大腿 骨 てん しぶ こっせつ。 大腿骨転子部・転子下骨折(だいたいこつてんしぶ・てんしかこっせつ)

大腿骨頚部/転子部骨折診療ガイドライン (改訂第2版)

大腿 骨 てん しぶ こっせつ

(1)病態 従来、関節包の内側骨折を大腿骨頚部内側骨折、関節包の外側骨折を大腿骨頚部外側骨折と2つに分類していたのですが、最近では、欧米の分類にならって、関節包の内側骨折を大腿骨頚部骨折とし、関節包の外側骨折を大腿骨転子部骨折、大腿骨転子下骨折と3つに分類しています。 大腿骨転子部骨折は、足の付け根部分の骨折であり、交通事故では、自転車・原付VS自動車の衝突で、自転車・原付の運転者に多発しています。 高齢者の転倒では、橈骨遠位端部、上腕骨近位端部と大腿骨頚部・転子部の骨折が代表的です。 (2)症状 転子部・転子下骨折では、事故直後から足の付け根部分に激しい痛みがあり、立つことも、歩くこともできません。 骨折の転位が大きいときは、膝や足趾が外側を向き、外観からも、変形を確認できます。 (3)治療 単純XP撮影で、大腿骨転子部に骨折が見られ、確定診断となります。 安定型、不安定型のどちらであっても、早期離床を目的として、ほとんどで、手術が選択されています。 早期の手術、早い段階からリハビリテーションで、起立、歩行ができるように治療が進められています。 大腿骨転子部骨折は、頚部骨折に比べて血液供給のいい部位であり、骨癒合は比較的順調です。 安定型では、手術侵襲の少ないエンダー法ですが、転位が激しいときは、CCHS固定により、オペが実施されています。 (4)後遺障害のポイント 1)股関節の機能障害と痛みが後遺障害の対象です。 転位の少ない安定型の骨折で、被害者が若年者であれば、ほとんどで、後遺障害を残しません。 しかし、骨折の形状、骨癒合の状況によっては、機能障害や痛みの残存が予想されます。 傷病名で後遺障害等級が決まるのではなく、骨折の形状と、その後の骨癒合、そして症状固定時期が、重要なポイントになることを覚えておくことです。 2)人工関節の弛み、耐久性などについて? 「主治医より、耐久性が15年と言われており、将来の再置換術にどう対応したらいいのか?」 人工骨頭、人工関節置換術では、決まって、このような相談が行われます。 医師は、予後については、責任を回避する必要から、やや大袈裟に説明する傾向です。 昭和50年当時は、人工関節の材質としてポリエチレンが使用されており、短期間での摩耗や、置換後の骨との緩みが問題となっていました。 しかし、現在では、材質は超高分子量ポリエチレン、骨頭についてはセラミックが使用されており、耐久性についても15~20年と報告されています。 そこで、自賠責保険は、人工関節置換の等級を8級7号から10級11号に格下げしているのです。 人工関節を長持ちさせるには、重労働や過度の運動を慎み、肥満の防止や、補助的に杖を使用するなどの努力を継続しなければなりません。 その前提であれば、耐用年数については、過剰に心配することもありません。 将来、人工骨頭や人工関節の再置換が必要となったとき、労災保険は再発申請でこれを認めます。 この点に、変更はありません。 3)人工骨頭、人工関節の置換術による8級7号について? 人工関節では、脱臼予防の観点から関節の可動域には一定の制限が指導されているのですが、結果、股関節の可動域が2分の1以下の制限となれば、8級7号が認定されます。 破壊的、挫滅的な骨折でもない限り、2分の1以下になることは、考えられません。 投稿ナビゲーション.

