かしこ 意味。 「かしこ」の意味とは?手紙での使い方やその他の結語を紹介

拝啓・かしこ・敬具の正しい意味に使い方!手紙の書き方や文例を紹介

かしこ 意味

女性が手紙を書く際の結語として「かしこ」を用います。 結語とは「拝啓・敬具」の敬具に当たる部分で、「かしこまり、申し上げます」と言う意味で使います。 男性は「かしこ」を用いずに「恐惶謹言」と結んでいましたが、こちらは現在はほぼ使われることがありません。 かしこは、恐れ多いこと、かしこまることという意味です。 相手への敬意を表す最上級の言葉として使われます。 イメージとしては、目上の方とお話しした際、最後に深々と頭を下げます。 この頭を下げるイメージが「かしこ」です。 頭語・結語 頭語・結語は、手紙での「こんにちわ」「さようなら」にあたる言葉です。 頭語結語は改まった手紙には欠かせない言葉です。 頭語結語には対になっていますが、結語であるかしこはオールマイティに使うことができます。 しかしかしこは女性特有とされていますので、ビジネス文書には用いないのが一般的です。 敬具や謹啓と組み合わされる敬具や謹言などは、頭語をつけなければ「間違い」とされます。 しかしかしこは頭語や全文をつけなくても、結語として使用することができます。 頭語結語の組み合わせ 頭語と結語の組み合わせは下表のとおりになります。 かしこはどの頭語でも使うことができます。 拝啓の意味 拝啓は、手紙の頭語に用いる代表的な言葉です。 意味は「お辞儀して申し上げます」です。 目上の方に会ったときにまず頭を下げ挨拶をしますが、拝啓は手紙でのお辞儀をする挨拶です。 同じ意味でさらに深い敬意を示す言葉に「謹啓」があります。 拝啓も謹啓も「謹んで申し上げる」という意味ですが、謹啓の方が敬意が高く、丁寧で改まった表現です。 敬具の意味 拝啓と対を成す結語といえば「敬具」または「敬白」です。 敬具の意味は「謹んで申し上げます」という意味で、こちらも別れの挨拶の際に、目上の方に「ありがとうございました」と言ってお辞儀をすることと同じように、手紙での別れの挨拶です。 さらに深い敬意を表す際には「謹言」や「謹白」があります。 これらは「謹啓」とセットで使う結語です。 かしこと敬具の違い かしこと敬具の違いは、何と言ってもかしこが女性特有の結語であることです。 敬具は女性男性の区別なく使えます。 男性が「かしこ」を使うと違和感がつきまとい、「間違った使い方をしている」と感じます。 またかしこは性差を感じるため、ビジネスにはそぐわない結語です。 男性は恐惶謹言を使っていました かしこは、女性特有の結語です。 古くは男性も使っていましたが、現在では使うことはありません。 かしこは仮名文字で柔和な印象があるためです。 平安時代から仮名文字は女性文字として定着しています。 男性は漢字を好んで使いました。 戦国時代の文書では男性は字面も厳しい「恐惶謹言」が結語として用いられていました。 現代では文章を書く機会も少なくなり、「恐惶謹言」と結語に用いる人はほとんどいません。 かしこは手紙の本文の末に書きます。 手紙は本来「頭語」から始まり、時節の挨拶である「前文」、手紙の要件、主たる分に当たる「主文」、手紙を締めくくる「末文」、終わりの挨拶に当たる「結語」、そして「後付」と言われる、日付、差出人、宛先を書いて終わります。 結語は、最後に「さようなら」と伝えるのと同じ意味があります。 例文 かしこを用いた手紙の例文をご紹介します。 かしこはビジネスにはそぐわない言葉なので、私信で使いましょう。 拝啓 白露を迎え草木にも秋の気配が感じられます。 日中はいまだ暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 さて、この度はお気遣いを頂きましてありがとうございます。 思いがけないプレゼントに夫婦共々、嬉しくまた恐縮しております。 いただいたチョコレートは夫と楽しみながらいただいております。 ありがとうございました。 庭ではセキレイが鳴き始め秋が深まって行くのを感じております。 朝晩の冷え込みが厳しくなる頃です。 お体にどうぞお気をつけてお過ごしください。 「利口」とか「聡明」という意味があるので、子供に対して使ったり、「インテリっぽい」や「勉強ができるやつ」というように感心したりする際に使います。 関西弁で用いる「かしこ」は名詞化された「賢い」です。 