ポケモン ホップ うざい。 【悲報】ポケモン剣盾ライバルの「ホップ」、検索候補に『邪魔』と出てきてしまう・・・ SMのリーリエ枠感あるな

【ソードシールド】主人公のライバル「ホップ」について!どんな人物?【ポケモン剣盾】

ポケモン ホップ うざい

概要 でやばかりでパーティを組んで使用してくるプレイヤー層を言う。 ここで言う伝説ポケモンは 「」の枠に入るポケモンのことである。 4世代のバトレボ時代では、通常のフラットルールにおいてやなどのや、やのような強力な一般ポケモンに混じって通常大会使用の制限がかかるやなどが使えてしまった為、これらを投入したパーティーがたびたび見られた。 これらの使用者の層としては、主に小中学生の子供である事が多い傾向があった。 もちろん個体値や性格などを厳選してから使ういい歳したにも居ない訳ではなかった というかむしろそちらの方が多いのではないか?という噂もあった。 なお、何体投入すれば伝説厨と呼ばれるのかは人によって意見が分かれる。 とはいえ、誰でも一度はやってみたくなる行為であるのは事実であり、ポケモン慣れしていない初心者と、伝説ポケモンなしでゲームをあっさりクリアできる上級者の穴が埋まる手段でもあるため、もし遭遇しても、優しいプレイヤーは大目に見てあげたいところ え?もしも初心者で伝説ポケモンを使用していないプレイヤーとで伝説ポケモンを使用しているプレイヤーが当たってしまったら?その場合は…まあ…。 しかし、当然ながら伝説ポケモンばかりでパーティを組むことを良しとせず、 伝説厨というものを激しく嫌っているプレイヤー達も多い。 そこはやはり人それぞれなのだろう。 5世代ではルールが整備され、前述の禁止級に属するポケモンはWi-Fi対戦では使用できなくなり、幻のポケモンや禁止級ポケモンを含んだPTを見る事は無くなった。 なお、公式大会で使用が認められている、、etc…も「1セーブデータにつき1匹しか入手できないポケモン」ではあるのでそれらすべてで固めてしまえば「伝説厨」と呼ばれる事もあるのだが、 大会でも制限がかからず、ルール上認められているポケモンを使用する事に文句を言うほうがおかしいので慎むべきであるといえる。 しかし全くWi-Fi対戦で使用できなかったのはまずいと思ったのか、第6世代では戦績がつかないフリーバトルでのみ解禁されることとなる。 フリーバトルで満足したい人にとっては大迷惑でもあったが、 「整備されたルールがしたければレーティングをやりましょう」で話がついてしまうので、何とも言えない悔しさを感じているプレイヤーも多い。 また、禁止伝説が使用可能な大会前だと、実力者による禁止伝説入りのパーティの試運転が見られるのでやりごたえもあるといえよう。 一般ポケモンのみのパーティで伝説厨に勝利するのもWi-Fi対戦の楽しみの一つである。 何より一般ポケモンのみで組んだパーティで伝説厨に勝利した時の満足感は普通のバトルとは段違いだろう。 そして、勝った側にとっても負けた側にとってもいい経験となる。 ただし、前述のように伝説厨には低年齢のプレイヤーが多いため、勝利したと思ったらいきなり通信を切断される可能性も確かにある 当たり前のことであるが、例え伝説ポケモンを使われたからといって全く勝機が無いわけではない 確かに不利になることはあるかもしれないが。 なので、 伝説厨を嫌っているプレイヤー達は、伝説厨を責めるばかりではなく是非今自分が使用しているポケモン達で伝説厨に勝利できるように頑張ってもらいたい。 スマホ向けアプリのでは事情が異なる。 本作ではそもそも通信対戦そのものがなく(一応、今後実装される予定ではあると発表されているが)バトルも原作のようなターン制ではなく、技同士の激しい応酬になるため、原典とは異なり 純粋に火力の高いポケモンの方が重要視されやすい。 さらに、元々専用技の類が非常に少ないことに加え、ポケモン1体あたりが習得できる技のバリエーションが 通常技とゲージ技の2つのみと非常に少ないことから、必然的に 伝説ポケモンと一般ポケモンの技の組み合わせが完全に被ってしまうことが多くなる。 、基本的に伝説ポケモンは攻撃の種族値の高い種が多いため、習得できる技の限られた現状では、寧ろ 伝説ポケモンの入手・育成は可能であるならば極力行っておくべきという風潮が強い。 寧ろ本作では、 タイプや技の相性を考慮せずにポケモンを繰り出すプレイヤーの方が問題視されており(特に制限時間の短いレイドバトルではタイプや技もきちんと考慮した上でポケモンを繰り出さないと大幅なタイムロスにつながってしまい、他のプレイヤーに迷惑をかけてしまうことになる)、上記の事情も相俟って、伝説ポケモンを中心としたPTを組んでいるユーザーがいたとしても現状ではあまり白眼視されないことが多い。 こちらの記事も併せて参照されたい。 公式の伝説厨• とを使用。 全てダークポケモン• まさかのとを使用。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

