野良猫 うるさい。 野良猫の子猫が裏でうるさいのですがどのくらいで移動しますか?

野良猫が喧嘩する理由は?夜に鳴き声がうるさいからどうにかしたい時の対処法

野良猫 うるさい

中途半端な優しさが一番残酷? 野良猫の餌付けから始まる「悲しみの連鎖」 みなさんは、目の前を今にも力尽きそうな野良猫がとぼとぼと歩いているとき、どんな気持ちになりますか? 「可哀想だ」とか「何か食べ物をあたえたい」という気持ちは、やっぱりどこかしら沸くものですよね。 実際、そういう優しい方は日本中に少なくないと思います。 筆者もそんな方によって給餌されている野良猫を見かけたことはあります。 ただ、どうせそんな恵まれない境遇の野良猫を助けようと思うのであれば、ちゃんと助けることの責任も、しっかりと自覚すべきではないかと思うんですよね。 餌付けをするだけして、後は知らぬ存ぜぬでは、野良猫としても「今日は生き長らえたけど、これからは分からない」と感じるかもしれません。 何より野良猫の餌付けって、近隣には大変な迷惑をかけてしまうものです。 恐らく、お腹を空かせた猫を放ってはおけない性格なのでしょう。 それ自体は素晴らしい精神だと思います。 ただ、餌をあげるだけで、自分が気にかけている野良猫たちに避妊・去勢もさせず、ましてや自宅に連れて帰るということもしない人というのは、正直に書くと筆者は身勝手だと感じます。 野良猫は、結局人間が手を出さなければ一定数以上は殖えることができませんし、繁殖期に数を増しても、やがて淘汰されるものです。 それなのに、「猫は可愛いから助けたい」と、身勝手な餌付けをしてしまうと、そのせいで猫の繁殖を助けてしまうことになります。 するとどうなるか。 結果的に余計に飢える猫を増やしたり、喧嘩しあう猫や、野良同士で感染症に苦しむ猫を増やすという悪循環を生み出してしまいます。 こんな不幸なことってないですよね。

次の

野良猫がうるさい時に黙らせる方法【駆除せず近寄らせません】

野良猫 うるさい

野良猫に餌をやること自体を禁止する法律はありません。 むしろ、野良猫だろうが飼い猫だろうが、動物愛護法上、虐待や遺棄から守られるべき存在です。 猫を大切に思う気持ちからの餌やりは、動物愛護法の趣旨に合致する行為と言えます。 しかし、野良猫への餌やりは違法ではありませんが、 独自に禁止する自治体もあります。 野良猫の餌やりによる近隣トラブルは非常に多いのです。 野良猫の鳴き声がうるさい、敷地内に糞をされた、車を傷つけられたなどの苦情が、自治体に多く寄せられているのも事実。 動物愛護法なども引き合いに出され、裁判沙汰にまで発展してしまうことも少なくありません。 東 京都の荒川区では、区の条例として良好な生活環境を確保する施策の一環として、野良猫などに対する餌付けを実質的に禁止しています。 具体的には、餌付けによって野良犬や野良猫などの鳴き声や糞尿被害で住環境を悪化させ、近隣住民から苦情が生じるような状況にさせてはならないとしています。 このような状態になった場合、 自治体から勧告を発し、それでも改善されない場合は、罰金を科すという内容となっています。 動物は愛護すべき存在であると同時に、野良猫などの動物が増えれば、その地区における衛生環境などの悪化が懸念されます。 野良猫などの動物に餌を与える前に、自治体の条例を確認して、どのように接するべきか判断するようにしましょう。 条例違反で罰金の可能性も 以前、京都市が審議中だった「動物による迷惑等の防止に関する条例」案が、野良猫への餌やりを禁止する条例だとして話題になりました。 最終的に、この条例には修正が入り「市民等は,所有者等のない動物に対して給餌を行うときは,適切な方法により行うこととし,周辺の住民の生活環境に悪影響を及ぼすような給餌を行ってはならない」という形で落ち着きましたが、適切、不適切の定義はあいまいです。 現在、 京都市だけではなくほとんどの市町村が、野良猫の排泄物の適正な処理や、地域猫としての管理など、近隣住民に迷惑を掛けないための条例を定めています。 先ほどの京都市の条例には罰則規定があり、 不適切な餌やりをして市長の勧告・命令に従わなかった場合は「5万円以下の過料に処す」とされています。 動物愛護法を含め野良猫の餌やりは、法律違反ではありません。 ただ、 餌の食べ残しや糞尿を放置することによって起こる近隣住民からの苦情通報後、市からの勧告、指示に従わなかった場合は、「条例違反」となり、罰則が科せられる可能性は十分にあります。 あくまでも動物愛護法律違反ではないが、餌やりを推奨しているわけでないということを認識しておく必要があります。 最近では、猫の迷惑な行為を防ぐため 「野良猫を捕獲し」「不妊・去勢手術を行い」「元の場所に戻す」ことで、猫の数を増やさない活動が進められています。 こうした活動は、猫を手なずけるための日ごろからの餌やりが前提です。 こういった活動は適切な給餌といえるでしょう。 「餌やり禁止」では「野良猫」は減らせない 野良猫に困っている方の中には、 「餌やりをするから野良猫が増える」と考える方も少なくありません。 本当に餌やりを禁止すると野良猫は減るのでしょうか。 実は餌やりの禁止は野良猫問題がより深刻になることが予想されます。 お腹を空かせた猫は餌を探して家に侵入したりゴミを漁ったりするようになり、人の生活環境に悪影響をおよぼす可能性があります。 次に、動物は空腹が続くと生存本能が強化され、繁殖を優先するようになります。 猫は非常に繁殖能力が高いので繁殖機会を増やすことになれば、多くの野良猫が生まれてしまう可能性があります。 餌を与えないことが野良猫の繁殖に繋がるかもしれないとはいえ、むやみに餌やりをしてはいけません。 何も考えずに野良猫に餌を与えるその行為が、野良猫の繁殖、ひいては殺処分につながってしまいます。 「エサはあげるけど、しつけや不妊手術、糞尿の世話や生まれた子猫のことなどは知りません」というスタンスで野良猫と接すると、その結果、エネルギーの余った猫たちが交尾行動に走り、救われない命を産み落とすという悪循環が生まれてしまうのです。 まとめ.

