ヒップホップ 薬物。 CREAM minami(ミナミ) プロフ!年齢や誕生日と身長は?整形や彼氏の噂って?

Staff Blog:若者のドラッグ使用とヒップホップ。Action Bronson、Lil Pump、Chance the Rapperを例に考える

ヒップホップ 薬物

ヒップホップ歌手のZeebra(49)が28日、ツイッターを更新し、インターネットやSNS上での誹謗(ひぼう)中傷が問題化しているが、ヒップホップのラップバトルなどとの違いについて自身の思いを投稿した。 Zeebraは「SNSでの誹謗中傷は良くないってツイートに『曲で人をディスったお前が言うな』って人が居ます。 ダンジョン観れば一目瞭然ですがヒップホップにはバトルが付き物なんで、ディスられるのが嫌ならヒップホップはやるなって事です。 俺も何度もディスられてますがラップゲームの一部として楽しんでます」とツイート。 連続投稿で「もちろん『ディスらなきゃいけない』訳じゃないので、ふんわりとした人はふんわりとやったら良いと思いますし、それをそうそうディスる人も居ないかなと。 『俺は凄い』みたいな事を言うからには『いや待て、俺の方が凄い』と言われるのは当たり前で。 俺がキングだとか一番だとか言い合うゲームです」とつづった。 また、「こういう議論もツイッターではちゃんと丁寧な言葉でやるべき。 そこまでは議論ですから。 まあ殆どの場合こっちは実名で向こうが匿名ってパターンなんですが、少なくとも丁寧な言葉遣いである以上は議論になり得ます」と呼び掛けた。