「お前かしこやなー」と言われたら「お前賢いなー」と言われています。 盛大に照れましょう。 古語でも使われていました 古語でも「かしこ」は使われていました。 紫式部日記に、思慮分別に優れている人、という意味で「我(われ)賢(かしこ)に思いたる人」と使われています。 また漢字は違いますが、指定代名詞である「あそこ」も「かしこ」として使われていました。 こちらのかしこの漢字表記は「彼処」で今でも「そこかしこにある」というように使われます。 「かしこ」の漢字表記 かしこは「畏る」をひらがなにして省略した言葉です。 畏るとは「おそれ敬う気持ちを表して慎重な態度をとる」という意味です。 畏るとは相手の価値を高めて大切にし、失礼のないように慎重な言動をするという事を表しています。 イメージとしては目上の人と会い、別れの挨拶で「何か非礼な事をしてしまっていたら、どうぞお許しください」と深々とお辞儀をするでしょうか。 漢字表記は「畏」の他に「恐」「賢」もあります。 語源は「かしこし」 関西弁のかしこは「賢い」という意味ですが、こちらの「かしこ」は、「恐れ多い」「恐ろしい」という畏怖の念がベースとなる古語の「かしこし」が語源になります。 かしこしは、自然から感じる強大な霊威に対して「恐ろしい」と感じたり、自然への恵に対しての感謝の気持ちから、自然を尊び恐るという気持ちを表しています。 かしこしの語幹から生まれた「かしこ」は、かしこしの意味が転じて、かしこは「恐れ多く存じます」と言った意味になりました。 かしく は可祝 かしくもまたかしこと同じく手紙の結語として使用します。 かしくはかしこの音が変化したもので、かしこと同じ意味で使われます。 かしくは可祝や恐、畏と漢字表記します。 かしくは人名にも使われます。 大阪には「かしく祭」という法要が行われます。 かしく祭は、江戸時代の遊女「かしく」に由来します。 かしくは酒で身を崩した女性で、酒に溺れ罪を犯し、処刑されます。 その際に「自分と同じように悪酒に苦しむ人を助ける神になりたい」と誓願しました。 かしくの生涯は芝居に仕立てられ、人々の記憶に残りました。 かしくを祀る大阪の法清寺には、悪酒に悩む人々が絶えず訪れています。 「かしこ」の書き方 かしこは多くの場合女性が書く私信に用いられます。 かしこには決まった頭語がなく、拝啓、前略、一筆申し上げます、など色々な頭語と組み合わせて使うことができます。 かしこは、手紙の文末に「悪筆乱文失礼いたしました」という意味で書きます。 かしこの後に繋げる文章は、追伸として書き入れます。 追伸はお祝いやお悔やみ、お詫びや感謝を示す際には使ってはいけません。 追伸は「付け足し」なので、目上の方には失礼に当ることもあります。 手紙の書き方 手紙は、下表の流れで書き進むのが一般的です。 時候の挨拶とは季節の挨拶のことで「初秋の候」は、「初秋の季節に移り変わってきました」という意味です。 「〜候」は少し硬い印象の文章に使用する言葉なので、かしこを結語として使用する場合には「秋が深くなってまいりました」などと言い換えたほうが文章にまとまりが出ます。 時候の挨拶の後には、相手の安否を気遣う文章が続きます。 私信であれば「いかがお過ごしですか」、ビジネスであれば「ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」という文章です。 主文を終え、末文で「ご自愛ください」「つつがなくお過ごしください」のように相手への気遣いの文章を入れて、最後に「かしこまり謹んで申し上げます」の意味の「かしこ」を結語として使用します。 かしこは女性が使う手紙の結語です。 「かしこまり謹んで申し上げます」を省略して「かしこ」とします。 かしこは女性が使う言葉として定着しており、性差が関係ないビジネスにおいては使わないほうがいい結語です。 ビジネスではかしこではなく、拝啓なら敬具、謹啓なら謹白というようにその文章の格にあう頭語結語を用いましょう。 最近では手紙を書く機会は減りつつあります。 電話かメールやSNSで近況報告が事足りてしまうため、相手を想って机に向かい文章を考える時間を持つこともないでしょう。 そのため「かしこ」など奥ゆかしい表現は使うことがなくなってきています。 手紙は相手への敬いや気遣う心などが直接受け取る相手に伝わる優れたツールです。 気に入ったデザインのはがきや便箋を見つけたら手紙を書いてみてください。 「かしこ」と結んだ手紙は、相手にとっても嬉しいプレゼントになります。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

