同期のサクラ 上林。 『同期のサクラ』大団円も同期たちとの絆に疑問抱く声消えず

『同期のサクラ』ドラマオタクの感想!(第1話)

同期のサクラ 上林

高畑充希(28)主演ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)の最終話が12月18日に放送された。 17年に高畑主演で話題を呼んだ『過保護のカホコ』の脚本家・遊川和彦氏やスタッフが再集結。 どこまでもまっすぐな性格のサクラ(高畑)と4人の同期たちとの10年間を描くドラマだ。 2020年3月、副社長・黒川(椎名桔平)の計らいで古巣の花村建設に再就職したサクラ。 社運を懸けたプロジェクトチームのリーダーを任されることに。 黒川の後ろ盾を得たことで、忖度しない発言をしても誰もサクラには異を唱えることができない。 自分の理想を実現できる状況にやりがいを感じ、仕事に邁進していくサクラだが……というのが最終話のあらすじ。 「自分が人生の新たなステージに入れたような気がしています」と、自分のやりたいように仕事をしていく。 同時に多忙さから、悩みを抱える同期たちの相談には今までのように誠実な対応ができなくなっていく。 そんな姿に不安を覚えた同期たちは、サクラを呼び出し「黒川を信じすぎるな」と忠告する。 しかしサクラは「内政干渉みたいなことを言うのはやめてほしい」と反論し、百合(橋本愛)らとの間に亀裂が生まれてしまう。 そんななか恩人であるスミレ(相武紗季)がリストラ勧告されたことをきっかけに、黒川のやり方に疑問を抱くサクラ。 さらに自らの信念のもと新しい道を歩みはじめた同期たちがサクラのもとに再び集まる。 同期たちから勇気をもらったサクラは、黒川に退職届を渡す。 黒川から「この業界で二度と働けないよういしてやるぞ」と脅されるも、「私の力は仲間です。 優秀な仲間さえいれば素晴らしい仕事ができます。 どんなに辛くても自分は決して一人じゃないと勇気がでます。 それが私の力です」と高らかに宣言する。 そして、花村建設を去っていった。 最後には、夢に共感してくれた小さな建設会社で働くことになったサクラ。 そして、満開の桜の下で、同期たちと夢を語りあいそれぞれの道を歩いていく。 大団円となった最終回を受けて、ネット上では《感動した》《よかったー》といったハッピーエンドを喜ぶ声が。 そのいっぽうで、一部では同期たちに複雑な感情を抱く声も。 9話ではサクラが主催した鍋パーティを直前でドタキャンしていた同期たち。 さらに最終回でも人が変わってしまったサクラに百合は「醜いアヒルの子が白鳥になった途端、冷たくなった感じ」と言い放っていた。 《最終回。 ひたすらに、鍋パの件が無かったら良かったのにと…同期への不信感が消えないまま迎えた最終回…彼らへの感情移入は難しく良心はすみれさんしかい思った 10話に収めるには内容が濃いドラマだったから、駆け足で収めた感じが拭えなかったなぁ…8話から瓦解した感…》 《サクラ、「同期のおかげ」って洗脳されすぎてない??どう考えてもサクラは同期にそんな頼ってないし愚痴って相談しまくって頼りすぎてたのは同期達の方だし、サクラが立ち直れたのはサクラ自身の力だけだし、サクラは一人でも普通に優秀だし、結局サクラから力を奪ったの同期達じゃん》 《自分の都合だけはOKで相手の都合は無視したり否定したり…自分の痛みには敏感なのに相手がしんどい時に助けるどころかやっと吐き出した言葉すら叩き落として潰しにかかって自分が幸せで安定したら連絡途絶えたりする 間違いなく同期の奴らの方は現実にそこかしこに居るタイプだよね》 最後まで賛否両論だった本作。 歳を重ねた同期たちとサクラのその後が見たいかも!?

