合にはFacebook・固定電話を使いましょう。

次の

ライン電話を間違えてかけてしまった時の話~対応したことは?

ライン 電話

LINE通話の無料の仕組みとパケット通信量 LINEにおける音声通話は、電話回線でなくモバイル通信(4G LTEなど)やWi-Fiによるインターネット経由でおこなわれています。 モバイル通信では多少のデータ通信量は消費しますが、いわゆる30秒20円といった「通話料」はかからないため、パケット定額サービスを使っているなら基本的に「無料」と考えることができます。 もちろん毎月使えるデータ通信には上限があるため、かもしれませんが、Wi-Fiなどを上手に利用すれば気軽に友だちとの通話を楽しめます。 スマホ版LINEユーザー同士のほか、PC(パソコン)版LINEでも無料通話が可能です。 LINEの無料通話には通常の音声通話のほか、ビデオ通話やグループ通話もあります。 本記事では、1対1の音声通話をメインに解説しますが、ビデオ通話やグループ通話の詳細は下記特集を参照してください。 また、固定電話やフィーチャーフォン(ガラケー)とはLINEの無料通話はできません。 そうした用途で格安で通話したい場合には、LINE Out(有料)および(広告を見て無料)というサービスも用意されています。 LINEの無料通話で話せない相手に電話をかける機能と考えてもよいでしょう。 LINEの無料通話の音声品質は? LINEの通話品質は以前より大きく改善されてきてはいますが、さすがに大手キャリア各社のVoLTE通話などに及んでいるとはいえません。 IP電話であること、また通信環境や端末スペックなどにより、通話品質が左右されてしまうことが主な要因だと考えられます。 とはいえ、一般的な通信環境であれば音声が途切れて通話にならないといったことはなく、普通に会話することができるでしょう。 より良い音質で通話したいなら、互いに安定した通信環境が重要となります。 具体的には、自宅などで電波強度の高いWi-Fi接続をしたスマホのLINE同士で通話するケースなどが挙げられます。 LINEの通話で消費する通信量は? LINEの通話で気になるのが、消費するデータ通信量でしょう。 LINEモバイルの公式ブログによれば、LINEの音声・ビデオ通話のデータ通信量の目安は以下の通りとなっています。 appllio. com LINE通話のかけ方・受け方・通話中の操作 初めてLINEの無料通話を使いたいユーザー向けに、電話のかけ方や受け方の手順、通話中の操作(ミュート・スピーカーフォン・ビデオ通話切替)を解説します。 また、発信や着信をキャンセルしたり、応答しなかったりした場合、トーク画面にどのような通知がなされるのかを説明します。 通話のかけ方(発信) 左:iPhone版LINE 右:Android版LINE 友だちリストの画面を表示し、通話をしたい友だちを選んでタップ。 ポップアップが表示されるので、[無料通話]ボタンをタップします。 左:iPhone版LINE 右:Android版LINE トーク画面からも発信できます。 iPhone版、Android版ともに画面上部の電話マークから[無料通話]を選択します。 呼び出し画面になります。 相手が応答するまで待ちます。 出ない場合は、画面下部の赤いボタンから発信を途中でキャンセルできます。 appllio. com LINEの通話が便利になる小ワザ集 よく通話する友だちを「ショートカット」としてホーム画面や通知センターに追加したり、通話中にLINEのトークも操作したりできる小ワザをいくつか紹介します。 よく通話する相手のショートカットをつくる方法 LINEで頻繁にやりとりする相手のショートカットを作っておくと、直接ワンタップで発信できます。 基本的にAndroid版のみに提供されている機能ですが、iPhone版でもウィジェット活用のショートカット(お気に入り)を作成することが可能です。 Android版LINE Android版LINEアプリでは、トークまたは無料通話がすぐに始められるショートカットをホーム画面上に簡単に作成できます。 ショートカットを作りたい相手とのトークルームを開いたら、トーク画面右上の[V]ボタンからメニューを表示させ、[設定]を選択します。 続いて[無料通話ショートカットを作成]をタップします。 「ホーム画面に追加」の画面で[追加]をタップすると、音声通話のショートカットが追加されます。 アイコンをワンタップすれば、すぐに相手へ発信できます。 iPhone版LINE iPhone版LINEアプリには、正式にショートカットを作成する機能は提供されていません。 しかし、通知センター上にワンタップで特定の相手への発信が可能なウィジェットを作成できます。 iPhoneの通知センターを開いて上にスクロール、下部にある[編集]ボタンをタップします。 ウィジェット対応アプリの一覧から「LINE」の横にある[+]ボタンをタップして、ウィジェットを追加します。 