賢い/畏い/恐い(かしこい)の意味

かしこ 意味

目上の人と話すときは「承知しました」「かしこまりました」を使用する• 目上の人に「了解しました」「了承しました」は使ってはいけない• 同僚や部下に対してはどれを使ってもOK• 「了解いたしました」は本来であれば失礼にあたらないが、目上の人に使わないのが無難 「了解、承知、了承、かしこまりました」の違いを理解しよう 「わかりました」の意味合いで使う「了解しました・承知しました・了承しました・かしこまりました」。 これらの敬語は、使い方を間違えると失礼に当たることもあります。 ビジネスシーンでは日常的に使うからこそ、失礼がないように使い分けたいですよね。 では、それぞれの敬語の意味を正しく理解しましょう。 1.了解しました まずは「了解しました」の意味について確認しましょう。 よく耳にする「了解しました」ですが、実は目上の人に使ってはいけないということをご存知でしょうか。 【了解の意味】事情を思いやって納得すること、理解すること、のみこむこと• 【敬語の種類】丁寧語(聞き手に対して丁寧に話す言葉)• 【適切な相手】同僚、目下の人• 【不適切な相手】上司、取引先などの目上の人には使わない方が無難 「了解しました」の意味・使い方 了解の意味は、「事情を思いやって納得すること」「理解すること」「のみこむこと」。 「わかりました」という意味で使っている方も多いのではないでしょうか。 「了解しました」は目上の人には使うべきではない敬語 ビジネスでもプライベートでもよく耳にする言葉ですが、「了解しました」「了解いたしました」は、一般的に取引先や上司に対して使うことはNG。 同僚もしくは目下に対して使う言葉とされています。 混乱させてしまうかもしれませんが、厳密にいうと「~いたす」が付いた「了解いたしました」は、目上の人に対しても失礼な言葉ではありません。 「了解しました」は「分かりました」と同義であり、「~いたしました」と付けることで充分に敬語として使うことが可能です。 文法上は特に失礼ではない「了解いたしました」ですが、目上の人や取引先相手に使わないほうがいい理由は、要らぬ軋轢(あつれき)を避けるリスクヘッジのためです。 「了解いたしました」自体は本来、目上・目下にも使えるフラットな表現であるにも関わらず、2000年代後半からビジネスマナー書やビジネスメールの指南書において「了解いたしましたを、目上の人、取引先相手に使うのは不適切」という記述が現れ始めました。 その理由としては、「敬意が感じられない」「軍隊・警察のようだ」「ぶっきらぼうに感じられる」などが挙げられていますが、明確なことは分かっていません。 ともあれ、これらのビジネスマナー書やビジネスメールの指南書によって、一定数のビジネスパーソンが「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識しているのが現状です。 一定数の人が「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識している以上、「了解」という言葉を含む「了解しました」「了解です」「了解いたしました」は、目上の相手や取引先での使用は 避けたほうが無難なのです。 「了解いたしました」は丁寧な言葉ではありますが、目上の人や取引先相手に話す際には 「了解」を含む言葉の使用は控えたほうが、無用な心配をせずに済むでしょう。 ただし、自分に対して「了解しました」「了解いたしました」が使われたからといって、後輩を怒ったり取引先の評価を下げたりするのは、賢い行動ではありません。 繰り返しになりますが、「了解」を含む表現が失礼とされたのは近年の怪現象であり、本来は「了解=同僚や目下の人に向けた言葉」ではないことを念頭においておきましょう。 まずは自分が他人に強要しないことが、過剰なビジネスマナーを変える第一歩です。 どうしても同僚や部下に注意する必要がある場合は、「間違いではないけど、不必要なリスクは避けたほうがいいよ」といった言い方が望ましいでしょう。 