次の

整形外科の病気:大腿骨頚部・転子部骨折

大腿 骨 てん しぶ こっせつ

下肢筋力強化訓練 仰向けに寝て足を上げ下げする、ゴムバンドを使い足を開閉するなどをして筋力を向上させる。 可動域訓練 仰向けに寝た状態で、理学療法士が下肢の挙上、足の開閉など負荷をかけて可動域を維持・向上させる。 その後、歩行訓練として• 平行棒による歩行• 歩行器による歩行• 松葉杖による歩行• T字杖による歩行 が段階的に行われていきます。 また病院や医師によっては 歩行方法の指導や 電気筋刺激など他の療法を組み合わせて行う場合もあるようです。 入院、通院、リハビリの期間 骨折の態様や患者本人の状況によって入院の期間、通院の期間は大きく異なります。 一概に言うことはできませんが、リハビリの期間については 最低でも6か月程度は行うべきであるという指針が公開されています。 術後最低6ヵ月程度は,リハビリテーション介入による機能回復が期待できるとする中等度レベルのエビデンスがある。 術後1か月程度は入院• その後3か月~半年ほどはリハビリ通院• さらにその後、定期健診が継続される といった流れになることが多いようです。 偽関節と骨頭壊死 偽関節 骨の治癒が中断されて、関節の可動域などに異常が生じている状態のこと。 骨頭壊死 大腿骨転子部骨折に伴い、周辺の血管もダメージを負うなどして血が巡らなくなり、骨頭が壊死すること。 骨頭が壊死すると、構造的に脆弱となり圧壊、変形と炎症を引き起こす。 大腿骨転子部骨折での偽関節や骨頭壊死の可能性については以下のような統計があります。 偽関節・骨癒合不全の発生率は 0. 5〜2. 骨頭壊死から圧壊に至る率は 0. 3〜1. hosp. pdf いずれにせよ骨の接合がうまくいかないケースは稀ながらも存在するわけです。 そのようなとき、 大腿骨頸部や骨頭を取り払い人工骨頭へ置換する手術が行われることがあります。 手術をしないままでいると、長期にわたり寝たきりとなってしまい、心不全や血栓塞栓症などが発症するおそれがあります。 手術をすることによって、早期に離床・歩行できるようになることが多いです。 また、早期に治療をすることによって、後遺症になるリスクを抑えることができます。 こうした後遺症に対して後遺傷害慰謝料が認定されると、その等級に応じた後遺障害慰謝料・後遺障害逸失利益を請求できるようになります。 人工関節になるのはどんな時? 大腿骨転子部骨折で人工関節となるのは、偽関節や骨頭壊死が発生した場合です。 偽関節とは骨の治癒が中断されて、関節の可動域などに異常が生じている状態のこと、骨頭壊死とは骨折に伴い周辺の血管もダメージを負うなどして、骨に血が巡らなくなり骨頭が壊死することです。 こうした状態が発生した場合は、大腿骨骨頭や頚部を切除し、大腿骨に金属やセラミックでできた人工骨頭を接続します。

