紅茶 茶葉 専門 店。 紅茶専門店 京都セレクトショップ 【送料無料】紅茶の通販

紅茶葉専門店オレンジ茶房

紅茶 茶葉 専門 店

次のようなことを思ったことはありませんか?• 美味しい紅茶が飲みたい• 紅茶はたくさんの種類があるから、どれを選べばよいか分からない• ティーバッグだからなのか、本当に美味しいと思ったことがない• いろいろな紅茶を飲んだけど、味の違いがよく分からない• 自分の好みの紅茶が見つからない• 高級な茶葉を買ってもいれ方が悪いのか美味しくない• リーフティーを買いたいけど、いれ方が心配で買うのを躊躇ってしまう• 紅茶のお店にはフレーバーティーが多いけど、シンプルでベーシックな紅茶が好き• ティーバッグじゃなくて、紅茶の葉っぱで紅茶をいれてみたい 一つでも当てはまるとしたら、ティークラブの紅茶を試して欲しいと思います。 なぜなら、同じような人から「自分好みの紅茶が見つかりました」、「紅茶の美味しさに目覚めました」、「紅茶のいれ方に自信がでました」などの声をいただいているからです。 たくさんの人から喜びの声をいただいている当店の紅茶を、ぜひ一度お試しください。

次の

紅茶専門店ティークラブ

紅茶 茶葉 専門 店

紅茶生活を始めたばかりの方に。 どんな紅茶(種類・ブレンド)を選ぼうかと迷ったら、次のようなことを参考に紅茶を選んでみてはいかがですか。 おすすめの基本紅茶をいくつかご紹介します。 モダン・ブリティッシュは、イングリッシュ・ブレックファスト(他ブランド)と比較しても、ストロングな味わいを持っています。 このモダン・ブリティッシュ情報は、をご覧ください。 「ミルクティーいろいろ ~世界で飲まれるミルクティー~」の情報は「 」でお読みいただけます。 * ルースティーを使う場合の必要な紅茶道具 (ストレートティーを入れる場合) 最低限必要なもの: ティーポット、タイマーか砂時計、ティーストレーナー(茶こし)、ティーカップ&ソーサー、スプーン あったら便利なもの: トレイ(お盆)、量った茶葉をのせておく小皿 ティーバッグを使うときよりも、たくさんの道具が必要になりますが、ティータイムの気分の盛り上がりもそれだけアップするので、紅茶生活を始めるなら、ぜひとも揃えていただきたいアイテムばかり。 これから買おうを思っているかたに、 ティーポットについては、特に気を付けてほしいポイントを次の項目でご紹介します。 ティーポットはいろいろな紅茶道具の中でも、最も値が張るアイテム。 だから、慎重に選びたいですものね。 かわいさ重視で選ぶのもよいのですが、何回か使った後は、ディスプレイアイテムになったり、ってこともあるので、気を付けて。 ・大きさはちょうどいい? ティーポットサイズもいろいろとあるので、容量をチェック。 自分が一回に何杯分をいれることが多いか考えて選んでくださいね。 たとえば、一人暮らしをしていて、お友達が一人か二人来た時に、ちょっと入れてあげられたら・・・。 こんなかたには容量500ml位のサイズが便利。 ・持ち手部分はしっかり握れる? この部分は、ティーポットのサイズに関わらずしっかりと作られているものが多いのですが、持ち手がポット本体の横についているものと、上についているものがあります。 自分の持ちやすい、そしてお茶を注ぎやすいものを選んでください。 ・お手入れのしやすさはクリアしてる? ティーポット本体には、茶葉が入れられて、美味しい紅茶の成分がそこでじっくりと出されていきます。 ティーカップに紅茶を注いだ後、ティーポットに残るのは茶殻。 茶殻のお手入れはやっぱり大変です。 だから、ティーポットのふたの開口部分は、程よく大きいものが絶対に便利。 茶殻を取り出しやすいし、ティーポットの中を洗いやすいから。 小さめのティーポットなら、ティーポットのふたが少しくらい小さくても、茶殻を出して何とか洗うことは出来るでしょう。 しかし、大きいティーポットでありながら小さいふたしかついていない場合は、茶殻の取り出しやティーポットの内部の隅々まできれいに洗うのはたいへんです。 だから、ティーポットのふたや開口部の大きさも購入の際にチェックするべき重要なポイントなのです。 ・スパウト(ティーポットの注ぎ口部分)は水キレがいい? ティーポットからティーカップに紅茶を注いだとき、一番イヤなのが液だれ。 せっかくきれいに注げても、ティーポットの注ぎ口の先端からボテッと液がこぼれたらがっかりします。 そうはいっても、液だれは多くのティーポットでも防ぎにくいことです。 あまりひどくないくらいの液だれならばよし、と思ってくださいね。 できれば、先端部分がスマートな作りになっているもののほうが液だれはしにくいようです。 ティーポットの中には、先端の部分が少し下に反っているものがあり、それらは比較的液だれしにくいです。 茶葉を量る専用グッズとして、 ティーキャディスプーンというものがあります。 貝の形、葉っぱの形、スコップの形など個性的なものが多い。 そして、そのいずれもティースプーンより大きめ。 ティーキャディスプーンを使って茶葉を量る場合は、1杯分がティースプーンより少なくてよく、形や大きさも異なるので、使い慣れる必要があります。 茶葉を使って紅茶を頻繁に入れるなら、一つ持っておくのも便利ですね。 ティースプーンを使って茶葉を量ることもできます。 ティースプーンは、一般的にコーヒースプーンよりも一回り大きい(次の項目 ティースプーンとコーヒースプーンについてご参照)。 そしてティースプーンについても大きさが少し異なります。 もしティースプーンを使って茶葉を量るとしても、 使い慣れた1本を決めておくととても便利です。 紅茶のティーバッグは、網目状の袋にカップ約1杯分の茶葉が入っています。 ティーバッグの形状は、丸かったり、四角だったり、テトラタイプ(正四面体型)だったり、さらにひもがついていていたりといろいろ。 その素材は主としてナイロン、紙、不織布など。 紅茶のティーバッグ一袋には多くの場合2~2. 2g程度の茶葉が入っています、イギリスなどの硬水地域では紅茶の出をよくするため、少し多めに入っていることがあります。 ティーバッグの中は、まるで粉のような粉砕された茶葉が入っている場合があります。 これは粗悪な茶葉というではありません。 紅茶のサイズを表すダストとかファニングスというものになります。 ダストやファニングスというのは、紅茶の製造工程のふるい分けによって、細かな網の目を通って分別された細かい茶葉のことです。 そして、細かい茶葉を包んだティーバッグ最大の特徴は、抽出が早いこと。 手早くしっかりした紅茶の風味を出したいときにおすすめです。 また、大きめサイズの茶葉が入ったティーバッグも多くあります。 仕事場やお出かけ時にとても便利。

