イオン株価予想。 最新イオンモール (8905)の株価と株主優待は?カタログギフトとギフトカードの選択!長期保有優待もあります │ サラリーマン研究者クロノの投資ブログ

イオン (8267)

イオン株価予想

週末は特に買い物客でにぎわってるよね! イオン(8267)の株価推移とチャート イオンの株価をチャートを見ながら解説していきます。 <イオンの日足> 2019年2月~2020年4月までの日足ですが、この期間は 1,800円~2,500円のボックス相場になっています。 上値を抑える レジスタンスラインが2,500円付近にあるので、こちらをブレイクすればさらに上値を追えそうな位置にはあります。 イオン(8267)の業績分析 イオンの業績について、損益、財務面から分析していきます。 0%の86,042億円、 営業利益は前期比+32%の2,155億円の着地となりました。 引用: 営業収益については、マザーズの上場企業のような派手な伸びはありませんが、 そもそも営業収益が巨額の8兆円もあるため、+1%の伸びでも80億円の増加となっています。 営業利益については、前期比+32%は評価できる数字と言えます。 ただ、 営業利益率が2. 5%と低く、薄利多売となっていることはやや評価は劣りますね。 ちあみに競合のセブン&アイは6%程度の営業利益率をなっています。 今後はコスト削減、単価向上などが鍵になりそう! 一方で、伸びているのが 「ヘルス&ウェルネス」事業、 「総合金融」事業です。 引用: ヘルス&ウェルネス事業では、けん引しているのは持ち分法適用会社である 「ウェルシアホールディングス」です。 ドラッグストアは新型コロナウイルスの影響もあり、全体的に売上が好調であり、 営業収益は前期比11. 2%、また営業利益は350億円と稼ぎの割合も多くなっています。 そして、最大の稼ぎ頭である 「総合金融事業」です。 引用: 総合金融事業は、CMで見た人ことがあるかもしれませんが、「イオンカード」、「イオン銀行」などを取り扱っています。 この事業はイオンが力を入れている領域でもあり、オンライン・店舗での案内でも伸ばしていこうという戦略となっています。 また、イオン銀行はつみたてNISAなどの資産運用にも力を入れており、今後もまだ伸びが期待できると思います。 優待カード:保有株数に応じてキャッシュバック• 長期保有株主優待:保有株数に応じてギフトカードを進呈 「優待カード」は100株以上保有していた場合に発行されるカードであり、次の通り保有株数に応じてキャッシュバックが行われます。 イオンでよく買い物をする場合はメリットが大きいですね。 もう一つは、「長期保有株主優待」ですが、イオン株を3年以上継続して保有しており、1,000株以上保有している場合にギフトカードが株数に応じて発行されます。 <長期保有株主優待> 2月末日の保有株数 イオンギフトカード金額 1,000~1,999株 2,000円 2,000~2,999株 4,000円 3,000~4,999株 6,000円 5,000株以上 10,000円 3年という長期かつ、最低1,000株の保有が必要とハードルがやや高いので、簡単ではないですが、イオンを愛している人にはメリット大きいですね! イオン(8267)の今後の株価予想 イオンの株価の今後の予想ですが、結論から言うと 「月足の2,200円をしっかりブレイクすれば買い」かと思います。 イオンの業績は堅調であることから、ファンダメンタル面に懸念はあまりありません。 そのため、ここからはチャートがいかにブレイクし、上昇トレンドに弾みがつくかにかかっています。 <イオンの月足> 株価推移でも説明した通り、現在は月足でレジスタンスラインである2,200円付近をブレイクしようとしています。 この 2,200円をブレイクできれば、次は3,000円が上値目途と予想されます。 さらに、月足で3,000円がブレイクできれば上場来高値をさらに更新し、株価が大きく上昇することも期待でき、値上がり益を得られる可能性があります。 月足と同時に 日足のレジスタンスラインである2,400円をブレイクできるかは必ず確認してくださいね。 <イオンの日足> 値上がり益を考えると面白い位置にあるイオンですが、配当金利回り1. 5%であり、そこまで高くなく、配当金はついでくらいに考えた方がいいですね。 一方で、イオンのヘビーユーザーであれば、優待カードによりキャッシュバックが受けられるので、値上がり益とセットで考えれば非常にメリットが大きいと思います。 イオン(8267)の株価予想のまとめ 本記事では 「イオン(8267)の株価予想」について書きました。 イオンは全国にショッピングモールを展開する会社であり、主力のモール事業だけでなく、ヘルス&ウェルネス事業、金融事業の収益性が高いことが特徴です。 株価は今がまさになっ チャートをブレイクできるかという重要な局面に ており、上手くブレイクができれば 上場来高値を目指せると予想されます。 また、イオンのヘビーユーユーザーであれば優待カードでのキャッシュバックの恩恵も大きいので、値上がり益と合わせれば大きな利益を享受できる可能性がありますね。 ライトニング( )でした。 イオンの株を売買するなら、手数料が安く、日経新聞・会社四季報が無料などメリットが大きいがおすすめですよ!.

