マチルダ アジャン。 「機動戦士ガンダム」マチルダ・アジャンの名言まとめました

EB1

マチルダ アジャン

劇中での活躍 [ ] の補給部隊の隊長で階級は。 大学から士官学校へ編入という経歴を持つと言われる。 将軍の特命により、ミデア輸送機のみという大胆な編成で護衛もなく、の元へ赴き多量の物資を送り続けている。 その補給は孤立無援で戦闘をし続け疲弊していたホワイトベースクルーにとって、物心両面においてまさに渇きを癒すオアシスともいうべきものと言える。 初登場時、ガンダムを使いこなすを「かも」と評した台詞は、後の話数にも再三にわたって引用されている。 第24話では部隊へ志願した理由を問うアムロに対して、「という破壊の中で、唯一、物を作って行くことができるため」と語っている(漫画『』では、これら補給部隊にいる理由や心情を語る場面が、アムロとの最後の会話に差し替えられている)。 前のの強襲時には、エンジンの修理が終わったばかりのホワイトベースを救うため自らのミデア輸送機を発進させ、ガンダムにジェットストリームアタックを仕掛ける黒い三連星のに機銃掃射をしながら割って入り、のドムへ体当たりを敢行する。 しかし、激昂したオルテガにより、乗機のを叩き潰されする(劇場版では、散りゆく彼女のイメージをアムロが幻視するシーンが加えられている)。 劇場版『哀・戦士編』では、によるの弔い合戦よりも前に黒い三連星との戦闘が行なわれている関係から、よりも先に戦死したかたちとなっている。 そのため、ハモンのに背後を取られ絶体絶命となったアムロの脳裏に、マチルダが稲妻のようなエフェクトと共に現れ「大丈夫」と声をかけるシーンが追加されている。 これが劇場版における描写の嚆矢であり、直後にリュウの操縦するがマゼラトップと激突し、アムロは窮地を脱している。 その後、ホワイトベースがに到達する第29話では、マチルダのであったが登場する。 二人の出会いは士官学校時代と言われ 、オデッサ作戦終了後にジャブローでを挙げる約束を交しており、そのときにはホワイトベースのクルーも式に招待するつもりでいたという。 ホワイトベース乗員(特に男性クルー)に人気があり、が記念写真の撮影を申し込んだ際には我も我もと多数のクルーが撮影に参加している。 12枚しかコピーできない記念写真を他のクルーに競り勝って手にしたアムロは思わず小躍りして喜んでいる。 アムロはその後もこの写真を大切にしていたようで、『』では、アムロの自室が映し出される場面で、一瞬だけ画面の隅にこの写真が飾られた描写がある。 アムロにとってはともいうべき、初めて知る大人の女性であった。 彼女の死はアムロにとっての戦う意義に大きな影響を与える。 小説版 機動戦士ガンダム [ ] アニメ版とは違い「戦死しない」設定である。 名義で書かれた小説版では補給部隊の士官(階級も同じ中尉)として登場し、地上が一切舞台とならない設定から、彼女の乗機はミデアではなくとなっている。 また、彼女とウッディ・マルデンの婚約や結婚式への招待などといった描写がある。 役回りはアニメ版と比べ軽く、アムロ・レイ少尉が遠目に眺めてぼんやり憧憬を抱くウェーブ(女性兵士)の一人に過ぎず、直接2人が絡むような場面は全くない。 その他の作品 [ ] OVA『』では、第1話の主人公バーバリー中尉の属する第44機械化混成連隊対MS特技兵小隊が「マチルダ隊」から補給を受ける予定であることが、大隊指揮官の発言で明らかになっている。 劇中の時期は0079年4月下旬である。 ゲーム『』では、第03小隊の一人レーチェル・ミルスティーンとは士官学校からの友人関係という設定。 漫画版ではオデッサ作戦で第03小隊に援護を受けながら、ミデアに積んでいる荷(Gファイターおよびコア・ブースター)をホワイトベースに届ける姿が描かれており、第03小隊長マット・ヒーリィの腕前を「レーチェルが自慢するだけはある」と認めている。 備考 [ ]• 監督の富野はロングヘアの南欧出身の女性という注文をもって安彦良和に依頼したが、当時の安彦がロングヘアの女性を苦手としていたため(事実、彼の描いたロングヘアのはスタッフに評判が良くなかった)、をつけることで女性らしいアクセントをつけた。 スリーサイズはB84・W60・H88。 後年の富野のインタビューでは、脚本家が勝手に「マチルダ」という名前を台本に書いてきて、安彦が「カッコよく描けました」ともってきた設定画を制作スタッフのみんなが気に入り、それに似合う話を作ったと述べている。 また、気に入ったキャラクターとはいえ、劇的な効果を考えて戦死させる必要があったが、ファンの間で物議を醸すことになった。 そこで、戦死したマチルダを再登場させる手段として、ウッディをマチルダの婚約者と設定することで、結婚式のイメージシーンを描くことが可能になったという。 テレビドラマ『』では、声優を務めた戸田恵子とマチルダが共演するパロディがあった。 担当声優の戸田はその後女優業に転向し、同時期に担当していた役の新録などは降板しているが、マチルダとの来生瞳に関しては現在もゲームやパチンコなどで担当することがある。 脚注 [ ] []• 初登場時の第9話ではに「マチルダ少尉」と呼ばれているが、制服の襟章は中尉のものである。 編「機動戦士ガンダム きみはこれを見て生きのびることができるか? ファンからのここが聞きたいガンダム67の質問」『 1979年12月号』、昭和54年(1979年)12月10日。 雑誌 01577-12、25頁。 ・編「第二章 TV版と音楽と ファンからのここが聞きたいガンダム67の質問(1979)」『ガンダムの現場から 富野由悠季発言集』キネマ旬報社、2000年10月16日。 、71頁。 『別冊GoodsPress 『機動戦士ガンダム』全43話の裏側』徳間書店、2011年3月、43-44頁。 関連項目 [ ]•

次の

マチルダさんの名言まとめ!声優名と婚約者ウッディ秘話や実年齢も|機動戦士ガンダム

マチルダ アジャン

