キャンプ場行方意不明事件 現在。 記者のこだわり:娘探す母に「うそつき」、事件無縁の女性に「出頭しろ」--ネットデマで突如「犯人」に

石井舞ちゃん行方不明事件の真相!犯人や関連人物・失踪したその後

キャンプ場行方意不明事件 現在

山梨県道志村の『椿荘オートキャンプ場』で千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さんが行方不明になってから1カ月以上が経過した。 事件や事故などさまざまな憶測が流れる中、ネット上ではついに美咲さんの母・とも子さんの犯人説まで広まっており、今や、カオス状態になっている。 「警察やボランティアの懸命な捜索にもかかわらず、一切、手掛かりが見つからなかったことから、自作自演、身内犯行説まで流れています。 そんな中、母のとも子さんの知人が捜索募金発起人となって突如、謎の募金活動を始めたことが物議を醸しています。 募金の使い道については、捜索費用や、美咲さんが見つかった後の治療費や社会復帰するための支援費用にするとありますが、間に会社が関与していることに加え、復帰後の支援費まで賄うつもりなのか、という疑問の声も上がり、炎上しています」 週刊誌記者 ネット上では、 《金が絡むと途端に怪しくなるんだよなぁ》 《本当に捜索に使われるならいいけど、使い道は明確にするんだろうね?》 《ドローンまで導入して捜索したのに、個人で捜索隊を編成するのか? 募金とか途端に怪しくなるわー》 《捜索ボランティアに頼っていたのに、なぜか捜索資金のための募金? 見つかってもいないのにその後のケア。 金が振り込まれているのにお礼の言葉もない。 いろいろ思うところがあるな》 など、批判や疑問の声が殺到しているようだ。 その後、あまりの反響の大きさに、募金は急きょ終了となったが、10月29日現在、132万5498円が母・とも子さんの口座に送金されたことが確認されている。 「母親が美咲さんを心配する気持ちは分かるのですが、捜索が行われている最中にインスタを更新したり、自身が経営するトリミングサロン店のハッシュタグを付けて投稿するなど、誤解を招く行動が炎上のきっかけとなっているようです。 現在は指摘を受けた投稿は削除されていますが、今後、募金の使い道についても一波乱ありそうな雰囲気です」 同・記者 昨今、事件や事故が起きた際には、SNSが活用されるのはむしろ当たり前になっている。 しかし、節度ある使い方を心掛けないと、無用な中傷を招くことになるという分かりやすい例なのかもしれない。 現在、ネット上では注目を集めるためなのか、自ら誘拐犯を名乗る不届き者まで現れる始末。 一日も早く美咲ちゃんが無事に発見されることを、誰もが願っている。 外部サイト.

次の

石井舞ちゃん行方不明事件の真相!犯人や関連人物・失踪したその後

キャンプ場行方意不明事件 現在

報道では悲劇のお母さん的な扱いされていますが、ネット情報では今回のキャンプはSNSで知り合っただけ人のオフ会だそうです。 報道では友達と言っているが、実際はその場で知り合った、ペラペラな関係みたいですよ。 さらに母親は捜索もせず、テント内でインスタの更新などに励んでいるみたいです。 インスタについては会見で謝罪と知人などの心配の声に一件一件返信するよりこっちの方がまとめて連絡できるからと言っているみたいですが、ハッシュタグはお店の名前など付けていたとか。 顔公開もしましたが、どうせインスタ等に娘の写真が一枚くらいあると思うのだが、さっさと公開すればよかったと思う。 数日前の顔馴染でもない子を見た印象なんてすぐに忘れてしまうと思う。 自衛隊やボランティア・一番の被害者である道志村はとてもかわいそう。 この家族は助けて下さい~って叫んで、無償で、道志村は自衛隊やボランティアなどの世話などをさせられて、そこから今回の捜索費を負担させられて・・・ ながなが語りましたが、この会見でおかしいと思ったのは「この度は、私どもの娘、美咲のために、たくさんの方々に御迷惑ご心配をおかけしまして、本当にすみませんでした。 」 すいませんでした。 ってなんか過去形になってませんか?すいませんや申し訳ございません。 なら分かるが「でした。 」・・・原稿ありででしたって・・・本人の中では終了したのかな?.

次の

小倉美咲ちゃん行方不明の山梨県道志村のキャンプ場の地図と地形は?手がかり掴めず捜査難航!なぜ見つからない?子供の意外な行動とは?

