ブドウ糖 太る。 ブドウ糖は太らない?効果効能は?食品と時間に注意して簡単にダイエットできる

ブドウ糖の食べ過ぎは太る?ブドウ糖を摂取する時の注意点や過剰摂取の症状まとめ

ブドウ糖 太る

「炭水化物」とは「糖質+食物繊維」のこと。 「炭水化物」と「糖質」は、ほぼ同じようなものだと思っていいでしょう。 そして、この 炭水化物が「ホルモン」を刺激することが肥満の原因と考えられているのです。 今回は肥満の原因が「ホルモン」たる所以を考えていきたいと思います。 <太る原因は炭水化物?医師も半年で6kg減のダイエットに成功! 目次>• 太る原因・肥満が起こるメカニズム 炭水化物を摂取すると血糖値が上昇します。 すると、その刺激で身体に血糖を取り込むインスリンというホルモンが上昇します。 消化されやすい炭水化物は血糖値が上昇しやすく、インスリン濃度も上がりやすいのです。 インスリン濃度が上昇しているときは、燃やすべきブドウ糖が大量にある(血糖値が高い)状態であり、ブドウ糖が優先的に燃やされ、脂肪は蓄積される方向に働きます。 脂肪が燃料として動員されるのは、インスリン濃度が低くなってからです。 つまり、血中のインスリン濃度が高い時間が長ければ長いほど、脂肪を蓄積し体重が増加してしまうのです。 炭水化物を多く摂取するほど、脂肪が蓄積され体重が増えていくことになるのです。 これを解消するには、インスリン濃度を上げやすい糖類や炭水化物の摂取を避けることが効果的です。 濃度が下がれば、身体は蓄積していた脂肪を燃焼し始めます。 ホルモンが効率的に働いて細胞が脂肪を燃やすと、結果として身体が消費するエネルギーが増えることになります。 インスリンは身体にブドウ糖を取り込む重要なホルモンで、これが分泌されないと血糖値が上昇して糖尿病になります。 過度のインスリンを分泌させない食事(低炭水化物)が大事だということです。 徹底的な食事管理が行われ、炭水化物を摂らないように指導されているのです。 炭水化物を制限すると確実にやせるというのは間違いないようです。 運動は健康維持には有効ですが、運動をすると食欲もわくので、運動だけでダイエットするのは難しいと考えられています。 そのやり方は、炭水化物を含む「ご飯」や「麺類」を食べず、家での食事は砂糖の代わりに糖質のない甘味料で料理してもらうというものです。 お酒については、ビールは糖質オフ、糖類の少ない「赤ワイン」や「焼酎」などの蒸留酒はOK。 結果は、 半年で6 kg の減量に成功! もともと身長175cmで80kgとやせる余地が大きかったのもありますが、食べる量は減っていないのに減量できたのには驚きでした。 それよりビックリしたのは 同じ食事をしていた普通体型の妻が10 kg もやせてしまったことです。 低炭水化物ダイエットは個人差があるようですが、効果があるのは間違いないようです。 なお、低炭水化物ダイエットは京都の高雄病院の理事長、江部康二先生のものを参考としています。 過度の低炭水化物ダイエットは体調を崩してしまうことがあるので、十分注意してください。 【関連記事】•

次の

太る・痩せるのメカニズム ~糖の吸収のメカニズム インスリンとは~

ブドウ糖 太る

糖は糖でそれ以上分解されません。 ブドウ糖というのは、腸で吸収されて、血液に入り、 血糖として血液中に含まれます。 そして、細胞や臓器のエネルギーとして使われます。 ブドウ糖がインスリン不足などによってうまく利用されなくなると、糖尿病になります。 特に、脳の唯一のエネルギー源となります。 不足すると脳の働き、活力が低下します。 太るのはどっち? 果糖は最も小さな単糖なので、 消化吸収が早く、すばやくエネルギーに変わります。 どちらも良いことではないのでバランスが必要ということになります。 ダイエットをしているから、お菓子を食べたらダメ! という考えは違うということです。 最後に… 血糖値のバランスを考え時間を決める事 これが凄く大事です。 勉強をしているタイミング。 ここ一番で乗り切りたいプレゼンテーションの発表…。 とか、 そんな時は迷わずにブドウ糖を摂取することです。 そこにダイエットを組み込みたいと思うのでしたら、 夕方以降は食べないことです。 仕事が終わって後はリラックスするだけという時は、 ブドウ糖が含む食材を摂らないと決めてしまうことが大切です。 まるっきりこのブドウ糖をカットして、 ダイエットすることはオススメはしないです。 sponsored link についての記事です。 食材系ダイエットの記事を書きました! 是非、参考にしてみてくださいね!.