「了解いたしました」は、目上相手に対して失礼な言葉ではない• 目上の人・取引先相手と話す際は、「了解」を含む言葉の使用は控えるほうが無難• ビジネスマナー書・ビジネスメールの指南書によって、一定数の人が「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識 「了解しました」と「了解いたしました」の違い この2つには、どのような違いがあるのでしょうか。 【「了解しました」と「了解いたしました」の違い】 了解しました:丁寧語 了解いたしました:謙譲語 目上の人に使うときは謙譲語である「了解いたしました」が望ましいです。 しかし、前述の通り「了解」という言葉自体に「目上の人には使ってはいけない」という暗黙の認識があるので、いずれにせよ目上の人には使わないのが無難です。 「了解しました」の使用シーン・相手 ではいったい、「了解しました」はどのようなシーンで使用すればよいのでしょうか。 答えは、同僚や後輩など、 目上の人でない相手に対して使用します。 繰り返しになりますが、上司、取引先などの目上の人には使わない方が無難です。 2.了承しました 「了解しました」と字面が似ている「了承しました」、こちらも目上の人に使うのはNGです。 意味や使い方、なぜ目上の人に使ってはいけないのかなど、気になるポイントを説明していきます。 【了承の意味】相手の申し出や事情などを納得して承知すること• 【敬語の種類】丁寧語• 【適切な相手】部下などの目下の人• 【不適切な相手】上司、取引先などの目上の人 「了承しました」の意味・使い方 「相手の申し出や事情などを納得して承知すること」という意味の「了承」。 ビジネスシーンで耳にする「了承しました」は、何かを「 承諾」したときに使う言葉です。 「了承しました」は丁寧に聞こえるが、目上の人には使わない 「了承しました」は「 それでいいですよ」という意味合いになるため、目上の人が部下などに対して使うのが適切です。 取引先や上司など、目上の人に対して使う言葉としては不適切だといえます。 相手の発言に納得して承知する場合、お客様へは「かしこまりました」を使い、目上の人や上司に対しては「承知しました(承りました)」を使うのが、無難な対応です。 なお、「了解いたしました」と同様に、了承に「~いたす」を付けて「了承いたしました」としても謙譲語としては充分なのですが、「了解」の項目で述べたように、 不適切に感じる人が一定数いることを踏まえて言葉を選びましょう。 「了承しました」の使用シーン・相手 では、「了承しました」はいつ誰に使えばよいのでしょうか。 相手の申し出や事情などを納得して承知したときに、同僚や後輩に対して使います。 上司、取引先などの目上の人には使わないよう、お気をつけください。 3.承知しました(承りました) 「承知しました」は、「了解」「了承」と異なり、 目上の人に使っても失礼とされない言葉です。 その意味や、使い方について説明します。 無理を承知でお願いする• 君の言うことなど百も承知だ• 事の経緯を承知しておきたい 「承知しました(承りました)」はビジネスシーンでの適切な表現 上記のような使い方をする「承知」ですが、「了解しました」に代わり、ビジネスシーンでは「承知しました(承りました)」を使うことが無難とされています。 「承知しました(承りました)」は謙譲語であるため、取引先や目上の上司に対しても使える言葉なのです。 似たような言葉である「承りました」もビジネスシーンで用いるのに適しています。 「了解いたしました」ではなく、「承知しました(承りました)」のほうがベターということを覚えておきましょう。 「承知しました」の使用シーン・相手 ビジネスシーンにおいて使う頻度が多い「承知しました(承りました)」は、依頼を受けたり、話を理解したという旨を相手に伝えたりするときに用います。 上司に仕事の指示を受けた後などに「承知しました(承りました)」と自然に言葉に出るのが望ましいです。 また、同僚や後輩などに対して使っても違和感のない言葉ですので、 誰に対しても「承知しました」で統一して返事すると間違いが起きにくいでしょう。 4.かしこまりました 「了解しました」「承知しました」よりも耳にする頻度は低いかもしれませんが、「かしこまりました」もビジネスシーンで目上の方相手に使うことが出来ます。 意味や使い方について説明します。 【かしこまるの意味】目上の人の言葉をつつしんで承る。 