だから 私 は 推 しま した 最終 回 ネタバレ。 マイルノビッチ 12巻~ 最終巻!! 感想&ネタバレ~

韓国ドラマ

だから 私 は 推 しま した 最終 回 ネタバレ

ヤングアニマルで連載中、 本田優貴先生の漫画「ただ離婚してないだけ」。 今回は24話、最終回のネタバレを紹介します。 萌や佐野を殺した感触が忘れられない正隆は、雪映が破水して出産間際であっても自分で自分の首をしめようとしていたほど。 しかしついに雪映が出産。 生まれてきた子供を見つめる二人は… 以下、ネタバレ内容を含みます。 今回の話を無料で読みたい場合はU-NEXTで読むことができます。 U-NEXTは31日間無料でお試しができるだけでなく600円分のポイントがもらえるので、今すぐに「ヤングアニマル」が無料で読めます。 この記事では「」について他の方法も調べているので、併せてチェックしてみてくださいね。 1巻ずつ読む方法もあります。 ただ離婚してないだけ最終話ネタバレ 雪映は出産。 子供の名前は、凛。 退院して一週間ほど、凛は雪映の両親にも可愛がられています。 今はあまり寝れないでしょ?と聞く母親に、「まーたんも頑張ってくれてるし」と雪映は答えます。 正隆も「こんな可愛いモンとは思わなかったです」と呟きます。 今は自分の事より子供が最優先って感じですよ 笑顔で凛を抱き上げる正隆。 幸せな時間が流れる中、ロープが頭に浮かびます。 正隆は「ちょっとだけ上で仕事してきていい?」と雪映に許可を得ると2階へ。 そして誰もいない部屋に入ると、物干しとロープを使って自分の首を締めるのでした。 正隆は自分の首を締めた後、苦しそうに咳き込んでしまいます。 しかしその後すぐに、すっきりとした表情を見せるのでした。 その後も、凛との生活を楽しんでいる正隆と雪映。 しかし殺人の感触はずっと残ったまま… 凛が生まれてから半年。 見るたびに大きくなっていく凛の写真を見ながら、幸せそうなムードが漂います。 結婚して9年目。 前は想像すらできなかったけれど、今はお互いを気遣い毎日少しずつ理想の形になっていく二人。 今が人生で一番幸せ 正隆と雪映は笑顔で鍋を囲むのでした。 しかしその後、正隆たちの自宅を誰かが訪れます。 「俺出るよ」と正隆が玄関を開けると、立っていたのは警察でした。 警察は萌の写真を正隆と雪映に見せ、「2年前から行方が分からない」と言います。 アルバイトで新聞配達をしていたことや正隆の家にも配達していたこともすでに知っていた警察。 しかし雪映は「知りません」と即答するのでした。 集金の時に顔を合わせていると思う、と警察に言われてしまう正隆。 すると横からすぐに正隆の腕を掴み「すいません…覚えてないです」と雪映がフォローしました。 もし何か思い出したら連絡すると雪映が警察に言うも、正隆はあの時のことが頭から離れません。 気づけば正隆の目からは涙が出ていました。 「あれ何…コレ!?」自分が泣いてしまっていることに驚くかのような声を出す正隆。 雪映…俺… 正隆の涙は止まらず、その場にしゃがみこんでしまいます。 雪映は正隆に仕事しすぎだったから横になろうと言いますが、正隆は「ゴメン…」と言ったまま顔を覆ってしまいます。 「お願い…だから…」 雪映がそう言うと、「…もう」と泣きながら正隆は雪映の方を見るのでした。 すると正隆の目を見た雪映は、自らも涙を流し始めます。 …もしかしてあなた… その…新聞配達の人…知ってるの…? 雪映に泣きながら聞かれた正隆は目をつぶり号泣。 助け合い寄り添っていく 大丈夫俺らは夫婦やから 「ごめんなさい…全部…話します…」 正隆は警察にそう言うのでした。 おわり ただ離婚してないだけ最終話感想 ずっと萌と佐野を殺してしまったことを忘れられなかった正隆ですが、雪映もそうだったのかもしれませんね。 最初は「覚えてません」と正隆をフォローして逃げ切ろうとしていた雪映ですが、正隆の涙を見てしまってからは気持ちが変わっていました。 殺人をきっかけに夫婦関係は修復できたわけですが、やはりしてはいけないことをしてしまったし、逃げ切って終わりというわけにはいきませんよね。 でも今の正隆と雪映なら、昔のようにただ離婚してないだけの夫婦とは違うでしょう。 最後は、雪映と凛をかばって正隆が全て自分のせいだという形になったのでしょうか?そんなところも気になってしまいますね。 まとめ 「ただ離婚してないだけ」最終話のネタバレについて紹介しました。

