宅建 勉強サイト。 宅建の独学に勉強法【勉強時間の効率化】

独学で宅建士に合格できる?勉強時間の目安は250時間!|わかりやすく宅建・宅地建物取引士の解説

宅建 勉強サイト

「宅建試験」って何?まとめ 宅地建物取引士 ( 宅建士 )になるためには、 宅地建物取引業法( 宅建業法 )で定める宅地建物取引士資格試験 ( 宅建試験 )に合格しなければなりません。 宅建試験は、宅建業法の規定に基づき、各都道府県知事の委任のもとに一般財団法人不動産適正取引推進機構が実施しています。 宅建業法に基づく 宅建業 を営もうとする場合、国土交通大臣または都道府県知事の 免許 を受ける必要があります。 宅建免許を受けるに当たり、事務所その他国土交通省令で定める場所に、 成年者である専任の宅建士 を置かなければなりません。 宅建業法35条に定める重要事項の説明 、 重要事項説 明書への記名押印 、 宅建業法37条に定める契約内容記載書面への記名押印 は、宅建士の独占業務となります。 宅建試験合格後、宅建士資格登録に当たっては一定の条件(宅建業法18条)があります。 いったん払い込まれた受験手数料は、申込みが受付されなかった場合を除き返還されません。 宅建試験の受験手数料について、消費税及び地方消費税は非課税です。 学生や単身赴任等の事情で住民登録とは別の場所に居住している場合には、現に居住している都道府県で受験することが可能です。 受験申込書には、現住所(郵便物が届く住所)を記入してください。 人気の会場は先着順となりますので、7月に宅建試験の願書受付が開始されたら早めに申込みを済ませましょう。 ・土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。 ・土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。 ・土地及び建物について法令制限に関すること。 ・宅地建物について税の法令に関すること。 ・宅地建物の需給の法令実務に関すること。 ・宅地建物の価格の評定に関すること。 ・宅建業法及び同法の関係法令に関すること。 2018年11月に新設された 宅建アソシエイト資格所持者 も5点免除の対象となります。 宅建試験の合格基準は毎年変動し 、全体の 上位15%ほど (50問中35点前後)が合格 となるように調整されています。 無理に細かい知識まで覚えなくても、 取るべき問題を確実に取れば 【 宅建合格 】 という結果はついてくるということです!.

次の

宅建は独学で合格しよう!|宅建勉強法の全て

宅建 勉強サイト

宅建の試験では、4つの項目からなる全50問が出題されます。 出題科目による配点を確認し、重点的に勉強する科目を見つけましょう。 「宅建業法」 20問• 「民法(権利関係)」 14問• 「法令上の制限」 8問• 「税・その他」 8問 以上、計50問で50点満点となります。 1問1点の配点方式なので、問題によって獲得できる点数は変わりません。 試験方法は、4つの選択肢から選ぶ択一式です。 問題数や科目が少なく簡単そうに見えますが、広い範囲からの出題となるため、勉強する範囲も広くなります。 そのため、科目を1つずつ徹底的に行うよりは、あらかじめ優先順位をつけ、配点が高いところから勉強しましょう。 科目別に優先順位をつける.

