アスペルガー。 アスペルガー症候群度チェックテスト

【アスペルガーの話し方の特徴】

アスペルガー

周囲との交流困難で、興味があるものが限定的。 かつ、日常生活がルーチン化しやすいのがアスペルガーの特徴 アスペルガー症候群は「自閉症」と類似性のある疾患で、広汎性発達障害の一つに分類されています。 広汎性発達障害ついては、「」で詳しく触れていますが、アスペルガー症候群は、身近な子ども同士のつきあいが困難、興味が限定的、そして日常の行動がパターン化しやすいといった特徴的な傾向が見られます。 アスペルガー症候群の発病頻度は1000人中数名程度で、男女比は男子に多いとされています。 統計の具体的数字に関しては「対人関係上の問題」など、アスペルガー症候群に特徴的な症状をいかに評価するか……といった、いわゆる統計の取り方により差異が出やすくなっています。 アスペルガー症候群の原因や症状など、基本情報について詳しく解説します。 アスペルガー症候群の原因……自閉症と類似点も アスペルガー症候群のはっきりした原因や発症メカニズムは現時点では分かっていません。 前述の通り、アスペルガー症候群では自閉症に類似の症状が見られるため、自閉症の場合と同じく遺伝的、生物学的そして免疫学的な要因などが複雑に作用した結果、胎内での中枢神経系 の発育時に何らかの問題が生じたのではないかと考えられています。 自閉症の原因については、「」をご参照下さい。 アスペルガー症候群に特徴的な2つの症状 アスペルガー症候群は、「周囲との交流が困難」、「限定的な興味の対象と日常生活のルーチン化が顕著」といった自閉症的な症状を特徴する疾患です。 こうした症状は保育園や幼稚園に行く年齢になり、同じ年齢の子どもたちと接し始めて明らかになることが多いようです。 アスペルガー症候群では知能や言語発達自体には問題がない事もあり、上記のような症状は親のしつけのせい……などと誤解されやすい面もありますが、出来るだけ早く症状に気付き、必要な治療を開始する事が望ましいです。 もし幼稚園や小学校などでお子さまに友達がおらず上記のような症状が顕著な場合、アスペルガー症候群の可能性もある事はご留意したいところです。 その際はかかりつけの小児科医など専門家にまず相談してみる事を是非ご考慮してみてください。 以下で、2つの特徴的な症状について解説します。 コミュニケーションをとるのが苦手・行動がぎこちない アスペルガー症候群では、相手の気持ちを理解することや、その場の空気を読むことが苦手なため、自分の気持ちがうまく相手に伝わりにくいです。 また、相手が何を望み何を望んでいないかを判断する力が弱い事もあり、仲間同士の輪にうまく入れず友達を作りにくい傾向が顕著です。 アスペルガー症候群は自閉症とは異なり言語発達に遅れ自体はありませんが、言葉の使い方や話し方は標準的でないことが少なくありません。 顔の表情やジェスチャーを交えて相手とコミュニケーションを取ることも苦手、さらに動作がぎこちないといった事も少なからずあり、子どものグループ内でいじめの対象になってしまう……といった問題が起きてしまう場合もあるようです。 興味が特定の対象に限定されやすい もう1つ、興味が特定の対象に限定されやすいのがアスペルガー症候群の特徴です。 下に3つの例を挙げます。 車に興味を覚えると、車のモデル名や仕様を覚えることには熱中するが、実際にその車に乗ってどこかへドライブに行くといったことには全く無関心で、興味の方向がかなり限定されてしまう傾向がある。 例えば服装が興味の対象外になった場合、着るものや着方にも無頓着になり、周りの人に驚かれてしまうような恰好をしてしまうことがある。 自分の行動や習慣に関しては自分が決めたルールにこだわりやすく、毎日の行動がパターン化しやすいだけでなく、いつもと違うパターン、 例えば風呂と夕食の順序が逆になるといった事を非常に嫌がる傾向がある。 大人になってから診断も……アスペルガーとカサンドラ症候群 また、誤解している人も多いようなのですが、アスペルガー症候群を含む発達障害は決して子どもだけのものではありません。 大人になってから対人関係などに悩むケースもあり、子どものころに気づかず、社会に出て会社に入ってから病院を受診し、アスペルガー症候群の診断を受けることもあります。 最近では正式な病名ではないものの、アスペルガー症候群の配偶者やパートナーを持つ人が陥りやすい「カサンドラ症候群」というものも注目されています。 カサンドラ症候群については、「」をご参照下さい。 いずれにしましても、本人も周りもアスペルガー症候群の特徴についての正しい知識を持って、人間関係を上手に築いていくことが大切です。 アスペルガー症候群の具体的な治療法に関しては、「」をあわせてご覧いただければと思います。

