北里 大学 丸橋 医師。 日本航空医療学会

CiNii Articles

北里 大学 丸橋 医師

科長 隈部 俊宏 北里大学病院は、神奈川県の4つの政令指定都市の一つである相模原市に存在しています。 神奈川県の北西部に位置し、東京都町田市に隣接しています。 脳神経外科では、この多くの人口を抱える地域の、頭部外傷・脳血管障害を中心とした全ての急性期脳疾患と、未破裂脳動脈瘤・硬膜動静脈瘻・慢性閉塞性脳血管障害・脳腫瘍の治療を受け持っています。 さらに脳腫瘍に関しては国内から広く患者さんを紹介され治療させて頂いております。 すなわち我々北里大学病院脳神経外科は、熱く、篤く、生きる人間の集団であります。 特徴・特色• 特定機能病院として広範な脳神経外科疾患を取り扱い、スタンダードな疾患治療から高度先進医療まで幅広く行っています。 小児脳腫瘍を含む脳腫瘍の治療には特に注力し、術中のナビゲーションや電気生理モニタリング、覚醒下手術による安全かつ最大限の摘出を目指します。 脳腫瘍は基本的に準緊急疾患です。 脳腫瘍患者さんに最適の医療を最短で届けること、に向かって手術部・放射線部・検査部を含め全ての部門が有機的に繋がっていることが特徴の一つです。 また長期にわたるフォローアップと念入りな追加治療がもう一つの特徴です。 重症頭部外傷・脳血管障害など急性期疾患は、救命救急センターと密な診療連携により迅速に対応しています。 これは大学病院としては極めて稀なことであり、最短で最高の医療を提供することができています。 脳内出血では、内視鏡を用いた脳内血腫除去術により大幅な手術時間短縮と予後の改善が得られています。 血管内治療による急性期血栓回収・脳動脈瘤塞栓術・ステント留置術等を積極的に行なっています。 パーキンソン病や本態性振戦などの機能的疾患に、脳深部刺激療法(DBS)および視床凝固術を行っています。 脳神経外科では、先生方からご紹介いただいた患者さんの待ち時間の短縮等を目的に紹介患者事前予約サービスを実施することになりました。 脳神経外科外来において、病診連携枠を設定し、紹介患者さんを事前に予約することにより診察待ち時間を短縮させ、患者さんへのサービスと円滑な病診連携を目指すものです。 地域の先生方から当院の担当者に直接電話でご依頼をいただき、その後脳神経外科の医師が申込書と情報提供書を基に予約時間を設定させていただきます。 患者さんは、予約日にご来院いただきますとすみやかに受診していただけます。 その後、担当した医師より紹介元の先生に診療結果報告書(返書)を送付させていただきます。 この事前予約サービスとは別に、紹介患者さんの診療受付は従来通りに行っておりますので、事前予約が取れない場合でも11時00分までにご来院いただきますようご説明をお願いします。 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 第1・3・5 初診 緊急時のみ 関口 朋子 関口 朋子 緊急時のみ 仁木 淳 交代制 再診 午前• 師田 信人 小児• 仁木 淳• 隈部 俊宏• 柴原 一陽• 隈部 俊宏• 秀 拓一郎• 佐藤 澄人• 小泉 寛之• 山本 大輔• 関口 朋子• 岡 秀宏 不定期• 清水 暁 隔週• 仁木 淳 再診 午後• 久須美 真理 不定期• 仁木 淳• 隈部 俊宏• 柴原 一陽• 藤井 清孝 第3週のみ• 隈部 俊宏• 秀 拓一郎• 佐藤 澄人• 脳性麻痺・痙縮外来• 関口 朋子• 仁木 淳• 清水 暁 (隔週)• 井上 智夫 医師名 職位・役職 専門分野 認定・専門医 隈部 俊宏 主任教授 脳腫瘍• 日本脳神経外科学会専門医• 日本がん治療暫定教育医• 日本小児神経外科学会認定医 岡 秀宏 教授 中枢神経系腫瘍 (間脳下垂体腫瘍、頭蓋底・脊髄腫瘍等) 神経内視鏡外科 小児神経外科• 日本脳神経外科学会専門医• 日本脳卒中学会専門医• 日本神経内視鏡学会技術認定医• 日本がん治療暫定教育医 秀 拓一郎 准教授 脳腫瘍 下垂体腫瘍 聴神経鞘腫• 日本脳神経外科学会専門医• 日本神経内視鏡学会技術認定医• 日本がん治療認定医 佐藤 澄人 講師 機能的脳神経外科(パーキンソン病) 脳神経外科全般• 日本脳神経外科学会専門医• 日本神経学会認定神経内科専門医 久須美 真理 助教 頭蓋底外科 血管障害 良性腫瘍 MVD• 日本脳神経外科学会専門医• 日本救急医学会(救急科専門医) 小泉 寛之 助教 脳神経外科全般• 日本脳神経外科学会専門医• 日本神経内視鏡学会技術認定医 仁木 淳 助教 脳神経外科全般• 日本脳神経外科学会専門医• 日本脳神経血管内治療学会専門医• 日本脳卒中学会専門医 関口 朋子 助教 脳神経外科全般• 日本脳神経外科学会専門医 柴原 一陽 助教 脳腫瘍 血管障害• 日本脳神経外科学会専門医• 日本脳神経血管内治療学会専門医• 日本がん治療認定医 松本 千尋 助教 脳神経外科全般• 日本脳神経外科学会専門医• 日本がん治療認定医 山本 大輔 助教 脳神経外科全般• 日本脳神経外科学会専門医• 日本脳神経血管内治療学会専門医• 日本神経内視鏡学会技術認定医 藤井 清孝 名誉教授 血管障害 もやもや病• 日本脳神経外科学会専門医• 日本脳卒中学会専門医 師田 信人 非常勤医師 小児神経外科 脊髄外科 機能的脳神経外科 (痙縮の外科)• 日本脳神経外科学会専門医• 日本小児神経外科学会認定医• 脊椎脊髄外科専門医• 日本神経内視鏡学会技術認定医.