次の

野良猫を保護して飼う場合~必ずすべきこと3つと注意点6つ~

野良猫 うるさい

野良猫に餌をやること自体を禁止する法律はありません。 むしろ、野良猫だろうが飼い猫だろうが、動物愛護法上、虐待や遺棄から守られるべき存在です。 猫を大切に思う気持ちからの餌やりは、動物愛護法の趣旨に合致する行為と言えます。 しかし、野良猫への餌やりは違法ではありませんが、 独自に禁止する自治体もあります。 野良猫の餌やりによる近隣トラブルは非常に多いのです。 野良猫の鳴き声がうるさい、敷地内に糞をされた、車を傷つけられたなどの苦情が、自治体に多く寄せられているのも事実。 動物愛護法なども引き合いに出され、裁判沙汰にまで発展してしまうことも少なくありません。 東 京都の荒川区では、区の条例として良好な生活環境を確保する施策の一環として、野良猫などに対する餌付けを実質的に禁止しています。 具体的には、餌付けによって野良犬や野良猫などの鳴き声や糞尿被害で住環境を悪化させ、近隣住民から苦情が生じるような状況にさせてはならないとしています。 このような状態になった場合、 自治体から勧告を発し、それでも改善されない場合は、罰金を科すという内容となっています。 動物は愛護すべき存在であると同時に、野良猫などの動物が増えれば、その地区における衛生環境などの悪化が懸念されます。 野良猫などの動物に餌を与える前に、自治体の条例を確認して、どのように接するべきか判断するようにしましょう。 条例違反で罰金の可能性も 以前、京都市が審議中だった「動物による迷惑等の防止に関する条例」案が、野良猫への餌やりを禁止する条例だとして話題になりました。 最終的に、この条例には修正が入り「市民等は,所有者等のない動物に対して給餌を行うときは,適切な方法により行うこととし,周辺の住民の生活環境に悪影響を及ぼすような給餌を行ってはならない」という形で落ち着きましたが、適切、不適切の定義はあいまいです。 現在、 京都市だけではなくほとんどの市町村が、野良猫の排泄物の適正な処理や、地域猫としての管理など、近隣住民に迷惑を掛けないための条例を定めています。 先ほどの京都市の条例には罰則規定があり、 不適切な餌やりをして市長の勧告・命令に従わなかった場合は「5万円以下の過料に処す」とされています。 動物愛護法を含め野良猫の餌やりは、法律違反ではありません。 ただ、 餌の食べ残しや糞尿を放置することによって起こる近隣住民からの苦情通報後、市からの勧告、指示に従わなかった場合は、「条例違反」となり、罰則が科せられる可能性は十分にあります。 あくまでも動物愛護法律違反ではないが、餌やりを推奨しているわけでないということを認識しておく必要があります。 最近では、猫の迷惑な行為を防ぐため 「野良猫を捕獲し」「不妊・去勢手術を行い」「元の場所に戻す」ことで、猫の数を増やさない活動が進められています。 こうした活動は、猫を手なずけるための日ごろからの餌やりが前提です。 こういった活動は適切な給餌といえるでしょう。 「餌やり禁止」では「野良猫」は減らせない 野良猫に困っている方の中には、 「餌やりをするから野良猫が増える」と考える方も少なくありません。 本当に餌やりを禁止すると野良猫は減るのでしょうか。 実は餌やりの禁止は野良猫問題がより深刻になることが予想されます。 お腹を空かせた猫は餌を探して家に侵入したりゴミを漁ったりするようになり、人の生活環境に悪影響をおよぼす可能性があります。 次に、動物は空腹が続くと生存本能が強化され、繁殖を優先するようになります。 猫は非常に繁殖能力が高いので繁殖機会を増やすことになれば、多くの野良猫が生まれてしまう可能性があります。 餌を与えないことが野良猫の繁殖に繋がるかもしれないとはいえ、むやみに餌やりをしてはいけません。 何も考えずに野良猫に餌を与えるその行為が、野良猫の繁殖、ひいては殺処分につながってしまいます。 「エサはあげるけど、しつけや不妊手術、糞尿の世話や生まれた子猫のことなどは知りません」というスタンスで野良猫と接すると、その結果、エネルギーの余った猫たちが交尾行動に走り、救われない命を産み落とすという悪循環が生まれてしまうのです。 まとめ.

次の