依頼や指示などを承諾する• 【敬語の種類】謙譲語• 【適切な相手】上司、取引先などの目上の人 「かしこまりました」の意味・使い方 「承知しました」と同様に、お客様や目上の人、上司などの依頼や指示に「わかりました」と返事するときに用いる敬語「かしこまりました」。 相手の話や情報を理解したといった意味合いで使用される「承知しました」と比較し、「かしこまりました」は、お客様や目上の人、上司からの 依頼や命令などを承る意味合いで使われます。 似たような意味の2つの言葉ですが、状況によって使い分けできると良いでしょう。 「かしこまりました」はビジネスシーンでも使える丁寧な表現 「かしこまりました」は目上の人の言葉をつつしんで承る、依頼や指示などを承諾するといった意味の謙譲語。 上司、取引先などの目上の人と話すときにぴったりの言葉です。 「かしこまりました」の使用シーン・相手 先述の通り、目上の人から何かを依頼され、それを承る際に使うと良いでしょう。 上司や取引先などの目上の相手に使います。 逆に、かしこまった言い方のため、 同僚や後輩に使うには少し距離感を覚える表現かもしれません。 「了解、承知、了承、かしこまりました」最もビジネスシーンに適切な敬語とは? 上述した敬語の意味の違いをまとめると、ビジネスシーンでの活用に適切なのは「承知しました(承りました)」「かしこまりました」です。 「承知しました(承りました)」「かしこまりました」は、お客様や目上の人、上司に対して使える言葉。 逆に、「了解しました」「了承しました」は目上の人に対して使うにはふさわしくない言葉ですので、注意しましょう。 「承知しました(承りました)」「かしこまりました」は目上の人に使っても問題がない• 「了解しました」「了承しました」は避けるのがベター 「了解、承知、了承、かしこまりました」の例文を確認してみよう 「使い分けがまだすこし心配だな……」というあなたは、具体的な例文を見ながら「了解、承知、了承、かしこまりました」の違いを見ていきましょう。 どの相手にどの言葉を使っているのか、「相手」を基準にして考えると使い分けがしやすいですよ。 「了解いたしました」は不適切ではないですが、上述のとおり、リスクを避ける点で使わないほうがベターです。 こちらも同様、「了解いたしました」は間違いではないのですが、「了解=目上の人に使わない」というイメージが強いため、「失礼なやつだ」と思われる可能性があります。 「かしこまりました」または「承知しました」で代用するのが吉です。 「了承」は目上の人に使ってはいけない言葉なので、たとえ「了承いたしました」と謙譲語に変えたとしてもNG。 失礼にあたるので、使用は控えましょう。 このようなシーンでは、「承りました」「承知しました」を使うのが正解。 上司に対しても同じことがいえます。 最後に、あわせて知っておきたいビジネスシーンで使われる言葉についての関連記事を紹介します。 英語で「了解しました」はなんていう? 英語のビジネスメールで使えるフレーズ集 ビジネスの場面で、英語で「了解しました」はどのように言うのでしょうか。 「OK」「I see」以外にも、様々な表現があります。 英語を使う職場の場合は、いろいろな表現を覚えておいて損はないので、是非チェックしてみてください。 ビジネスシーンでは「承知しました」「かしこまりました」が最適• 「了解しました」「了解いたしました」は本来であれば目上の人に使っても失礼には当たらない• 「了解=目上の人に使ってはいけない」と誤認されているため、上司、取引先、お客様相手には使わないほうが無難• 「了承しました」は部下に対して使う 本記事では「了解しました・承知しました・了承しました・かしこまりました」の意味や利用シーン、使う相手について説明してきました。 特に、「了解しました」「了承しました」は、「了解」「了承」という言葉に「目下の人に使うもの」というイメージがあるため避けることがおすすめです。 上司や取引先の方と話すときは、「承知しました」「かしこまりました」を使うようにしましょう。 また、「かしこまりました」や「承りました」はかなり丁寧な言い方のため、同僚や部下に使うとよそよそしいと距離を感じられるかもしれません。 会話の相手によって言葉を使いわけ、ビジネスシーンで違和感のない言葉遣いをマスターしましょう。

次の

手紙の文末の「かしこ」の意味と使い方。男性でも使う?