次の

急落後も株が上がるイオンの上がる理由は?上がりすぎて暴落が怖い、今後の株価予想|株価予想は本当に当たるのか?

イオン株価予想

カタログギフト優待は自分の生活にあわせて必要なものを頼めるので嬉しいですね! ところでカーボンオフセットとは何でしょうか? カーボンオフセットとは温室効果ガスの排出権の購入に使われます。 しかし最低でも10単元、1,000株以上の保有が必要なのがネックですね。 端株保有と1,000株クロスで獲得するのが安全重視ならいいかもしれません。 端株はSBIネオモバイル証券で手数料を安く購入が可能です。 どうやら確認されるのは株主番号だけのようです。 現在のイオンモールの株価1,973円で優待利回りは1. イオンモールの株主優待はいつ届くのでしょうか? 通常の株主優待は例年6月中旬頃に優待選択に関する知らせ届きます。 参照:SBI証券 イオンモールの株価チャートより イオンモールの株価は2018年初頭に2400円超えを達成した以降は不調が続いていました…。 2019年後半から株価は切り返して徐々に上昇しています! 現在の株価は節目の2000円前後まで回復しています。 優待権利月の2月が近いのは無関係ではないでしょう。 3倍、PBRは1. 2倍程です。 これからイオンモールの株式を購入する場合は利回りと業績を注視して決めたいですね。 続いて配当利回りを確認します。 イオンモールの予想1株配当は40円、予想年間配当利回りは2. 大幅な増配はないでしょうが長期で優待と配当を貰う分には適正な株価かと思われます。 長期で保有するならば継続して業績が堅調な企業を選びたいものですね。 爆発的ではありませんが着実な成長を感じる業績ですね! オリンピックイヤーが終われば日本企業は業績が悪化する企業もあるでしょう。 濡れ手に粟…実績がまだ出ていない企業を期待で買うのは危険な時期と考えています。 最近挑戦しているのは端株による分散投資です! 単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。 一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。 株式の高値掴みを避けるにも有効な手段ですね。 最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。 Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。 端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。 無料口座開設 公式サイト 関連記事>>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の

【イオン(8267)株価予想】買い時は?ソフトバンクとの驚きの共通点とは?