次の

ヒップホップ・ドリーム

ヒップホップ 薬物

こんにちはホケンタイイク246です。 コロナウイルスの影響はグローバルな課題になってきましたね。 とくにイタリアはとんでもない勢いで広がっています。 アメリカも広がっているようで、オーストラリアの火事のことはみんな忘れてそうですが、2020年は全大陸でとんでもないことになってます。 こんな不透明な混乱期に読みたくなってしまうのは「AKIRA」。 2020年に東京オリンピックが開催されることだけでなく中止になるかもしれないというところまで的中させるとは。。。 そのAKIRAに出てくる金田や鉄男が冒頭のシーンでたびたび出てくる錠剤をパクパクっと放り込んでキメてからバイクで走り出すシーン。 あれ、社会が混乱し経済がストップし職がなくなれば若者にとってはリアリティのある描写ではないだろうか。 かつてパンクロックが生まれたイギリス。 当時の経済と若者の就職率は恐ろしく低かった。 そりゃセックスピストルズがカリスマになりまっせ。 そんな今だからこそ薬物乱用の勉強をもう一度。 まだの人はこれを機にしてみてください。 今回の記事は「合法的なトビ方ノススメ」である。 これでピンとくる人はどれぐらいいるのかわからないが、いま日本ヒップホップシーンの先頭集団にいるクリーピーナッツの楽曲だ。 ラップするR指定はフリースタイル(即興ラップのタイマン)で日本一、ターンテーブルはDJ松永はDJ世界大会で優勝。 スキルがハンパないコンビで、多くの人に聞いてもらえる楽曲になっている。 彼らの楽曲がどう勉強になるのか。 それは読んでからのお楽しみ。 保健の教科書のおさらい• どんな人が薬物に手を出すのか• アンダーグラウンドの問題はアンダーグラウンドが声を上げる• 合法的なトビ方ノススメ 保健の教科書のおさらい 保健の教科書には「薬物乱用と健康」という項目がある。 中学高校とも必須項目だ。 その中で語られるのは以下の3項目である。 健康への影響• 社会問題• 対策 簡単にこの3項目をおさらいしたいと思う。 健康への影響 薬物は脳に作用する。 大きく分けると「興奮/抑制」の2種類だ。 興奮すると攻撃的になるため犯罪につながるとも言われるし、抑制はアルコールと同じで理性(社会的思考)が抑制されるので本能がむき出しになってしまう恐れがある。 薬物はこのように脳に作用するため本人だけでなく他者にも危害が及ぶ恐れがあるというのが通説である。 中毒がおきる 睡眠薬を飲むと眠くなるようにドラッグを使用すると何らかの身体的影響が及ぶことがある。 これを中毒と言う。 この中毒があまりに大きい(オーバードーズ)と死に至ることがある。 つまり薬物を使用方容量を守って使用しないと危険と言う話である。 依存症 薬物は脳に作用する。 その快楽を視床下部が記憶することによって「また薬物を使用したい」という指令を下すようになる。 その司令に従い、繰り返し薬物を使用すると「薬物を使用したい」から「薬物が体内にないとおかしくなりそう」というフェーズに突入する。 ここで依存が完成する。 薬物の血中濃度が下がると手が震え、目の焦点が定まらず、頭のことは薬物でいっぱいに。。。 使用、不使用に関わらず薬物の奴隷になる人生を送ることになる(らしい) 社会問題 社会の治安と規範が乱れる 上記のような薬物依存症の人が増えると社会問題や犯罪が増えるため防止をしなければいけないというのが日本の立場である。 日本では薬物は使用禁止と教えられるし、そう受け取られている。 薬物使用車は禁止されていると知ったうえで使用していることがほとんど。 つまり、薬物使用者の多くは規範意識が低い人であることが多い。 反社との関わり 薬物の使用は法律で禁止されている。 そこで薬物がオモテで出回ることはない。 つまりアンダーグラウンド、ウラ社会で出回ることになる。 その薬物を取り扱う元締めは暴力団関係者や反社会的勢力である。 薬物乱用の増加は彼らの維持・拡大につながり日本社会にとってマイナスであるという意見である。 対策 法律 法律を整備することで、薬物を所持・使用・売買・密輸している人などを取り締まる。 乱用防止対策 学校での教育・CMなどで啓発活動を行っている。 教科書の内容はザっと振り返るとこういった感じである。 これが多くの日本人に共有されている内容と言っても過言ではないと思う。 ここではさらに掘り下げていきたい。 どんな人が薬物に手を出すのか 教科書では「社会規範を守る意識の低い人が行う」と書いてある。 薬物を使用する人はダメ人間。 芸能人が薬物使用が発覚し逮捕されるとそんなバッシングをよく目にする。 それは、この教科書の内容を大真面目に受け取り「自分はまともな人間側で、薬物をやる人間とは違う」と石を投げているのだ。 薬物を使用するかしないかは規範意識の高さ低さで語れるものではない。 もし高さ低さで言い表せるとしても「もともと高く(低く)生まれた人」はいないし、「ずっと高いまま生活できる」わけでもない。 環境や置かれた状況で規範意識は高くもなるし低くもなる。 つまり 薬物使用者にバッシングの石を投げ、薬物を使う自分を想像できない人も環境と置かれる状況が変われば使用する可能性は0%が3%、5%と高まっていくのである。 