ユダヤ の 商法。 「ユダヤの商法」にはユダヤ人の商売の神髄が書かれていた

ユダヤの商法理念と経営公式ブログ

ユダヤ の 商法

藤田田(デン)とは マクドナルドは、今でこそ日本でも人気のファストフード店ですが、 藤田田さんが日本マクドナルドを創業したのは、 戦後間もなく、まだ日本でパン食が一般的ではなかった時代です。 当時は、日本でパンに肉を挟んだハンバーガーなる食べ物が流行るなんて、 ほとんどの人は考えもしなかったことでしょう。 しかし、商売の天才である藤田田さんは、 これからは金髪のチャンネー(若い女性)がハンバーガー片手に、 銀座を闊歩する時代がやってくると見抜き、 見事に日本の食文化を変えてしまったという「すごい人」なのですね。 そんな、藤田田さんは残念ながら2004年に逝去されています。 藤田田さんの商売哲学をリアルタイムで知ることはできないのですが、 なんと藤田さんが 商売の法則についてまとめた書籍があるんですね。 それが今回ご紹介する『 』です。 ユダヤ人とは なぜ、藤田田さんの商売の法則について書かれた本なのに、 『ユダヤの商法』というタイトルなのか。 それを解説する前に、まずユダヤ人についても押さえておきましょう。 ユダヤ人とは、ユダヤ教信者または、ユダヤ人の親をもつ人々から構成される 宗教的民族のこと。 つまり、どこか特定の国の民族というわけではないんです。 僕たち日本人からするとイマイチイメージが掴みづらいですね。 このユダヤ人たちは、全世界の人口の中の0. 他にもユダヤ人の世界的著名人は数多く存在しています。 そんな数多くの有名人がいるユダヤ人ですが、商売上手な人が多い民族なんだそうです。 戦後間もない頃、GHQが日本で活動をしていた頃、 藤田田さんは語学に堪能であったため、GHQの通訳のアルバイトをしていたそうです。 優れた観察眼を持つ藤田さんは、GHQの人々を見ていく中であることに気がつきます。 階級は軍曹であったものの、給料前で金欠のGHQに対し高利で金を貸し、 将校以上に悠々自適な生活を送っている人がいる。 彼こそが、藤田田さんが最初に仲良くなったユダヤ人のウィルキンソンなる人物だったと言います。 このウィルキンソンをはじめ、様々なユダヤ人と関わっていく中で、 藤田田さんはユダヤの商法について学んでいくこととなります。 元々、頭脳明晰で商才もあった藤田田さんですが、 このユダヤ人との関わり、 ユダヤ式の商法を学ぶことにより、 日本を代表する大商人となりました。 そのユダヤ人の教えを藤田田式にまとめたのが『ユダヤの商法』なのですね。 女と口を狙え さて、ここからは『ユダヤの商法』を読んでみて印象的だった項目をご紹介したいと思います。 まずは、「女と口を狙え」です。 これはどういうことかと言うと、ユダヤの商法において、扱うべき商品は2つしかない。 つまり 女性向けの商品と口にすることを目的とした商品です。 まず、女を狙えとはどう言うことなのか? それは、4000年以上の歴史をもつユダヤ商法の経験を元に弾き出された公理とのことです。 つまり、男は働きお金を稼いでくる生き物であり、 女はその稼いできたお金で生活を成り立たせていく生き物である。 そのため、財布を握っている女を狙って商売をすれば、稼げると言うことなのですね。 まあ、今の時代にこういったステレオタイプ的な見方をすると炎上しそうですが…笑 それでも、女性が家庭のお財布を握っていると言うパターンはまだまだ多いのではないでしょうか? これは言っていいのかわかりませんが、実は僕のお客さんも女性が圧倒的に多いです。 もしかしたら、今の時代においても 女性の方が積極的にお金を使ってくれるのかもしれませんね。 しかし、この「女を狙え」と言うのはある程度商才を持っている人向けのアドバイスなのだとか。 商才が人並み、または 人並み以下の人は、女ではなく「口を狙え」 と藤田田さんは説いています。 「口を狙え」とは、野菜や肉と言った食料、 それらを調理し提供するレストランやファストフード店など。 極端な話、毒薬であっても口に入り商売ができるものであれば、 儲かると藤田田さんは言います。 まとめ 今ご紹介した「女と口を狙え」以外にも• 雑学を積むべし• 判断の基礎は外国語だ!• 薄利多売はバカの法則• 働くために食うな、食うために働け などなど、目から鱗の金言が満載です。 なかなか自分のビジネスが上手く行っていないんだよなぁ… と言う方は、一読してみると状況を打開するためのヒントが得られるかもしれませんね。

次の

楽天ブックス: ユダヤの商法(新装版)