キャンプ場行方意不明事件 現在

小倉美咲ちゃんの母親が顔出しで取材に応じるも、父親は顔出しNGかとネットで話題に 9月30日、山梨県道志村のキャンプ場で行方不明となった小倉美咲ちゃんの両親が報道陣の前で、取材に答えています。 報道陣のカメラの前で、用意した文章を読み上げたのは美咲ちゃんの母親、とも子さんです。 一方、美咲ちゃんの父親も取材には応じていますが、顔を出すことはありませんでした。 ネットでは両親が別々、片方のみが顔出しで取材に応じるという、この形に疑問の声が出ています。 ただ、父親も名前を小倉雅さんと公開していますので、完全に素性を隠しているというわけではありません。 母親はインスタなどでも活動 小倉美咲ちゃんの母親、とも子さんは千葉県でトリマーをしていて、トリミングしたペットなどの写真をインスタグラムで公開しています。 とも子さんはインスタグラムで、既に顔や実名を出していたので、テレビに出演するのにあまり抵抗がなかった可能性がありますね。 父親の雅さんについては、SNSが確認できていません。 顔を出せない理由は発表されていませんが、人前で話すことなどが、不得手ということも考えられます。 小倉美咲ちゃんのお母さんの悲痛な叫び 9月30日、主に母親のとも子さんによって話された記者会見内容では、美咲ちゃんを一人で行かせてしまったことについての後悔が非常に印象的でした。 「悔やんでも、悔やんでも、悔やんでも悔やみきれないほど後悔」していると、「悔やむ」という単語を繰り返したことから、本当に思いが伝わってきます。 また、会見の中では、当初美咲ちゃんの写真が出ていなかった理由や、捜索隊への感謝の気持ちも述べられました。 美咲ちゃんが迷子になった直後から大人数で探しているため、 警察はこの行方不明を「事件性が薄い」と判断し、最初は写真非公開での捜査となったということです。 小倉美咲ちゃんの両親が記した記者会見向け文章の原本、ボランティアの公式ツイッターでも公開 小倉美咲ちゃんの両親が記者会見向けに用意していた文章は、「DoshiSousaku ボランティア旧本部 後方支援(公式)」のボランティア公式ツイッターでも公開されています。 本日9月30日 月 午後4時過ぎに、美咲ちゃんのご両親から報道各社宛に次のようなお話をされています。 原本をご両親からお借りしましたので、添付させていただきます。 (全3枚) — DoshiSousaku ボランティア旧本部 後方支援(公式) DoshiSousaku 全文が公開されているこの文章は、小倉雅さん・とも子さん両親の連名で出されました。 行方不明後に、母親のとも子さんがインスタグラムへの投稿していたことについても、軽く触れられています。 心配してくれる方、応援してくれる方への感謝の気持ちで投稿したと説明し、この行動で不快な思いをさせてしまっている方がいたら謝罪させて頂きたいと述べました。 多くの方が気になっている、キャンプ当日のいきさつについては、公開捜査の情報提供のため、後日改めて話したいと綴られています。 記者会見の形をとるかは不明ですが、もう一度、両親から何らかの形でお話がある可能性が高いですね。 文章の最後は、皆さんの協力への感謝を示し、「 皆様にも美咲の無事を祈っていて頂けるとありがたいです」という一文で締めくくられました。 小倉美咲ちゃん行方不明から10日、現在も捜索は継続し情報提供を呼びかけ 小倉美咲ちゃんが行方不明になってから10日が経過していますが、残念なことにまだ発見の吉報がもたらされていません。 ご両親の同意を得て美咲ちゃんの顔写真も提供され、公開捜査に切り替わっている現在、広く情報提供が呼びかけられています。 少しでも有力な情報が集まり、美咲ちゃんの発見につながることを祈りましょう。 小倉美咲ちゃん大規模捜査打ち切りに 美咲ちゃんの新しい動画も公開 美咲ちゃんが行方不明になって16日目となる6日(日)に、警察が大規模捜査を打ち切るという発表をしました。 母親のとも子さんが会見をし、警察や消防団などの捜索隊への感謝の気持ちを述べました。 親としては諦めずに捜索を続けること、また協力できる人は引き続き捜索をお願いしたいと頭を下げました。 また、捜索打ち切りを期に、新たな動画が家族から公開されました。 知人にプレゼントを貰った時に撮影したものだそうで、美咲ちゃんの音声も入っています。 優しい口調で懸命に敬語話し、気が使える女の子です。 発見に繋がる有力情報は引き続き必要になります。 美咲ちゃんが早く笑顔を取り戻せる日が来ることを願います。

次の