次の

韓国ドラマ|チュノ〜推奴〜のネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も!|韓流マイスター

だから 私 は 推 しま した 最終 回 ネタバレ

マイルノビッチ 12巻~ いよいよきました。 最終巻です。 前回の気になる所からやっときましたよ~ でわ、感想&ネタバレいきます~~ まいるは振られてそのショックで引きこもります。 前をむく気力でなくなってしまたんですねっ そんなところに、冬くんが訪ねてきて、連れ出してくれます。 なんか冬くんの態度が今までと少し違うな~と感じながら スケボーしたりして遊びます。 でも、まいるのメールが鳴って天佑かもとゆう 想いが消えません。 冬くんにもまだ忘れられない?と言われ、 まいるは気持ちは届かなかったけど、気まずくなりたくないと いいます。 そしたら、冬くんが天佑の現場近くだからと行く事に。 現場について、まいるは気まずいけど、会うのがうれしいと 天佑を探しますが、天佑が隠れて避けます。 それに気付いたまいるは、ショックで逃げ出します。 もう、天佑とは今までみたいにはなれないと・・・ 自分が関係を壊したからって。 そんなときに、冬くんがまいるに告白をします。 まいるは断ろうとするんだけど、 冬くんはもっと俺の事知ってからにしてと。 カッコイイね~冬くん!! 天佑は、自分に会ったら、まいるがもっと傷つくと 思い、まいるのまえから姿を消すことを決めます・・・ 綾乃からまいるに連絡がきます。 天佑が北海道に転勤になったと。 自分から行きたいって 言ったと。 まいるは本格的に避けられてるとへこみます。 学校まで迎えに来ていた冬くんと天佑に会いに北海道までいくことに。 北海道はそんなに遠くはないけど、会おうとしないと一生会えない距離 だよって。 ほんとに、その通り!! 近くに住んでいたって会おうとしないとなかなか 会えないもんねっ まいるは支度をしながら考えます。 天佑はやさしいから会いに行って戻ってきてと 頼んだら、戻ってきてくれるかもしれないけど・・・ それじゃぁ天佑に甘えていると・・・ ずっと、天佑に甘えてきたから、天佑を卒業することを 決めます!! 空港まで来たので、冬くんと沖縄に行く事になります。 冬くんは優しいし、楽しく過ごします。 冬くんはまいるにキスがしたいと言いますが・・・ ここで、天佑側になります。 天佑は北海道にきてでも、まいるのことばっかり 考えてしまいます。 天佑にしてみれば、猫を拾って、懐かれたけど 急に女の子になった感じで頭が追いつかないと。 今までの彼氏を思いだし、ムカツキ自分ならもっと うまく付き合うと、頭をよぎります・・・ ってゆうか、それってスキじゃん!! まぁそっか~急だったからな~って感じなのかな?? そんな時、綾乃が北海道まで天佑に会いに来て 告白して決着をつけます。 綾乃は私はちゃんと決着をつけにきたけど 天佑くんはどーなの??って。 天佑は軽い事故に合います。 そんなとき、浮かんだのが好きな子の顔だった。 やっと、自分の思いに気付きました。 北海道までまいるから逃げてきたのに、ずっと まいるの事ばっか考えて・・・ そして、まいるの誕生日!! 冬くんと会います。 沖縄で、キスがしたいっと言った冬くんにまいるは 断ります。 天佑の好きな気持ちが消えてないと。 天佑への恋心はなくしてないって。。。 冬くんはわかったと。 振られたから最後に まいるの誕生日、バレンタインだからチョコちょうだいって なって会う事になります。 冬くんからまいるに誕生日プレゼントってことで 天佑にまいるの居場所を教えていました。 それを知ったまいるは逃げます笑 そこで綾乃に会って、カツをもらいます。 そして天佑登場!! 天佑は思った気持ちをいいます。 自分から会いに来ていて、まいるの隣に俺じゃない 男はいやだと・・・ まいるがいいって!!! 完。。。 やっと、やっと、結ばれましたね。 長かった・・・??さわやかな感じの話の内容だし サラッと読めますねっ。 天佑はどうやって気持ち気付くのかな~って思っていたど 病気したり事故したり、そうゆうときって ほんとに自分の気持ちに気付いたりしますもんねっ いや、でも、楽しいマンガでした!! ちょこちょこは読み返さない感じの話ですが笑 番外編で、まいると天佑のデートの話がのっています。 北海道で働いてるので中と。 ちゅーくらいあるかなっておもったけど ありませんでした。 もう少し、ラブラブなとこみたかったなぁ~~って 思いますね。