次の

【図表でわかる!】ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー)の特徴

アスペルガー

スポンサード リンク 苦手なこと知っておいてあげることは大切! アスペルガー症候群の人の特性ですが、その「特性」は「苦手な事」と言い換えることもできます。 ただ、それは個人差がありますし、程度にも違いもありますから、全てのアスペルガー症候群の人が全く同じ特性だとは言い切れません。 ただ、多くのアスペルガー症候群の人は、似たような特性を持っており、それが原因で似たようなことで困っているのも事実です。 そのため、まわりの人達が、アスペルガー症候群の一般的な特性を知ることで、アスペルガー症候群の人が生きやすい環境を作ってあげることができます。 そうなれば、お互いにスムーズなコミュニケーションを取ることが出来るようになり、トラブルなども激減するはずです。 しかし、アスペルガー症候群のことを詳しく勉強するとなると大変です。 ただ、アスペルガー症候群の特性をいくつか知っておくだけでも、アスペルガー症候群の人とのコミュニケーションがかなりスムーズになるかと思われますので、具体的な特性を下記に紹介します。 しかも、大人が読むような難しい本をスラスラと読んで、大人を驚かせる子供もいます。 ただ、本当の言葉の意味を理解していなかったり、いくつかある意味のひとつしか理解していない場合も多く、それが原因で友達同士でトラブルになったり、大人を怒らせるようなこともあります。 アスペルガー症候群の人は、相手の言葉をそのままの意味でしか受け取れません。 そのため、上手く会話のやりとりをできないことが少なくありません。 例えば、下記のような会話になってしまいます。 相手:頑張ってね。 本人:何を頑張ればいいの? A. 相手:しっかりしないさい。 本人:何をしっかりすればいいの? 上記のような会話は、その話の流れで何に対して言ってるのか察しが付くモノですが、アスペルガー症候群の人は、額面通りに言葉を受け取ってしまうため、上記のように聞き返したりします。 他には、昼休憩は12時からと言われていれば、まわりの人たちの状況などおかまいなしに、休憩に入ろうとします。 そして、まわりからイヤミを言われても、何故そのようなことを言われたのか理解できずにいます。 あと、子供の頃であれば許してもらえるようなことでも、大人になるとそうはいかない場合があります。 例えば、人間の上下関係を理解しにくいため、上司や目上の人に対してタメ口をきいていまう人もいます。 そのため、本人は全く悪気はないのですが、そのせいでトラブルに繋がることも少なくありません。 ただ、そのような言葉に関する特性は、直すことが難しいとされています。 それは、同じ年齢の子供とだと会話がかみ合わず、相手にされなくなることもありますが、大人であれば、多少おかしな会話になっても合わせてくれるため、ストレスを感じずにいられるからだと思われます。 ただ、話が合わなくなるのは、アスペルガー症候群の特性が大きく関係しています。 それは、アスペルガー症候群の人は、相手の表情を見て、話している言葉以外に含まれている意味を読み取ったり、感情を察したりすることが出来ないからです。 そのため、忙しく働いている人にいつまでも話かけたり、相手が興味を持っていないことでも話し続けたりします。 これは自分勝手な訳ではなく、相手の表情や口調などから、相手の感情を察することができなため、迷惑がられていることさえ理解できないからです。 要するに、アスペルガー症候群の人は、相手の表情を見て、「喜んでいる」「怒っている」「悲しんでいる」「困っている」などの感情を読み取ることが苦手だということです。 