厄年 2020 年。 2020年の厄年や佐世保で厄祓いができる神社をまとめたよ!2月3日までに急げ!

厄年入門・2019年・2020年・2021年・2022年の厄年一覧

厄年 2020 年

男女で違う年齢がおとずれるのが厄年ですが、 女性の厄年は10代〜30代でそのほとんどが訪れます。 現代ではちょうど結婚や妊娠、出産などを控える人が多い年齢の頃に厄年が訪れてしまうのはなんだかね、、、 そこでこの記事の中では女の厄年でやって良いことや悪いことはあるのか?などもふまえて読み進んで見てください。 まずは厄年の年齢の数え方です。 女性の厄年の年齢と数え方? 女の厄年で気になる一つ目は年齢と数え方です。 普段自分の年齢はご存知かと思いますが厄年の年齢を数える時には少し違いがあります。 誕生月で1つ歳を取るのでなく、お正月を迎える度に1つ歳をとるのです。 ですので誕生日を迎える前であれば現在の年齢に+2歳。 誕生日を迎えた後であればプラス1歳を加えましょう。 この数え方は「数え年」という数え方で日本では儀式などではこちらの年齢の数え方を基準に考えられていることも多いので知っておくと便利です。 女性の本厄は19歳、33歳、37歳 これに加え前後1年ずつを前厄、後厄といって警戒すべき時期とされています。 特に33歳の厄は大厄と呼ばれており、最も良くないことが起こり易い年とも言われています。 厄除け・厄払いなどを受けて悪いことが起きないように努めましょう。 女性の厄年は何歳? 女性の厄年 前厄 本厄 後厄 一度目 18歳 19歳 20歳 二度目 32歳 33歳 34歳 三度目 36歳 37歳 38歳 四度目 60歳 61歳 62歳 女性の厄年は人生で4回訪れます。 本厄の前の年を前厄、後の年を後厄と考えると合計で12年あります。 ただ61歳の時の厄年に関しては地域や宗教の違いがあるようで男性だけの場合もあるようです。 女性の厄年の数え方は? 男性女性に関わらず言えることですが厄年の数え方は数え年の年齢になります。 数え年の場合は母親のおなかの中にいる月日も命と考えられている為そのように数えられます。 そのため生まれた年は0歳ではなく1歳と数えることになるため数え年が厄年ということになります。 厄年の数え方はご自身の地域や宗教によっては旧暦を使って数える方法に従っているところもあるようです。 この場合の数え方は立春(2月4日頃)から年の始まりとして考えられているものですから、立春前に生まれた早生まれの方は前の年が生まれた年として数えられます。 例を上げると昭和50年1月11日生まれの人は昭和49年生まれになります。 不安がある場合はご自身がお世話になっている神社で訪ねると良いでしょう。 女性にとって気になること結婚・妊娠・出産 厄年という響きから女性に取って気になることを紹介します。 それはなんといっても恋愛や結婚、妊娠、出産と行ったことが上げられると思います。 女性にとって人生でとても大事なことのためとても気になってしまうことだと思いますが、そもそも成り立ちを考えるとそこまで気にする必要もないようです。 女性にとって特に気になる出産などに関しては子を授かれば厄を落としてくれるなど悪いことばかりではありませんし、そんなに気にしないという人が大多数をしめています。 厄年だからといって積極性をなくしてしまうことの女性がいらっしゃいますが、何か気が乗らなくて落ち込みがちになってしまうためそちらの方が良くないように思います。 心の持ちようで、悪いことが起きたらあまり気にしない位の気構えで今まで通り生活をされること、それでも気になる場合は厄払い等を取り入れて気持ちの面でもすっきりしておくことが大切だと思われます。 厄年の女性に送ってあげるものは何が良い? 女性の友人で厄年であることを不安に思われている方や、何か調子がいまいち上がらないと言う方へ 何かしてあげることはできないものか?と考えている優しいあなた。 実は女性の厄年の時に渡してあげるとよいといわれるモノの特徴があるのをご存知ですか? 厄年の女性への贈り物はなにがいい? 厄年の女性にぴったりの贈り物は? 厄年の人には厄除けの意味を込めて「長いもの」「七色のもの」「うろこ模様のもの」をプレゼントすると良いと言われています。 そして 人から贈られたそのようなものを身に付けることにより厄を遠ざける力があるそうです。 厄を遠ざける役割があるのですから毎日身に付けるものの方が効果的ですよね。 そこで昔は腰紐や帯などが贈られていたそうですが、現代ではあまり一般的ではありません。 そこで女性の場合はスカーフやマフラー、ネックレスなどが良いのではないでしょうか。 シルクの大判のスカーフというとバブル時代のイメージがありましたが、最近はまた人気が戻ってきたような感もあります。 一枚あれば様々な形で長く使えるものですから、こういった機会にプレゼントするのも良いですね。 また 七色のもの、と言えば真珠が挙げられます。 真珠の色を言い表す時には白や黄色やピンクなど一つの色を言うものですが、輝きをじっくり観察してみると様々な色が含まれているのがわかります。 なるほど、七色の輝きというのもわかる気がします。 そのため厄年の人へのプレゼントとしてよく贈られるようです。 フォーマル用の真珠のネックレスを持っていない人であればこの機会に1本贈っておくのも良いですし、最近は真珠と行っても普段に使う人が増えています。 ロングタイプのネックレスはカジュアルにも少し改まった席でも使えるので便利なのでそういうものを贈るのも喜ばれるでしょう。 他にもうろこ模様のもの、ということで財布も厄除けの小物として好まれます。 「厄除け プレゼント」などのキーワードで検索すると多くのネットショップで厄年の人へのプレゼントを集めたページを設けたりしているので、そういったページを参考にプレゼントを選んでみてはいかがでしょう。