次の

宅建は独学で合格できる!?宅建のおすすめ勉強法

宅建 勉強サイト

「宅建合格の平均学習時間はどれくらいだろう?」 「最短で宅建を合格するためにはどんな勉強が効果的だろう?」 この記事を読まれているあなたは、きっと上記のような疑問をお持ちの方ではないでしょうか? 宅建は人気の高い国家資格となっており、 所有していると不動産や金融業界はもちろん様々な業界で高い評価を得ることができます。 これから就職・転職活動を考えている人であれば、宅建資格を取得するために勉強を始めようという方もいらっしゃると思います。 この記事では、 宅建についての勉強時間や最短合格に向けてのオススメ学習法について解説します!。 宅建資格を検討されている方は是非ご一読くださいませ。 科目 勉強時間 宅建業法 120時間 民法など 100時間 法令上の制限 40時間 税・その他 30時間 上の分野別勉強時間は合計で300時間になるように設定されています。 データから読み取れることとして、 宅建業法の勉強時間が特に多いことが特徴となっており、その次に民法に勉強時間を振ればいいことがわかります。 宅建業法は試験の中でも最多の20問前後が出題される科目なっており、暗記が中心の科目となっているためここにできるだけ勉強時間を多く割く必要があります。 また民法も宅建の合否を分ける大切な科目であり、得点差がつきやすい科目なので重点的に勉強する必要があります。 重要科目を中心にメリハリをつけて勉強していくことが合格へのカギといえるでしょう。 民法の学習には参考書を用意すること 宅建における民法は近年かなり難しく、ここで挫折して宅建取得を諦めたという方も多くいらっしゃいます。 宅建の基本テキスト1冊で理解できるものではありませんので、 別で1冊わかりやすい参考書を準備することをオススメします。 宅建の勉強時間を他資格と比較 他の人気国家資格の勉強時間についてもまとめてみました。 宅建の勉強時間と比較してみてください。 注意点としては、この目安は毎日勉強を継続してかつ実力も想定通りについたと仮定したうえでの勉強期間となっていることです。 勉強の継続にはモチベーションを毎日一定に保つことが必要となり、実力も毎日決められた内容を要領よく消化していくことで初めてつくものです。 計画通りに勉強を進められるとは必ずしも言えないため、 この勉強期間にプラスした時間も見積もったうえで勉強計画を立てることが大切です。 いつから始めるのがベストか? 宅建試験は例年10月の第3日曜日に試験が行われています。 よって見積もりの勉強時間を300時間とすると勉強できない期間も考慮したうえで、 余裕をもって3月ころからコツコツ開始することをお勧めします。 ここではその場合の試験当日までの大まかなスケジュール例を示していきます。 インプットでは 試験全体の流れをつかむこと・どの分野が苦手かをつかんでいくことが特に大切になってきます。 問題集の演習は インプットで学んだ範囲の問題を解き、間違った箇所をテキストで復習していくことをしていくとよいでしょう。 直前期の注意点としては 焦って新しいテキストに手を出さないことです。 試験の範囲は今まで使っているテキストでも十分網羅されていることから、暗記科目を中心とした復習をすることが本番への万全な準備へとつながります。 勉強の工程における無駄を排除したうえでやるべきことを短期間でこなしていくことが合格へのカギとなります。 しかし、短期合格勉強法では実力が身につくのが試験ぎりぎりとなってしまうため、受験に落ちてしまうリスクは一般的な勉強法よりも高くなってしまうことが多いです。 無理に短期間で合格しようとして試験に失敗してしまうと、結局1年追加で勉強しなければならないなどデメリットもあります。 宅建試験の一発合格を目指すのであれば 最低でも3ヶ月は勉強期間を確保するようにしましょう。 独学の場合は時間がかかることを前提に 宅建は独学での合格も十分狙える資格となっています。 独学のメリットは、予備校や通信教育などにかかる高額な受講料がかからないことにありますが、反面デメリットも存在します。 分からないところは自力で調べる必要がある 独学ではわからない問題が出てきた場合、 自力で理解にまでたどりつかなければなりません。 予備校などであれば先生に質問すればあっさり理解できるような問題でも、いざ自力だけで理解しようとなると理解に思わぬ時間がかかる場合もあります。 最悪の場合、最後まで理解できずに試験に臨むということも考えられます。 勉強のペースを構築するまでに時間がかかる 予備校や通信教材だと学習するボリュームや計画がしっかり立てられているので、学習時間にどれだけかかるのか、各科目どのようなペースで進めていけばいいのかを明確にすることができます。 一方で独学の場合だと 自分で学習時間の管理・振り分けをしなければなりません。 特に社会人の方で仕事が忙しくなかなか時間が取れない方や、学生時代から長い期間勉強から離れていた人の場合は、 学習スケジュールの管理は鬼門となります。 モチベーションの維持が難しい 予備校であれば同じ目的の人たちと一緒に学習することができるためモチベーション向上につながりますが、独学では 一人でも学習を継続していく強い意思が必要になります。 思うように勉強が進まなくても、独学で宅建合格を目指す場合は 平均よりも時間がかかるものだと考えて学習の計画を立てていきましょう。 人気講座ランキング (上位3社) 宅建試験の出題範囲・合格点 宅建の範囲は主に4つ 宅建試験では主に出題範囲が4つに分かれており、「権利関係」・「宅建業法」・「法令上の制限」・「税金その他」を勉強します。 権利関係 権利関係は主に民法・借地借家法・区分所有法及び不動産登記法などが出題範囲となっており、50問中14問前後が出題される範囲となっています。 特に 民法の問題が多く出題され、出題範囲がとても広く理解が難しいことから苦手とする人が多い科目です。 目標としては一般的には10点以上を目標として、苦手であっても7点以上は確実に取れる必要があります。 宅建業法 宅建業法は宅地建物取引士などの仕事上のルールを定めている法律であり、出題数は4つの中でも最多の20問が出題されます。 宅建業法は 暗記中心の科目であり、4つの中で最も理解しやすい分野となっていることから9割近くの得点が求められてきます。 