次の

ロージーティーハウス (Rosie tea house)

紅茶 茶葉 専門 店

紅茶専門店にはティーポットの中に茶葉を入れたまま出すお店と、茶葉を抜いてお客様にお出しする店があります。 茶葉を抜いて出すべきか、抜かずに出すべきか? リンアンでは、抽出用とサービス用の二つのティーポットを使い、茶葉を抜いた状態でお客様にお出ししています。 そして多くの紅茶専門店で、そして喫茶店やレストランのほとんどは茶葉が入ったまま、ティーポットが出てきます。 イギリスのティールームでは、必ずと言っていいほど、茶葉が入ったままお客様のところにティーポットが出てきます。 これはどちらが正しいのでしょうか? ちょっとお店から離れて考えてみましょう。 例えば皆さんの家でお客様に紅茶をお出しするときはどうでしょうか? ティーポットに茶葉を入れ、熱湯を注ぎ、そのまま茶漉しとともにお客様にお出しするでしょうか? 絶対にしませんよね。 ティーポットの中に茶葉を入れ、茶漉しを付けてそのままお客様にお出しするのは、「勝手にやってください。 」と言っているのと同じです。 お客様に対して非常に失礼な事で、絶対にやってはいけない事なのです。 では家庭では絶対にやってはいけない事を、なぜ紅茶専門店がするのでしょうか? それはそのお店のコンセプトの問題なのです。 例えば私でも、家で紅茶を飲むときはティーポットの中には茶葉が入りっぱなしになっています。 お店ではタイマーできちんと抽出時間を計って茶葉を抜いてサービス用のポットに移していますが、家の中ではそんな事は全くと言っていいほどしません。 それでも美味しく飲めてしまいますから。 もちろん、ベストの抽出条件は有り、その時が最も美味しくなる時間です。 でも家では入れっぱなしにしています。 それは薄ければ薄くても美味しいし、濃ければ濃いなりに美味しいし、濃ければ薄めたりミルクティーにしたり、茶葉が入ったままになっていればいろんな楽しみ方が出来、紅茶のいろんな表情を楽しめるからなのです。 今までのほとんどの紅茶専門店は、紅茶好きの方が始めています。 そしてその方々はそうやって紅茶を飲んでいますし、お客様にそういう楽しみ方をしてほしいから茶葉を抜かずに、わざわざ茶葉を残したままでティーポットをお客様に出しているのです。 でも、私は茶の湯が高じて紅茶のお店を始めてしまいました。 リンアンはお茶でのおもてなしがしたくて紅茶のお店を始めたのです。 リンアンが楽しんでほしいのは、紅茶のいろんな表情ではなく、そこに紅茶がある時間なのです。 一人でゆったり過ごす時間。 お友達とたのしくおしゃべりをする時間。 そんなゆったりした時間を楽しんでほしいのです。 紅茶を美味しくいれるのはお店の責任。 お客様には、「もういいかな?」「濃くなりすぎていないかな?」なんて気を使わずに紅茶のある時間を楽しんでほしいのです。 リンアンは紅茶でのおもてなしをしたいのです。 だから茶葉を抜いてお出ししているのです。 つまりそれはどちらが正しいかではなく、お店が紅茶で何を楽しんでほしいかのコンセプトの問題なのです。 では、なぜ、イギリスのティールームでは茶葉が入ったまま紅茶が出てくるのでしょうか? それは、にも書いたように、「イギリスの紅茶には、マザーの文化がある」からなのです。 イギリスの紅茶の基本アフタヌーンティです。 そのアフタヌーンティーは基本的にお屋敷で行う社交のティーです。 お客様をお呼びして、その家の主人(マザー)が責任をもって紅茶を淹れます。 つまり、お客様は茶漉しどころか、ティーポットを触る事さえありません。 好みに合わせてミルクや砂糖まで調整されたティーカップの紅茶を受け取るだけなのです。 それをそのままティールームでやっているのがイギリスのティールームのアフタヌーンティーなのです。 だからティーポットの中に茶葉が入って出てきても、お客様に茶漉しを渡して、「勝手にやってください。 」にはならないのです。 つまり、日本の紅茶専門店で茶葉が入ったままで紅茶が出てくるのと、イギリスのティールームで茶葉が入ったままで紅茶が出てくるのは、意味が全く違うのです。 その辺りを間違えてしまうととんでもないことになります。 リンアンを始めたころ、スタッフと一緒にホテルにアフタヌーンティーの体験に行ったことがあります。 そのホテルではラウンジの小さなテーブルでアフタヌーンティーを出していたのですが、一人一人にティーポットと茶漉しが出てきました。 小さなテーブルには乗り切らず、いや、ぎりぎり乗ったのですが楽しむ余裕など全くありません。 おもてなしの紅茶を出したいのか、それとも紅茶の変化を楽しんでほしいのか? その辺りのコンセプトをしっかりして紅茶を出さないとおかしな事になってしまいます。 実は、リンアンのアフタヌーンティーは本当のアフタヌーンティーでは有りません。 本来であれば大きなティーポットがマザーのところに運ばれてきて、マザーがすべて取り仕切るべきです。 でも、日本にはそのマザーの文化が根付いていません。 そしてリンアンではそれよりもいろんな紅茶を楽しんでほしいと考えています。 その結果がリンアンでお出ししているアフタヌーンティーなのです。 ちなみに、イギリスでも本当に正式な、そして伝統的なアフタヌーンティーでは、ミルクティー用に濃くいれた紅茶を、キッチンで茶葉を抜いてマザーのところに持ってくるのが正式だと言われています。

次の