そのような特性も直せるものではないため、まわりの人が特性を理解して接していく必要があります。 そのような人は、大きな声で話しかけられると、怒られたのかと感じてしまい、反抗的な態度を取ったり、パニックに陥ってしまう場合もあります。 あと、職場で流れている音楽が気になってしまい、仕事が出来なくなる人もいます。 工場などでは、大きな音に慣れることが出来ず辞めてしまう人もいます。 他には、言葉の種類によっては、過敏に反応してしまうことがあり、命令形の言葉や否定的な言葉で言われると、怒られていると感じてしまうことが多いようです。 例えば、「〜しないさい」「〜をやめなさい」「間違っている」「おかしい」というような言葉です。 アスペルガー症候群の人は、言動を注意されることがよくあります。 これは、子供の頃からですから、成長するに従って、そのような言葉に対して、被害的な受け止め方をする傾向が強くなりやすいのです。 それがヒドくなっていくと、職場で被害者意識が強くなり過ぎて、会社を辞めてしまう人もいます。 アスペルガー症候群の人に注意をするときは、「〜しましょう」「〜する方が良いのでは?」などと肯定的な言葉で話しかけると、素直に言うことをきくことができます。 例えば、朝6時に起きると決めると、出勤する日であっても、旅行先であっても必ず6時に起きようとします。 今日は仕事が休みなので、もう少し寝ていようということが出来ないのです。 場合によっては、職場で他人の机の上も、勝手に同じようにしてトラブルになることもあります。 という訳で、何かをするときの手順などに対して、非常に強いこだわりを持つことが多いため、会社へ行くまでの道順や交通手段なども、状況に応じて変えることが出来ない人が少なくありません。 例えば、電車が遅れていても、別の交通機関を使うということが頭に浮かばず、遅刻をしてしまうということがあります。 しかし、本人は「自分が悪いのではない」という考えでいますから、遅刻しそうであることを会社に連絡しないばかりか、遅刻をして会社に出社しても、遅刻したことを報告もせずにいるためトラブルになることもあります。 このような融通性のない「こだわり」は、アスペルガー症候群だけでなく、自閉症全般によく見られる特性です。 アスペルガー症候群の人は、いつも通りでないと不安になるため、上記のようなことが起きてしまいます。 それを防ぐには、「電車が遅れた場合の対応方法」などを具体的に紙に書いて、いつも持っておいてもらうなど、まわりの人がひとつひとつ教えておく必要があります。 そのため、話を聞きながらメモを取るということが出来ません。 例えば、職場で電話を受けても、相手の話を聞きながらメモを取るということが出来ず、相手の名前しかメモが取れなかったり、全くメモを取っていないという場合もあります。 あと、アスペルガー症候群の人は、スポーツが苦手な人が多いのですが、それは頭の中でルールを確認してから、次の動きに移ろうとするとき、体が複雑な動きについていかないからです。 ほとんどのスポーツは、瞬時に判断して行動するだけでなく、相手の動きを先読みしなければいけないことも多いですから、どうしてもスポーツは苦手になってしまうのです。 しかし、水泳などのように、ルールが単純で1人で出来るスポーツは好きだという人は結構います。 これは小さい頃から発揮されますので、難しいことをスラスラを喋りだし大人を驚かせることもよくあります。 そのため、本人の興味があることに関しては、学ぶ力や記憶する力が強く発揮されますので、「アスペルガー症候群 = 天才」という捉え方をしている人が多くいます。 しかし、書いてあるモノをそのまま記憶することは得意でも、想像力を働かせることは苦手ですから、1つの方法で解決できないようなモノに関しては、全く出来ないということが少なくありません。 