かしこ 意味

目上の人と話すときは「承知しました」「かしこまりました」を使用する• 目上の人に「了解しました」「了承しました」は使ってはいけない• 同僚や部下に対してはどれを使ってもOK• 「了解いたしました」は本来であれば失礼にあたらないが、目上の人に使わないのが無難 「了解、承知、了承、かしこまりました」の違いを理解しよう 「わかりました」の意味合いで使う「了解しました・承知しました・了承しました・かしこまりました」。 これらの敬語は、使い方を間違えると失礼に当たることもあります。 ビジネスシーンでは日常的に使うからこそ、失礼がないように使い分けたいですよね。 では、それぞれの敬語の意味を正しく理解しましょう。 1.了解しました まずは「了解しました」の意味について確認しましょう。 よく耳にする「了解しました」ですが、実は目上の人に使ってはいけないということをご存知でしょうか。 【了解の意味】事情を思いやって納得すること、理解すること、のみこむこと• 【敬語の種類】丁寧語(聞き手に対して丁寧に話す言葉)• 【適切な相手】同僚、目下の人• 【不適切な相手】上司、取引先などの目上の人には使わない方が無難 「了解しました」の意味・使い方 了解の意味は、「事情を思いやって納得すること」「理解すること」「のみこむこと」。 「わかりました」という意味で使っている方も多いのではないでしょうか。 「了解しました」は目上の人には使うべきではない敬語 ビジネスでもプライベートでもよく耳にする言葉ですが、「了解しました」「了解いたしました」は、一般的に取引先や上司に対して使うことはNG。 同僚もしくは目下に対して使う言葉とされています。 混乱させてしまうかもしれませんが、厳密にいうと「~いたす」が付いた「了解いたしました」は、目上の人に対しても失礼な言葉ではありません。 「了解しました」は「分かりました」と同義であり、「~いたしました」と付けることで充分に敬語として使うことが可能です。 文法上は特に失礼ではない「了解いたしました」ですが、目上の人や取引先相手に使わないほうがいい理由は、要らぬ軋轢(あつれき)を避けるリスクヘッジのためです。 「了解いたしました」自体は本来、目上・目下にも使えるフラットな表現であるにも関わらず、2000年代後半からビジネスマナー書やビジネスメールの指南書において「了解いたしましたを、目上の人、取引先相手に使うのは不適切」という記述が現れ始めました。 その理由としては、「敬意が感じられない」「軍隊・警察のようだ」「ぶっきらぼうに感じられる」などが挙げられていますが、明確なことは分かっていません。 ともあれ、これらのビジネスマナー書やビジネスメールの指南書によって、一定数のビジネスパーソンが「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識しているのが現状です。 一定数の人が「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識している以上、「了解」という言葉を含む「了解しました」「了解です」「了解いたしました」は、目上の相手や取引先での使用は 避けたほうが無難なのです。 「了解いたしました」は丁寧な言葉ではありますが、目上の人や取引先相手に話す際には 「了解」を含む言葉の使用は控えたほうが、無用な心配をせずに済むでしょう。 ただし、自分に対して「了解しました」「了解いたしました」が使われたからといって、後輩を怒ったり取引先の評価を下げたりするのは、賢い行動ではありません。 繰り返しになりますが、「了解」を含む表現が失礼とされたのは近年の怪現象であり、本来は「了解=同僚や目下の人に向けた言葉」ではないことを念頭においておきましょう。 まずは自分が他人に強要しないことが、過剰なビジネスマナーを変える第一歩です。 どうしても同僚や部下に注意する必要がある場合は、「間違いではないけど、不必要なリスクは避けたほうがいいよ」といった言い方が望ましいでしょう。 「了解いたしました」は、目上相手に対して失礼な言葉ではない• 目上の人・取引先相手と話す際は、「了解」を含む言葉の使用は控えるほうが無難• ビジネスマナー書・ビジネスメールの指南書によって、一定数の人が「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識 「了解しました」と「了解いたしました」の違い この2つには、どのような違いがあるのでしょうか。 