ど いや さん。 「転校いや」泣いた心愛さん、今も心の中に 虐待死1年:朝日新聞デジタル

いやだいやだ|絵本ナビ : せな けいこ みんなの声・通販

ど いや さん

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さんが虐待死したとされる事件から、24日で1年がたった。 父親の暴力を大人に訴えた末に、10歳で命を落とした心愛さん。 「何かできたのではないか」。 近所の住民や元同級生は今も自問している。 「どんな気持ちだったんだろうか」。 心愛さんが住んでいたマンションの同じフロアに住む男性(52)は、入居者が替わった後も、あの部屋の前を通る度に申し訳ない思いになる。 1年前のあの日。 午後11時すぎに帰宅すると、心愛さん宅から「ボー」という給湯器の音がした。 いつもついていない時間帯で、違和感を覚えた。 幸せそうな家族に見えた。 報道では、叱る声や泣き声を聞いたという住民もいたが、自分も妻も聞いたことがない。 「何かの間違いなのでは」とすら思った。 購読していた新聞で、記事のスクラップを始めた。 母親の裁判を報じた記事で、事件当日、勇一郎被告が浴室で冷水をかけ、意識を失った心愛さんに温水をかけて蘇生させようとしたことも知った。 「あの日の給湯器の音は、これだったのだろうか」 切り抜きを続け、他紙や週刊誌….

次の

【聞きたい。】海猫沢めろんさん 『パパいや、めろん』

ど いや さん

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さんが虐待死したとされる事件から、24日で1年がたった。 父親の暴力を大人に訴えた末に、10歳で命を落とした心愛さん。 「何かできたのではないか」。 近所の住民や元同級生は今も自問している。 「どんな気持ちだったんだろうか」。 心愛さんが住んでいたマンションの同じフロアに住む男性(52)は、入居者が替わった後も、あの部屋の前を通る度に申し訳ない思いになる。 1年前のあの日。 午後11時すぎに帰宅すると、心愛さん宅から「ボー」という給湯器の音がした。 いつもついていない時間帯で、違和感を覚えた。 幸せそうな家族に見えた。 報道では、叱る声や泣き声を聞いたという住民もいたが、自分も妻も聞いたことがない。 「何かの間違いなのでは」とすら思った。 購読していた新聞で、記事のスクラップを始めた。 母親の裁判を報じた記事で、事件当日、勇一郎被告が浴室で冷水をかけ、意識を失った心愛さんに温水をかけて蘇生させようとしたことも知った。 「あの日の給湯器の音は、これだったのだろうか」 切り抜きを続け、他紙や週刊誌….

次の

新桃太郎伝説こらしめた鬼リストコンプに関する豆知識

ど いや さん

この作品の関連記事• なんだかとっても怒っている顔。 何でもすぐに「いやだ いやだ」って言うのです。 手を広げて、足を広げて、「いやだ いやだ」。 それなら… 「かあさんも、いやだって言うわ」 大変!ルルちゃん。 抱っこもしてくれないって。 それどころか、美味しいおやつも、おひさまも、大事なくまちゃんまで…「いやだ」って言いだしちゃった!! 毎日、子どもに「いやだ」って言われているママやパパが読めばクスっと笑ってしまいそうなこのお話。 まさにいやいや期のルルちゃんは「困ったちゃん」。 だけど、とっても愛おしいのです。 それでは、「いやだ」って言っている最中の当人がこの絵本を読むと、どうなるのかしら? 意外とケラケラ笑っているのかもしれません。 だって、滑稽ですものね。 わかっていても、「いやなものは、いや」。 そんなどうにもならない子どもたちの気持ちを、ユーモラスに愛らしく描きだしているのはせなけいこさん。 『ねないこだれだ』でもお馴染みの、せなさんの貼り絵の技法は、素朴で、それでも表情がはっきりと伝わってきて、本当にお話にぴったり。 きっとママやパパたちの記憶の中にも、小さい頃読んでもらった記憶が残っている方は多いことでしょうね。 合わせて「いやだいやだのえほん」シリーズもおすすめです。 (磯崎園子 絵本ナビ編集長) ルルちゃんはなんにでもすぐに「いやだいやだ」といいます。 あんまり「いやだいやだ」と言っていたら……。 お母さんも「いやだ」といって抱っこしてくれなくなりました。 おやつもお日さまも、保育園にはいていく靴も、大事なくまのぬいぐるみも、みんなが「いやだ」といいだします。 みんなに「いやだ」といわれて、ルルちゃんは泣きべそをかいてしまいます。 いやいや期の子どもといっしょに読みたいユーモラスな絵本です。 2歳前の娘が少し前から「いやだいやだ!!」を連発して困っていた時に以前より気になっていたこのシリーズを購入。 さっそく読んであげると、「るるちゃん、いやだいやだ言うたらいかんね」と笑っていましたが、何度か読むうちに、「るるちゃん」を娘の名前に替えて読んでみると、困った顔をして照れ笑いしていました。 娘のお気に入りのぬいぐるみもくまちゃんなのでちょうどぴったりで楽しく読んでいます。 娘の「いやだいやだ」の対処法として大活躍しそうです。 (おと0825さん 20代・ママ 女の子2歳).

次の