次の

八戸市立市民病院 救急科(救命救急センター)

北里 大学 丸橋 医師

書名は「病家(病人のいる家)」+「須知(すべからく知るべし)」=家庭看護必携、家庭医学百科の意。 その内容は日々の養生の心得、病人看護の心得、食生活の指針、妊産婦のケア、助産法、小児養育の心得、当時の伝染病の考え方・処置対策、急病と怪我の救急法、終末ケアの心得から医師の選び方まで多岐にわたり、一般庶民向けに医学・衛生・保健知識を具体的にまとめた看護書としてわが国初のもの。 『病家須知』の存在は、これまで医学史・看護史の分野では知られてはいたが、その内容に触れることができるのは一部の研究者だけであった。 今回、この日本独自のヘルスケア・看護介護百科というべき内容を、初めて現代語訳を付して、誰もが活用できるように発行する。 原著者・平野重誠について 平野重誠(1790〜1867)。 武士出身。 医学館督事(幕府の医学校校長)・御匙(将軍の主治医)である多紀元簡に学び、その技量に一目置かれたエリートであったが、官職につかず町医者として庶民の治療に専心。 42歳になって満を持して著した処女作がこの『病家須知』。 以降、多くの著作を重ね重誠の医学者・臨床家としての優れた業績は、浅田流漢方の流れをくむ安西安周や昭和期漢方復興運動の中心人物であった大塚敬節らの臨床家をはじめ、日本医学史研究の泰斗である富士川游ら、斯界の権威が刮目し、太鼓判を押す優れたもの。 今、170余年という星霜を経、新たに翻刻・現代語訳・注解されて現代に蘇ることになった。 まことに意義深いことである。 この難事業に取り組み、快挙をものされたのは看護史研究会の篤志家の先生方である。 看護史研究会のうちの数名の先生とは従来、日本医史学会を通じて若干の面識はあったが、研究分野も異なり、そう親しい関係ではなかった。 「『病家須知』の訳注研究をしているので、漢方の考え方や歴史についての基本的な話をしてほしい」という看護史研究会の先生の要請を承けて、世田谷千歳烏山の会場に赴いたのは平成15年11月24日のことだった。 詳細は失念したが。 『病家須知』や平野重誠のことについてご質問を受けたように思う。 なるほど本気で作業に取り組んでおられる様子は理解できたが、失礼ながらそう簡単に事が成就し、今日を迎えることができようとは当時の私には思えなかった。 『病家須知』は医家ではない一般人にも理解できるよう、仮名交じりの和文で書かれ、おおむね漢字には正式な音訓ではなく俗語(口語)で意訳したルビが振ってある。 それが今となってはかえってむつかしいばあいも少なくない。 現代では使われない古語もあり、また仮名も変体仮名が用いられていて、古文や漢文の知識に通じていなければ解釈の容易ではないこともある。 看護史研究会の先生方は、そんな私の予想をみごとに裏切り、その後『病家須知』の原稿や校正を次々と私のもとに送ってこられ、また何度も私の北里研究所東洋医学総合研究所医史学研究部に足を運ばれることになった。 その熱意と努力には負けたというよりほかはない。 本書の監修者として依頼を受けたときには驚いた。 とうてい私の任ではないが、情熱に押しきられて固辞しきれなかったことは今でもいささか悔やんでいる。 監修者としての責を果たしていないことをお詫び申し上げる。 ともあれ、日本の誇るべき江戸文化の一端を現代に蘇らせた本書の出版は、斯界の一大慶事である。 原著者・平野重誠先生も天界にあっていかに喜び、編著者の先生方に感謝していることか。 これを機会に重誠先生の業績が再認識され、他の著述にも光が当てられることを願わずにはいられない。 不断の努力を積まれ、本書を完成させた看護史研究会の編著者の先生方には満腔の敬意を表し、同会のさらなる発展を祈りつつ筆を置く。 平成18年6月21日 小曽戸 洋.