劇中での活躍 [編集 ] の補給部隊の隊長で階級は。 大学から士官学校へ編入という経歴を持つと言われる。 将軍の特命により、ミデア輸送機のみという大胆な編成で護衛もなく、の元へ赴き多量の物資を送り続けている。 その補給は孤立無援で戦闘をし続け疲弊していたホワイトベースクルーにとって、物心両面においてまさに渇きを癒すオアシスともいうべきものと言える。 初登場時、ガンダムを使いこなすを「かも」と評した台詞は、後の話数にも再三にわたって引用されている。 第24話では部隊へ志願した理由を問うアムロに対して、「という破壊の中で、唯一、物を作って行くことができるため」と語っている(漫画『』では、これら補給部隊にいる理由や心情を語る場面が、アムロとの最後の会話に差し替えられている)。 前のの強襲時には、エンジンの修理が終わったばかりのホワイトベースを救うため自らのミデア輸送機を発進させ、ガンダムにジェットストリームアタックを仕掛ける黒い三連星のに機銃掃射をしながら割って入り、のドムへ体当たりを敢行する。 しかし、激昂したオルテガにより、乗機のを叩き潰されする(劇場版では、散りゆく彼女のイメージをアムロが幻視するシーンが加えられている)。 劇場版『哀・戦士編』では、によるの弔い合戦よりも前に黒い三連星との戦闘が行なわれている関係から、よりも先に戦死したかたちとなっている。 そのため、ハモンのに背後を取られ絶体絶命となったアムロの脳裏に、マチルダが稲妻のようなエフェクトと共に現れ「大丈夫」と声をかけるシーンが追加されている。 これが劇場版における描写の嚆矢であり、直後にリュウの操縦するがマゼラトップと激突し、アムロは窮地を脱している。 その後、ホワイトベースがに到達する第29話では、マチルダのであったが登場する。 二人の出会いは士官学校時代と言われ 、オデッサ作戦終了後にジャブローでを挙げる約束を交しており、そのときにはホワイトベースのクルーも式に招待するつもりでいたという。 ホワイトベース乗員(特に男性クルー)に人気があり、が記念写真の撮影を申し込んだ際には我も我もと多数のクルーが撮影に参加している。 12枚しかコピーできない記念写真を他のクルーに競り勝って手にしたアムロは思わず小躍りして喜んでいる。 アムロはその後もこの写真を大切にしていたようで、『』では、アムロの自室が映し出される場面で、一瞬だけ画面の隅にこの写真が飾られた描写がある。 アムロにとってはともいうべき、初めて知る大人の女性であった。 彼女の死はアムロにとっての戦う意義に大きな影響を与える。 小説版 機動戦士ガンダム [編集 ] アニメ版とは違い「戦死しない」設定である。 名義で書かれた小説版では補給部隊の士官(階級も同じ中尉)として登場し、地上が一切舞台とならない設定から、彼女の乗機はミデアではなくとなっている。 また、彼女とウッディ・マルデンの婚約や結婚式への招待などといった描写がある。 役回りはアニメ版と比べ軽く、アムロ・レイ少尉が遠目に眺めてぼんやり憧憬を抱くウェーブ(女性兵士)の一人に過ぎず、直接2人が絡むような場面は全くない。 その他の作品 [編集 ] OVA『』では、第1話の主人公バーバリー中尉の属する第44機械化混成連隊対MS特技兵小隊が「マチルダ隊」から補給を受ける予定であることが、大隊指揮官の発言で明らかになっている。 劇中の時期は0079年4月下旬である。 ゲーム『』では、第03小隊の一人レーチェル・ミルスティーンとは士官学校からの友人関係という設定。 漫画版ではオデッサ作戦で第03小隊に援護を受けながら、ミデアに積んでいる荷(Gファイターおよびコア・ブースター)をホワイトベースに届ける姿が描かれており、第03小隊長マット・ヒーリィの腕前を「レーチェルが自慢するだけはある」と認めている。 備考 [編集 ]• 監督の富野はロングヘアの南欧出身の女性という注文をもって安彦良和に依頼したが、当時の安彦がロングヘアの女性を苦手としていたため(事実、彼の描いたロングヘアのはスタッフに評判が良くなかった)、をつけることで女性らしいアクセントをつけた。 スリーサイズはB84・W60・H88。 後年の富野のインタビューでは、脚本家が勝手に「マチルダ」という名前を台本に書いてきて、安彦が「カッコよく描けました」ともってきた設定画を制作スタッフのみんなが気に入り、それに似合う話を作ったと述べている。 また、気に入ったキャラクターとはいえ、劇的な効果を考えて戦死させる必要があったが、ファンの間で物議を醸すことになった。 そこで、戦死したマチルダを再登場させる手段として、ウッディをマチルダの婚約者と設定することで、結婚式のイメージシーンを描くことが可能になったという。 テレビドラマ『』では、声優を務めた戸田恵子とマチルダが共演するパロディがあった。 担当声優の戸田はその後女優業に転向し、同時期に担当していた役の新録などは降板しているが、マチルダとの来生瞳に関しては現在もゲームやパチンコなどで担当することがある。 脚注 [編集 ] []• 初登場時の第9話ではに「マチルダ少尉」と呼ばれているが、制服の襟章は中尉のものである。 編「機動戦士ガンダム きみはこれを見て生きのびることができるか? ファンからのここが聞きたいガンダム67の質問」『 1979年12月号』、昭和54年(1979年)12月10日。 雑誌 01577-12、25頁。 ・編「第二章 TV版と音楽と ファンからのここが聞きたいガンダム67の質問(1979)」『ガンダムの現場から 富野由悠季発言集』キネマ旬報社、2000年10月16日。 ISBN 4-87376-537-4、71頁。 『別冊GoodsPress 『機動戦士ガンダム』全43話の裏側』徳間書店、2011年3月、43-44頁。 関連項目 [編集 ]•

次の

戸田恵子

マチルダ アジャン

この項目には、一部のコンピュータやで表示できない文字が含まれています ()。 とだ けいこ 戸田 恵子 本名 戸田 恵子 別名義 あゆ朱美(旧芸名) 生年月日 1957-09-12 (62歳) 出生地 ・ 身長 154 血液型 職業 、、、、 活動期間 - 活動内容 :デビュー :『』 :『』 :『』 :『』 :受賞 :『』 :『』 :受賞 :『』 事務所 ルックアップ 公式サイト 主な作品 映画 『』 『』 『』 テレビドラマ 『』 『』 『』 『』 『』 『』 舞台 『』 『なにわバタフライ』 『』 テレビアニメ 『』 『』 『』 『』 『』 アテレコ 『』 『』 バラエティー番組ほか 『』 『』 目次• 経歴 母親の勧めで小学校5年生から放送に在籍し、『』で子役出演。 歌が好きで『』の東海地区チャンピオンになったこともある。 に上京し、16歳の時に あゆ朱美の芸名で歌手としてデビュー。 しかし歌手としては成功せず、などをしていた所、ある番組で一緒になったから声を掛けられた。 2005年のインタビューでは「(当時は)バラドルみたいな状態。 仕事はありましたが結果は伴っておらず将来は不安だった」という趣旨の発言をしている。 当時はからのリポート撮影で墜落事故にあったこともある。 の『ひとり占い』(時代の作品)をレコードで発売したが、全く売れなかった。 その後、所属プロダクションが解散したこともあり、、19歳の時に野沢主宰の「」へ研究生として入団。 本格的に演技の勉強を始め、ミュージカル『ミュージックマン』で葦原英了賞、主演した『スイートチャリティ』で(演劇部門)を受賞し、劇団の看板女優として活躍した。 1989年に退団後、同年に舞台『渾・身・愛』で第24回個人賞を受賞。 薔薇座時代の愛称は「グリコ」で、現在も声優仲間からこう呼ばれることが多い。 この「グリコ」の由来は、薔薇座入団当初の彼女の「イガグリ頭」から付けられたもので、菓子のとは関係はない。 