薬物を使用する。 その背景は「規範を守る意識」で語れるものでない。 コロナショックの影響で稼ぐ人もいれば仕事がなくなる人もいる。 人生に絶望を感じるときにあなたはどう振る舞えるのか。 血迷ってなにかしでかすかもしれないと不安になる人も多いはずである。 そのときに薬物が目の前にあれば。。。 どんな行為にも背景がある。 そこを理解することが日本には共有されていない。 (なぜならみんな苦しくて我慢しているから。 )すぐ石を投げるのではなく、自分に投げかけ考える習慣を持つことが望ましい。 アンダーグラウンドの問題はアンダーグラウンドが声を上げる 日本社会は薬物が禁止されている。 そのことが広く共有されている。 その日本で薬物を使用する人はアンダーグラウンドの住人だ。 学校での授業やテレビでの啓蒙活動を素直に受け取らない人たちでもある。 薬物使用者をみても自分の知る限り大きく二つ分けられると思っている。 反社にどっぷり浸かっているいる薬物使用者• ヒッピーカルチャーに浸かっている薬物使用者 この二つである。 反社のことはわからないが、ホリエモンの獄中の話によるとその世界の住人になってしまった限りどうすることもできないんじゃと思ってしまう。 気になる人はホリエモンチャンネルを漁ってピエール瀧の件あたりを探してください。 ヒッピーカルチャーとは何か。 政府を信じない。 信じるのはセックス&ドラッグ。 そこに自由がある。 そんなカルチャーだ。 かつてキャプテンアメリカもニクソン大統領のウォーターゲート事件でホワイトハウスを信じられなくなりヒッピーになった回がある。 政府や国、自分たちの自由を奪うものに負けないように歌うのがそのカルチャーから生まれる音楽だ。 ロックでありヒップホップのカルチャーの源はそこにある。 (正確に言うとロックはドロップアウト・ヒップホップは底辺からの成り上がり) 端的に「先生の言ってることなんて聞いてられるか」という人たちに刺さる音楽だ。 彼はドラッグをする。 アメリカにある大麻万歳雑誌の表紙に堂々と登場する。 その姿をみてファンはどう思うのか。 彼らもやっているじゃないかと思って不思議なことはない。 アンダーグラウンドの世界ではカリスマがドラッグを使用する文化が続いてきた。 それを「芸事をするひとはそんな枠に収まるものではない」と擁護する声もたくさん聞かれたがそうではないと思う今日この頃。 だってピエール瀧や清原和博はやめられなくて苦しんでいた事実があるから。 でも、オーバーグラウンドの世界(テレビ・教師)から啓蒙しても聞いてもらえない。 それがこの国の歴史である。 やはりアンダーグラウンドの人間がメッセージを送るしかないのである。 そんな人いるの? いるんです。 ようやく冒頭の話に戻ってきました。 クリーピーナッツの「合法的なトビ方ノススメ」である。 ここから薬物乱用の流れが変わってほしい一曲である。 合法的なトビ方ノススメ 冒頭からサビまで ヒッピー文化=セックス&ドラッグを連想させる世界観で「一緒に快楽におぼれよう」と語りかける。 でも何で快楽を得るのかは教えない。 溜めに溜めたフラストレーション パッと開放するマスターベーション 錠剤?液体?はっきりしない実体 それは気体か個体? 聞きたいか答え?イキたいとたえずのたまう君の期待に応える 炙っても打っても得れない快感 たまらず Give me so me more サビ前に、その正体を叫ぶ ハマっちまったら終身刑 そのDrugの名は MUSIC 決まったー!!!そこからのサビはイケイケのノリノリです。 音楽に狂っていいという号令がかかっているのだから。 ここでは音楽のジャンルではなくこちらの意味で使われているでしょう。 セックスやドラッグがなくてシラフでも音楽があれば狂うことができるし、楽しめることができると歌っている。 ターンテーブルとマイクがあればいい。 それは「紙とペン」「ボールとバット」何でもいい。 自分の世界に没入できる何かを(合法的な範囲で)見つけようというメッセージである。 ゲーム依存症が叫ばれる昨今なので依存レベルになるとまずいのかもしれないが、合法的な世界に自分の世界や居場所を作ること。 それに没入することでトブことができる。 人生で心折れそうなときにどう生きるべきか。 そこに答えはない。 でも、自分の好きなものにドップリ浸かることはお風呂と一緒で何事にも代えがたいリラックスタイムになると思う。 まだまだ彼らの楽曲は深掘りできる要素が満載なので、機会を見つけて紹介していきたい。 学校の先生の言葉を素直に聞けないすべての人にこの曲のメッセージが届いてほしい。 ちなみに自分が一番苦しかった時は「ボクシング」で邪念を感じなくなるほど追い込み、「レッドブルとわさび味の柿ピー」という組み合わせ(通称「マゾ飯」)で乗り切りました。 スラムダンク読みました。 それぞれの合法的な取り組みでロックでヒップでホップな人生を歩んでほしい。 今日は全方位的に使える話ではなかったかもしれませんが、ことしは授業で取り上げたいと思っています。 明日からも生徒のために汗をかきましょう!!!.