ポケモン剣盾のライバル ホップに感情移入するとしぬ|ナカモカモ|note

ポケモン ホップ うざい

「さすがだぞ! タイプの相性をばっちり理解しているんだな!」 CV:(版) 概要 『』に於いて、主人公のの一人となるキャラクター。 地方の出身。 名前の由来はおそらくビールの原料としても有名な植物「ホップ」。 詳細・活躍 ガラル地方の・の実弟で、(曰く)父親代わりでもあったらしい兄に憧れ次代のチャンピオンを目指しており、ダンデが出場する試合は全てチェックしている。 兄弟らしく、ダンデとよく似ており、特にバトルをする際の真剣な顔つきやバトルを楽しむ強気な笑顔は瓜二つ。 ストーリーの進行上、ダンデのそれを見るのはかなり終盤になってからだが、バトル開始時に緊張を振り払うように両手で頬をペシペシと叩いて気合を入れる癖も兄弟でソックリ。 ただ、「方向オンチ」という点については兄ダンデだけの話で、ホップは似ていない。 また、比較的よく「~だぞ」という語尾を付けるが、これもダンデにはない癖。 からは「 クイズ全問正解の坊や」として記憶されている一方兄のダンデは正解数が1問のみであり、こういった細かな部分に兄弟の違いが表れている。 過去作でもやなど凄腕トレーナーの血縁者がライバルとなる事はあったが、チャンピオンの兄弟がライバルになるのは初。 元ネタの如き独特な髪型が特徴で、黒のインナーシャツとボア付きデニムジャケットを着ており、動きやすい様にトラックパンツを履いている。 性格はやんちゃで元気いっぱい、どんな時でもポジティブに捉える明るい熱血漢。 また子供っぽくみえて意外と面倒見も良い。 兄の部屋にある本や雑誌(中には大人が読む難しそうな本もたくさんある)を全て読んだり、ホップ自身の部屋にもいくつもの本が置いてあったりと勉強家な面もある。 主人公(または)とはお隣同士の関係で大の仲良しで、ホップの誘いから新人トレーナーとして主人公と共に旅立つ。 列車で次の場所へ向かう際は、左足でリズムを取り 主人公は逆に右足で踏み ながらで情報を語り合っている。 よく主人公の幼馴染だと思われているが、ゲーム本編でそういった描写は一切無く、公式サイトでも「 主人公のライバル」としか書かれていないので注意が必要である。 (DPtのジュンやBW・BW2のライバルなどはちゃんと「 主人公の幼馴染」と表記されている。 ) 道中主人公に親身なのは、主人公が別地方から引っ越してきた説があるため慣れないガラル地方を旅する主人公を心配しているのかもしれない。 ジムチャレンジ後はの兄であるにはからかわれたり窘められたりと実兄のダンデとはまた違った兄弟感のある関係が見られる。 母親と祖父母がガレージとバトルフィールドを備えた二階建ての広々とした家で暮らしており、リビングにはがペット用ベッドの近くに居る。 自室にはバトルで使われるポケモンのポスターを飾る。 元から家の仕事を手伝ってくれるをパートナーとして連れており、後にダンデから主人公が選んだから弱点を突かれるタイプの御三家を選び、ピンチの状況を楽しんでいる節が見受けられる。 等と同様、ストーリーでは主人公と競い合うように何度もバトルを行う機会があるほか、アイテムを渡したり、ダブルバトルのパートナーになってくれたりと頼もしい存在。 ボールは基本的にを使用する。 投球フォームにこだわりがあるらしく、劇中でもボールを投げる練習をしている姿を主人公に目撃されたりする。 肝心のフォームはのような勢いのある。 しかし勢い余って若干体勢を崩す場合も 発動時など。 ジムチャレンジに挑戦する際に着るユニフォームの背番号は「189」。 「飛躍」を語呂合わせにしたものと思われ、チャンピオンを目指す彼らしい背番号である。 (一方で「わんぱく」とも捉えることができ、彼の性格を表した語呂でもある) 中盤ではに打ち負かされた際、チャンピオンである兄の顔に泥を塗っていると言われ「自分が弱いと尊敬し憧れる兄まで馬鹿にされる」と思い込みスランプに陥り、相棒の筈のウールーを外すなど手持ちポケモンも定まらなくなりかけたが、悩みに向き合って考え克服する芯の強さも持つようになる。 殿堂入り後のイベントでも、主人公がチャンピオンになった事で目標を失い、にも負ける程のスランプに陥るも、主人公と最終戦をした後はソニアの元でポケモン博士を志すようになり、彼女の助手として手伝いつつ、ポケモンに関する勉強を1から学んでいる。 無敗神話を築いていたダンデに初の黒星をつけてチャンピオンに輝いた主人公ほど目立ってはいないものの、セミファイナルトーナメント準優勝の成績を残し、ムゲンダイナ騒動を主人公と共に収めた立役者の一人として知られ、伝説ポケモンのザシアンorサマゼンタを従えるなど、最終的にはガラル地方有数の強豪トレーナーとして各ジムリーダーに並んで知られる存在となる。 レアリーグカードのデザインは、兄ダンデのオマージュ…というかほぼパクリのようにそっくりなデザイン。 背番号と本人のサインと外枠部分の色が異なるだけで、背景・ポーズ・トレーナーマーク・ホロ加工の種類・枠のデザインパターンに至るまでダンデのものと完璧に一致している。 DLC「」では中盤にの調査に訪れ、をキョダイマックスさせるための「ダイミツ」探しに協力してくれる。 尚彼の話によると、ヨロイ島に来る以前にはでポケモン調査を行っていたらしい。 一連のイベントを終えた後は、ジムリーダーたち共々ヨロイ島の各所でNPCとして現れ話すことが可能。 鍛錬平原の浜辺にいる時は広大な海を見て「水着を持ってくればよかった」と言っているが、既に知っての通りこの海には 非常に危険ながいるので。 戦闘 上記の通り、主人公が選んだガラル御三家から弱点を突かれるタイプの御三家を選ぶ。 他にも初めからパートナーとしてウールーを連れているが、このウールーも主人公にぶつけてくる。 要は初戦から2対1でのバトルとなる。 初戦でライバルが2体手持ちを繰り出してくるのはDPtのライバル以来だが、そちらは主人公も手持ちを補充する猶予を与えられている。 強制で主人公よりも手持ちが多いライバルと戦うことになるのはこのホップ戦が初である。 (念のため補足しておくと、このウールーは御三家よりも弱く、レベルアップのチュートリアルも兼ねている。 ウールーを倒すとレベルが相手の御三家より1つ上になりタイプ一致技も覚えるので、ウールー戦でのHP消費を最低限に抑えてさえいれば負ける要素はなくなる) 5戦目~6戦目は上記のスランプによる迷走で御三家以外の手持ちがコロコロ変わる為、どう立ち回るかが重要になってくる。 7戦目以降はウールー バイウールー 達初期メンバーが手持ちに戻り、最終戦は主人公が選ばなかった 伝説のポケモンが手持ちに加わる。 今作における。 禁止伝説級のポケモンを使うライバルとしては以来。 禁止伝説と御三家の両方を持っているライバルについては初である。 (「 準伝説と御三家」であれば、一応も当てはまる) クリア後のトーナメントでも他のトレーナーと比べて明らかに強い。 ホップとダンデ以外の参加トレーナーは全てレベル60前後なのだが、この2人だけレベル68~70で一回り以上強く、さらに 主人公と当たらない場合絶対に勝ち上がってくるという特殊なルーチンを組まれている。 更にクリア前は御三家だったダイマックス枠がトーナメントではキョダイマックスアーマーガアに変化しており、切り札として繰り出してくる。 パターンA:を選んだら系統。 パターンB:を選んだら系統。 パターンC:を選んだら系統。 バイウールー Lv. カビゴン Lv. アーマーガア Lv. 70 チャンピオンカップ再戦 トーナメント(クリア後)• 70() ネット上におけるホップ.

