ポケモンソード われたポット。 【ポケモン剣盾】ポットデス(がんさくフォルム)の進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ポットデス (ぽっとです)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモンソード われたポット

基本データ 全国 No. 855 ポットデス がんさくフォルム しんさくフォルム 分類: こうちゃポケモン タイプ: 高さ: 0. 2 m 重さ: 0. また、ラテラルタウンのほりだしもの市では「われたポット」や「かけたポット」が販売されることがある。 複数のフォルムがあるからといって同一個体が別フォルムにフォルムチェンジできる訳ではない。 また、フォルムによって能力が異なるということはない。 ヤバチャ がんさくフォルム は進化するときに「われたポット」を使い、ヤバチャ しんさくフォルム は進化するときに「かけたポット」を使う。 進化しても真贋の区分は変化しない。 出現場所・主な入手方法 第8世代 【ソード】【シールド】 [レアレイド] 、 剣 、 [がんさくフォルム] [レアレイド] 剣 [がんさくフォルム] [進化] ヤバチャ しんさくフォルム に「かけたポット」を使う [しんさくフォルム] 【ソード】【シールド】 鎧の孤島 [未生息] ヨロイ島には未生息 育成論• ポケモン王国• 育成論掲示板 剣盾 Lv.

次の

【ポケモン剣盾】ヤバチャ・ポットデス進化・出現場所【真作・贋作】

ポケモンソード われたポット

もくじ• 【のろわれボディ 夢特性 】 相手から技を受けた時、30%の確率で3ターンの間、その相手の技を『かなしばり』状態にする。 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 弱点 「2倍」ゴースト、あく 耐性 「0. 基本的には「ポットデス 贋作 」ですが、1%で「ポットデス 真作 」が登場するようです。 自分は見たことがありませんが、性能に差は無いのでどちらを使っても構いません! ポットデスは、 特攻種族値が異常に高いポケモンですが、素早さが半端なのが難点です。 さらに、 ある技を覚えることで、ポットデスの人気がじわじわと高まっています! ポットデスの育成論 特性 【くだけるよろい】 物理技を受けると、『防御』ランクが1段階下がり、『素早さ』ランクが2段階上がる。 弱点 「2倍」ゴースト、あく 耐性 「0. ポットデスがひかえめ最速であっても、スカーフなし最速ドラパルトは抜けます。 特性「くだけるよろい」発動時であれば、スカーフ有りドラパルトでも問題ありません。 よほど遅いポケモンではない限りは、ほぼほぼ先制から一撃で落とすという動きが可能です。 確実に「からをやぶる」ために、持ち物「きあいのタスキ」は絶対に必要です。 特殊攻撃であれば耐えるものの、物理攻撃はそこまで耐えられませんしね。 バトンをしない場合でも、「シャドーボール」や「アシストパワー」で超火力は出せます。 アシストパワーは、エスパー特殊威力20の技ですが、ステータスのランクが上がるたびに威力が上がる効果を持ちます。 「からをやぶる」の後は威力140となり、 タイプ一致のシャドーボールと同威力が出せるわけです。 きあいのタスキが発動した後だと、「ふいうち」などの先制技で簡単に倒されるのは注意ですが。 後はトリックルーム持ちや、ちょうはつで変化技を封じられるのにも注意です。 まとめ 「からをやぶる」からの「バトンタッチ」というロマンを行えるのがポットデスです! まぁ、これを防がれると簡単に負けてしまう訳ですが、決まってしまえば勝率はグーンと上がります。 今作ではダイマックスでHPを上げられるものの、そんなの関係ないって感じで倒せるのも気持ちいいですね。

次の

ポットデス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモンソード われたポット

基礎データ 全国図鑑 No. 855 分類 こうちゃポケモン タイプ 高さ 0. 2m 重さ 0. が進化して容器がティーカップからポットになった。 ポットに詰まったその身体は、変幻自在に形を変えるで出来ている。 独特な味と香りを持っており、信頼するトレーナーにだけ味見をさせてくれるが、たくさん飲むと胃もたれや腹痛など体の不調を引き起こしてしまう。 ポットデスの多くは、やの中で、たくさんの食器に紛れて擬態しながら生活している。 飲み残しの紅茶に自分の力を注ぎ込み仲間を増やす力を持つので、大抵の場合は厄介者扱いされている。 紅茶ということでやの複合タイプを持っていそうだが、そんなことはなく、「」等のくさ技は覚えられるが、「」等のみず技は覚えない。 また、専用技として「」を覚えることが可能。 技が発動すると、その場にいるポケモンが持つきのみの効果を即座に発動させる。 贋作?真作? ヤバチャのカップに贋作と真作が存在しているが、進化形であるポットデスにも贋作と本物が存在する。 贋作と本物では図鑑説明や進化に必要なアイテムが異なる。 がんさくフォルムのヤバチャは、「われたポット」でがんさくフォルムのポットデスに進化• しんさくフォルムのヤバチャは、「かけたポット」でしんさくフォルムのポットデスに進化 見た目上の違いはヤバチャと同じで、ポットの底に模様があるのが本物、ないのが贋作。 個体数は贋作の方が圧倒的に多い キャンプでも動き回っている為に底を見るのはほぼ不可能。 また、 ではがんさくフォルムの個体しか出現しないので、しんさくフォルムの持ちポットデスは現状では存在しない。 と同じくアイテムであるポットを与えるだけで進化させられるが、掘り出し物市の商品がランダムで 翌日の品出し予定は聴ける 、当日3000円、翌日5000円の為にリンゴ以上に待って探す必要がある。 矢張りと言うべきか、贋作の方が多く出される。 なお、真作と贋作とで性能などの違いはなく、指定されたポットのみで進化する ウインドウ表示に記載されている ので、その点はご安心を。 性能 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 60 65 65 134 114 70 508 こんな見た目をしていながら 実はかなりの実力者。 高い特攻・特防をもち、素早さもまあまあある。 技もシャドーボールを中心に最低限揃っている(あくまでも最低限であって、技範囲が広い訳では無い)。 特筆すべきは補助技で専用技『おちゃかい』や『』など様々。 わざレコードで『』も習得出来るので、通称『 からやぶバトン』が可能。 特性『くだけるよろい』との組み合わせで更に驚異的な素早さを得られる。 ただ、物理方面は低く、ミミッキュの相手は苦手。 その為ドラパルトやガラルサニーゴに出番を取られることもしばしば。 トレーナーの力量次第で幾らでも化けるポケモンと言えるだろう。 近い語呂だと「ぽっと出です」や「 お化けや湯気が ぽっと出る」もある。 紅茶がモチーフになっているのは、のモデルであるが、世界で一番紅茶の消費量の多い国の一つであり、紅茶が人々にとってとても身近な存在であることに因んでいるものと考えられる。 ポットデスの体液を飲み過ぎると体の不調を引き起こすとされているのは、紅茶などに含まれるカフェインを過剰摂取すると体の不調を引き起こす事に基づいているのかもしれない。 また、リアルシュートシティもといイギリスの:は 世界屈指の幽霊都市としても有名であり、に幽霊を目撃した場合の案内 や心霊スポットを廻るツアーをロンドン市が行っていたり、いわくつきの家の家賃が人気で高騰するなんて話もある。 一見すると何の脈略もない紅茶&幽霊という組み合わせだが、よく考えてみるとガラルのモチーフとなったイギリスの文化や歴史を巧みに取り入れたものであるということがわかる。 本作にはポットデスに限らず、こうしたポケモンはかなり多い。 関連イラスト.

次の