次の

令和2年(2020年) 厄年表(厄年・八方塞がり)

厄年 2020 年

厄年(やくどし)は、日本などで 厄災が多く降りかかるとされる年齢のことである。 科学的な根拠は不確かで、陰陽道由来とされるものの出典は曖昧である。 しかし、平安時代にはすでに存在し、根強く信じられている風習である。 より そんな厄災を避ける為に祈願祈祷する「厄祓い」ですが、2月3日の節分までに終わらせた方が良いとされていますね~。 「今年私厄年だったの!?」と気付かずに節分が終わってしまう人もいるんじゃないでしょうか・・・! ということで、今年の厄年の年齢や、厄祓いができる佐世保の神社についてまとめてみたので、参考にしてみてくださいね~。 今年の厄年は? 厄年は、前厄・本厄・後厄と分かれており、厄年にあたる年齢は基本的に男性と女性で年齢が異なります。 (数え年で考えます) 女性の厄年 前厄・・・2003年生まれ 18歳 ・1989年生まれ 32歳 ・1985年生まれ 36歳 ・1961年生まれ 60歳 本厄・・・2002年生まれ 19歳 ・1988年生まれ 33歳 ・1984年生まれ 37歳 ・1960年生まれ 61歳 後厄・・・2001年生まれ 20歳 ・1987年生まれ 34歳 ・ 1983年生まれ 38歳 ・1959年生まれ 62歳 男性の42歳は大厄と呼ばれ、厄災にあう率が非常に高くなっています。 上記年齢、特に本厄の皆さんは2月3日までに厄祓いへ行っておくと安心ですね。 佐世保で厄祓いができる神社は? 佐世保で厄祓いができる神社をザックリ有名どころでご紹介。 亀山八幡宮 佐世保市内でも最大規模の境内を持つ神社ですね。 佐世保市役所目の前で、アクセスもバッチリです! ・事前予約不要、飛び込みOK ただし、行事があることもあるので事前に電話で確認しておいた方が良いでしょう。 住所 長崎県佐世保市八幡町3-3 [] 電話番号 0956-24-8983 宮地獄神社 佐世保市街地からも近く、厄除け・開運・商売繁盛・交通安全の守り神として参拝されている神社です。 ・あらかじめ予約が必要です。 お申し込みは早めに。 住所 長崎県佐世保市宮地町1-7[] 電話番号 0956-22-7067(受付時間 8:30~17:30) 白岳神社 厄除けの神様とされる、スサノオさんが祀られています。 厄除けにバッチリです! ・神社社務所まで、電話などで日時をご予約ください。 住所 長崎県佐世保市白岳町725 [] 電話番号 0956-31-2700(白岳神社社務所) 飯盛神社 相浦エリアの神社と言えば、ここ飯盛神社。 「愛宕祭り」でも有名ですね~! こちらも厄除けの神様、スサノオさんが祀られていますよ。 ・平日は事前予約をお願いします。 土日は大体神社にいるそうですが、念のため電話予約をしておいた方が良いかもしれません。 住所 佐世保市相浦町2371番地 [] 電話番号 0956-47-2515 その他、ご近所の神社を探したい方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね~。