次の

*コラム*『dopeヒップホップ(日本語ラップにおける犯罪編)』|梶本鐘広|note

ヒップホップ 薬物

(この記事は医療従事者が書いたものではなく、ヒップホップと音楽の観点で個人的な意見を書いています。 ) 音楽とドラッグカルチャー の繋がりは今に始まったことではない。 大昔からスピリチュアルなものとして自然の物を摂取する儀式からはじまり、60年代70年代にも多くのロックスターなどがドラッグの産物としての音楽を創造してきた。 ヒップホップ界でもドラッグディーラーとしてのし上がったラッパーも多く、遠い存在のように思えるかも知れないが、ドラッグは常に近い位置にある。 そんな「ドラッグ」との距離は年々近くなっていると感じる。 入手の難易度が低いものが「流行り」として、若いアーティストたちにもてはやされているのである。 そのようなドラッグによって苦しんだMac Millerの症状ついては下記の記事で紹介している。 特に近年話題に上がるのが、モリー、パーコセット、リーン、Xanaxなどのドラッグである。 様々なラッパーたちがこれらをネタにしてラップをしたり、MVにて「これがイケてる」と言わんばかりのイメージで使用しているのだ。 これらのドラッグは実際に市販の咳止めシロップや処方の鎮痛剤/鎮静剤を使用しており、誰でも手に入れることができるのが事実である。 私は 薬剤師でも薬物の専門家でもないので、専門的な知識は持ち合わせておらず、自分が読んだことや見たことしか語れない。 なのでこれらのドラッグの詳細は語らないが、これらのドラッグが明らかに、今までに以上に身近になっており、若者の間で問題になっているのは伝わってくる。 その中でも特に問題になっているのは、Xanax(ザナックス)なのでないだろうか?Xanaxは短期間作用型抗不安薬であり、ヒップホップ界でも蔓延している薬である。 世界中で処方されているこの薬であるが、非常に依存性が高いらしく、12歳〜の若者の乱用が目立つとが報道をしている。 国立薬害研究所のコンプトン氏によると、その依存性が強さが一般に知られていないのもあり、依存する人が非常に増えているとのこと。 もちろんXanaxは使用方法を守れば不安薬として作用するが、その依存性により、ハイになるために乱用する人が増えているとも語られている。 ヒース・レジャー、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストンなどの死因の一つにXanaxが関わっていたことが発表されている。 そのなかで、やはり若い「流行り」のラッパーたちの影響は大きいのかもしれない。 FutureのMask Offでは、かの有名な「Percocet, Molly, Percocet」というリリックが印象的であるが、他にはLil Pump世代のラッパーたちの影響もXanaxやパーコセット使用に影響があると感じる。 彼は楽曲だけではなく、ツイッターでもこのように発言している。 Xanax is the wave — Lil pump lilpump Lil Pump:Xanaxが新しい波だ 「そんな波に乗らないでくれ」というツッコみは置いておき、彼の動画や生活を見れば明らかに不安薬として、医師の処方のもと使用しているわけではないのがわかる。 リプライには「次の金曜にXanax持っていくから超熱い夜にしようぜ」という「Xanaxを乱用することが今の流行り(笑)」と言わんばかりの若気の至り満載のリプも見ることができる。 さらに彼はお祝い事でXanaxが500個入ったケーキをインスタグラムにも載せている。 そんななかで、Xanaxの危険性を伝えるラッパーたちもいる。 Chance the Rapperも一時期Xanaxによって「家で何もできない」期間があったとおり、もしそこでそのライフスタイルを変えていなかったらChanceのキャリアは終了となっていただろう。 そしてこの度Xanaxに対して発言したのは先日ニューアルバムをリリースしたAction Bronsonである。 