LINEのウィジェットが通知センターに表示されるようになるので、人型ボタンをタップ。 友だちリストが開いたら、ショートカットを作りたい相手を選択します。 ポップアップで星ボタンをタップし、その友だちをお気に入り登録します。 これで、通知センターのLINEウィジェットに相手のショートカット(お気に入り)が表示され、通知センターからワンタップで発信がおこなえます。 通話しながらトークを操作する方法 通話中にLINEの操作をおこなうことも可能です。 スピーカーフォン(前述)に切り替えれば、相手と話しながらトークで写真を送ったりすることもできます。 友だちと通話中の画面で、スピーカーのアイコンをタップ(緑色になる)。 これで、スマホを耳に当てなくともハンズフリーで話すことができるようになります。 iPhone版では画面右上の四角に矢印のボタンをタップすると、通話をする直前に開いていた画面へ遷移します。 左:iPhone版 右:Android版 iPhone版、Android版いずれも、画面に通話している相手のアイコンが表示されます。 元の通話画面に戻るにはこのアイコンをタップするだけです。 LINE通話の着信のみを拒否する方法 迷惑な相手の着信を拒否するというより、ミーティングや打ち合わせ中など通話に応答できない場合に、着信だけを受け付けないようにする設定が可能です。 ブロックとは異なり、着信履歴があったことはわかります。 これで無料通話がかかってきても、着信しないようになります。 相手が着信拒否中のあなたに通話を発信すると、通常時と同じく「発信しています」と表示されて呼出音が流れます。 自分には着信せず、相手とのトーク上に「~(相手)からの着信がありました。 通話の着信許可がOFFになっているため、応答できません」と表示されます。 一方、相手のトーク画面には「応答なし」との表示がなされます。 LINE通話の「着信音」「呼出音」を変更するには? LINEでは、メッセージなどを受信した時の「通知音」だけでなく、無料通話の着信時のサウンド(着信音)も変更することができます。 一つは、手持ちの音源などをサードパーティ製のアプリを利用し、着信音として設定する方法があります(Androidのみ。 詳細は下記の特集を参照)。 また、LINE MUSICの公式機能「LINE着うた」を利用すると、LINEで無料通話(音声通話・ビデオ通話)をかけてきた相手に聞こえる「呼出音」と、かかってきた時の「着信音」として、LINE MUSICで配信されている5000万曲の中から好きな音楽を設定できるようになっています。 呼出音や着信音をカスタマイズしたいユーザーには嬉しい機能です。 詳しい設定手順は下記の特集を参照してください。 LINEの通話を「録音」することはできる? iPhoneでもAndroidでも、端末の機能やLINEアプリ自体にLINE無料通話の内容を録音する機能は用意されていません。 通話の録音を可能とするサードパーティアプリは一部存在しますが、LINEの通話録音への対応を正式に謳い、かつ正常に動作するものはほぼないというのが現状です。 そうした中で、ICレコーダーとテレフォンピックアップなどの外部機器を利用する方法を駆使することにより、LINE通話の録音がおこなえる場合があります。 テレフォンピックアップはインナーイヤー式のマイクロホンで、ICレコーダーのマイク入力に接続し、イヤホンを耳に入れた状態で通話して内容を録音するというものです。 詳しくは、下記の特集を参照してください(Androidスマホにも対応しています)。 さらにiPhoneでは、iOS 11以降で画面収録(画面録画/スクリーンレコード)を利用したLINE通話の録音も可能になっています。 LINE通話ができないときによく出るエラーメッセージ• 「この機能を利用する権限がありません。 お使いの端末の設定から、本機能へのアクセスを許可してください」• 通話の許可がOFFになっているため、応答できません」• 「マイクへのアクセスを許可してください」「音声の録音をLINEに許可しますか?」• 「友だち追加後に通話が可能です」• 「通話できません。 「応答なし」がずっと続く• 「サーバーへ接続できません」「通話することができませんでした」 これらのエラーメッセージに沿って、それぞれ対処をしていく必要があります。 詳しくは下記記事を参照してください。 LINE通話が聞こえない場合の主な原因• 自分もしくは相手のマイクがミュートになっている• 受話音量が小さくなっている• 通信環境(電波)が悪い• 通信速度制限を受けている• イヤホンなど外部機器とBluetooth接続されている• そのほか、LINEアプリのバージョンや端末の不具合、故障など 音声通話が上手くいかない原因が自分側ではなく相手側にある可能性もあるため、原因を特定するのは難しいところです。 下記記事で紹介している各種の対処法や「テスト通話」などで改善できるか試してみましょう。

次の