1979年に実写版『』のオーロラ姫役で声優デビュー。 アニメ作品は、『』がデビュー作である。 続けて出演した『』のキャラクター・役で有名になる。 当初は『』『子鹿物語』など歌手としての色彩が強い出演作品が多かったが、次第に本格的な声優業にも進出。 『』の役、『』(フジテレビ放送シリーズ)の役、『』の役として名を馳せる。 洋画吹き替えも多く担当し、、、、『』のスカリー捜査官などを務める。 と並び、と両者の吹き替えを経験した数少ない人物。 『機動戦士ガンダム』での共演をきっかけに22歳の時にと結婚するが、短期間で離婚。 1990年に・と再婚したが、2006年12月に離婚。 これは世間にはほとんど知られず、2007年7月頃に女性週刊誌にて初めて発覚した。 井上とは離婚後も仲が良いとのこと。 に『』で女優として本格的デビュー。 には脚本作品の『』で連続ドラマデビューも果たした。 以後も『』(優秀助演女優賞も受賞)『』等の三谷作品に多く登場したり、『』『』等のヒット作にも登場し、名バイプレーヤーとして活躍。 舞台では『』『なにわバタフライ』、薔薇座時代の同僚・率いる「劇団岸野組」の公演等に主演している。 2006年『』で第13回最優秀女優賞を受賞した。 2007年、50歳を記念し歌謡曲歌手として本格的に再デビュー。 より9月5日にアルバム『アクトレス』をリリースし、12月19日にはが楽曲提供した「強がり」をシングルカットしてリリース。 ちなみに中村からは恵さんという愛称で呼ばれている。 2008年にNHK「昆虫ニンジャ」が4月23日にリリースされた。 2012年、第六回「高橋和枝賞」を受賞。 2013年4月13日には出身地である愛知県より「LOVEあいちサポーターズ あいち広報大使」の委嘱を受けた。 2015年現在は女優としての活動に軸を移しており、声優としての活動はほぼ『アンパンマン』のみとなっている が、吹き替えではレギュラーでドラマの吹き替えや過去の映画の追加吹き替え部分をするなどしている。 『それいけ! アンパンマン』『』『』で共演したは、名古屋の児童劇団時代からの腐れ縁だと語っている。 三ツ矢と一緒にデビュー作で共演したとも旧友で40年以上に渡り実姉のように慕っており、二人とは名古屋時代からの幼なじみで『』などのバラエティー番組にも一緒に出演するなど現在まで仲良しの間柄という。 もアニメ・人形劇・テレビドラマ等を通じ共演が多い。 とは互いに舞台女優出身で共演前からの古い親友で、彼女が亡くなる2日前にも見舞いに訪れており、深浦の逝去後には悲しみから一時ブログを休止した。 とはあゆ朱美時代からの長い交流があり、30代に入ると前夫の井上と一緒に国内外の旅行へ一緒に行くなど西城が亡くなるまで家族ぐるみの付き合いがあった。 とは実の姉妹のように公私共に仲が良かった。 趣味は演劇鑑賞で、主にのミュージカルを 多い時は毎月数回 鑑賞している。 愛車の黒いで気晴らしのドライブをするのも好きだが、安全運転で高速道路の合流地点に入っても中々本線に入れず、車が前にいるだけで高速道路が自然渋滞するという。 東名高速のまで行った。 脚本家のは駆け出しの頃から戸田のファンで、度々舞台の楽屋へ花束を届ける程だった。 初の連続テレビドラマ『』を直接オファーしたのも三谷だが、当初の戸田は当時39歳という年齢から固辞した。 しかし諦めない三谷は「あなたをよく知っている自分が脚本を書くから、何も心配しないでくれ」と言い、熱意を受け出演を承諾した。 多彩な役柄をこなすため若手女優が目標とする女優に選ばれることも多く、三谷とはテレビドラマ『』で伊佐坂夫婦としても共演した。 また2000年代後半以降は司会業もこなし、歌手活動も再開した。 歌手時代の同期にがおり、互いに新人だった事から、よく一緒に歌番組に出演していた。 『』のエンディング曲「コスモスに君と」を手がけた作曲家のは、歌手としての戸田を「ただ歌手じゃなくて音楽家としてのね、素晴らしいものを持ってると思います」と高く評価している。 声優として• アイドルから声優に転向し成功した先駆けと称され、やと並ぶ人気で多く共演した(なお当時アテレコ時は、眼鏡姿が多かった)。 声優としてキャラクターの声をあてる際は、アンパンマンだと丸い顔からある程度優しい声というように、第一印象を大事にしている。 声優でのデビュー作は1979年の『眠れる森の美女』(オーロラ姫役)だが、本人は「セリフが殆どなく、だから新人でも大丈夫だと判断されたのでは? 」という主旨の発言をしている。 ほぼ同時期に、『』にも役名なしで何話か出演した(師・がフェルゼン役で主演)。 では戸田が担当したキャラクターが出演しているが、『』のキャローザ・アフロディアは、『』のグーラはが代役を担当している。 監督の『機動戦士ガンダム』では挿入歌「いまはおやすみ」を、『』ではエンディング曲「コスモスに君と」を歌い、後者はアルバム『アクトレス』(2007年発売)にもボーナストラックとして収録された。 またカララ・アジバのデザインは戸田本人がモデルである。 俳優としてテレビドラマ『』に主人公・剛司の母役で出演した際は劇中最後まで姿を現さず、最終回で主人公の所有するマチルダのフィギュアと共に登場。 「そこの剛司、早く座りなさい」「生意気ね」といったマチルダを模したセリフを言った。 前述した通り、1985年10月12日から1988年2月6日まで放送された『』では主役である鬼太郎役を演じた。 また、2008年12月20日に公開された映画『』の同時公開の「ゲゲゲまつりだ!! 五大鬼太郎」で第3作終映後20年ぶりに鬼太郎を演じた。 2018年放送のTVCM「 」でも鬼太郎役を務めている。 アンパンマンについて 戸田によると当初はアンパンマン役へのオーディションには参加していなかったが、アンパンマン役の選考が難航してしまい原作者のにデモテープを渡し選考させた所、戸田が選ばれたという。 戸田はアンパンマン役が決まった際、絵本が原作だった事から各家庭毎に声のイメージが異なると考えた事やアンパンがどんな声を出すか分からなかった為に困惑してしまったという。 2013年にやなせが死去した際には「もうやれない」と思い降板も考えたが、翌年の正月にに行った際に子どもたちがアンパンマンを応援している様子を見て、アンパンマン役を続けることが使命だと思うようになったという。 トーマスについて 『』では1990年〜2007年まで系列で放送された日本語吹替版でトーマス役を担当していた。 戸田はトーマスの宣材写真を見た第一印象は『怖いキャラ』だったというが、作品については色々な性格の機関車が登場する事については良く出来ていると評していた。 2008年以降は放送局の変更によりキャスティングが一新されたことに伴い降板(トーマス役の後任は)しているものの、イベントでトーマスの声を披露する事もある。 