次の

【ソードシールド】主人公のライバル「ホップ」について!どんな人物?【ポケモン剣盾】

ポケモン ホップ うざい

懐古厨などそういう言葉を見たくない・気分を害する方はこの記事を見ないことをおすすめします。 あくまでも超個人的意見であることをご了承ください。 最近「は昔の方が良かった」という人が多くなってるというか、その言葉がピックアップされすぎな気がします。 金銀が一番良かった!なんていう人もいるし、実際の所こういうのが面倒なんだよ!って思う人もいる。 もうこういう争いが本当に嫌で、その人が好きでその人生を少しでも影響を与えたものが一番なのに なぜ全体的にその人を非難するのか分からないんですよね。 同じが好きだったらそれくらい許せるでしょうし。 ちょっと位固執しててもそれはそれで良い考えだなと思います。 結局は個人の考え、でもそれが一番じゃないと意味が無いと思うのも当然なので=認められたという認識がないと駄目なんでしょう。 私もそういう面はありますが、少しだけ分かる気もします。 迷走気味ですが、日記として残しておこうかと。 で、ここからは続きを見てくれた方のみ表示されます。 最近、懐古厨っていうかそういうのになりきれよ!と言われたので今回は昔の金銀世代までを一番としか認めない視線で、今のよりも優れていると言えるようにがんばります。 そんな企画です。 この話の発端はの新作と金銀を最近やってた私の話。 私「っていいよね。 今と違って。 」 友人「お前懐古厨だったのwww も右手で・・って位の煽り 」 私「なにその言葉」 友人「金銀のいいところだけ折角だし言ってみろよw答えてやるからw」 って言われたのです。 その後1時間ほど討論し、なぜか私は懐古厨では無いことに。 うーん?どういうことなんだ?その境界線がいまだに分からず。 今回は、そこらへんの討論の内容というか個人的な金銀の一方的な感想をお送りします。 おかしかったり、あれ?それ意味なくね?とか出たらご指摘お願いします。 より引用 でも、実際懐古厨って言葉もあいまいな定義なので、ここでは金銀が一番だという考え方でいこうと思います。 まず、のデザインの話ですが、そこらへんはあまり固執するつもりは無いですね。 特にデザインに限ってはブラックホワイト世代から違和感は感じますが舞台が海外に移ったという事でそういったデザインになっているだけの話。 機械的や異端なモチーフというのも、そこまで金銀世代だけではないという印象です。 しかし、そっちより確かの名称は覚えやすいので5文字までという設定だったとインタビューで言ってたと思うのですが、それが6文字になっている方が問題なような。 ネットに左右されるのも少ない時代背景 最初に金銀世代の方が良い理由はネットがそこまで普及していなかったことにあります。 当時はまだ西暦で言うと2000年でパソコン普及率がまだ50パーセントあたりの時代。 インターネットがそろそろ・・・という時代で尚且つ対戦に限っては子供達はなんて知りませんでしたからまだそこまで執行に卵孵化なんてものをしていませんでした。 今のでは孵化・厳選も子供が平然とやるクオリティです。 情報が回りきっていないというのはそれだけで幸せなものです。 とくに初代の世代でははあまり浸透せず、初代のでの大会優勝者のデータをみるとそこまで振られていないことが分かります。 数値の若干の変動はあるものの、金銀世代の方がまだそういった数値などの概念に左右されてなかったですね。 しかし、大会レベルではこの時期からなどが知られていった為少しずつの環境は変わりつつありました。 そして、インターネットが普及していないときに必須だったのが攻略本です。 紙媒体はこの時代優秀で、多数の情報を得るためには友達との交流などを介さないと収集が出来なかったためこういった攻略に対してのバイブルは重要でした。 無いと非常に困惑した時代でもあります。 朝や夜というシステムのせいで基本的に出てくるに差がかなり出てしまい困惑する事態になります。 さらに、金銀から卵技・卵の生むグループなど多数の覚える情報が混在し、非常に頭を悩ませるものになりました。 しかし、この部分に関しても公式がしっかりしていて今の攻略本やネットにに頼らずともある程度の情報はにてジョパンニ先生の図書館にて閲覧できるようになります。 いわば最初で最後のゲームに搭載された攻略本であり、ゲームとしての価値というものに加えて、攻略本としての付加価値も生み出していったのです。 個人的に一番評価したいのはココです。 