次の

病家須知(びょうかすち)平野重誠_農文協刊行

北里 大学 丸橋 医師

科長 阿古 潤哉 副院長(危機管理・医療安全担当) 北里大学病院循環器内科は、患者さんと地域に還元できる高度な医療を提供します。 虚血性心疾患だけでなく、経カテーテル的大動脈弁植え込み術(TAVI)をはじめとする心臓弁膜症や、慢性肺血栓塞栓性肺高血圧症、心房中隔欠損症に対するカテーテル治療も開始しております。 各種不整脈についてもカテーテルアブレーションやペースメーカーなどのデバイス治療もその実施数は県内有数になっています。 以前より定評のある心不全治療についても、二次性心筋症の診断から慢性期の治療、さらには埋め込み型補助人工心臓の管理も行うなど心臓血管外科とも協力しながら包括的な体制を確立しております。 特徴・特色• 虚血性心疾患に対するカテーテル治療• 大動脈弁狭窄症に対するバルーン拡張・弁留置術• 僧房弁狭窄症に対するバルーン拡張術• 心房中隔欠損症に対するカテーテル閉鎖術• エキシマレーザーによる冠動脈治療• 心房細動に対する高周波カテーテルアブレーションクライオバルーンアブレーション• 頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション• 致死性不整脈に対する植込み型除細動器移植術頸静脈的リード植込み、及び完全皮下植込み型• 徐脈性不整脈に対するペースメーカー移植術リードレスペースメーカーを含む• エキシマレーザーによるリード抜去術• 慢性心不全に対する集約的内科治療重症心不全に対する心室再同期療法補助人工心臓(体外式・体内埋め込み式)• 当科は紹介患者さんを優先して診療すべく、紹介状外来を別途設置しております。 11時00分までに来院くださいますよう患者さんにお伝えください。 紹介状外来の事前予約も可能ですので、積極的にご利用頂ければ幸いです。 造影剤を用いた検査を行う場合がありますので、ヨードアレルギー、体内金属の有無および肝・腎機能障害等がございます場合はご教示ください。 貴院で施行した心電図などの生理検査、採血検査、画像所見があれば、持参していただいてください。 病状安定後は、逆紹介をお願いしております。 その際に希望により心臓二次予防センターへの登録も行っております。 心臓二次予防部門に登録されている患者さんにつきましても、定期検査予約のための受診に際して診療情報提供書が必要となります。 お手数をおかけいたしますが、前回の検査以降に変化があったかどうか、処方内容の変更の有無を含め、情報提供をお願い申し上げます。 また心臓二次予防部門に登録されている患者さんの循環器疾患が悪化した際には、循環器内科紹介状外来にご紹介ください。 成人先天性心疾患外来のお知らせ 先天性心疾患(生まれつきの心臓の病気)をお持ちの方の専門外来です。 すでに診断を受け、通院中の小児科から内科に移行したい方、大人になってから診断を受けられた方の診療を行っております。 初診の方 毎週金曜日午前の内科総合外来・紹介状外来(循環器内科/担当医 小板橋俊美)にお越し下さい。 再診の方 火曜日午後と水曜日午前の内科専門外来・特別管理外来で診察いたします。 (担当医:火曜日 小板橋俊美、水曜日 藤田鉄平) 全身性野生型トランスサイレチン心アミロイドーシス患者へのビンダケル導入に関して 当院は「全身性野生型トランスサイレチン心アミロイドーシス」患者へのビンダケル導入認定施設です。 同疾患の方で当院での導入希望がありましたらご連絡ください。 