添い乳 太る。 離乳食の食べすぎは太る?欲しがるだけあげていいの?

【完全ミルクの寝かしつけ】添い乳できなくても大丈夫!「習慣づけ」を意識しよう

添い乳 太る

添い乳をしている赤ちゃんって、太るんでしょうか? 寝かしつけるときに添い乳、夜中に起きたときも添い乳、 授乳の回数も時間も長いと、たくさん母乳を飲んでいるので これが原因でうちの子はプクプクに太ってしまったのでは!?と思ってるママ。 添い乳=太る、というのは関係ないので、ご安心を。 わたしも二人の子供を1歳半まで完全母乳で育てて、 夜寝かしつけるときは添い乳をしていました。 上の子は、プクプクの真ん丸ちゃんで成長曲線のギリギリ、 下の子は、どちらかというとスリムで成長曲線の真ん中か少し下ぐらい、と 同じきょうだいで、二人とも母乳で育てなのに体型には大きな差が出ました。 生まれつきの体質にもよるんでしょうね。 ちなみに上の子は今、小学生ですが、 今では身長が高いほうで後ろから2番目あたり。 背が伸びたこともあって、プクプクが解消されて、スラッと大きくなりました。 添い乳はデメリットばかり注目されるような気がしますが、 他の授乳の仕方と組み合わせることで、添い乳も立派な授乳方法の一つだと思っています。 退院後の生活に向けて、いろんな場面を設定して、状況に応じて母親が選択できるよういくつかの方法(添い乳や、抱き方・搾乳の方法)を説明・実施する 厚生労働省「」より たしかに、生活の様々なシーンにあわせて、授乳の方法も柔軟に対応できると 育児がラクになる場合がありますよね。 わたしも産後の入院中、助産師さんから添い乳の方法を教えてもらいましたよ。 スポンサーリンク 添い乳は飲み過ぎちゃうから太る!? 生後3~4ヶ月ほどになってくると、 授乳の時間がだいたい決まってきて、生活リズムが少しずつ整ってきますよね。 そうなると、昼間の授乳もおよそ15~20分、 長くても30分ほどで飲み終えるようになってきますよね。 一方で、寝かしつけの授乳って時間がかかりませんか? 短くても20分、長いと1時間近くもダラダラ飲んでいること、 ありますよね? 添い乳って、授乳の時間が長くなってしまいがちなので、 母乳を飲み過ぎで太るのでは!?と心配になってしまいます。 でも、よく観察してみると、ガッツリ母乳を飲んでいるのって 飲み始めの15~20分ほどですよね? ウトウトしてくると、赤ちゃんは乳首をくわえて甘えている様子。 添い乳をしていて、ダラダラ長く授乳していても 赤ちゃんはさほど母乳の量は飲んでいないんです。 赤ちゃんが安心してグッスリ眠れるのであれば、添い乳で寝かしつけてもいいと思いますよ。 添い乳=太る、というのは考え過ぎのように感じます。 それに、いくらプクプクの真ん丸赤ちゃんでも、 成長曲線の範囲内であれば、それほど気にし過ぎなくても大丈夫です。 添い乳ばかりの授乳は気になる!上手に付き合う体験談 添い乳の最大のメリットは、ママが横になったまま授乳できるので、 疲れた体を休ませるには最適ですよね。 体力勝負の育児、ママの健康もとっても大切です。 それに、赤ちゃんとのスキンシップもできるため、赤ちゃんが安心するのはもちろん、 ママも間近でスヤスヤ眠るわが子を眺めるのは、本当に可愛いですよね。 添い乳は、赤ちゃんにとってもママにとってもメリットがあります。 でも、だからと言って添い乳ばかりの授乳になってしまっては、 乳腺炎になってしまうリスクがあります。 それに、赤ちゃんの吸いつきが浅くなってしまいがちになるのも添い乳の特徴。 浅い吸い付きだと、乳首がヒリヒリ痛くなってしまうし、乳口炎などになってしまうリスクも。 もし、ご自分の乳首をチェックしてみて、白い水ぶくれのようなものが できていたら、白斑(はくはん)と呼ばれる炎症のサインです。 白斑ができてしまうと、チクチクとイヤな痛みがあると思います。 白斑の対処法は別の記事でご紹介していますので、気になる方は読んでくださいね。 添い乳の授乳が決してダメという訳ではなく、 添い乳ばかりの授乳になってしまうと、特定の乳腺しか刺激されないため 乳腺炎などのトラブルが起きやすくなってしまいます。 母乳のトラブルに泣かないためにも、 横抱き、たて抱き、フットボール抱き、添い乳の授乳を上手に組み合わせて、 まんべんなく乳腺を刺激するようにしてくださいね。 わたしの場合、寝かしつけは添い乳にしていましたが、 赤ちゃんがウトウトするまではソファでしっかり授乳をしていました。 ウトウトし始めて、そろそろ寝るかな~というタイミングで布団へ移動し 添い乳で寝かしつけをしていました。 この方法だと、添い乳の時間が短くて済みますし、 赤ちゃんもコロッと寝てくれるのでラクでした。 あとは、夜間の授乳に関して、生後4か月ぐらいまでは添い乳ではなく、 しっかり起きてソファで授乳するようにしてました。 たしかに夜中の授乳は起き上がるのがツラく、 しんどいと感じたことも多々ありますが、 添い乳で寝かしつをしようと思ってもなかなか寝てくれず、 結局ダラダラ起きている時間が長かったんです。 赤ちゃんにとっても、添い乳だつ吸い付きが浅くなる、つまり 母乳をゴクゴク飲むことができないので、いつまでたってもお腹いっぱいにならない、 と思っていたのかもしれません。 それならば・・と思い、起き上がって授乳するようになってからは、 20~30分ほどであっさり眠ってくれるようになったんです。 母乳のトラブルが多いママ、添い乳ばかりの授乳で悩んでるママ、 ぜひ一度、授乳の方法を見直してみてください。 授乳の抱っこの仕方を変えるだけの、簡単な方法ですので 今日からでもすぐに取り入れることができます。