次の

人工甘味料って太る?太らない?カロリーゼロでも太るリスクがある理由とは。

ブドウ糖 太る

果物のほとんどは水分で、私たち人間はいつも水分をほっしています。 果物の水分を摂りいれることは、生きた水を摂り入れることになり、人間の体内にたまった毒素を排出してくれるという専門家の方もいます。 果物の成分2:酵素 飽食の時代と言われる現代は、みんな酵素不足です。 私たち人間のカラダには、食べ物を消化する消化酵素や代謝を促す代謝酵素が存在しますが、たくさん食べ物を食べる時代なので、消化するのにいっぱいいっぱいで、代謝まで酵素がまわりません。 酵素不足がひどくなると、きちんと消化できずに血行不良になったり、血が汚れたり、カラダに悪いものが溜まる原因になることもあります。 現代人は全体的に食べ過ぎの傾向があるため、酵素不足に陥っています。 酵素不足になると、 消化吸収 新陳代謝 排泄 がうまく行われず、食べた物がきちんと消化でないまま血液中に入ってしまうことになり、血が汚れ、血行不良となります。 また、 腸内環境が悪化し、肌トラブルや便秘、肥満体質になるなど、カラダ中の循環が悪くなってしまうことが指摘されています。 だから、野菜や果物、発酵食品のように、消化しやすい形で食べ物を食べることは、すごく大事なんです。 果物の成分3:ビタミン・ミネラル 果物には、ビタミン、そしてミネラルがたくさん含まれています。 特に果物に多く含まれると言われているビタミンCは、肌細胞の新陳代謝を活性化させて、若々しいツヤツヤな美肌を作ります。 また デトックスに欠かせないのがカリウムです。 カラダの中の余分な塩分を出してむくみを予防してくれます。 果物の成分4:食物繊維 食物繊維の大切さは、このサイトに来てくださる方ならごぞんじかもしれません。 特に果物が持っている食物繊維は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスが良い場合が多いと言われています。 また、 果物にはファイトケミカルとよばれる特有な成分があり、脳血管障害や心疾患になるリスクを低下できると注目されています。 日本人は果物を食べない 厚生労働省が推奨する「健康日本21」という運動の中で、私たち日本人が食べるべき果物の摂取量は、1日に200グラムが適量とされています。 でも・・・日本人はあんまり果物を食べないことで有名です。 確かに海外に行くと、電車の中や公園で、バナナやみかん、りんごをかじっている人たちに遭遇するので びっくりしますが…笑 、それに比べるとかなり少ないように見えます。 実際の平均摂取量をみてみると、 男性は50グラム、女性は60グラム程度しか摂っていないとのことで、厚生労働省の推奨量と比べると、かなり不足気味・・・。 日本では、果物はちょっとお値段も高いので、なかなか手が出にくいこともあるでしょうね。 でも果物200グラムは、特別に多いわけではないんです。 太りそうな特徴と太らなそうな特徴が混ざっているように見えますね。 果糖は、ブドウ糖などの他の糖分と比べると、インスリンがなくてもエネルギーになりやすいという大きな違いがあります。 実はこの「インスリンがなくてもエネルギーになる」という特徴が、 太りやすいと言われたり、太らないと言われたり、意見が分かれる重要なポイント! 健康生活さんによると、その点が明確にされていました。 果糖は確かに速やかにエネルギーとして使えるため体に負担のかからない糖分です。 しかし、その吸収の早さから、余った分をすぐに中性脂肪に変えてしまうという大きなデメリットがあります。 だから血糖値も上げないし、低GI食品です。 これは、太らない説の人が訴える部分。 でも、すぐエネルギーになり吸収が早いことから、余った分もすぐに中性脂肪になってしまうというのが、太る説の人が訴える部分。 たしかに、果物を食べ過ぎるとすぐに中性脂肪になるのは事実のようです。 果糖 は太る?太らない?まとめ この果糖のメカニズムを踏まえて、果物は太る?太らない?問題をまとめてみましょう。 果物は太る説 ・果物はほとんどが水分なので、ケーキや甘いお菓子と比べるとカロリーが低い。 ・果物は、血糖値の上昇がゆるやかなので、脂肪の蓄積を少なくすることができる。 果物は太る説と太らない説を総合すると…果物は満足感が少ないので食べ過ぎてしまいがちだけど、食べ過ぎなければ太りにくい。 でも食べ過ぎると肥満の原因になりえるよ。 というのが、ほんとのところのように思います。 果糖の問題はあるにせよ、果物には水分や酵素、ビタミンミネラルなど、別のメリットもあるので、食べ過ぎなければ私たちの健康をたすけてくれそうです。 ただ、缶詰など加工された果物は、加熱されていたり、砂糖が加えられたりしていて高カロリーになっているのものがほとんどなので、できればなるべくとれたてに近い生の状態で食べるのがいちばんよさそうです。 参考にしてみてくださいね!.

次の