『まれ』について これまで役者として参加していた『連続テレビ小説』に、語りとしてのオファーが来た時は「何故私が? 」と言うほどであった。 連続テレビ小説は国民的なドラマであり、語りを担当した方々は錚々たる人達が担ってきているのでプレッシャーでもあり、光栄であると語っている。 戸田への依頼理由と趣向は「主人公・希のお守りである『魔女姫人形』が優しく語りだす。 戸田さんなら人形に人格を与えてくれると思う理由でスタッフの全員一致で決定した」とのことである。 この話に戸田自身は「これは方向性が違い、難解」と思った。 例を挙げると『ブラタモリ』なら自分を残しつつを追う。 アニメや吹き替えの場合は、キャラや人物に合わせて演技をする。 しかし「魔女姫人形」は動かない、喋らないため、語りを軸に動かないものを演じることは、自身にとって難解であるが挑戦であると述べていた。 出演(女優) テレビドラマ• 中学生群像(1969年)• 中学生日記(1973年 - 1974年) - 歌手 戸田恵子 役(ゲスト出演)• 中学生日記「最終回スペシャル」(2012年) - 嶋彩子 役• 帰っていいのよ、今夜も(1988年、)• (1997年、) - 官邸事務所秘書係主任 役• (1997年、フジテレビ)• (1998年、フジテレビ) - 青木麗子 役• シリーズ(1998年、2000年、2002年、2003年sp、2013年、フジテレビ) - 徳永あずさ 役• (1998年、フジテレビ) - 小杉峰子 役• 「お気らく主婦の大冒険シリーズ」(1998年 - 2002年、フジテレビ) - 桂木桔梗 役• (1999年sp、フジテレビ) - SMAPマネージャー・前田 役• 『「古畑任三郎 vs SMAP 」その後…』](2013年sp、フジテレビ)- SMAPマネージャー・前田 役• (1999年、フジテレビ) - 松坂芳江 役• (1999年、) - 御手洗晴子 役• (2000年、) - 成田咲子 役• (2000年、テレビ朝日) - 倉田小夜子 役• 秋の特別編「よう! 鈴木」(2000年、フジテレビ) - 長宗我部皐月 役• (2001年、フジテレビ) - 国会議員諸星敬介の秘書・森脇加奈子 役• NHK• (2001年) - 下柳聡子 役• (2006年) - 松井かね 役• (2015年)- ナレーション(魔女姫)• (2019年) - 煙カスミ 役• (2001年、TBS) - 韮崎美佐枝 役• (2001年、フジテレビ) - 芸能プロダクション社長・瀧川翠 役• (2002年、NHK) - おたつ 役• (2002年、フジテレビ) - 山口奈津子 役• (2002年 - 2003年、フジテレビ) - 宇部恵子 役• 「」(4月21日、TBS) - 江上雅衣 役• (2003年、日本テレビ) - 大島真理恵 役• (2003年、フジテレビ) - 役• (2004年、日本テレビ) - 住川笑美子 役• (2004年、NHK) - 役• (2004年、フジテレビ) - 役• (2004年、テレビ朝日) - 外園律子 役• (2004年 - 、TBS) - 麻生史子 役• (2004年、日本テレビ) - 吉岡博美 役• 「うさぎと亀〜川の流れのように〜」(2004年、日本テレビ)• (2005年、フジテレビ) - 小向つや子 役• (2005年、フジテレビ) - 電車男の母 役• season4 最終話(2006年、テレビ朝日) - 役• (2006年、フジテレビ) - 相川ふさ江 役• 秋のヒューマンミステリー第2夜「死亡推定時刻」(2006年、フジテレビ) - 持田とき子 役• (2007年、製作、TBS系) - 下村千穂 役• ・スペシャル企画「黒い骨」(2007年、)• スペシャルドラマ (2007年8月18日、日本テレビ) - 看護婦長 役• (2007年、日本テレビ) - 野上京子 役• 「」(2007年、テレビ朝日) - 役• (2008年、フジテレビ) - 鼠の声 役• (2008年、フジテレビ) - 長谷部杏花 役• 「電報を打つ女」(2008年10月10日、日本テレビ)• (2008年、テレビ朝日) - 朝岡美砂 役• (2009年1月 - 3月、フジテレビ) - 中城桂 役• 第1話(2009年5月23日、TBS)• (2009年、WOWOW) - 小谷仁美(単独主演) 役• 「懸賞金〜目撃証言に三千万円を賭けた女〜」 (2010年3月3日、テレビ東京) - 中村真由美 役• (2010年4月10日、フジテレビ) - 役• (2010年7月4日、製作、TBS系) - 大久保久子 役• (フジテレビ) - 伊佐坂軽 役• サザエさん2(2010年8月8日)• サザエさん3(2011年1月2日)• (2010年9月4日、NHK) - おたつ 役• (、2010年9月18日) - 仲村遥 役• (2010年9月5日、テレビ朝日) - 伊藤芳江 役• (2011年1月2日、日本テレビ) - 遠山景子 役• (2011年1月 - 3月、日本テレビ) - 鶴橋静江 役• (2011年4月 - 6月、TBS) - 国木美和 役• 水曜ミステリー9・「7」(2011年10月5日、テレビ東京) - 藤倉矢津子 役• (2011年10月 - 12月、製作、フジテレビ系) - 鈴木真知子 役• (2011年11月19日・26日、NHK) - マツ 役• 特別ドキュメンタリードラマ・「」(2012年3月6日、日本テレビ) - 主演・平井美智子 役• (2012年4月1日、TBS) - 御前会議のメンバー 役• 3夜連続スペシャルドラマ・「 第3夜」(2012年4月7日、TBS) - 大宮今日子 役• (2012年4月 - 、テレビ朝日) - 緑川みどり 役• (2012年8月1日 - 、テレビ東京) - 主演・姫野瑶子 役• (2012年8月6日、TBS) - 主演・氷室夏子 役• 特別企画「」(2012年11月30日、フジテレビ) - 染谷伸子 役• 月曜ゴールデン 「雨の中の義経」(2013年2月18日、TBS) - 早川南 役• テレビ朝日開局55周年記念番組「」(2013年11月30日・12月1日、テレビ朝日) - 千代 役• 月曜ゴールデン特別企画 (2013年12月9日、TBS) - 近藤房子 役• 特別ドラマ企画「」(2014年2月28日、日本テレビ) - 勝又 役• 第4話(2014年5月7日、日本テレビ) - 中村京子 役• 土曜ワイド劇場「」(2014年5月10日、テレビ朝日) - 戸川良子• 金曜プレステージ「5」(2014年6月6日、フジテレビ) - 大倉かなえ 役• 第10話(2014年6月10日、関西テレビ製作、フジテレビ系) - 秋山彩子 役• 第1話(2014年6月14日、NHK) - 富裕凪子 役• (2014年7月 - 9月、テレビ東京) - 山下美恵子 役• スペシャルドラマ「」(2014年8月9日、フジテレビ) - 能代京子 役• 月曜ゴールデン特別企画「〜実話に基づく感動サスペンス! 