筋トレの話題から Action:地下室という存在は凄いよ。 友達の地下室で音楽やったり、筋トレしたり、ウィードやったり。 地下室で音楽かけてみんなでプロテインを飲んだりするんだ。 ホスト:近年の子供たちがやらないといけないのは、そういうことだと思うよ。 体を動かしてプロテイン飲んだりじゃなくて、皆Xanaxで体を駄目にしている。 Action:俺は幸いそういうドラッグは体にとって良くないって理解しているからな。 前にオーストラリアに行く飛行機で、Xanaxを摂取したんだ。 そしたら16時間のフライトなのに、効果が消えなくて足が動かなかったんだ。 ずっと意識がなくて、周りは俺が死んだと思っていた。 このように語ったAction Bronson。 実際に彼がどのように使用したかは定かではないが、そのときの経験によりもうXanaxはやらないと決心したとのこと。 また、Vince Staplesの兄弟もXanax乱用によって亡くなっている。 不安薬として、医師の支持にしたがっていれば、このようなことにはならないはずである。 しかしここまで問題になっておりながらも、依存性が非常に高いこの薬を、米国で11番目に処方されている薬になるまで処方し続けるのにも違和感がある。 まるで80年代後半のを彷彿とさせる流れとなっており、誰かしらが莫大な金額を稼いでいるのは想像できる。 Thundercatが「ラッパーたちは製薬会社からマーケティング費用としてお金をもらって、ドラッグについてラップしている」という発言が、ただのオモシロ発言で済まされない未来も想像できる。 またこのようなドラッグの一番の危険は、純正だと偽ったものを摂取してしまう可能性でもある。 医療従事者でもなく、薬物の専門的な知識がない私には正直「薬物」としての問題の詳しいところまではわからない。 しかし音楽を通して、様々な若者が後々苦しむような問題が起きていることは伝わってくる。 若いうちは体が丈夫なので、「全然大丈夫だから(笑)」といった調子の人もいるだろう。 しかし私が感じている問題は「」ということである。 若者が「ドラッグをやることがイケてる!」などと言ったイメージや流行りに影響されやすいのは、今に始まったことではない。 人生にて成し遂げないといけないことや、好きなことにコミットできなくなるリスクを理解できていないことが多いからだと感じる。 かくゆう私も25歳なので、世間的には若者の粋に入るかも知れない。 「これが流行りだ!」と言わんばかりのアーティストの「マーケティング」をフォローする「羊」になるのは構わないが、それが原因で自分の人生に起こるデメリットも考えてほしいと願っている。 自分の人生で何をやらないといけないのか?今ここでそれができなくなるリスクとは?という疑問は重要である。 近い友人や家族の死や収監を目の当たりにして、はじめて気がつく人が多いのかも知れない。 しかしそのような状況を目の当たりにすることが少ない環境では、物珍しさから「なんかドラッグイケてるっしょ(笑)」と感じてしまっている人もいるだろう。 また、流行りのアーティストたちのこのようなドラッグ使用方法を、「イケてる」といった雰囲気で紹介する自称カルチャーメディアにも疑問が浮かぶ。 もしかしたらパーティードラッグにハマっている人たちには「なんだこのクソ真面目野郎は?」と思われるかもしれない。 しかし人為的に作られたこのような処方箋ドラッグの危険性を発信するアーティストたちの発言を、さらに発信する必要があると感じた。 特に誰でも入手できるこの時代のドラッグであるからこそ、80年代後半のクラック・コカインエピデミックの状況を、若者の間で再発させてはならないと思うばかりだ。 もちろん人間である限りは不安症状や精神的な問題で薬を頼りにしたい場合もあるだろう。。 そのようなときには、医者とちゃんと相談をしたり、根本的な原因の解決を試みてほしいと感じる。 ドラッグで症状に蓋をするだけではなく、そのような乗り越え方が一般的になることを願う。 (この記事は医療従事者が書いたものではなく、ヒップホップと音楽の観点で個人的な意見を書いています).

次の