次の

厄年早見表2020年版(令和2年)男性/女性

厄年 2020 年

平安時代のころにはすでにそのような風習はあったようなのですが、はっきりとした根拠などは不明とされています。 男女ともに厄年=「本厄」にあたる年と、その前後の年を「前厄」「後厄」とされ、本厄がもっとも災厄にあいやすい、またその前後の前厄後厄もあわせてこの3年間を気をつけて過ごす、という風習となっています。 現代でも厄年に当たる多くの人が気にし、厄年の年をできるだけ災厄にあわないよう慎ましく過ごしたり、また(厄除け・厄祓いで有名な)神社やお寺などでお祓い・祈祷を受けたりしています。 数え年とは母親のお腹にいる月日も命と考え、生まれた年は0歳ではなく1歳になる年の数え方です。 通常の生活でよく使われる「満年齢(生まれた時は0歳、誕生日を迎えるごとに1歳年をとる年齢の数え方)」とは異なり、数え年で考えると 満年齢の年齢より、約1歳〜1歳半ほど先に厄年を迎える ということになります。 たとえば、女性の大厄33歳を迎える女性は、 数え年の33歳 = 満年齢の31歳〜32歳 の女性となります。 満年齢で「私33歳だから今年厄年だ」と思っていると、すでに大厄を過ぎていて、数えで34歳の後厄になってしまう、ということです。 なので、多くの神社やお寺に掲げられている「厄年早見表」には、数え年で数える旨と、「生まれ年」の表記があるのです。 ただし女性も男性も厄年の頃、とくに大厄の頃でもある女性30代、男性40代は仕事でも家庭でも人生の上でも重要な立場や環境であり、 厄年を気にし過ぎては、かえって仕事や家庭、生活に支障をきたしてしまう また (この時期にしかない)いろいろな機会を逃してしまう こともあります。 ですので、 厄年だからといって消極的になり過ぎず、しかし身体的な変化や周りの環境の変化などもしっかり把握し、受け入れつつ、 無精を改めたり、規則正しい生活を心がけるなどして2020年という年一年を過ごす というのがベストな過ごし方でしょう。 ですので、年が明けて1月1日の元旦から「厄年」として厄除け・厄祓いの祈願を全国の神社・お寺で受けることができます。 では、2020年厄年になった方は いつまでに厄除け・厄祓いをしたほうがいい? のでしょうか。 いつまでに?の回答としては 2020年2月3日の節分の日までに というのが答えの一つとしてあります。 その名残が現代でも厄除けは、上記にある 元旦1月1日〜2月3日の節分までに行う という習慣、考え方が一般的になりました。 ただし、実際は日本全国どこの神社・お寺でも この時期を過ぎても厄除けの祈祷を受けることができます し、時期を過ぎて祈祷を受ける厄年の人も多くいます。 地元の氏神様の神社はもちろん、厄除けのご利益で有名な神社やお寺などでも祈祷を申し込んで受けることができます。 厄年が気になる災厄に見舞われないよう、厄を祓ってもらいたい、という方はぜひ 神社・お寺という神聖な場所で祈祷を受け、厄を祓ってもらう ようにしましょう。 厄除けの祈祷を受けて(厄を祓ってもらって)厄年の女性・男性が気持ち的に晴れやかになり、安心してその年(2020年)を過ごせる様になるのであれば、それは意味があり、ご利益があった と言えるでしょう。 喜んで掲載させていただきます。 【NOTICE】 昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。 そのようなサイトに対しては、こちらの「」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。 またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのから教えていただけると嬉しい限りです ページ各所の広告枠掲載についてはこちら.

次の