〜」(2014年12月1日、TBS) - 田辺美智代 役• 月曜ゴールデン「女流ミステリー作家 薬師寺叡子 京都殺人ダイアリー」(2015年2月9日、TBS) - 神取琴子 役• 月曜ゴールデン「5」(2015年3月2日、TBS) - 吉本明美 役• 土曜ワイド劇場「」(2015年10月3日、テレビ朝日) - 内倉享子 役• (2015年10月 - 12月、フジテレビ) - 桜庭恵子 役• (2016年6月 - 7月、NHK) - 嶋香子 役• 第3話(2016年8月4日、テレビ朝日) - 乙川姫子 役• (2017年1月 - 2月、) - お千代の方 役• 第1話(2017年1月22日) - 鶴田亀吉の母 役• 遺留捜査 第5シリーズ(2018年7月12日 -、テレビ朝日) - 佐倉路花 役• 日曜ワイド「」(2018年3月4日、テレビ朝日) - 明石美和子 役• (2018年10月 - 12月、制作・系) - 山田妙子 役 映画• (1994年6月)• (1997年11月)(日本アカデミー賞優秀助演女優賞) - 千本のっこ 役• (1999年12月) - 三田園早苗 役• (2000年11月) - りく 役• (2001年6月) - バーの客 役• (2004年3月)• (2004年8月) - 三葉妙子 役• (2005年3月) - 林麗子 役• (2006年1月) - 矢部登紀子 役• (2006年10月) - 一本槍幸恵 役• (2007年9月) - コーちゃんの母親(板谷美智子) 役• (2008年1月) - 野上照美(大人)役• (2008年3月)• (2008年6月) - マダム蘭子 役• (2009年4月) - 本人 役• (2009年5月) - 長谷部麗子 役• (2010年5月) - 相沢天海 役• (2011年1月) - 桐原弥生子 役• (2011年2月)• (2011年10月) - ニュースキャスター(声のみ出演)役• (2011年10月) - 旅館の女将 役• 幸運の壺 Good Fortune(2012年2月) - 上野しのぶ 役• (2012年4月) - 御前会議のメンバー 役• (2013年1月) - 桃山校長 役• (2013年6月) - 鏑木裕子 役• (2013年11月) - なか 役• (2014年、香西志帆監督) - 栗田徹子 役• (2015年2月) - 比田雅恵 役• (2017年4月) - 高城美子 役• (2020年2月) バラエティ• (日本テレビ系、2010年6月、2018年6月)ゴチになります11、19• ~(2018年8月) 舞台• (1980年)• (シェル役、演出:、製作:、、1982年)• (1988年) - チャリティ・ホープ・ヴァレンタイン 役 *主演• (地球ゴージャス)• (三谷幸喜)• (主演)(三谷幸喜)• 地球ゴージャス• (2005年、2006年)• 「星屑の町〜東京砂漠篇」(主演)(2006年9月14日 - 9月24日本多劇場・2006年9月28日 - 10月1日シアター1010)• (2007年)• (2007年)• 橋を渡ったら泣け(2007年)• 伊東四朗一座 〜帰ってきた座長奮闘公演〜 喜劇 俺たちに品格はない(2008年)• (2008年11月18日 - 12月28日東京公演、2009年1月6日 - 1月20日大阪公演)• (2015年5月、日生劇場) - 家政婦ネリー 役• 「星屑の町〜完結篇」(2016年2月 本多劇場)• ミュージカル「わがまま」(2016年4月、) 出演(声優) 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ 1978年• (コマンダー・ドイル) 1979年• ( )• (カトリーヌ) 1980年• (グーラ )• ( カララ・アジバ)• (漁師の妻)• (ギル) 1981年• (リータ)• ( 雨森始)• ( 山中ヨシコ) 1982年• (ピロン)• (マウシィ)• (ジャダ、ザカーリ、ヨハン) 1983年• ( 来生瞳)• (ジュディ)• (フォダウィング)• (ユーコ)• (アロマ )• (キャロル) 1984年• (青木麗)• ( ブリンキー) 1985年• (エリザベス・クレブリー)• (1985年 - 1988年、 、ニセ鬼太郎)• (ベラ)• (ジョン・ダイクストラ)• (ファンゴリア) 1986年• (フミコ、ろおれんぞ) 1987年• (頑太)• (ユカリ)• (佐藤由美子)• (痩猪エルザ)• (ナナ) 1988年• (1988年 - 、 、たんこぶまん) 1990年• ( アンパンマン) 1991年• (折原薫 )• ( 木戸千恵子 ) 1996年• (ローザ・マルチネス) 1999年• ( ロザリア ) 2003年• (龍田) 2010年• (2010年 - 2020年、 ) 2019年• (ナレーター ) - 第2期放送開始記念特番「一撃でわかる!TVアニメ『ワンパンマン』マジ振り返り!」 2020年• (テアティーヌ ) 劇場アニメ 1981年• ( ローザ・アフロディア)• (マチルダ・アジャン) - 2作品 1982年• (雨森始)• 伝説巨神イデオン 接触篇 THE IDEON; A CONTACT( カララ・アジバ) - 2作品• (山中ヨシコ先生) 1983年• (大地めぐる)• ( 鬼太郎)• (サランダ) 1986年• (ヴァルキュリア)• ( 鬼太郎)• ( 鬼太郎 )• ( 鬼太郎)• ( アギノ・ジロ ) 1987年• ( )• ( ブンブン ) 1989年• (西沢利夫)• ( キキ〈 チルチル〉)• (おソノさん ) 1990年• (響谷薫)• ( ソフィア)• ( アンパンマン) 1991年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 1992年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 1993年• ( アンパンマン) 1994年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 1995年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 1996年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 1997年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 