次の

ママの食べ物が母乳の質に影響する?授乳中の食生活のポイントと注意点

添い乳 太る

断乳とは 日にちを決めて、 ママ側がその日からおっぱいをやめることを 断乳、 徐々に授乳回数を減らしていき(減っていき)子どもが自然に飲まなくなることを 卒乳と呼び、両者を区別して認識することが多いです。 近年では「乳を断つ」という言い方があまり好ましくないという理由から、どちらも「卒乳」とすることが多いようです。 以前は生後 9ヶ月から 1才頃に断乳の指導をしていましたが、 母乳育児の心理学的な要素が重視され、 1才以降も母乳を継続する旨が示されています。 母乳をいつまで与えるべきか、詳しくはこちらもご覧ください。 断乳すると痩せるの? 母乳育児の場合、授乳期間中は太りにくいと言われていますが、断乳のタイミングはどのような変化が起こるのでしょうか。 わかった!!! 一番痩せやすい3ヶ月過ぎてしまったし、 次は半年で、ラストチャンスが断乳のときなんやな! がんばる。。 痩せない限り二人目も無理やしな。。 — 徳島のえみ tokuemi55555 どうやら、断乳をきっかけに痩せたというママもいるようです。 断乳のせいか知らんけど激痩せしてる。 こぉなったら、めざせマイナス10キロ!!w — MOJa MOJa723 断乳後、ママの身体はどのような変化が起こっているのでしょうか。 痩せる理由を見ていきましょう。 断乳後に痩せた!その理由 食欲の低下 授乳中はとにかくお腹が空きますよね。 それもそのはず、母乳はママの血液から作られています。 血液量を増やし、ママと赤ちゃんの健康を支えていくためには、相当なエネルギーが必要なんですね。 授乳中の食欲についてはコチラもご覧ください。 一人歩きができる• ある程度硬さのある食事ができる 一人歩きができるということは、赤ちゃんの運動量も増えている状態です。 行動範囲も広がるので、世話をするにも体力が必要になります。 更に、断乳を進めるとお子さんの食事量も増え、ますます体力もついてきていますから、外遊びやお散歩など、ママにとっても 身体を動かす機会が多くなりますね。 このように、 断乳をする頃の子どもの世話は体力を消耗するため、ママの身体は痩せやすい状態となります。 おっぱいが小さくなる 授乳期には プロラクチンというホルモンによって乳腺がどんどん発達し、おっぱいが張った状態になっていました。 プロラクチンは赤ちゃんがおっぱいを吸うことが刺激となって分泌されます。 しかし、母乳育児を終えると赤ちゃんが吸いつくことがなくなるので、 プロラクチンの分泌量も減少していきます。 乳腺は発達することがなくなり徐々に衰退していくためにおっぱいはどんどんしぼみ、体脂肪や体重の変化に影響を与えます。 断乳後は痩せるだけじゃない!太る人も… もちろん痩せるだけではありません。 断乳をきっかけに太ってしまったママ達も多数。 よく断乳したら痩せるよーって聞くんだけど、断乳したら、一気に太った。 なんでだー。 — 八木 yagikachan 母乳は痩せるよね〜。 更に痛くなったし痛い期間も長くなった。 一体なぜなのでしょう。 やはり一番の原因は食事 私の場合、断乳後の食事量は減ったのですが、 おっぱいを気にせず甘いものを食べられることが嬉しくて、食後のデザートと称 してお菓子を食べるようになってしまったのです。 