エジプト 吉村 作治 病気。 吉村作治さんが熱く語る!大ピラミッド建造の秘密とは【レポート】| アルトネ

初めて入院をしました

エジプト 吉村 作治 病気

僕は子どもの頃から食べ物が大好きでね。 食べるのも作るのも。 父親は友禅師だったんです。 父親が親方で、2人の職人と母親の4人でやっていました。 戦後の貧しい時代でしょう。 食べ物については、母親がいろいろ苦労していました。 乳酸菌と牛乳を使って、カルピスのような飲み物も作ったり。 僕もいろいろと手伝ううちに好きになっていって、台所を任されるようになったんです。 そうめんをゆでたり、うどんを作ったり、カレーを作ったり。 一番得意だったのは、水炊きでした。 そんな感じで両親と職人の食事を作りましたよ、小学生の頃から。 料理にこだわり続けて、調理師の免状まで取ったくらいです。 エジプトに初めて行ったのは、1966年。 23歳の時でした。 街中を漂う匂い 驚いたのは朝方、街に漂うニンニクの匂いですね。 どの家でも朝からニンニクを炒めていて、その匂いがすごいんです。 モロヘイヤという草をニンニクと一緒に炒め、鶏がらのスープに入れて飲むんです。 これがおいしいんですよ。 それだけじゃありません。 タジン鍋で作るトマトのシチューにもニンニクを使うし、鶏の唐揚げなら、すったニンニクに下味として30分くらい漬けてから粉をまぶして揚げます。 ステーキを焼く時もニンニクが一緒。 下宿先のおばさんは料理が上手で、いろいろと教えてもらいました。 おばさんの親戚が街中でレストランをやっていたので、3年くらいその店を手伝いました。 おかげでエジプト料理は80種類は作れますよ。 何を食べてもおいしくって。 そのため36歳で帰国する時には、72キロになってしまいました。 行く時には49キロだったのに。 日本料理を作ってあげて、喜んでもらうことも多かったです。 特に人気だったのは、おでん、天ぷら、すき焼き、煮魚。 おでんといっても練り物がないので、種はあまりないんです。 代わりにいろいろな野菜を入れました。 ですから正しくは、野菜のおでん風煮込みでしたけど。 天ぷらで大喜び 天ぷらを作ると本当に喜ばれましたね。 向こうの人も揚げ物が好きなんですよ。 魚はだいたい揚げて食べるから。 小エビとタマネギでかき揚げを作ると、ものすごく喜んでいました。 すき焼きは、薄く切った肉と割り下の組み合わせが良かったのかなあ。 エジプトでは料理に砂糖を使わないんです。 しょうゆと砂糖の割り下をおいしく感じたんでしょう。 だから煮魚なんて、ものすごく気に入っちゃって。 最初は変な味だと思ったようだけど、食べていくうちに癖になったみたいです。 「ニザカナ、ニザカナ」とリクエストされました。 しょうゆは、日本航空の駐在員からいただきました。 僕は彼らの子どもたちの勉強を見てあげていたんです。 家庭教師をしたおかげで、しょうゆをもらえたわけです。 魚は紅海と地中海で取れるんです。 先週はアレキサンドリア、今週はスエズといった調子で二つの海の港に行き、新鮮な魚を買いました。 僕だけはお刺し身で食べ、みんなの分はフライパンで焼いてあげる。 しょうゆでちょっと焦げ目を付けると喜ばれましたね。 時には15キロくらいの小ぶりのマグロを買いました。 僕は生で、皆にはあぶってたたきにしてあげて。 骨の部分は煮て食べました。 近所の人たちを呼んでの食事会。 料理で文化交流をしたわけです。 (聞き手=菊地武顕) よしむら・さくじ 1943年東京都生まれ。 東日本国際大学学長、早稲田大学名誉教授。 早稲田大学在学中の66年にアジア初のエジプト調査隊を組織し、発掘調査を開始。 74年、ルクソール西岸魚の丘彩色階段の発見で、一躍注目された。 特別講演「古代エジプトからみた地球環境」を日本環境教育機構のサイトで配信中。

次の

吉村作治の古代エジプト講義録

エジプト 吉村 作治 病気

私はエジプト考古学が専門で、エジプト現地で調査・研究を約半世紀やってまいりました。 古代エジプトと申しましても、約3000年間ありまして、ピラミッド時代、ツタンカーメン時代、クレオパトラ時代と花形の時代もありますが、この間約30の王朝が存在し続けたのです。 ですから、謎は尽きず、現地では年間200件近い発掘調査が行われているにも関わらず、次々と新しい疑問が出ています。 日本の縄文時代は、ちょうど古代エジプト時代と年代的に重なっていますので、比較文明の立場から観ますと、大変興味深いのです。 私は、日本文化の源は縄文文化だと考えています。 もっともっと縄文時代の遺跡が発見されて資料が輩出し、今ある謎をもっと増やしていってほしいのです。 私にとって縄文文化の最大の価値は、あの美に対するこだわりです。 美しさをあの時代にモノで表現している文化は縄文だけです。 特に縄文ビーナスと言われている土偶、信濃川治水から出土している火焔型土器の造形美には心から魅せられます。 北海道と北東北の縄文遺跡群が、世界文化遺産となることを願っております。 平成25年9月 早稲田大学名誉教授 吉村作治.

次の

北の縄文道民会議 Hokkaido Jomon Culture Promotion Council

エジプト 吉村 作治 病気

kinokuniya. 」 エジプト人の妻との離婚の原因 [ ] かなり前のことなので、記憶があやふやなのですが、日本テレビ系だと思うテレビ番組の中で、吉村作治氏自身が離婚の理由を語っていたのを見た記憶があります。 吉村氏はラーメン、それもチャーシューの入ったチャーシュー麺が大好物だったのですが、豚肉を材料とするチャーシューはイスラム教では当然ながら禁忌の食べ物であり、妻との結婚生活の中では一度も食べられませんでした。 ところが日本某所に家族旅行で行ったある日、温泉街だったと思うのですが、そこでたまたま妻子と別行動になった時、バレなければ大丈夫とラーメンの屋台に入り、チャーシュー麺を注文して食べました。 ところがその時に限って、妻が子供を連れて屋台の前を通りかかり、吉村氏がチャーシューを食べているのを目撃。 妻は子供を連れて実家に戻り、離婚となりました。 -- 2008年10月21日 火 14:08 UTC 早稲田のレベル [ ] >>早稲田大学へ進学。 吉村は当時のことを、早稲田大学の入試は現在ほど難しくなかったと語っている。 >> 団塊の世代で早稲田への進学は現在と比べて相当の難関だったはず、競争率も今の比じゃありません。 吉村先生の謙遜でしょう。 --2012年11月15日 木 00:46 UTC 外部リンク修正 [ ] 編集者の皆さんこんにちは、 「」上の4個の外部リンクを修正しました。 の確認にご協力お願いします。 もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのをご覧ください。 以下の通り編集しました。 ありがとうございました。 — 2017年9月28日 木 11:35 UTC.

次の