1998年• (機関車C62-48構成部品電子妖精カノン)• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 1999年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2000年• (ルチア )• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2001年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2002年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2003年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2004年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン)• (牧樹里) 2005年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2006年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2007年• (ヘディエ博士)• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2008年• (三代目鬼太郎)• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2009年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2010年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2011年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2012年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン)• ( アンパンマン)• ( パル) 2013年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2014年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2015年• ( アンパンマン)• ( アンパンマン) 2016年• ( アンパンマン) 2017年• ( アンパンマン) 2018年• ( アンパンマン) 2019年• (来生瞳、来生泪 )• ( シャムナ )• ( アンパンマン) OVA 1975年• アニメシリーズ「」( キキ) 1984年• (アーリア) 1985年• (久遠寺紀子)• (イクサー2)• バビ・ストック I 果てしなき標的(1985年 - 1986年、ケイト・リー・ジャクソン) - 2作品• (ダン)• (レイミア) 1987年• (ひばり)• (ニナ)• (一ノ瀬美由紀)• (ナナ )• ( 夢幻魔実也)• (綾之介・綾女) 1988年• (マチルダ)• ( きばっ太) 1989年• (ジェラ)• (エテルナ) 1990年• (イクサー2) 1991年• ( シーラ)• (レディL〈パトリシア・セシル・ランズデール〉)• (由紀) 1992年• 1024 1993年• (亜子) 2002年• () ゲーム• (キキ)• プレイステーション キッズステーション 「」• きかんしゃトーマス(トーマス)• おしゃべりおえかき きかんしゃトーマス(トーマス) 1994年• (タット) - 版 1995年• (リプリー、ニキータ) - PCエンジン、版 1997年• だいすき(ミョソディス・B・コジェドゥープ) 1998年• (1998年 - 2016年、、エルフリーデ・シュルツ〈F〉) - 6作品 2000年• キッズステーション それいけ! アンパンマン() 2001年• キッズステーション それいけ! アンパンマン2 アンパンマンとだいぼうけん! (アンパンマン) 2002年• キッズステーション おしゃべりおえかき それいけ! アンパンマン(アンパンマン)• キッズステーション それいけ! アンパンマン3 すごろくアンパンマン(アンパンマン)• (キキ) 2007年• (ティアナ) 2008年• (お駒夫人) 吹き替え 女優• (ジュード)• 男たちの挽歌 III (キティ)• 殺したい妻たちへ(アニタ)• エイリアンシリーズ(エレン・リプリー)• (エレン・バレッシュ)• (ヒラリー)• (本人)• (メルセデス・テイノー)• (アナ・スコット)• (ジュリアン)• (ジェシカ・デラコート)• (ネル・ケルティ)• (カイル)• (グレース)• (ゲイル)• (メイ・モーダヒート)• (レベッカ・カールソン)• ( サラ・コナー) 映画・海外ドラマ• (パム・デビッドソン〈〉)• 刺青 BLUE TIGER(ジーナ〈〉)• (キャサリン・クリフトン〈〉)• (テレサ・ベック隊員〈〉)• (タラ〈〉)• (リエッタ)• (ジェシー・ワイラー)• ( トーマス)• 君がほほえむ瞬間(メアリー)• キャシーのbig C いま私にできること(キャシー〈〉 )• (レベッカ・テイラー〈〉)• クリスマス黙示録(サラ・ダニエルズ〈〉)• (ディー・ディー・マッコール刑事〈〉)• ゴールデン・ガイ(ヨン〈〉)• (ママ/ボタンの魔女)• (レイ・クレイン博士〈〉)• (ローリー・ケスラー)• 1(イブ・クリスタル〈〉)• (クリスタル・コナーズ〈〉)• (ヌリア) 51• (メイヴィス〈〉)• (マッコイ〈〉)• (サラ・テイラー〈〉)• (情報部員22号)• (ケイト・ムーア〈タイン・デイリー〉)• (ジェニファー〈〉)• (ジュリー・ロジャース〈〉)• (ケイトリン・オシャネシー)• (〈〉)• (ブリー〈〉)• (ヘレン〈〉)• (リサ・バーンズ)• (レベッカ〈ジュリアン・ムーア〉)• (ゲロタック(中国語: 蛙王酷宝))• (アンディー・スチュアート〈〉)• (ロッテンマイヤー夫人〈〉)• バトルトラック(コーリー)• (エイダ・マクグラス〈〉)• (悪い魔女、ナレーション)• ( アキ・ロス〈〉)• (アニー)• (アレックス〈〉)• (サラ・ジェーン・レイノルズ学長〈〉)• (ジェニファー)• (パール)• (ペギー・スー・ケルチャー〈〉)• (メイ〈ジェニー・ニューマン〉)• ボクの彼女は地球人(ヴァレリー〈〉• (エレイン・バレッシュ〈〉)• (メレディス〈ジリアン・アンダーソン〉)• (ニア)• (ベティ・シャバズ〈アンジェラ・バセット〉)• (レベッカ〈〉)• (フィービー・ライアン〈〉)• (ペイトン〈レベッカ・デモーネイ〉)• (ローラ・J・ケリー〈〉)• (川島芳子)• (メアリー〈〉)• (レッド・ソニア〈〉)• (モリー〈〉)• (V・I・ウォシャウスキー〈キャスリーン・ターナー〉) 