これまで我慢してきたものが一気に爆発したような感じです。 結局、体重は妊娠前を上回ってから気が付き、食事内容を改めるようになりました。 今、息子は間もなく 2歳ですが、ようやく私の体重も戻りつつあります。 — さとを あんスタ推しイベ中 rkthyt 食事量が変わらないのも、太ることにつながってしまいますね。 断乳後に気をつけたいこと 断乳をきっかけに、ママの身体は外側も内側も変化します。 外側の変化、つまり、痩せるか太るかは、やはり 断乳後の食事内容にポイントがあると言えます。 また、日常で取り入れられる簡単なエクササイズもあります。 私が取り入れているのは、子どもと遊びながらできるエクササイズですが、子どもとのスキンシップにもなりおすすめなので、併せてシェアします。 食欲、食事内容の管理 言わずもがな、食事内容の管理は大切です。 今まさに断乳をしようとしている方は、 1日350キロカロリー (おにぎり2個分くらい)は少なくしていくようにすると、カロリー超過を防ぐことができます。 また、欲を言えば、カロリーだけでなくメニューにも気を配りたいところ。 基本的には油をたくさん使ったものは避け、 和食を中心に考えるのがベストです。 一汁三菜と言いますが、お味噌汁などの 汁物、 主菜、 副菜と、バランスよく合わせるのが重要です。 主菜にはしっかりとした良質なタンパク質を含む 肉、 魚、 大豆、 卵などを取り入れてみましょう。 副菜には、ビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれる 野菜や キノコ、 海藻類などを取り入れていくことをおすすめします。 私のように、 授乳からの開放感で甘いものを摂りすぎてしまう…そういったケースにも要注意です。 甘いものや高カロリーなものを摂らない!ではなく、ほどほどに。 大切なのは バランスが取れている事です。 第二子、第三子と次の出産を希望する場合はなおさら、ママの身体を健康な状態に保っていけるよう、食生活を整えていくといいですよ。 続けやすい運動を取り入れる 先ほども述べましたが、日常のお世話でも十分ママの体力を使うことと思います。 しかし、職場復帰を控えているママや、どうしても食欲は急に抑えられないというママは、続けやすい運動を 1つ取り入れることで、痩せやすい身体をつくることができます。 よく聞く運動としては、 断乳後の体型は、どう過ごすかで決まる 以上のように、断乳後の体型の変化は、 断乳後のママがどのように過ごすかで大きく変わることがわかります。 食事や運動、当たり前のことと思われるかもしれませんが、育児や家事、職場復帰される方は仕事と、ママは時間に追われがち。 ついつい自分のことは後回し…なんてことになりがちではないでしょうか。 日常生活すべてをきちんと整える必要はありません。 特にお子さんが 3歳くらいまでは、なかなかママが自由に使える時間もないと思います。 だからこそ、 小さな1つを続けてみましょう。 不健康ではなく、健康的に理想の体型を。 痩せる身体よりも、太りにくい身体を。 1日の中の少しの時間をママのために活用してみてはいかがでしょうか。