処方にはいくつかの条件があることから、患者さんを実際にご紹介頂く前に、担当医と情報共有をさせていただくことを推奨しております。 ご依頼の際はトータルサポートセンター病診連携担当『』をご利用ください。 専門医が応需可能か確認いたします。 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 第1・3・5 内科専門外来 (再診) 午前• 阿古 潤哉• 亀田 良• 鍋田 健• 庭野 慎一• 下浜 孝郎• 目黒 健太郎• 藤田 鉄平• 青山 直善• 池田 祐毅• 藤田 鉄平 及川 淳• 南 尚賢• ペースメーカー外来 庭野 慎一• 深谷 英平 内科専門外来 (再診) 午後• 小板橋 俊美• 前川 恵美• 石井 俊輔• 小板橋 俊美• 岸原 淳• 石末 成哉• 熊谷 雄治• 石井 俊輔• 鍋田 健• 東條 美奈子• 及川 淳• ICD外来 石未 成哉• 橋本 拓弥 二次予防外来 午前 後期研修医 及川 淳 北里 梨紗 北里 梨紗 後期研修医 二次予防外来 午後 東條 美奈子 後期研修医 北里 梨紗 後期研修医 北里 梨紗 医師名 職位・役職 専門分野 認定・専門医 阿古 潤哉 教授 科長 虚血性心疾患 循環器一般• 日本内科学会総合内科専門医• 日本循環器学会循環器専門医• 日本老年医学会老年病専門医 庭野 慎一 診療教授 不整脈 アブ レーション• 日本内科学会認定内科医• 日本循環器学会循環器専門医• 日本不整脈心電学会認定不整脈専門医• 植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修修了証• 身体障害者福祉法指定医 心臓機能障害 青山 直善 教授 (総合診療部) 救急内科長 循環器一般 内科救急• 日本内科学会総合内科専門医• 日本循環器学会循環器専門医• 日本再生医療学会認定医• 日本内科学会JMECCインストラクター• 日本病院総合診療医学会認定病院総合診療医 東條 美奈子 教授 (医療衛生学部) 心血管病予防医学 内部障害リハビリテーション• 日本内科学会総合内科専門医• 日本循環器学会循環器専門医• 心臓リハビリテーション認定医• 日本医師会認定産業医• 身体障害者福祉法指定医 心臓機能障害 下浜 孝郎 診療准教授 外来主任 カテーテル主任 冠動脈イメージング 心臓カテーテル治療• 日本内科学会総合内科専門医• 日本循環器学会循環器専門医• 日本心血管インターベンション治療学会認定医• 日本医師会認定産業医• 日本スポーツ協会公認スポーツドクター 小板橋 俊美 講師 心不全 心エコー 成人先天性心疾患 サルコイドーシス• 日本内科学会総合内科専門医• 日本循環器学会循環器専門医• 日本超音波医学会超音波専門医• 日本超音波医学会超音波指導医• 植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる治療(CRT)研修修了証• SHD心エコー図認証医• 身体障害者福祉法指定医 心臓機能障害• 成人先天性心疾患暫定専門医• 日本心エコー図学会認定心エコー図暫定専門医 目黒 健太郎 講師 病棟主任 ストラクチャー心疾患 心臓カテーテル治療 末梢血管カテーテル治療• 日本内科学会総合内科専門医• 日本循環器学会循環器専門医• 日本心血管インターベンション治療学会専門医• 日本不整脈心電学会認定不整脈専門医• 心臓リハビリテーション認定医• 