海外アニメ• (フィファ女王 )• サリー・カレラ• ( フォダウィング)• (メル・ジョーンズ)• (ダナ・スカリー)• (アイケ)• (シュローダー)• ( 、ソニア・ザ・ヘッジホッグ)• (ボー・ピープ)• (ボー・ピープ)• ( ボー・ピープ)• (ベロニカ・ビーランド〈初代〉)• (ジュナ)• (ナレーター)• TBS• TBS• ()レポーター• (2002年 - 2004年、日本テレビ)吉田真弓• (2006年、NHK)アムステルダム編ナレーター• ()ナレーター• TBS ナレーター(冒頭に出演)• 地球創世ミステリー マザー・プラネット〜奇跡の島・ -命の遺産-(2008年3月17日、TBS)ナレーター• (2008年7月7日、日本テレビ)アンパンマンの声• ()「とべ BB! 」にて声の出演:BB役• TBS 不定期出演• 第1~3シリーズ(NHK総合)ナレーション• (2009年4月 - 2013年9月、)司会• (日本テレビ)アンパンマンの声• (日本テレビ)アンパンマンの声• (2014年4月 - 2017年3月、NHK総合)日替わり司会の1人• (2014年10月 - 2016年3月、)• (日本テレビ)アンパンマンの声• (日本テレビ)アンパンマンの声 ラジオ• 『金曜パック』(ゲスト・野沢那智入院時の代理)()• 『着陸拒否』()• 三菱電機Presents () ラジオドラマ• パチャカマに落ちる陽 1982年3月7日 と共演 ()• アートドラマ・美女と巨匠〜ヒッチコックを愛した女〜(2014年8月17日、NHKラジオ第1) その他コンテンツ• - アンパンマン列車仕様の車内放送。 少年の夢 千葉県の産業と経済の歴史(の展示ビデオ)ナレーション• (マティアラ)CDドラマ• (2009年、NHK教育テレビ)ミレディー役ほか• 日本テレビ系列の各番組(アンパンマンの声)• 内施設トーマスランドアトラクション「ガタゴトだいぼうけん!」(トーマスの声)• (おしゃべりトーマス、もっとおしゃべりトーマスの声)• トーマス サウンドマップ クランキーの港(トーマスの声)• 発売日 規格品番 面 タイトル 備考 1974年2月25日 SV-1174 A ギターをひいてよ 最高位85位、売上0. 5万枚 B 花は知らない 1974年9月 SV-1195 A 街あかり B 涙の季節 1975年4月 SV-1221 A 十七のえれじい B この一年 1976年11月 SV-6109 A ひとり占い 元はの楽曲。 作詞・作曲: B 19才 戸田恵子名義 シングル 発売日 規格 規格品番 面 タイトル 備考 1979年12月5日 EP TV H 65 A シャアが来る(歌:堀光一路) 『』挿入歌 B きらめきのララァ 1980年5月21日 EP GK-7503 A 復活のイデオン(歌:たいらいさお) 『』エンディングテーマ B コスモスに君と 1980年12月21日 EP K06S-3012 A いまはおやすみ 『』挿入歌 B 永遠にアムロ 1981年12月5日 EP K07S-255 A 思い出ブルー・ドリーム 劇場版『』挿入歌 B 女いのち歌 1981年8月25日 EP CX-67 A あしたになれば 『』挿入歌 B 風と唄おう(歌:古谷徹) 1983年9月21日 EP 6G-0034 A ハロー・トゥモロー 『』主題歌 B 空から星が降りてくる(歌:高梨雅樹) 1986年6月25日 EP 7AGS-8 A 鬼太郎音頭 劇場版『』挿入歌 B オ・ト・メ・チックな恋(歌:色川京子) 1990年11月10日 8cmCD CRDN-40 1 ゴハンをいっぱい食べたなら 「アンパンマンふりかけ」CMソング 2 フシギな計算の唄 PART. II(歌:遠藤賢司) 2007年12月19日 CD VICL-36385 1 強がり 2 CAT'S EYE 3 V. P 2008年4月23日 CD VICL-36410 1 昆虫ニンジャ NHK「」 2 昆虫ニンジャ(オリジナルカラオケ) 2008年10月15日 CD VICL-36462 1 泣き唄 2 Again~and again~ アルバム 発売日 レーベル 規格 規格品番 アルバム 1981年 キングレコード LP K25A-218 ソフトドリンク/Soft Drinks Side:A• SHAKE! 甘い罠• 恋はパンドラ• 1プラス1で• レッド・アイ」 Side:B• 回転とびら• ハイヌーンはハイボール• カフェ・ド・ラ・ペ• ミス パンプキンパイ• 24才 迷いびと 1982年 キングレコード LP K25A-362 Lookin' for Love Side:A• LOVE ME AGAIN• TWENTY-FIVE• FALL IN LOVE TONIGHT• LOVELY NIGHT• SEXY WIND Side:B• Johnny Angel• I will follow him• Where the boys are• Happy biryhday, Sweet Sixteen• Un Buco Nella Sabbia 1983年 キングレコード LP K25A-438 Naturally Side:A• OVERTURE〜序曲〜• FADE IN〜溶明〜• RUN THROUGH〜通し稽古〜• STAND IN〜代役〜• AD-LIB〜即興の台詞〜 Side:B• さよならだけは嫌い• 黄昏はシネマのように• 雨のように泣いて• それはそれ• 5分だけのとまどい」 1984年 キングレコード LP K28A-643 Tenderly Side:A• STAY• Femme dans ma vie• あの日のままの微笑で• Pay Some Attention To Me• 別れのセレクション Side:B• ガラスのエレベーター• PRETENDER• キャロライン• HELLO• We Could Have It All」 2007年9月5日 ビクターレコード CD VICL-62477 Actress• ひとり占い(あゆ朱美)• のっこのわがままブギ• 女友達(高橋真梨子)• ささやかなジュゲーム• 声のおまもりください BEGIN• 強がり• 里の秋(童謡)• P the Tribal Mix• コスモスに君と 2011年6月8日 キングレコード CD KICS-1654 Perfect Best• 恋はパンドラ• 1プラス1で• 回転とびら• ハイヌーンはハイボール• LOVE ME AGAIN• TWENTY-FIVE• LOVELY NIGHT• SEXY WIND• RUN THROUGH〜通し稽古〜• STAND IN〜代役〜• さよならだけは嫌い• それはそれ• 別れのセレクション• 男なんていい気なもの• 思い出ブルー・ドリーム• きらめきのララァ• いまはおやすみ(セリフ入り)• コスモスに君と 2012年9月12日 キングレコード CD KICS-1823 Route 55• 家へおいでよ(江利チエミ)• LOVER THE SEA• 眠れない夜の窓辺で• Dancin' on the earth• 世界一のママ• Rock'n'Roll その他• あゆ朱美名義での歌謡曲歌手デビュー以前にも、「ちびっこのどじまん」出場者によるコンパクト盤(、CPS-58、1969年)で「砂浜の一人ぼっち」(作詞:、作曲:、編曲:)を歌唱している(戸田恵子名義)。 