イオン株価予想

週末は特に買い物客でにぎわってるよね! イオン(8267)の株価推移とチャート イオンの株価をチャートを見ながら解説していきます。 <イオンの日足> 2019年2月~2020年4月までの日足ですが、この期間は 1,800円~2,500円のボックス相場になっています。 上値を抑える レジスタンスラインが2,500円付近にあるので、こちらをブレイクすればさらに上値を追えそうな位置にはあります。 イオン(8267)の業績分析 イオンの業績について、損益、財務面から分析していきます。 0%の86,042億円、 営業利益は前期比+32%の2,155億円の着地となりました。 引用: 営業収益については、マザーズの上場企業のような派手な伸びはありませんが、 そもそも営業収益が巨額の8兆円もあるため、+1%の伸びでも80億円の増加となっています。 営業利益については、前期比+32%は評価できる数字と言えます。 ただ、 営業利益率が2. 5%と低く、薄利多売となっていることはやや評価は劣りますね。 ちあみに競合のセブン&アイは6%程度の営業利益率をなっています。 今後はコスト削減、単価向上などが鍵になりそう! 一方で、伸びているのが 「ヘルス&ウェルネス」事業、 「総合金融」事業です。 引用: ヘルス&ウェルネス事業では、けん引しているのは持ち分法適用会社である 「ウェルシアホールディングス」です。 ドラッグストアは新型コロナウイルスの影響もあり、全体的に売上が好調であり、 営業収益は前期比11. 2%、また営業利益は350億円と稼ぎの割合も多くなっています。 そして、最大の稼ぎ頭である 「総合金融事業」です。 引用: 総合金融事業は、CMで見た人ことがあるかもしれませんが、「イオンカード」、「イオン銀行」などを取り扱っています。 この事業はイオンが力を入れている領域でもあり、オンライン・店舗での案内でも伸ばしていこうという戦略となっています。 また、イオン銀行はつみたてNISAなどの資産運用にも力を入れており、今後もまだ伸びが期待できると思います。 優待カード:保有株数に応じてキャッシュバック• 長期保有株主優待:保有株数に応じてギフトカードを進呈 「優待カード」は100株以上保有していた場合に発行されるカードであり、次の通り保有株数に応じてキャッシュバックが行われます。 イオンでよく買い物をする場合はメリットが大きいですね。 もう一つは、「長期保有株主優待」ですが、イオン株を3年以上継続して保有しており、1,000株以上保有している場合にギフトカードが株数に応じて発行されます。 <長期保有株主優待> 2月末日の保有株数 イオンギフトカード金額 1,000~1,999株 2,000円 2,000~2,999株 4,000円 3,000~4,999株 6,000円 5,000株以上 10,000円 3年という長期かつ、最低1,000株の保有が必要とハードルがやや高いので、簡単ではないですが、イオンを愛している人にはメリット大きいですね! イオン(8267)の今後の株価予想 イオンの株価の今後の予想ですが、結論から言うと 「月足の2,200円をしっかりブレイクすれば買い」かと思います。 イオンの業績は堅調であることから、ファンダメンタル面に懸念はあまりありません。 そのため、ここからはチャートがいかにブレイクし、上昇トレンドに弾みがつくかにかかっています。 <イオンの月足> 株価推移でも説明した通り、現在は月足でレジスタンスラインである2,200円付近をブレイクしようとしています。 この 2,200円をブレイクできれば、次は3,000円が上値目途と予想されます。 さらに、月足で3,000円がブレイクできれば上場来高値をさらに更新し、株価が大きく上昇することも期待でき、値上がり益を得られる可能性があります。 月足と同時に 日足のレジスタンスラインである2,400円をブレイクできるかは必ず確認してくださいね。 <イオンの日足> 値上がり益を考えると面白い位置にあるイオンですが、配当金利回り1. 5%であり、そこまで高くなく、配当金はついでくらいに考えた方がいいですね。 一方で、イオンのヘビーユーザーであれば、優待カードによりキャッシュバックが受けられるので、値上がり益とセットで考えれば非常にメリットが大きいと思います。 イオン(8267)の株価予想のまとめ 本記事では 「イオン(8267)の株価予想」について書きました。 イオンは全国にショッピングモールを展開する会社であり、主力のモール事業だけでなく、ヘルス&ウェルネス事業、金融事業の収益性が高いことが特徴です。 株価は今がまさになっ チャートをブレイクできるかという重要な局面に ており、上手くブレイクができれば 上場来高値を目指せると予想されます。 また、イオンのヘビーユーユーザーであれば優待カードでのキャッシュバックの恩恵も大きいので、値上がり益と合わせれば大きな利益を享受できる可能性がありますね。 ライトニング( )でした。 イオンの株を売買するなら、手数料が安く、日経新聞・会社四季報が無料などメリットが大きいがおすすめですよ!.

次の