ニュー タント。 新型タントでダイハツの次世代技術DNGAの実力を試す:日経ビジネス電子版

新型タント ハスラー N

ニュー タント

今回は、2019年7月にフルモデルチェンジをしたニューモデルについて、新たに装備されたすごい新機能の紹介や、これだけは付けておきたいオプション装備、そして気になる値段などについて書いていきます。 これから購入を検討中の方は是非参考にして下さい。 何が変わった?新型タント それではここからは、新型タントが旧モデルと比べて何が大きく変わったかについて書いていきます。 デザイン 変更点としてまず第一にデザインが大きくかわりました。 ヘッドライトは少し横長に、テールランプは縦長に変更され、ライバル車の「N-BOX」や「スペーシア」に近いデザインになりつつあります。 下の写真は旧モデルですが、旧モデルと比較すると新型のほうが少しドライビングポディションが高くなっている印象です。 これにより、より視界の確保が出来るので、運転が楽になる事が予想されます。 インテリアに関しても大きく変更がされました。 タントの大きな売りである「視界の良さ」はそのままに、シート生地の見直しやドア内張りにはキルティング加工されたような装飾、そしてエアコン吹き出し口にオシャレなアクセントカラーを配置させ、女性ユーザーも意識したオシャレなインテリアに仕上がっております。 また、メーターに関しては前モデルまで採用していた車両中央に配置するセンターメーターを、本モデルから大型のメーターパネルを運転席側全体に配置させ視認性が大きく向上しています。 表示に関してもデジタル表記されており、下の旧モデルのインテリアの写真と比較するとメーターの見やすさは一目瞭然です。 旧モデルから続くピラーレス大開口ドア「ミラクルオープンドア」に関しては健在で、新たに加わったロングスライド機能により、とり室内外へのアクセスが容易になっています。 5cm広くなっています。 パワートレイン 今回のフルモデルチェンジに伴い、ダイハツは新たなパワートレインを開発し、その第一弾としてタントに搭載しました。 エンジンに関しては全ての部品の見直しを行い、高回転時に不足しがちなパワーを1回で 2回 点火を行う「マルチ スパーク」を採用して改善。 トランスミッションに関しても「パワースプリット技術」を採用し、ベルトとギアの両方で効率良くミッションを駆動させる「D-CVT(デュアルモードCVT)」となりました。 これにより燃費だけで無く、必要の無い高回転での走行が減ることで静粛性も高まります。 安全装備 安全装備については従来の自動ブレーキ機能や警告機能が付いた「スマートアシスト3」を大幅に改良し、様々新機能が追加された「次世代スマートアシスト」になりした。 従来の機能との比較を下記に記載します。 従来からのスマートアシストの機能 ・衝突回避支援ブレーキ ・衝突警報システム ・車線逸脱警報機能 ・前後ご発進抑制機能 ・先行車発進おしらせ機能 ・オートハイビーム ニューモデルから追加された機能 ・車線逸脱抑制制御機能 ・アダプティブハイブーム ・標識認識機能 ・前後コーナーセンサー ・全車速追従機能付きアダプティブクルーズ ・レーンキープコントロール機能 ・スマートパノラマパーキング機能 ・パノラマモニター ・サイドビューランプ いかがでしょうか?グレードにより装備される内容は多少異なりますが、一昔前までは高級車にしか装着されていなかったような安全で尚且つ便利な機能が、ニューモデルのタントに装備されています。 ニューモデルの次世代スマートアシストの機能一覧は下記をご覧下さい。 追加された新機能の数々 ニューモデルのタントには様々な新機能が追加されましたので、そちらもいくつか下記に紹介していきます。 そして予約した後に買い物などを終えて車に戻れば、パワースライドドアが自動で開くようになっており、荷物の多い買い物などの時に非常に役立つ機能となっています。 タッチ&ゴーロック機能 この機能も大変便利な機能です。 従来のパワースライドドアは、完全に閉まりきるまでドアロックが掛けることができませんでした。 それにより、同乗者が降りてからパワースライドアが締まりきるのをじっと待つ必要があり、ドアが閉じきってからドアロックをする必要がありましたが、この機能が装着されたことによりドアが締まりきるのを待たずしてドアロックをかけることが可能になりました。 助手席イージークローザー こちらも軽自動車初の機能で、助手席を軽く半ドアの位置まで閉じるだけで、その後は車が自動でドアを閉めてくれる機能です。 力の弱い子供やお年寄りでも簡単に助手席を締めることができます。 また、助手席ピラーレスのタントは、助手席を強く締めるとその分衝撃が室内に伝わりやすく、同乗者に不快な思いをさせていまいがちですが、この機能がある事でその心配はありません。 運転席ロングスライド こちらも軽初の機能で、子育て世代のパパママに非常にうれしい装備です。 インパネや運転席リアのスイッチを押してシートをスライドさせると、運転席が最大540mm前後にスライドし、リアシートに居るお子様や荷物へのアクセスが容易に可能となります。 