【「了解しました」と「了解いたしました」の違い】 了解しました:丁寧語 了解いたしました:謙譲語 目上の人に使うときは謙譲語である「了解いたしました」が望ましいです。 しかし、前述の通り「了解」という言葉自体に「目上の人には使ってはいけない」という暗黙の認識があるので、いずれにせよ目上の人には使わないのが無難です。 「了解しました」の使用シーン・相手 ではいったい、「了解しました」はどのようなシーンで使用すればよいのでしょうか。 答えは、同僚や後輩など、 目上の人でない相手に対して使用します。 繰り返しになりますが、上司、取引先などの目上の人には使わない方が無難です。 2.了承しました 「了解しました」と字面が似ている「了承しました」、こちらも目上の人に使うのはNGです。 意味や使い方、なぜ目上の人に使ってはいけないのかなど、気になるポイントを説明していきます。 【了承の意味】相手の申し出や事情などを納得して承知すること• 【敬語の種類】丁寧語• 【適切な相手】部下などの目下の人• 【不適切な相手】上司、取引先などの目上の人 「了承しました」の意味・使い方 「相手の申し出や事情などを納得して承知すること」という意味の「了承」。 ビジネスシーンで耳にする「了承しました」は、何かを「 承諾」したときに使う言葉です。 「了承しました」は丁寧に聞こえるが、目上の人には使わない 「了承しました」は「 それでいいですよ」という意味合いになるため、目上の人が部下などに対して使うのが適切です。 取引先や上司など、目上の人に対して使う言葉としては不適切だといえます。 相手の発言に納得して承知する場合、お客様へは「かしこまりました」を使い、目上の人や上司に対しては「承知しました(承りました)」を使うのが、無難な対応です。 なお、「了解いたしました」と同様に、了承に「~いたす」を付けて「了承いたしました」としても謙譲語としては充分なのですが、「了解」の項目で述べたように、 不適切に感じる人が一定数いることを踏まえて言葉を選びましょう。 「了承しました」の使用シーン・相手 では、「了承しました」はいつ誰に使えばよいのでしょうか。 相手の申し出や事情などを納得して承知したときに、同僚や後輩に対して使います。 上司、取引先などの目上の人には使わないよう、お気をつけください。 3.承知しました(承りました) 「承知しました」は、「了解」「了承」と異なり、 目上の人に使っても失礼とされない言葉です。 その意味や、使い方について説明します。 無理を承知でお願いする• 君の言うことなど百も承知だ• 事の経緯を承知しておきたい 「承知しました(承りました)」はビジネスシーンでの適切な表現 上記のような使い方をする「承知」ですが、「了解しました」に代わり、ビジネスシーンでは「承知しました(承りました)」を使うことが無難とされています。 「承知しました(承りました)」は謙譲語であるため、取引先や目上の上司に対しても使える言葉なのです。 似たような言葉である「承りました」もビジネスシーンで用いるのに適しています。 「了解いたしました」ではなく、「承知しました(承りました)」のほうがベターということを覚えておきましょう。 「承知しました」の使用シーン・相手 ビジネスシーンにおいて使う頻度が多い「承知しました(承りました)」は、依頼を受けたり、話を理解したという旨を相手に伝えたりするときに用います。 上司に仕事の指示を受けた後などに「承知しました(承りました)」と自然に言葉に出るのが望ましいです。 また、同僚や後輩などに対して使っても違和感のない言葉ですので、 誰に対しても「承知しました」で統一して返事すると間違いが起きにくいでしょう。 4.かしこまりました 「了解しました」「承知しました」よりも耳にする頻度は低いかもしれませんが、「かしこまりました」もビジネスシーンで目上の方相手に使うことが出来ます。 意味や使い方について説明します。 【かしこまるの意味】目上の人の言葉をつつしんで承る。 