次の

大腿骨転子部骨折の後遺症|疼痛は残る?予後やリハビリ期間、禁忌肢位を解説 |アトム法律事務所弁護士法人

大腿 骨 てん しぶ こっせつ

大腿骨転子部・転子下骨折(だいたいこつてんしぶ・てんしかこっせつ) 大腿骨(だいたいこつ)は、 股(また)の関節を構成している骨です。 下記のイラストを見てください。 股の関節を前から描いたものです。 股の付け根部分の上側が「 転子部(てんしぶ)」で、下側が「 転子下(てんしか)」です。 つまり、「大腿骨転子部・転子下骨折」は、 股から太ももにかけての部位を骨折することです。 交通事故の場合は、自転車や原付が自動車と衝突した際に、 自転車や原付の運転者が大腿骨を骨折するケースが多発しています。 (1)医学的な分類 従来は、大腿骨の骨折は2種類に分類することが一般的でした。 関節包(かんせつほう)の内側骨折を「大腿骨頚部内側骨折(だいたいこつけいぶないそくこっせつ)」とし、関節包の外側骨折を「大腿骨頚部外側骨折(だいたいこつけいぶがいそくこっせつ)」とする分類です。 しかし最近では、3種類に分類することが多くなっています。 関節包の内側骨折を「 大腿骨頚部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)」とし、関節包の外側骨折を「 大腿骨転子部骨折(だいたいこつてんしぶこっせつ)」と「 大腿骨転子下骨折(だいたいこつてんしかこっせつ)」とする分類です。 (2)症状 大腿骨転子部・転子下を骨折すると、 交通事故の直後から脚の付け根部分に激しい痛みを感じます。 多くのケースでは、 立つことも歩くこともできません。 骨折の転位が大きいケースでは、 膝(ひざ)や足の指が外側を向いた状態となります。 このような状態になると、外観上でも変形を確認することができます。 (3)治療 大腿骨転子部・転子下の骨折は、XP(レントゲン)の撮影によって確認することができます。 骨折の重症度によって、「 安定型」と「 不安定型」の2つのタイプに分かれます。 骨折の症状が比較的軽い場合は、「安定型」と呼ばれます。 大腿骨の骨折の場合は、安定型であっても不安定型であっても、 手術が行われることが一般的です。 多くの場合、 交通事故の直後に早期に手術を行います。 下記のイラストのとおり、手術によって骨折した部位を固定します。 手術が順調に終了した場合は、早い段階からリハビリテーションを行い、起立や歩行の訓練を行います。 大腿骨転子部・転子下の骨折は、大腿骨頚部(けいぶ)の骨折に比べると、 比較的回復が早いといわれています。 転子部・転子下は、骨折をしても血液が供給されやすいため、骨癒合は比較的順調に進みます。 (4)後遺障害 骨のずれが小さい安定型の骨折のケースについては、 後遺症が生じることはほとんどありません。 特に被害者が20代以下の場合は、後遺症が生じることはめったにありません。 骨折が重症である場合や、 被害者が高齢者である場合は、後遺症が生じることがあります。 大腿骨転子部・転子下を骨折した場合の後遺障害は、「 股の関節の機能障害」と「 股から膝にかけての痛み」が中心となります。 (5)痛みに関する後遺障害 痛みなどの神経症状が残った場合は、痛みそのものを理由として、 後遺障害等級14級9号に認定される可能性があります。 痛みが激しい場合は、 後遺障害等級12級13号の対象となります。 同じような後遺症に悩んでいる場合であっても、後遺障害の申請の仕方によって、12級に認定される場合もあれば、14級に認定される場合もあります。 後遺障害等級として何級に認定されるかによって、交通事故の示談金は大きく変わります。 個別事案によって金額は異なりますが、弁護士が交渉した場合は、 後遺障害等級14級のケースではおよそ250万~300万円程度、 後遺障害等級12級であればおよそ500万~1,000万円程度の賠償金額となる可能性があります。 適切な示談金を獲得するためには、後遺障害の申請は慎重に行わなければいけません。 後遺障害診断書は、病院で記載してもらいます。 しかし、病院で記載を行う人は、法律の専門家ではありません。 「どのような記載をすると示談の際に有利となるか」を考慮に入れて記載をすることはありません。 このため、後遺障害を申請する場合は、 病院に後遺障害診断書を持っていく前に、交通事故に精通した弁護士にご依頼されることをお勧めいたします。 当事務所にご相談していただければ、後遺障害診断書を作成する際のポイントについて、法律的な観点からアドバイスをいたします。 痛みに関する後遺障害の申請をご検討されている方は、お気軽に当事務所までご相談ください。 (6)機能障害 大腿骨転子部・転子下を骨折した場合、後遺症として 機能障害が生じることがあります。 機能障害とは、 関節が自由に動かなくなる後遺症のことです。 骨折した影響で関節を動かすことができる範囲が制限されてしまうことを、可動域制限(かどういきせいげん)と呼びます。 股の関節に機能障害が生じた場合は、その程度によって後遺障害の等級が決まります。 股の関節の機能障害の後遺障害等級は、3種類あります。 「股の関節の機能に障害を残すもの」と認定された場合は、 後遺障害等級12級7号の対象となります。 さらに重症なケースでは、「股の関節の機能に著しい障害を残すもの」の対象となり、 後遺障害等級10級11号に認定される可能性があります。 最も重症なケースでは、「股の関節が用を廃したもの」の対象となり、 後遺障害等級8級7号に認定される可能性があります。 具体的には、下記の表に照らし合わせて、後遺障害の等級が決まります。 後遺障害の等級は、股の関節が動く角度を参考にして決まります。 しかし、角度だけで決まるわけではありません。 どのような点が重要なポイントとなるかは、被害者の症状によってケースバイケースです。 症状によっては、XP(レントゲン)が有利な証拠となる場合もあれば、MRIが有用な証拠となる場合もあります。 被害者の方に最大限有利となる後遺障害診断書を作成するためには、交通事故に精通した弁護士にご相談されることが得策です。 適切な示談金を獲得するためには、後遺障害の申請を慎重に行わなければいけません。 同じような後遺症に悩んでいる場合であっても、後遺障害の申請の仕方によって、後遺障害等級が変わってしまうことがあります。 後遺障害を申請する場合は、 病院に後遺障害診断書を持っていく前に、交通事故に精通した弁護士にご依頼されることをお勧めいたします。 病院での記載は、医学的な観点によって行われますが、法律的な観点によって行われることはありません。 当事務所にご相談していただければ、後遺障害診断書を作成する際のポイントについて、法律的な観点からアドバイスをいたします。 (7)人工関節 大腿骨転子部・転子下を骨折した場合、人工関節が採用されることがあります。 手術によって人工関節を置換した場合、「 股の関節が用を廃したもの」の対象となり、 後遺障害等級8級7号に認定される可能性があります。 従来は、人工関節を採用したケースについては、後遺障害等級8級7号に認定されることが一般的でした。 しかし現在では、医療技術の発達によって人工関節の耐久性が進歩したため、 後遺障害等級10級11号に認定されることが多くなっています。 手術によって人工骨頭を置換したケースについても、同様の傾向があります。 従来は後遺障害等級8級7号に認定されていましたが、 現在では 後遺障害等級10級11号に認定されることが多くなっています。 後遺障害等級として10級に認定されるか8級に認定されるかによって、交通事故の示談金は大きく変わります。 このため、人工関節や人工骨頭を採用したケースについては、後遺障害の申請をする前に弁護士にご依頼されることをお勧めいたします。 アジア総合法律事務所では、 日頃から交通事故の紛争解決に力を入れており、後遺障害の申請について豊富な実績と経験があります。 福岡のみならず、九州、全国からご相談やご依頼を受け付けております。 交通事故のご相談は初回無料で受け付けておりますので 、ご予算を気にしていただく必要はありません。 大腿骨転子部・転子下の骨折でお悩みの方は、いつでもお気軽にご相談ください。

次の