スマートクルーズパック 「スマートクルーズパック」とは、先にも記載した「全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール」や「レーンキープコントロール」などがセットになったオプション装備です。 前を走る車を設定速度で追従を行うアダプティブクルーズコントロールは、長距離運転や渋滞時の運転の疲れを緩和に大きく寄与してくれる装備です。 スマートパーキングアシスト こちらは一言で言うと自動駐車システムです。 通常の駐車場への車庫入れだけでなく、縦列駐車なども可能で、音声とモニターでアシストだけで無く、ハンドルの操作までを車が行うので、ドライバーはアクセルとブレーキにる速度調整のみで車庫入れが可能です。 いかがでしょうか?ここまでで紹介した機能は追加された新機能の一部でしかありませんが、本当に様々な便利で安心な機能がありますね? インテリアについての様々な新機能は下記の動画をご覧下さい。 新車で購入する時の注意点や装着しておきたいオプションはこれ! それでは最後に、新車でオーダーするときの注意点や、これだけは付けておいたほうがよいオプションを書いていきます。 1、スマートアシスト非装着は選んではダメ 「L」のグレードに「スマートアシスト非装車」が選択できるようになっていますが、非装着とはその言葉のとおり、安全運転支援システム「スマートアシスト」が装着されないことです。 こちらのグレードの選択は当社ではオススメしておりません。 自動ブレーキ装着車だと任意保険料が安くなるプランも各社から出だしてきてますし、せっかく次世代スマートアシストとしてパワーアップしたので、事故防止の為にもこれだけはつけておいて欲しい装備です。 2、グレードは「X」以上がオススメ オススメのグレードはスバリ「X」以上のグレードです。 長距離運転が多い方やストレス無くスムーズに走りたい方はターボが装着され加速性能が良くなる「Xターボ」「カスタムXターボ」を、普通に走れば十分という方は「X」「カスタムX」を選択するのがベターです。 新車価格が一番安価の「L」と「X」には約15万円ほど新車価格に開きがありますが、「X」以上のグレードから「パワースライドドア」や「スマートキー」「助手席イージークローザードア」などの便利機能に加え、コーナーセンサーや故障警告などを映し出す「TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ」が装備されます。 また標識認識機能も装備されるので、安全面でも変わってきます。 TFTメーター内に様々な情報が表示されます これだけ装備が違い、しかも新型ならではの新しい装備が堪能できる新しくなったタントなので、少し予算を伸ばして「X」以上を購入していただくことをオススメします。 3、ナビは社外でも「純正ナビ装着アップグレードパック」は装着すべき 「純正よりも安いから」「社外品の高性能なナビを装着したい」という方もいらっしゃいますが、ナビゲーションを社外で装着する方でもメーカーオプションの「純正ナビアップグレードパック」は装着しておいたほうが良いです。 「純正ナビアップグレードパック」とは27,000円(税込)で装着できる「バックカメラ」や「オーディオコントロールステアリングスイッチ」などがセットになったオプションですが、こちらの機能はダイハツ以外の社外品のナビゲーションにも対応しています。 あとからバックカメラを装着するのと同じ価格位で装着ができ、しかも新車オーダー時でなければ装着出来ない「ステアリングスイッチ」も装備されるので、必ず装着したほうが良いと言えます。 4、予算があれば付けておきたいオプション装備 もし予算がある、若しくは予算を伸ばすことが出来るなら下記のオプションも追加したいところです。 ・「X」「Xターボ」のグレードに「右側パワースライドドア」(OP価格税込54,000円) ・「Xターボ」「カスタムRS」に「スマートクルーズパック」(OP価格税込み54,000~59,000円) こちらの装備は快適性があがるだけで無く、リセールバリュー(売る時の価格)にも大きく関わってくるオプション装備になります。 アダプティブクルーズ走行イメージ 購入時に5~6万円のオプション価格を支払いこれらの装備を装着しても、5年後、7年後などに車を売却するときにはプラス査定として評価され、買取り価格がアップします。 もしご予算に限りがあり、尚且つ廃車になるまで乗りつぶすということならリセールのことは関係無いですが、10年以内8万km以内に売却をする可能性があるならば装着しておくとプラス査定になります。 まとめ いかがでしたでしょうか?本日はニューモデルとしてデビューしたての「タント」をご紹介させていただきました。 もちろん買いとリースでも「タント」「タントカスタム」をリースでお乗りいただくことが出来ます。 しかも、ただ今キャンペーン中に付き、頭金0円、ボーナス払い無し、しかも最新ナビに純正ナビアップグレードパックまで装着済みの5年契約で月々1万円代からお乗りいただけます。 是非タントの紹介ページをご覧下さい。