植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる治療(CRT)研修修了証• 日本心臓血管内視鏡学会認定医• 腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医• 経カテーテル的大動脈弁置換術 TAVR 実施医・指導医• 身体障害者福祉法指定医 心臓機能障害 深谷 英平 講師 医局長 不整脈 アブレーション デバイス治療• 日本内科学会総合内科専門医• 日本循環器学会循環器専門医• 日本不整脈心電学会認定不整脈専門医• 植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修修了証• 救急医学会ICLSインストラクター• 日本内科学会JMECCインストラクター• 身体障害者福祉法指定医 心臓機能障害• 日本スポーツ協会公認スポーツドクター 南 尚賢 診療講師 冠動脈イメージング 心臓カテーテル治療• 日本内科学会認定内科医• 日本循環器学会循環器専門医• 日本心血管インターベンション治療学会認定医 亀田 良 診療講師 冠動脈イメージング 心臓カテーテル治療• 日本内科学会認定内科医• 日本循環器学会循環器専門医• 日本心血管インターベンション治療学会認定医• 日本医師会認定産業医• 身体障害者福祉法指定医取得 心臓機能障害 岸原 淳 診療講師 不整脈 アブレーション デバイス治療• 日本内科学会総合内科専門医• 日本循環器学会循環器専門医• 日本不整脈心電学会認定不整脈専門医• 植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修修了証• 身体障害者福祉法指定医 心臓機能障害 前川 恵美 助教 心臓リハビリテーション 心エコー 心不全• 日本内科学会総合内科専門医• 心臓リハビリテーション指導士• SHD心エコー図認証医• 日本医師会認定産業医 佐藤 伸洋 助教 心臓カテーテル治療• 日本内科学会認定内科医• 日本循環器学会循環器専門医• 救急科専門医 石井 俊輔 助教 心不全 肺高血圧症• 日本内科学会総合内科専門医• 日本循環器学会循環器専門医• バルーン肺動脈形成術(BPA)実施医• 植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修修了証• ビンダケル処方認定医 及川 淳 助教 不整脈 アブレーション デバイス治療• 日本内科学会総合内科専門医• 日本循環器学会循環器専門医• 日本不整脈心電学会認定不整脈専門医• 植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)研修修了証 橋本 拓弥 助教 心臓カテーテル治療• 日本内科学会総合内科専門医• 日本循環器学会循環器専門医• 日本心血管インターベンション治療学会認定医 鍋田 健 助教 心不全・心筋症・心臓イメージング• 日本内科学会認定内科医• 日本循環器学会循環器専門医 池田 祐毅 助教 心不全• 日本内科学会認定内科医• 日本循環器学会循環器専門医• ビンダケル処方認定医 石末 成哉 助教 不整脈• 日本内科学会総合内科専門医• 日本循環器学会循環器専門医• 日本不整脈心電学会認定不整脈専門医 藤田 鉄平 助教 成人先天性心疾患 心不全 SHD心エコー• 日本内科学会認定内科医 北里 梨紗 助教• 木下 大資 助教 心臓カテーテル治療• 日本内科学会総合内科専門医• 日本循環器学会循環器専門医.

次の