声優バンド スラップ・スティックのアルバム「Take me to boathouse /ボートハウスへ連れてって」にゲストとして出演し、2曲でボーカルを披露している。 勇気のルンダ - 『それいけ! アンパンマン』 ベストヒット、それいけ! アンパンマン キャラクターソングコレクション• アンパンマン絵かき歌 - それいけ!アンパンマンより• なんのために飛ぶ - それいけ!アンパンマンより• 希望のハンカチ - それいけ!アンパンマンより• 渡りに舟 - 千本のっこ名義、ラヂオの時間より• 夢幻恋唄〜夢幻紳士のテーマ〜 - 夢幻紳士より• 明日の明星 - 新竹取物語1000年女王より• 星空のイリュージョン - 特装機兵ドルバックより• ROLLING DEVIL - 戦え!! 「チャルメラ」• 「カカオパワーチョコレート」「」=と共演。 「白麒麟」• 「MYライフプランアドバイザー物語」シリーズ• 「きかんしゃトーマス・しゅっぱつしんこうシリーズ」「トーマスおふろセット」• 「旨塩生姜チキン 生姜母さんの新メニュー」• 「コフレドールグラン」• 日本テレビ開局55周年CM「アンパンマンバンド編」(アンパンマンの声)• 「エリエール ナチュラ」「」• - 、と共演• 「」(キキ) 著書• 私のコーヒータイム(1982年4月、アニメ文庫:)• アンパンマンになりたい私 笑顔の達人になる(1994年9月、法風雅書房)• アンパンマンVSアンパンマン(2000年9月、)原作者との共著• 戸田恵子の非公式なごやめし入門『おいしなつかしなごやのおはなし』(、) 脚注 [] 注釈• 戸田恵子 2014年1月15日. 戸田恵子オフィシャルブログ. 2019年10月24日閲覧。 、2018年6月30日発行、2019年5月22日閲覧。 戸田恵子オフィシャルブログ. Amebaブログ 2008年9月13日. 2019年8月14日閲覧。 戸田恵子オフィシャルブログ. Amebaブログ 2018年11月22日. 2019年8月14日閲覧。 マイタウン21.多摩山手版、第63号 より• Audible, Inc. のプレスリリース. PR TIMES 2019年7月9日. 2019年8月14日閲覧。 ORICON STYLE 2015年11月25日. 2016年1月30日閲覧。 第41話「光る宇宙」にてが散るシーンでは、「いまはおやすみ」が挿入歌として使用された。 声優アワード. 2012年3月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年2月22日閲覧。 2007年6月16日放送『』におけるのインタビュー証言。 『』内でのすぎやま本人の発言。 com 2018年7月3日. 2019年8月14日閲覧。 マイナビニュース 2008年10月29日. 2019年8月14日閲覧。 産経ニュース 2018年1月23日. 2019年8月14日閲覧。 『アンパンマンvsアンパンマン』p12より• 「高橋みなみの『これから、何する?』より• MovieWalker 2018年7月1日. 2020年5月10日閲覧。 『めばえ』1999年3月号より• ORICON NEWS oricon ME. 2018年8月16日. 2018年8月20日閲覧。 SANSPO. COM 2016年2月17日. 2016年2月17日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月14日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月27日閲覧。 東映アニメーション. 2016年6月10日閲覧。 それいけ!アンパンマン|アニメ|日テレプラス. 2019年8月22日閲覧。 手塚治虫公式サイト. 2016年6月12日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年5月2日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年5月2日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2020年1月26日. 2020年1月26日閲覧。 TVアニメ「ワンパンマン」公式サイト. 2019年4月3日閲覧。 アニメイトタイムズ 2020年2月1日. 2020年2月1日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月28日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月27日閲覧。 マッドハウス. 2016年5月1日閲覧。 マッドハウス. 2016年6月26日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月4日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月16日閲覧。 2019年1月11日. 2018年1月11日閲覧。 コードギアス 復活のルルーシュ 公式サイト. 2018年10月5日閲覧。 マッドハウス. 2016年6月8日閲覧。 アニメイトタイムズ. 2019年10月11日閲覧。 ぴあ映画生活. 2016年2月23日閲覧。 海外ドラマ・スタッフブログ. 2015年2月23日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年8月4日閲覧。 2018年6月1日閲覧。 金曜ロードシネマクラブ. 2019年11月29日閲覧。 映画ナタリー 2018年5月18日. 2018年5月21日閲覧。 シネマトゥデイ 2019年1月30日. 2019年1月30日閲覧。 アニメ! アニメ! 外部リンク• - (2008年6月1日 - )•

次の