次の

新型タントでダイハツの次世代技術DNGAの実力を試す:日経ビジネス電子版

ニュー タント

詳しくは、販売会社におたずねください。 エコカー減税(環境対応車普及促進税制)による自動車重量税の軽減率。 2021年4月30日まで。 詳しくは、販売会社におたずねください。 グリーン税制(グリーン化特例)による軽自動車税(種別割)の軽減率。 対象は、2021年3月31日までの新車新規届出車。 翌年度分の軽自動車税(種別割)に適用。 詳しくは販売会社におたずねください。 国土交通省審査値。 燃料消費率は定められた試験条件での値です。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。 市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での 走行を想定しています。 スマートクルーズパック装着車は24. 全ての年代の方にお勧めしていますが、高年齢層の方に多いペダル踏み間違い事故を起きにくくする装置なども備えていますので、高齢者の皆様には特にお勧めしています。 詳しくはをご覧ください。 価格は販売会社が独自に定めていますので、詳しくは販売会社におたずねください。 実際の走行状態を示すものではありません。 詳しくは販売会社におたずねください。 詳しくは、販売会社におたずねください。 エコカー減税(環境対応車普及促進税制)による自動車重量税の軽減率。 2021年4月30日まで。 詳しくは、販売会社におたずねください。 グリーン税制(グリーン化特例)による軽自動車税(種別割)の軽減率。 対象は、2021年3月31日までの新車新規届出車。 翌年度分の軽自動車税(種別割)に適用。 詳しくは販売会社におたずねください。 国土交通省審査値。 燃料消費率は定められた試験条件での値です。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。 市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での 走行を想定しています。 スマートクルーズパック装着車は24. 全ての年代の方にお勧めしていますが、高年齢層の方に多いペダル踏み間違い事故を起きにくくする装置なども備えていますので、高齢者の皆様には特にお勧めしています。 詳しくはをご覧ください。 価格は販売会社が独自に定めていますので、詳しくは販売会社におたずねください。 実際の走行状態を示すものではありません。 詳しくは販売会社におたずねください。