次の

粟野咲莉、子役として大活躍! 『なつぞら』『朝顔』『同期のサクラ』で見せた様々な表情|Real Sound|リアルサウンド 映画部

同期のサクラ 上林

高畑充希(28)主演ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)の最終話が12月18日に放送された。 17年に高畑主演で話題を呼んだ『過保護のカホコ』の脚本家・遊川和彦氏やスタッフが再集結。 どこまでもまっすぐな性格のサクラ(高畑)と4人の同期たちとの10年間を描くドラマだ。 2020年3月、副社長・黒川(椎名桔平)の計らいで古巣の花村建設に再就職したサクラ。 社運を懸けたプロジェクトチームのリーダーを任されることに。 黒川の後ろ盾を得たことで、忖度しない発言をしても誰もサクラには異を唱えることができない。 自分の理想を実現できる状況にやりがいを感じ、仕事に邁進していくサクラだが……というのが最終話のあらすじ。 「自分が人生の新たなステージに入れたような気がしています」と、自分のやりたいように仕事をしていく。 同時に多忙さから、悩みを抱える同期たちの相談には今までのように誠実な対応ができなくなっていく。 そんな姿に不安を覚えた同期たちは、サクラを呼び出し「黒川を信じすぎるな」と忠告する。 しかしサクラは「内政干渉みたいなことを言うのはやめてほしい」と反論し、百合(橋本愛)らとの間に亀裂が生まれてしまう。 そんななか恩人であるスミレ(相武紗季)がリストラ勧告されたことをきっかけに、黒川のやり方に疑問を抱くサクラ。 さらに自らの信念のもと新しい道を歩みはじめた同期たちがサクラのもとに再び集まる。 同期たちから勇気をもらったサクラは、黒川に退職届を渡す。 黒川から「この業界で二度と働けないよういしてやるぞ」と脅されるも、「私の力は仲間です。 優秀な仲間さえいれば素晴らしい仕事ができます。 どんなに辛くても自分は決して一人じゃないと勇気がでます。 それが私の力です」と高らかに宣言する。 そして、花村建設を去っていった。 最後には、夢に共感してくれた小さな建設会社で働くことになったサクラ。 そして、満開の桜の下で、同期たちと夢を語りあいそれぞれの道を歩いていく。 大団円となった最終回を受けて、ネット上では《感動した》《よかったー》といったハッピーエンドを喜ぶ声が。 そのいっぽうで、一部では同期たちに複雑な感情を抱く声も。 9話ではサクラが主催した鍋パーティを直前でドタキャンしていた同期たち。 さらに最終回でも人が変わってしまったサクラに百合は「醜いアヒルの子が白鳥になった途端、冷たくなった感じ」と言い放っていた。 《最終回。 ひたすらに、鍋パの件が無かったら良かったのにと…同期への不信感が消えないまま迎えた最終回…彼らへの感情移入は難しく良心はすみれさんしかい思った 10話に収めるには内容が濃いドラマだったから、駆け足で収めた感じが拭えなかったなぁ…8話から瓦解した感…》 《サクラ、「同期のおかげ」って洗脳されすぎてない??どう考えてもサクラは同期にそんな頼ってないし愚痴って相談しまくって頼りすぎてたのは同期達の方だし、サクラが立ち直れたのはサクラ自身の力だけだし、サクラは一人でも普通に優秀だし、結局サクラから力を奪ったの同期達じゃん》 《自分の都合だけはOKで相手の都合は無視したり否定したり…自分の痛みには敏感なのに相手がしんどい時に助けるどころかやっと吐き出した言葉すら叩き落として潰しにかかって自分が幸せで安定したら連絡途絶えたりする 間違いなく同期の奴らの方は現実にそこかしこに居るタイプだよね》 最後まで賛否両論だった本作。 歳を重ねた同期たちとサクラのその後が見たいかも!?

次の

同期のサクラあらすじとキャスト相関図!忖度できない女は高畑充希

同期のサクラ 上林

主演・と脚本家・氏のタッグによる『同期のサクラ』(日本テレビ系)が回を重ねるごとに好評の声が上がっている。 視聴率は第4話で二桁に乗せているが、コンフィデンス誌のドラマ満足度調査「ドラマバリュー」でも初回63PT(100PT満点)から、第4話では79PTへと上昇させている。 17年7月期に好評を博した『過保護のカホコ』の制作チームが集結した本作は、2009年に花村建設に入社した新入社員の北野サクラ(高畑)と、新人研修で同じ班になった同期の百合()、葵()、菊夫()、蓮太郎()らの葛藤と成長を、1話で1年が進む構成で、現在までを描いていく。 第1話は、意識がない状態のサクラが病院のベッドで横たわるシーンからスタート。 その理由は明かされないまま、1話ごとに主人公となる同期の会社での物語が回想で描かれ、サクラとともに成長していく姿が映し出される。 そんなドラマの骨格が明らかになると、ドラマバリューでは第2話で67PTに上昇し、第3話も同ポイントをキープ。 第4話で80PT直前まで一気に数字を伸ばした。 遊川氏の前作『ハケン占い師アタル』と同じく、毎話1人をフィーチャーしていく形式だが、異なるのは次の回では1年が経過しており、周囲も含めたそれぞれの微妙な変化が映し出されていること。 そんな巧妙な仕掛けも視聴者を引き付けているようだ。 本作に対して、視聴者からはさまざまな視点の声が寄せられている。 「サクラの他の人を思う優しさがすごい。 誰かが毎回さくらに心動かされるところがいい」(女性10代/茨城)「1年を1話でというスピード感で進む物語がほかにはなくておもしろい」(女性20代/埼玉)、「毎回、笑って泣けるところがあって、主人公が同期と心を通わせていく過程で、静かにジーンとくる」(女性40代/千葉)、「感情の変化が急な気もするけど、毎回最後に前向きになって仕事に立ち向かえるようになるところに感動してしまう」(女性20代/千葉)など、キャラクターやストーリーに心を動かされるという評価の声が多い。 そのほか、社会人からは「主人公のキャラクターに、現代の空気を読めない人がダブってリアリティがある」(男性50代/北海道)、「自分も社会人1年目なので応援したくなる。 サクラのこの先が気になる」(女性20代/東京)、「働き始めたばかりの若い世代にも同じような感動が伝わっていればいいと願っている」(男性50代/東京)、「少し暗い印象だけど、がんばっても報われないけどそれでも進む過程が丁寧に描かれているところがすごくよかった」(女性20代/神奈川)など仕事への姿勢を通した共感や、現実との比較によって思いを馳せることがある部分などが、評価ポイントとして挙げられている。 本作は、気楽に観られるドラマではないかもしれない。 しかし、現実社会に即した厳しさ、つらさがしっかりと描かれていることが、視聴者が身につまされながらも身近に感じられる部分となり、リアルとは異なるかもしれないが、話がポジティブな方向に向かえば、そこに幸福感を得られるのだろう。 どちらかというと重いドラマではあるが、若い世代から年配層まで幅広い視聴者を引き付ける、今期の注目作の1つとなっている。

次の