芦屋 金持ち。 大八木淳史の芦屋大学学園の評判&家族は嫁と息子?

愚問ですが、なぜ関西のお金持ちは山側に住み(芦屋、神戸などの山手) 東京方面のお金持ちは海側が多いの

芦屋 金持ち

街の場所 兵庫県芦屋市 街とセレブの歴史 芦屋は古典文学にもたびたび登場するほど、歴史のある街です。 もともとは田園風景が広がっている農村でしたが、緑豊かで温暖な気候から多くの人が転居してきたとされています。 昔は、京都と地方を結ぶ交通の要所としても知られていたそうです。 その後、昭和初期には駅から遠い立地を活かして作られた高級住宅地「 六麓荘町」ができ、関西でも有数の高級住宅地にまで成長したとされています。 芦屋のセレブ 超高級住宅地として知られている芦屋。 資産家も多く暮らしており、家にテニスコートやプールがある家も数多く存在しています。 芦屋川沿いや山手には豪邸が集中しており、とくに町内会による景観・建築規定が厳しい「六麓荘町」には、日本でトップクラスの大富豪が多く住居(主に別荘)を構えていると言われています。 また、一時期、芦屋に住む専業主婦のゴージャスなセレブ女性・奥様たちを「 アシヤレーヌ」と呼ぶこともありましたが、このワードはほとんど浸透していません。 景色も美しく、閑静な住宅街として住民たちから愛されています。 city. ashiya.

次の

芦屋の超高級住宅街「六麓荘町」を知ってる?その景観を守る町内会の取り組みとは

芦屋 金持ち

2005年に始まった大手会社7社が運営する新築物件サイト「MAJOR7」の「住んでみたい街アンケート 関西圏」では、JR芦屋が2012年まで首位を独占。 2013、2014年は2位になったが、2015年には再び1位に返り咲いた。 江崎グリコ社長、UCC社長らそうそうたる経営者が大豪邸を構え、芸能界では、最近、天童よしみが1000坪を超える豪邸を建てて話題になった。 芦屋出身の鉄道アナリスト、川島令三さんが六麓荘町のすごさをこう語る。 「東京の田園調布なんて、六麓荘町と比べればチンケなもんです。 車がないと門から家まで行けないほど広くて、庭の池に屋形船を浮かべている家まである。 芦屋のなかでも別格です。 かく言う私は阪神電車沿線の下町育ちで、高級でもなんでもないですが(苦笑)」(川島さん) 芦屋は人口約9万5000人、面積は自転車で15分も走れば東西に横切れるくらい狭いが、「何線沿線に住んでいるか」で大きな格差がある。 高級住宅街と呼ばれるのは阪急沿線から北の山手という地域。 阪神沿線は『海側』といわれ、庶民の町とされている。 『阪急信者』という言葉もあるほど阪急の乗客はお上品で、阪神のことをガラが悪いと思っており、逆に阪神沿線の住民は阪急沿線に対して『気取っている』と思っています。 まあ、狭い街なので和気あいあいとやっていますが…」(川島さん) 阪神・淡路大震災の時、阪神の乗客はデイパックで、阪急の乗客はヴィトンのバッグで買い出しに行ったという都市伝説もあるほどだ。 「阪急沿線に住んでいることには誇りを持っていますね。 普段東京や大阪で声をかけられる時は、『ジャルジャルの福徳やん!』って指を差されることが多いんですが、この間、実家の近所で小学生に『ジャルジャルの福徳様でしょうか。 握手していただいてよろしいですか』と声をかけられたんです(笑い)。 地元ながら、なんてお上品な街なんやと。 ここは海を埋め立てて再開発し、市営住宅などが建ち並ぶ住宅街になっている。 「山手の住民たちは芦屋浜を『埋め立て地』『ニセ芦屋』と呼び、『あんなもん芦屋ちゃう』とまで言う。 私は大阪から引っ越してきたんですが、ホンマ腹立ちます。 10才から芦屋で育ち、一度は離れながらも現在は結婚を機に再び芦屋に住んでいる映画監督の大森一樹さん(64才)が言う。 「ぼくは神戸とか阪神間と答えます。 『芦屋です』と言うと『ああ、いっぱいお金を出して映画を作ってらっしゃるんですね』という反応をされるので。 芦屋といってもお金持ちなんかごくごく一部。 女性は『芦屋出身のお嬢さん』と言われるから、いいんでしょうけどね」(大森さん) 同じく、福徳も住まいを聞かれたら「神戸市」と答えると言う。 「10代後半の頃に運転中、車にぶつかったことがあって、警察を呼んで住所を書いたら、それまでなんともなかったおっちゃんが急に、『首痛いわ〜』と言い始めたんです。 たぶん、たかれると思ったんでしょうね」(福徳) 芦屋出身を隠しつつも、芦屋市民たちの地元愛は強い。 川島さんは「おぼっちゃまと思われるのがとにかく嫌」と言いつつも、こう語る。 「私は今、山梨に住んでいますが、2か月に1回は芦屋へ帰り、市内唯一のホテル『ホテル竹園芦屋』に泊まります。 芦屋は静かでいい街ですよ。 山も海も近いし、イノシシが出るほど自然も豊かだし」(川島さん) 東京に事務所を構える大森さんも「東京に住みたいとは思わない」と語る。 「東京は人が多すぎるし、ごちゃごちゃしている。 それに比べて芦屋は、やっぱり街がきれいなんですよ。 この間の日曜には、クリーンデーといって、町の人が集まってゴミ拾いをしていました。

次の

芦屋六麓荘町のセレブ富裕層&お金持ち

芦屋 金持ち

ま、関西の人は関西が一番と思っていますから、別に反対はしませんけれどなんとも単純に説明のし難い質問ですね。 私は関東育ちなので関西は分かりませんが、あなたのおっしゃるお金持ちとは、どういうお金持ちを言うのでしょうか? 歴史としては、関東と関西で言えば、江戸や明治などでは関東が武家社会なのに対し、関西は商人社会。 単純に資産などを比べれば、関西の方がお金持ちが多かったことでしょう。 その人達が、流通の良い大阪などを商売の地と考え、暮らしには環境のいい山側に居を構えたことは自然なことです。 対して関東は、江戸から東京にかけて、そこが政治の地ですから人が多く集まり、人口過密が課題となります。 そこで、土地不足により埋め立てが広く事業化されましたし、それは現在でも続いています。 ただ、関東ではGHQによる農地改革が大きく響いたことと思います。 お金が流通していた関西に比べ、関東はまだ土地と米制度でしたから。 関東でも、古くからのお金持ちは大きな土地を持ち、埋立地ではないところに家がありますよ。 しかし、現在でもやはり「東京」というネームバリューは全国区です。 しかし東京にはもう土地がない。 従って、埋立地でもなんでもバンバン超高層ビルを建ててしまう不動産屋がいれば、そこを買う人がいる。 この人達がそこを終の棲家と考えているかどうかは疑問ですが。 ただ、現在関西の海を埋め立てて超高層ビルを建てても、東京ほどは人が入らないからやらないのでしょう。 何が言いたいかというと、都市としての事情が違うので、一概な比較はできないということです。 ナイス: 0.

次の