次の

【漫画】ホームルーム最終回8巻のネタバレと感想やお得に読む方

だから 私 は 推 しま した 最終 回 ネタバレ

カラダ探し、残すところは頭のパーツのみ 漫画『カラダ探し』では遥というクラスメイトから 自分の身体を探して、と頼まれゲームがスタートします。 毎晩、校舎内に隠された身体を探していくのですが『赤い人』と呼ばれる少女に妨害されます。 しかし、順調にパーツは集まっていき残すところ頭のパーツのみとなりました。 ただ、この頭のパーツっていうのがなかなか見つからないんですよね・・・ ほぼ校舎の全てを探しても見つからなかったので、メンバーはある仮説を立てます。 それは 最後のパーツは赤い人が持つぬいぐるみの中にあるのではないか?ということです。 この読みはドンピシャでやはり最後のパーツ 頭 は赤い人が持つぬいぐるみの中にありました。 そして、カラダ探しのゲームがスタートして11日目でついにそのチャンスが訪れます。 この日にメンバーが取った作戦は赤い人からぬいぐるみを奪った後、ぬいぐるみを投げてリレー形式で棺桶まで繋ぐという作戦でした。 赤い人とまともにやり合っては瞬殺されてしまうので、ある程度誰かが犠牲になることを盛り込んだ作戦です。 最初に誰が赤い人からぬいぐるみを奪うのかが問題なのですが、ここで 健司がその役に立候補します。 彼はゲームの途中で、別人格に乗り移られ皆に迷惑をかけていたことをずっと気にしていました。 一番危険な役を引き受けることで、せめて皆の役に立ちたいと考えていました。 そして、ゲーム当日赤い人からぬいぐるみを奪うことに成功しリレー形式で棺桶まで運んでいきます。 やはり危惧していた通り、リレーを繋いでいく中でどんどんメンバーが倒れていきます。 この時点で 明日香以外のメンバーは全て赤い人の手にかかってしまいます。 そして、残る明日香は皆んなが繋いでくれたパーツを棺桶に収めることに成功します。 全てのパーツが揃った瞬間、なぜか赤い人の動きは停止。 そして、校内放送のアナウンスが流れます。 ありがとうございました。 今から 終了処理を行います』 そう言うとすでに死んだメンバー達の名前を読み上げていき、『消去します』と淡々とアナウンスが続きます。 どうやらカラダ探しで死亡したメンバーの消去作業を行っている様子。 そして、放送室にいた人物が明日香の前に現れます。 その人物とは 小野山美紀。 つまり赤い人・ 小野山美子の姉です。 姉の美紀曰く、妹の美子が赤い服が欲しいというから姉の美紀が服を赤くしてあげているそうです。 カラダ探しは美子の呪いと考えられていましたが、正確に言うと 姉・美紀の呪いです。 美紀の呪いにはルールがいくつかあり、カラダが集まれば美紀はその持ち主を解放しなければなりません。 この場合は、パーツ主である遥ですね。 そして次の人物が新しく棺桶に入ってまたカラダ探しがスタートするわけです。 この説明を全てのパーツが揃い目覚めた遥からされるのですが、棺桶を見てみるとすでに明日香の身体にフィットした形になっています。 そして遥に棺桶に入れられた明日香が目覚めると朝の学校でした。 カラダ探しのゲームは終了し、 翌日が訪れたわけです。 明日香の記憶が消えている 目覚めた明日香はさっそく教室に向かうことに。 教室に入ると留美子や理恵など仲間たちが談笑しているのを見つけます。 さっそく声をかける明日香ですが・・・ 全員が明日香に関する記憶を消されており明日香を知っている人間は誰一人としていませんでした。 教室に遥が入ってきますが、なぜかクラスメイトは遥に関する記憶は持ち合わている様子。 カラダ探しゲームではプレイヤーや周囲の人間の記憶が簡単に塗り替えられてしまいます。 遥曰く、誰かが消えても問題ないようにするためだそうです。 明日香は教室を飛び出し、頼りの八代先生のもとを訪れます。 元カラダ探しゲーム攻略者 明日香の話しを聞いた八代先生は、自身の経験談を交えて仮説を立てます。 カラダ探しは生き残った誰かが新しく棺桶に入らなければならず、 クリアした時の状況によってメンバーごとのエンディングが異なります。 今回は明日香以外のメンバーが全滅したので明日香がこれに該当する。 八代先生も終了時に生き残っていた人なので、カラダ探しに関する記憶がある。 留美子たちはカラダ探しの記憶もなければ棺桶に入ることになった明日香の記憶もありません。 今回、明日香たちはクリアに11日かかりました。 そして、明日香が棺桶に入ることになったので、明日香は11日後に目覚めた。 絶望的な状況にショックを受ける明日香の元にまた遥が訪れてきます。 遥からは『 誰かにカラダ探しを頼めばいい』と助言を受けます。 しかし、それは 他の人間をまたカラダ探しに巻き込むということを意味します。 そして明日香は屋上で高広とまた再会します。 他のメンバーと同じように高広も明日香に関する記憶を失くしているかと思いきや、 高広だけは明日香に関する記憶を持っていました。 実は他メンバーは全員絶命していましたが、高広だけはゲーム終了時のギリギリのところで一命を取り留めていたわけです。 明日香『もしもまた私がいなくなっても、 また探してくれる?』 高広が自分を覚えてくれていたことに感動する明日香ですが、高広の告白の返事を言う中でまたカラダ探しがスタートしてしまいます。 今度の依頼主は 明日香。 そしてカラダ探しの第二章がスタートします。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回、カラダ探しの最終話を振り返ってみました。 意外な結末となりましたが、すでにカラダ探しの第二章はスタートしています。 というか、これって永遠に終わらないんじゃ・・・と思いますが、新章もまた面白いです。 興味のある方はぜひ読んでみてください。 第2章はこちらの記事で紹介しています。 興味ある人はぜひ読んでみてください。

次の