ユダヤ の 商法

第1の商品 女を狙う 金は男が稼ぎ、女が使うと語られている。 氏がどういうかはともかく、男の消費活動はキャバクラなりなりでそのまま女性にパススルーされることが多いので、これは正しい気がする。 例えば美容やアクセサリーの分野が「女を狙う」商売として例示される。 これについて個人的に思っているところで補足すると、あらゆる商売がだと捉えるなら、経済性を対価に差し出す商売は、もたらす経済性の分までが儲けになる。 平たく言えば、あるソフトウェアを導入して削減できたコスト分未満しか、そのソフトウェアは儲からない。 一方、商売には経済性ではなく精神性や欲望の充足を対価にするものがある。 やりがいのある仕事で低収入で雇用している事業、風俗産業、ダイエットなどがそれに当たる。 この手の商売は、消費者の精神的満足がバリューになるので、原価に関係のない値段がつくことが多い。 前者を経済合理性の商売、後者を精神合理性の商売とすると、儲かる商売は精神合理性の商売といえる。 そして女性のほうが、そういう商品を求めているケースが多いと思う。 契約は神様との約束 この書ではあらゆる取り決めや約束ごとは、どんなことがあっても守るよう厳命されている。 人的な発想では、一度契約した相手は全力で信頼をし、どういう場合であれ契約が不履行となれば容赦なく損害賠償を請求して人コミュニティから排除する。 藤田氏のエピソードとして、系企業からスプーン・フォーク等の発注を受け、製造業者にそれを依頼した話がある。 藤田氏は一流の商売人だから納期を守る意識があったが、納期前に製造業者に確認すると数週間程度の遅れはご愛嬌だとのんきなことを抜かす。 結局納期ギリギリに商品はできたが船便では間に合わないので、大損を出して飛行機をチャーターして納品した。 製造業の日本的慣習は知らないが、私も商売上下請けやパートナー企業の怠慢でクライアントに迷惑をかけたことがある。 当時は板挟みとなってババを掴まされたなという気分だったが、契約違反は容赦なく追求する、第2第3の手を打って納期に間に合わせるなどが必要だったなと反省している。 厚利も商法なら損をしないのも商法 儲けるのと同じくらい損をしないのも大事で、雲行きが怪しくなったら今儲かっていようとさっと手を引くのも重要。 確かに世の中では成功譚やアップサイドばかりが強調されているけど、ダウンサイドの手堅さこそが経営の上手さというのは納得できる。 その他、細かいエピソードを交えながら氏が人との交流の中から編み出した、藤田式商売術が語られる。 そう、これは確かに一部は人コミュニティの中の商売原則のようなものは含んでいるけど、大半は藤田氏が人を含むあらゆる人々との商売を通じて体感した藤田メソッドというのが実態に近い。 藤田氏が人にコンプレックスというか畏敬を抱いているのは確かだと思うけど、自身のビジネス本を商法と箔付けして売っていると考えれば、藤田氏の商売の上手さがこの本自体にも現れていると思う。 tkot.

次の

孫正義氏の成功の原点「ユダヤの商法」。その根源“78:22の宇宙法則”とは (2019年4月12日)