依頼や指示などを承諾する• 【敬語の種類】謙譲語• 【適切な相手】上司、取引先などの目上の人 「かしこまりました」の意味・使い方 「承知しました」と同様に、お客様や目上の人、上司などの依頼や指示に「わかりました」と返事するときに用いる敬語「かしこまりました」。 相手の話や情報を理解したといった意味合いで使用される「承知しました」と比較し、「かしこまりました」は、お客様や目上の人、上司からの 依頼や命令などを承る意味合いで使われます。 似たような意味の2つの言葉ですが、状況によって使い分けできると良いでしょう。 「かしこまりました」はビジネスシーンでも使える丁寧な表現 「かしこまりました」は目上の人の言葉をつつしんで承る、依頼や指示などを承諾するといった意味の謙譲語。 上司、取引先などの目上の人と話すときにぴったりの言葉です。 「かしこまりました」の使用シーン・相手 先述の通り、目上の人から何かを依頼され、それを承る際に使うと良いでしょう。 上司や取引先などの目上の相手に使います。 逆に、かしこまった言い方のため、 同僚や後輩に使うには少し距離感を覚える表現かもしれません。 「了解、承知、了承、かしこまりました」最もビジネスシーンに適切な敬語とは? 上述した敬語の意味の違いをまとめると、ビジネスシーンでの活用に適切なのは「承知しました(承りました)」「かしこまりました」です。 「承知しました(承りました)」「かしこまりました」は、お客様や目上の人、上司に対して使える言葉。 逆に、「了解しました」「了承しました」は目上の人に対して使うにはふさわしくない言葉ですので、注意しましょう。 「承知しました(承りました)」「かしこまりました」は目上の人に使っても問題がない• 「了解しました」「了承しました」は避けるのがベター 「了解、承知、了承、かしこまりました」の例文を確認してみよう 「使い分けがまだすこし心配だな……」というあなたは、具体的な例文を見ながら「了解、承知、了承、かしこまりました」の違いを見ていきましょう。 どの相手にどの言葉を使っているのか、「相手」を基準にして考えると使い分けがしやすいですよ。 「了解いたしました」は不適切ではないですが、上述のとおり、リスクを避ける点で使わないほうがベターです。 こちらも同様、「了解いたしました」は間違いではないのですが、「了解=目上の人に使わない」というイメージが強いため、「失礼なやつだ」と思われる可能性があります。 「かしこまりました」または「承知しました」で代用するのが吉です。 「了承」は目上の人に使ってはいけない言葉なので、たとえ「了承いたしました」と謙譲語に変えたとしてもNG。 失礼にあたるので、使用は控えましょう。 このようなシーンでは、「承りました」「承知しました」を使うのが正解。 上司に対しても同じことがいえます。 最後に、あわせて知っておきたいビジネスシーンで使われる言葉についての関連記事を紹介します。 英語で「了解しました」はなんていう? 英語のビジネスメールで使えるフレーズ集 ビジネスの場面で、英語で「了解しました」はどのように言うのでしょうか。 「OK」「I see」以外にも、様々な表現があります。 英語を使う職場の場合は、いろいろな表現を覚えておいて損はないので、是非チェックしてみてください。 ビジネスシーンでは「承知しました」「かしこまりました」が最適• 「了解しました」「了解いたしました」は本来であれば目上の人に使っても失礼には当たらない• 「了解=目上の人に使ってはいけない」と誤認されているため、上司、取引先、お客様相手には使わないほうが無難• 「了承しました」は部下に対して使う 本記事では「了解しました・承知しました・了承しました・かしこまりました」の意味や利用シーン、使う相手について説明してきました。 特に、「了解しました」「了承しました」は、「了解」「了承」という言葉に「目下の人に使うもの」というイメージがあるため避けることがおすすめです。 上司や取引先の方と話すときは、「承知しました」「かしこまりました」を使うようにしましょう。 また、「かしこまりました」や「承りました」はかなり丁寧な言い方のため、同僚や部下に使うとよそよそしいと距離を感じられるかもしれません。 会話の相手によって言葉を使いわけ、ビジネスシーンで違和感のない言葉遣いをマスターしましょう。

次の