そのため、学校の教科で、暗記型の教科は得意でも、答えが一つとは決まっていないような作文などは苦手な人が多いと言えます。 ただ、好きなことに対しては、凄い集中力を発揮し、しかもその集中力を持続させることが出来ますので、有名な芸術家や歴史に名を残した天才と言われた人の中には、アスペルガー症候群だったのではないかと言われている人は大勢います。 いずれにしましても、そのような特性は、大人になってからも変わることはないため、向いている仕事と向いていない仕事がハッキリと分かれます。 スポンサード リンク アスペルガー症候群の人の苦手なこと一覧関連ページ まわりの人達の理解がない場合、アスペルガー症候群の人は二次障害に陥る場合があります。 二次障害に陥ると治すのが難しくなるため、普段から、そうならないように二次障害を防ぐようにしなければなりません。 その方法とは… 面接時も含めて、会社にアスペルガー症候群であることを伝えた方が良いのか迷っている人は少なくありません。 それを伝えずに何ら問題なく仕事が出来ている人もしますが、会社に伝えた方が良い場合もあります。 ただ、それを自分で出来ないということであれば、代わりにやってくれる人がいます。 それは… アスペルガー症候群ではないとか感じたとき、子供と大人では診察してもらうところが違います。 18歳以上の成人が診てもらうのは… 障害者手帳があれば何かと優遇措置が受けられます。 しかし、アスペルガー症候群の人に発行される手帳はありません。 ただ、場合によってはアスペルガー症候群の人にも障害手帳が発行されます。 それは… アスペルガー症候群の人が就職活動をする際、一人では上手くいかないこともあります。 そのため、様々な支援機関がありますので、そのような機関を活用することは、就活を有利にするひとつの手段です。 例えば… アスペルガー症候群の人が、1人で面接をしたり、会社の中で孤立して仕事をしていても、上手くいかないことが少なくありません。 そのため、ジョブコーチを依頼して、上手くやっている人がいます。 そのジョブコーチとは… まわりの人達にアスペルガー症候群の特性を知ってもらうためには、まず自分が知っておかなければなりません。 ただ、事細かく伝えても、相手には分かりにくいため、こちらでは、アスペルガー症候群と上手く付き合ってもらうために、相手に知っておいてもらいたいことを10個にまとめました。 大人のアスペルガー症候群の方と家族の関わりについて解説しています。 アスペルガー症候群の大学生の方へ、まわりの人と上手くコミュニケーションを取るためのアドバイスをご紹介しております。 アスペルガー症候群の人にとって、社会に出て仕事をするのは大変なことが少なくありません。 そのため、大人のアスペルガー症候群の仕事について解説しています。 アスペルガー症候群が社会生活を送る上で知っておいた方が良いことや、気を付けるべきことなど、様々な情報をご紹介しています。 アスペルガー症候群の人のための会話術。 アスペルガー症候群の特性のせいで、上手くコミュニケーションが取れずにいる方の情報を網羅しています。 上手く会話できないままでは、社会で生きていくのは大変ですから、アスペルガー症候群の方が上手く会話するための情報を紹介しています。 アスペルガー症候群の人が、他人の気持ちを察してコミュニケーションを取る方法をご紹介。 アスペルガー症候群の大人が、なぜ友達を作りにくいのか?例えば… アスペルガー症候群の人が、まわりの人たちからどんな風に見られているのかを知ることは大切なことです。 それを知って… 大人のアスペルガー症候群のコミュニケーション力の弱さを克服するため、他人との関わり方のヒントを紹介しています。 例えば….