卵孵化が早くなったとか、セーブが早くなったとかそういうのは置いておいて 如何にクリア周回が早くなるか という部分については初代や金銀のほうが圧倒的に優秀なのです。 まぁ、それでもで優勝しないと駄目なので・・・なんとも言えませんが。 何故か新作になって孵化とかそういうのが早くなったとか対戦環境がという話を聞きますが、それは殆ど対戦をしたいとかは戦うだけじゃありません。 実際において対戦をするのはゲームで言うエンドコンテンツみたいなもので、ストーリーを楽しみたい人には無縁のもの。 はっきり言えば倍速の方がありがたいのです。 特に周回しないとゲットできないのもありますし、こういう部分は特にありがたいですね。 そしてグラフィックの向上も。 最近のは結構可愛さ重視というかそういうのが結構眼に付きます。 とか目が血走ってないですよ!?ってなるわけです。 はいそれだけです 笑 昔からキャラ展開はありましたし、の派生系も色々増えました。 ただ、全体的にポップになったなという印象。 ただ、が3dグラフィックになったからと言って私はあまり感動はしませんでした。 何故なら既にこの時代から3Dグラフィックであったためです。 そういう意味でもグラフィックはあまり好印象には思えません。 携帯機で綺麗なグラフィックと言えどもは非常に3D化に遅れています。 よく、金銀世代ではがと繫がっていて非常に面白いんだ!という流れがあると思うのですが、ココで言いたいのは過去作とのつながりを重んじているところです。 そして、決して前作の甘えという作りではなかった気がします。 そして世界線でも前作の初代である赤緑青の続編であるという事で数年後という部分もが当初「2」としての名称であった事がうかがえます。 前作の土地にいけるという利点は過去作をプレイしている人には大きな利点で、最近大きなシリーズ作であるもクロスで一応行けるようにはなっていますし、別に悪いことではありません。 どうせなら、今までの地方が本当につながっているのかを確かめるために大空を飛べるならそれくらいしてもいいのでは?と思っています。 また、レッドという存在は過去作の主人公ですが一方では前作をプレイしているなら、 自分自身のプレイしたキャラクターが最後のボスになります。 エーフィーは置いておいて、や御三家など昔初代で使っていた懐かしいを出してくるあの感じ、嫌いではありません。 また、今のは世界感がリメイクとかそういうの続きで結構古参じゃないと理解できないのも増えてきました。 また、前作の地方なども移動できるという 私自身の夢の設定はまだ実装されていません。 私が結構以外でのゲームをしていることが多く、結構この部分を感じています。 一応ORASまでは一通りやってたので分かるんですが、面白いと思えるラインが結構下がってきました。 としてのゲームは結構楽しいですが、挑戦というかそういうものが結構曖昧なラインになってきている感じがして。 例えば、ORASでは大きなものの1つとして大空を飛ぶというものがありますが、他のゲームでは普通に出来る行為です。 私が昔プレイしたでは世界各地を飛び回ることが出来ました。 XYの着せ替えも今ではどんなゲームでも入ってて・・・。 そうです。 しかしてなかった私は他のゲームを比較出来なかったのです。 昔のゲームの情報を仕入れるのに私はを見ていたのですが、今ではネットで沢山見ることが出来ます。 が斬新なモバイルシステムを使ったことなんていうのは結構衝撃的でした、結果的に普及はしませんでしたが、モバイル端末というもの捉えていたのは非常にすごいことだと思いますし・・・・。 実際最近のが面白いという観点では無くただのコミュニケーションのにしかなっていないとも思えるのです。 また、などの参戦が増えた事もあり、製作者側も対戦の部分はちゃんと考えているんだなと痛感します。 人気ですが、消えることは無いコンテンツとしてのあり方に変わったのではないかと思うのです。 そう考えれば昔のゲームは神格化されて当然なのかもしれない。 特に金銀なんてものが出たときは衝撃が大きかったというのもあるのでしょうか。 私は思うのですが、がオフラインでの楽しみ方だけを見出すなら結構昔のと拮抗すると思うんですよね。 はある意味ではオフライン最強のやりこみゲーで 今ののバトルってオンラインの対戦ありきですからオフラインだと面白みがそこまで感じないのです。 こう、って斬新な切り口で展開するというのがのいいところだったので次回作はこれを一気に切り替えてくれることを祈ってます。 最近のもいいですが、こういった昔のの方がトが強かったよ!という意味合いでは負けてないかなーとおもいます。 それではノシ hukusyunyu.

次の