時間をかけるだけ得点に結びつきやすい科目となっているので、学習後の復習を通して知識を定着させることが重要です。 法令上の制限 土地計画法・建築基準法などの法律が中心に出題されるのが「法令上の制限」の範囲であり、毎年8問程度出題があります。 宅建業法と暗記が重要になる範囲であり、地下表示や地価の決定法などの数字や決まりについて暗記しておくことが大切です。 論点を押さえて効率よく暗記することで得点が伸びる科目といえるでしょう。 税金その他 「税金その他」は税法や地価公示法などの法律が出題範囲となっており、毎年8問程度の出題があります。 範囲が広いですが覚えれば得点につながることが多いので、 過去問を通して頻出論点を把握し、それらを中心に勉強することがカギとなります。 特にここ数年の数字で見ると2018年が37点、2017年が35点、2016年が35点と高い数字で推移していることが伺えます。 注意点としては宅建試験は相対評価の試験であるため、合格点は試験の難易度によって大きく前後してくることです。 よって合格点は試験が終わるまでわからないものとなっているので、上記の数字をうのみにしすぎないことが大切です。 宅建合格に向けた勉強法 宅建合格には正しい勉強法していくことが不可欠となります。 ここではおすすめの勉強法をいくつか紹介します。 配点の高い科目を重点的に勉強 宅建試験では各科目で出題の比重が異なるため、科目ごとに勉強量を調整することが重要となります。 特に 宅建業法は配点も一番高く暗記でスムーズに対応できる科目となっているので特に時間をかけて勉強することで得点の伸びを期待できます。 また権利関係の中でも出題割合の多い民法は理解が難しく、出題範囲も広いため同じく比重を置いて勉強を進めることが大切になってきます。 比重の高い科目を優先的に勉強することで得点が効率よく伸びていくことに繋がるでしょう。 基礎・基本事項は確実に理解すること 宅建試験において、 基本的な論点は毎年必ずと言っていいほど出題されます。 ここの理解を怠ると合格は非常に厳しくなるでしょう。 基礎・基本事項だけは確実に理解するようにしましょう。 特に宅建の試験は暗記項目が多く、基本事項を暗記・理解することが得点に結びつきやすい試験となっています。 特に宅建業法と民法については、出題数も多いことから重点的に理解をしていくようにしましょう。 基礎事項の習得はコツコツ計画的に勉強する場合だけでなく、短期で合格を狙う場合も有効なので勉強中に常に意識するようにしましょう。 モチベーション管理も合格へのカギ 試験勉強は長期間机に向かって決まった作業をひたすらこなしていくため、モチベーションをそがれやすいです。 モチベーションをそがれてしまうと計画通りに勉強が進まなくなり、不合格になってしまうパターンも多く見られます。 1週間ごとに計画を立てて進捗を肌で体感できるようにするなど、 モチベーションを維持するための工夫を計画の段階で練っていくことが大切になってきます。 勉強内容に関連しないからといっておろそかにすることがないようにしましょう。 最短で合格するためのコツ 宅建は合格することだけを狙うのであれば、100時間程度の勉強時間であっても不可能ではありません。 宅建は資格を持っているだけでももちろん価値はありますが、宅建の知識を得るという観点で考えると、本来の勉強の意義が失われてしまいます。 また、無理に短時間で合格を目指した結果、うまくいかずに不合格となってしまって再受験となれば、受験料も無駄になってしまいます。 これは宅建に限った話ではなく、 自分の知識として根付かせるためには、ある程度の勉強時間を確保してじっくりと取り組むことが大切です。 以下では短期合格の際に特に大切になる部分を4つ紹介していきます。 忘れる前に全て学び終えてしまう 短期間で知識を詰め込むことにおいて重要なのは、 忘れる前に集中して詰め込み切ってしまうことです。 短期間だと 宅建の広い試験範囲を繰り返し何周もすることは難しいです。 一回の学習で記憶に長い期間のこすのは、脳の構造上不可能です。 であれば、忘れる前に本番試験を迎えるのがベストでしょう。 隙間時間を活用する 最短合格を目指すのであれば、通勤や通学の時間、お風呂の時間なども勉強時間として活用することを意識しましょう。 また座って勉強することができない時も、テキストを読んだり、学習したことを口に出して復習してみましょう。 日々のちょっとした時間にはなりますが、 積み重ねることで記憶への残り方が大きく変わってきます。 過去問を極める 宅建は過去問の対策をすることが何よりも重要です。 短い中でも、 過去問で出た問題だけは最低限完璧にしておきましょう。 過去問で出題される問題の多くは、宅建士として活躍するために必須な知識です。 そして、その内容は時がたっても大きく変化することはありません。 つまり、過去問の問題さえ完璧にしておけば、 宅建士として最低限の知識は確保できるということです。 また、時間配分を意識しながら問題を解くことで本試験でも意図せず時間切れになってしまう事態を避けられるでしょう。 暗記科目は直前に覚える 暗記科目である「法令上の制限」は過去問で解けずとも気にせず、直前で一気に覚えてしまいましょう。 暗記科目を早めに取り掛かったとしても、覚えることが大量にありますので大体を忘れることになってしまいます。 試験の1週間前くらいに一気に詰め込んでしまう方が効率が良いです。 それまでは民法や宅建業法に重点的に時間をかけましょう。 短い勉強時間で合格することを目指すよりも、確実に一発で合格できるようしっかり準備をして臨む方が後悔せずに済むことが多いはずです。 合格率の高い通信講座での勉強がおすすめ 宅建試験の合格率を考えれば、予備校や通信講座を利用するのがおすすめです。 通信講座であれば予備校よりもはるかに安く受講することができますし、 合格率も独学とは比べ物にならないほど高いです。 特に合格実績が高いものとして、 受講生の合格率が全国平均の4. 54倍のフォーサイトの通信講座が挙げられます。 更に、 フォーサイトの宅建講座を利用して不合格だった場合には受講料が全額返金されるという制度も用意されています。 確実に合格を掴みたい方であれば、利用しない手はないでしょう。

次の