次の

【完全ミルクの寝かしつけ】添い乳できなくても大丈夫!「習慣づけ」を意識しよう

添い乳 太る

もくじ• 添い乳をやめるべきか再確認 まず、添い乳を本当にやめるべきか、このタイミングでやめていいのかを再確認しましょう。 添い乳はママと赤ちゃんとの大切なスキンシップのひとつです。 それに添い乳なら、自分も横になったままで楽に寝かしつけが行えるといったメリットもありますよね。 例えば、添い乳をやめたい理由が夜泣きで、お子さんがまだ月齢の低い赤ちゃんであれば、添い乳だけが原因で夜泣きをするわけではないかもしれませんよね。 もう一度、自分の中で添い乳のメリットとデメリットを天秤にかけてみて、添い乳をやめるべきか考えてみてください。 添い乳のデメリットについてと、添い乳での寝かしつけをしていたママたちのやめたタイミングについては、下の2つの記事を参考にしてみてください。 添い乳のやめ方 日中の添い乳もやめる 夜の寝かしつけ以外に、お昼寝の寝かしつけでも添い乳をしている方は、まず昼間の添い乳からやめてみましょう。 急に添い乳をやめると泣いてしまう赤ちゃんもいるので、昼間から慣らしていくと、近所迷惑なども気にならないかと思います。 呼びかけ 添い乳をやめる前から、「今日からねんねの時、パイパイないないだよ」などの声かけをしましょう。 特に、ママの言うことに反応し始める生後8ヶ月以降の赤ちゃんに効果的です。 添い乳は赤ちゃんにとって、安心できる「ママとのスキンシップ」でもあります。 完全に理解はできなくても、察してくれるかもしれません。 赤ちゃんにも心の準備をさせてあげましょう。 家族に協力してもらう 添い乳はママしかできないものです。 ママ以外の人がする寝かしつけに慣れさせておくと、これから何かあった時でも、寝かしつけを手伝ってもらえます。 しばらく、パパや家族の人に寝かしつけを頼んでみましょう。 そのうち、赤ちゃんも添い乳以外でもすんなり寝てくれるようになります。 おっぱいに〇〇 例えば、「おっぱいにカラシを塗ったら添い乳をやめられた。 」なんて聞いたことはありませんか?他にも、ワサビを塗ったり、絆創膏を貼ったり、怖い顔を書いて添い乳をやめさせた方もいるようです。 カラシやワサビなどの香辛料は、赤ちゃんが食べたからといって毒になるわけではありませんが刺激物であるため、おっぱいに何か工夫をするなら絆創膏を貼ったり、顔を書く方がおすすめです。 疲れさせる 日中に外遊びなどの疲れるような遊びをすると、夜ぐっすり眠れます。 体力が有り余っているとまだまだ遊びたくて、赤ちゃんもまだ寝たい気持ちにならないかもしれませんよね。 ただし、布団へ入る直前に激しく遊んでしまうと、逆に興奮してしまい寝つきが悪くなる可能性もあるので注意してください。 ママが寝たフリ 赤ちゃんがおっぱいを吸いたがってもママは寝たふりをして、諦めて寝てもらうという方法です。 この方法で寝てくれるようになると、寝かしつけが格段に楽になります。 寝たふりをしているうちに、自分も本当に寝てしまうこともあるので気をつけてくださいね。 言葉がある程度通じる年齢になったら、「目を開けたら負け」みたいな競争に誘うのもおすすめです。 子守唄を歌う 子守唄での寝かしつけは、日本だけでなく海外でも人気の方法です。 子守唄を聞くと、テストステロンというホルモンが抑えられ、それによってリラックスして眠りにつけると言われています。 しかも、子守唄で赤ちゃんの五感を刺激することにより、脳の発達にも良いのです。 また、オルゴール調の落ち着く音色の音楽を聞かせるのも効果的ですよ。 おしゃぶりを使う 赤ちゃんにとって、おっぱいを吸うことは不安を解消させる行為でもあります。 そこで、添い乳の代わりにおしゃぶりを使ってみてください。 デメリットとして、歯並びや噛み合わせが悪くなることがよく挙げられますが。 それは、2歳半から3歳以降に長期間にわたっておしゃぶりを使用した場合だと考えられます。 トントンやなでなで 保育園でよく用いられる方法が、トントンや頭なでなでをしての寝かしつけです。 添い乳と同じく、スキンシップを取りながら眠れるので、赤ちゃんにとっても心地良いですよね。 この方法は、新生児から2歳や3歳など、どの月齢や年齢でもできます。 コツは、2秒に3回くらいの一定の速さでトントンすること。 赤ちゃんによって心地よく感じる強さには、個人差があるので様子を見ながら強さの加減をしてみてください。 抱っこでユラユラ 添い乳に慣れている赤ちゃんは、横になるとおっぱいを欲しがりますよね。 布団に置くとおっぱいが欲しくて泣いてしまい、何をしても泣きやまないなら、抱っこしてユラユラしてあげましょう。 ただ、月齢が上がって赤ちゃんの体重が重くなるほど、ママの負担になります。 睡眠のリズムが安定してくるといわれる生後2〜3ヶ月を過ぎたら、抱っこでユラユラも添い乳と同じく、他の寝かしつけ方法に見直すのがいいかもしれません。 ねんねグッズを使う 寝かしつけに便利なグッズを使うのも手です。 赤ちゃんがリラックスして眠れるようなグッズを選ぶと、添い乳をしなくても自然と寝てくれるようになるでしょう。 ねんねグッズの種類は絵本やアロマ、ぬいぐるみやメリーなど様々ですが、まずは家にあるもので試してみて、反応を見てから買い足すのがいいでしょう。 1番大事なのはママの覚悟 添い乳での寝かしつけに慣れた赤ちゃんは、寝る際にどうしてもおっぱいを欲しがってしまいます。 添い乳以外の寝かしつけをしようとすると、赤ちゃんによっては体を反り返らせて大泣きしたり、暴れたり、何時間もなかなか寝てくれない…なんてこともあります。 そんな時に 1番大事なのが「添い乳をやめると決めたママの覚悟」だと思います。 泣いている我が子を見て、やっぱり添い乳してあげようというのは、逆に赤ちゃんが可哀想です。 はじめから、 添い乳をやめるならやめる。 添い乳をやめないならやめない。 としっかり決めた上で、やめる方を選んだなら覚悟を持って最後までやり抜きましょう。

次の