ユダヤ の 商法

ユダヤ人にとってタルムードは、一生人生を共に歩む伴侶であり、先生であり、人生であります。 タルムード無くしてユダヤ人は無い、と言うくらい重要なものですね。 というのも、ユダヤ人というのは人種ではなく、ユダヤ教を信仰している人を指す言葉なので、タルムードを読まないユダヤ人はあまりいないです。 (私の知り合いのユダヤ人は若い頃は読んだけど今は読まないって言ってますが・・・) タルムードの格言で、ユダヤ人を表している言葉があるのですが、 「全ての物は金で買えることができるが、知性は金で買えない」というものです。 ユダヤ人は商売上手ですもんね。 その上、話しているとちょっとムカってくるくらい博識だし、いろいろ質問してきますもんね。 何か知ったかぶりで話してしまうと最後には、 「自分は何も知らないな」って感じでなんか負けた感が襲ってくるし・・・。 笑) Sponsored Link タルムードとは ユダヤ教の伝承によれば、神はモーセに 「書かれたトーラ(旧約聖書の最初の5つの書)とは異なる口伝で語り継ぐべき律法」も与えたとされています。 その後、ラビ(宗教的指導者)たちは口伝律法を書物として体系的に記述し、 「ミシュナ」という文書が作成されたんですね。 その後千何百年にも渡って編纂され、内容は多岐にわたり、宗教的なことや、農業のこと、婚姻、季節、法律などが事細かに書かれています。 例えば、農業の項目に、「生産物を聖職者に差し出す寄付が定かで無い場合」という項目もあれば、「パン生地を僧侶に与えることに関する法律」など詳細に書かれていて、基本的にすべての事が詳細に書かれていて、今でいうWikipediaって感じですかね。 もともとタルムードとは、ミシュナに付け加えられた解説文、議論を収録したものを指していましたが、いつからかこちらが 「ゲマラ」と呼ばれるようになり、 タルムードとはミシュナとゲマラを合わせたものを指すようになりました。 後世になりキリスト教の力が強くなってくると、ユダヤ人は迫害されるのですが、そのときにこのタルムードも検閲、没収、焼き払われたりするのですが、それでも現在まで途切れずに伝えられています。 歴史的に見て、ユダヤ人は本当に迫害されてきていますね。 タルムードを認めないユダヤ人もいる 一般的にタルムードはユダヤ教徒の聖典と見なされていますが、 実は反タルムード派もいるんですね。 ユダヤ教にはカライ派というのがいるのですが、彼らはモーセ五書のみを権威と認め、タルムードの権威を一切認めていません。 他にも、救世主待望論を信奉する17世紀に出来たシャブタイ派。 この流れをくむ派閥はタルムードを否定しているみたいですね。 ただこう言ってしまうと、特定の宗派以外のユダヤ教徒なら誰でもタルムードを読んでいるように聞こえますが、私の知り合いや、一緒に住んだことがあるユダヤ人でこれを読んでいる人はいなかったですけどね。 まぁ、私が彼らに出会ったのはイスラエル外の話なので、外国にいるときは読まないだけかもしれませんが。 Sponsored Link タルムードの格言 私が好きなユダヤの格言を紹介します。 ユダヤの格言・タルムードの格言は自分で意味を理解する必要があるんですね。 書いてある文字をそのまま暗記するんじゃなく、「これはこう言った事を表している」と自分なりに自分の言葉、環境に合わせて意味考えます。 私が思う意味を書きますが、みなさんも自分で理解してみて下さい。 結婚へは歩け。 離婚へは走れ。 慎重に判断すべき時は、ゆっくりと考え、危険が見えている時は即決して決める• 豚は食べすぎる。 苦しんでいる人間は話すぎる 詐欺師はよく話す。 そういえばユダヤ人っておしゃべり多いですよね・・・。 幸運から不幸までの道のりは短く、不幸から幸運までの道のりは長い これはそのままですね。 一瞬先は闇。 賢い者は、自分が何を話しているのか知っており、愚かな者は、自分の知っている事を話す 知識を蓄え自分の言葉で話せるようになろう• 出逢った人全てから、何かを学ぶ事が出来る人が世界中で一番賢い 偉ぶるなって事ですね• 賢い人はアイデアを語り、普通の人は物について語り、愚かな人は他人について語る 普段自分が何を喋っているか考え直そう• 最も良い教師とは、最も多くの失敗談を語れる教師である 失敗は成功の元• 奴隷も現状に満足していれば自由な人間。 自由な人間でも現状に満足していなければ奴隷と言える 見せかけの自由を与えれば人間(世界)をコントロールできる。 ユダヤの陰謀っぽいですね• 人が生きている限り奪うことが出来ない物がある。 それは知識だ そのままですね。 昔は土地も財産も持てなかったから、誰も奪えない者が必要でしたもんね• 金持ちになりたければ、貧乏でも金持ちの列に並べ 嘘も方便。 ユダヤ人は誇張して話す人多いですよね• お金を借りる者はお金を貸す者の奴隷となる 資本主義崇拝。 この言葉はユダヤ人を表していますね• 我が子に仕事を教えないものは、盗みを教える結果となる 子供には必要な知識を与える• もし一文無しだと、人は誰も我々を尊敬してくれない お金があれば迫害されない。 2000年以上迫害されてきた人たちですから、重みがある言葉ですね• 貧乏は恥ではない。 しかし名誉だと思うな お金は必要って事ですね。 ユダヤ教の超正統派は、聖書ばっかり読んで仕事をせずに、国からお金をもらっている人が多いのですが、他のユダヤ人から疎まれているらしいですね。 だって働かないし、貧乏だから。 聖書のどこを読んでも「神が望む」というだけの理由で、神の独断の定めに人間が無条件に服従しなければならないという箇所はない 人生、臨機応変に。 ユダヤの格言はビジネスにも応用されている 上で紹介した格言の中にも、ビジネスで応用できるものはありましたが、世界の経営者はユダヤの格言を守っている人が多いですよね。 でも紹介しましたが、大企業の経営者や創業者でユダヤ人は多いですもんね。 日本マクドナルドの創業者の藤田田さんは、「銀座のユダヤ人」と自称するくらいユダヤの教えを学んで商売をやっていましたもんね。 藤田さんも多くのユダヤ商法の本を書いています。 こちらのも読んでみて下さい。 こちらでユダヤビジネスの格言も紹介しています。 最後に 読む人は少ないと思いますが、下記リンクからバビロニアタルムードが読めるので、興味ある方は読んでみて下さい。 (英語です) タルムードは6部構成63篇から成り立ち、1万2000ページ近くあるのですが、こんなものを幼少期から読んでいるユダヤ人に太刀打ちできないですよね。 だからこの世界はユダヤ人に支配されているんですよ。

次の