次の

【公式】タントの新車価格とグレード|ダイハツ

ニュー タント

タントは、昨今の軽自動車では人気のカテゴリー「スーパーハイトワゴン」の先駆者として2003年に登場。 ボディサイズに制約のある軽自動車とは思えないほどに広大な室内空間を持ち、2007年に発売された2代目では乗降性を向上させるために助手席側のBピラーを取り払った「ミラクルオープンドア」を採用するなど、他の軽自動車にはない魅力を持つことで人気を得た。 ダイハツ 新型「タント」には、先代と同様に助手席側にBピラーがなく、大開口の「ミラクルオープンドア」が採用されている タントは2003年の発売時から2019年の現在まで、軽自動車の販売ランキングで常にトップ5圏内に入るほどに売れ続けている、ダイハツの基幹車種だ。 今回、そんなタントが内外装からプラットフォーム、エンジン、サスペンションに至るまで、すべてを刷新した新型モデルとして登場した。 4代目となる新型タントの価格とグレードラインアップについては、以下のとおりだ。 ダイハツ 新型「タント」では、運転席が後方へ大きくスライドすることによって、後席に直接アクセスできるようになった さらに、新型タントでは運転席が前後に大きくスライド(最大540mm)できるようになった(世界初)。 これによって、運転席から後席へ直接室内移動(室内ウォークスルー)することが可能になり、たとえば運転席の母親が後席に座る子供のところまで車内で移動して、子供を抱えながらミラクルオープンドアを開けてそのまま降りる、といったことができるようになったのだ。 ダイハツ 新型「タント」には、フロントドアハンドルに触れることで施錠できる「タッチ&ゴーロック」機能が搭載されている さらに、クルマから降りたあとの施錠は、わざわざ鍵を出す必要はなく、フロントドアハンドルに手を触れるだけでドアロックできる「タッチ&ゴーロック」機能で施錠することができる。 このタッチ&ゴーロック機能は、軽自動車初の装備だ。 クルマに近づくだけで、パワースライドドアを自動でオープンさせることができる「ウェルカムオープン」機能は、インパネにある時計マークのボタンを押すことで予約することができる ちなみに、あらかじめ車内のインパネにあるスイッチを押すことで、クルマに戻ってきた際にスライドドアが自動で開くように予約することができる「ウェルカムオープン機能」も新型タントに搭載されている。 この機能は、買い物や子供を抱えているなどによって、両手がふさがれているときなどに便利だ。 このウェルカムオープン機能も、軽自動車では初となる。 先代タントでは「スマートアシストIII」と呼ばれる安全装備が採用されていたのだが、新型タントにはさらに進化を遂げた先進の安全技術が搭載されている。 新型タントには、「次世代スマートアシスト」と呼ばれる安全機能のほか、新たに運転支援機能の「スマートアシストプラス」が加わり、全15個もの安全機能が採用されている。 クルマを駐車する際、カメラが駐車枠の白線を検知してステアリング操作をアシストしてくれるもので、ドライバーは音声と画面のガイドに従うだけで駐車することができる。 さらに、この機能は並列駐車だけでなく縦列駐車に対応しているというのも魅力的だ。 新型タントでは、「DNGA(ダイハツ ニュー グローバル アーキテクチャ)」と呼ばれる新たな開発技術が採用されている。 このDNGAによって、プラットフォームを含むさまざまなパーツを複数のダイハツ車に搭載できるよう一括開発して共通化し、効率的に刷新することが可能になったという。 今回、そのDNGAの第1弾となる新型タントでは、プラットフォームからボディ、エンジン、トランスミッション、サスペンションに至るまで走行性能を左右するあらゆるパーツが刷新されている。 新プラットフォームについては、従来と比べて曲げ剛性を30%アップさせながら、40kg軽量化。 エンジンは、日本初となるマルチスパーク(複数回点火)の採用などで燃費をアップさせている。 CVTは、従来のベルト駆動に加えて世界初のスプリットギヤを組み込むことで、低速域のパワフルな加速と高速域における燃費のよさを両立。 サスペンションは、部品の配置や角度を見直すことなどによって、操縦安定性と心地よい乗り心地を実現しながらも、約10kgの軽量化が施されている。 ダイハツ 新型「タント」の走行イメージ これまでのタントは、使い勝手の高さという点においては秀でていたものの、走りについては車重の重さなどがネックとなっていた。 それが、DNGAによって走りに重要な多くのパーツが刷新されたことによって、ホンダ「N-BOX」やスズキ「スペーシア」といったライバル車に肩を並べるほどになったと言える。 そして、従来のミラクルオープンドアの機能をさらに高めたり、ファミリーにおける使い勝手のアップや安全性能の大幅向上など、新型タントは飛躍的な進化を遂げている。 ダイハツは今後、この新型タントを皮切りにDNGAによって部品を共有化した新型車を次々と投入していく。 ダイハツによると、新型車の投入ペースはこれまでの1. 5倍にスピードアップし、2025年までに15タイプ、21車種に新プラットフォームを展開していくという。 新型タントは、その第1弾として重要な役割を担うことは間違いないが、さらにN-BOXやスペーシアといった強力なライバルたちを相手にどこまで迫れるのかにも注目したい。

次の