次の

アスペルガー症候群度チェックテスト

アスペルガー

もくじ• 積極奇異型アスペルガーとは アスペルガー症候群とは、元々5つの種類があり積極奇異型のアスペルガーとはその中の1つになります。 大きな特徴としては、他の閉鎖的なアスペルガー症候群のタイプとは違い、社交的でコミュニケーション能力が高いケースもあるということです。 一般的にアスペルガー症候群と言えば、コミュニケーションが苦手会話における語彙力も乏しいと考えられていますが、積極奇異型のアスペルガーはまさにその逆で、文字通り積極的な会話への参加が多いとされています。 ただしコミュニケーション能力が高いといえども、 何の障害も持たない健常者とは明らかに会話そのものもタイプが違います。 場合によっては周りの人から反感を買うような会話内容を、一方的に繰り返すと言う特徴もありますね。 それでは積極奇異型のアスペルガー症候群はどのような特徴を持っているのか、具体的に解説していきます。 積極奇異型アスペルガーの特徴 話が分かりにくい 積極奇異型のアスペルガー症候群を抱えている方は、話の内容が分かりにくいという特徴があります。 他の発達障害とは違い、 言葉に詰まることなくスムーズな会話は出来るのですが、話を聞いている人のことを全く考えずに言葉を選びをしてしまうため、聞いている人からしたら何を喋っているのか、何を伝えたいのかが全く分からないということになりがちです。 本来コミュニケーションというのは、「この言葉は相手にこのように伝わるだろうな」という想像力を無意識に働かせているものですが、積極奇異型アスペルガー症候群の方はそのような相手への配慮をすることができません。 しつこい 相手の気持ちが分からないために、一方的な会話が続くので周りの人から「しつこい」と思われがちです。 というのも、話を聞いている人が 「もうこの会話はやめてほしいな」と思って、 たとえそれを表情や仕草で表したとしても、積極奇異型アスペルガー症候群の人はそれを受け取ることができなからです。 どんなに【もうやめてアピール】をされても無限に話し続けてしまうのですね。 つまり相手の考えていることが分からないからこそ、自分の話したいという欲望に自然と身を任せてしまうのです。 感情が読めない 積極奇異型アスペルガー症候群の人は感情が読めないとも言われています。 これは本人だけではなく、周りの人が受け取る印象としても感情が読みにくいとされています。 言葉だけではなく、表情や行動からも 「この人は何を考えているのかわからない」と思われがちですね。 なぜ感情が読めないのかと言うと、おそらくアスペルガーを抱えている本人が、 他者から見られた自分を全く意識していないからだと思われます。 距離感の概念が無い 積極奇異型アスペルガーの人は距離感の概念がないので、必要以上に人へ近づいてしまいます。 これが家族や親しい友人であればまだしも、 職場の上司や異性だったりした場合は反感を買ってしまう可能性があります。 場合によっては失礼になったり、セクハラなどの危険性もあるので日常生活においても他者と関わるのに少しリスクを伴いますね。 人に迷惑をかけないためには? 積極奇異型アスペルガー症候群の人が人に迷惑をかけないためにはどのような注意が必要なのか解説していきます。 人に迷惑をかけないために一番重要なことは、アスペルガーである本人が「自分は発達障害なんだ」ということを自覚することです。 たとえ診断は出ていなくても、「自分に何か異常がある」ということを理解できていれば自分の改善点が見えてきます。 もし、自分が積極奇異型アスペルガーだということを全く自覚していない場合は、周りの人から変人扱いされても、「これが発達障害のせい」なのだという自覚をすることができません。 つまり周りの人が考える変人という扱いが本人も事実であるかのように感じてしまうのです。 そうなってしまうと、改善したくても改善できない自分の性格に嫌気がさして、ふさぎこんでしまうようなことにもなりかねません。 重要なのは性格を改善することではなく、発達障害の理解を深めて、それを周りの人に知ってもらうことです。 下の記事では、積極奇異型に近いタイプのアスペルガーについて解説しているのでご覧になってみて下さい。 仮に積極奇異型アスペルガーの疑いが濃厚だったとしても、 「あなたはもしかして発達障害なのではないですか?」などと聞けるはずもありませんよね。 自ら理解をしようとする気持ちは大事ですが、ストレートに効くのは現実的に不可能なので、その人が発達障害を抱えていることを前提に関わることが重要です。 なので、もしその人がおかしな言動やしつこい会話を繰り返してきていたとしても、態度で表したり厳しく指摘するのではなく、 簡潔に分かりやすくその行為をやめてほしいという気持ちを伝えましょう。 それによってお互いの関係にヒビが入ってしまう可能性も懸念されますが、ストレスを溜め続けてしまうよりは、関係を維持するためにも重要なことです。 優しく指摘するのは相手の為だと考えましょう。 以上保育士の助言サイトでした。

次の