ホアキン フェニックス 死亡。 ホアキン・フェニックス、兄リヴァーが死去した後は家族でコスタリカに逃避行 /2019年10月6日 1ページ目

ジョーカー俳優が全米をブチ切れさせた超問題作…『容疑者、ホアキン・フェニックス』緊急再リリース

ホアキン フェニックス 死亡

最初ホアキンを見たときはやせ細った姿に圧倒され、肩甲骨の違和感に気が付きませんでしたが、改めて見ると左右非対称であることがわかります。 ジョーカー役ホアキンの減量法は? 減量前の画像と比較 続いて減量前からどのくらい変化したのか見てみましょう。 左の画像はホアキンが映画「 ビューティフル・デイ」 2017年 に出演していたときの姿、そして右側が「ジョーカー」 2019年 を演じたときの姿。 画像を見ただけでは同一人物であると判断できないでしょう。 何をしたらここまで、体つきが変わるのが非常に気になるところ。 ホアキンは何キロ減量した? ではこの間、ホアキンは何キロ減量したのでしょうか。 どうやら撮影前の4ヶ月で 約24キロの減量に成功したようです。 もともと81. 6キロ 180ポンド あった体重を58キロ 128ポンド まで落とした模様。 ただ、2017年のビューティフル・デイの撮影のときは85か90キロ近くあったと予想されるので、最高体重のときから30キロと近くは落ちていると考えられます。 常人にはこの数値がどれくらい過酷なことを表しているのかイメージが難しいですね。 最近では、過去にジョーカーと対峙するバットマンを演じたクリスチャン・ベールも「フォードvsフェラーリ」に出演するに当たり30キロの減量に成功。 ハリウッドの第一線で活躍する俳優たちの役作りへの執念には、本当に尊敬しかないですね。 ホアキンの減量方法とは? ホアキンはどのようにして減量したのか気になる人が多いでしょう。 彼はどうやら、 りんごダイエットで24キロ近くの減量に成功したようです。 サラダなどの野菜を摂取するときもあったようですが、基本的にりんご1日1個。 りんごは 200gで122kcalと低カロリーの果物で、コンビニに売っているおにぎりの平均カロリー180kcalより低い数値となります。 また、脂肪を燃焼しやすい食物繊維が含まれており、ダイエットには適した食べ物です。 ただ、毎日りんごだけというのは、ストレスが溜まりやすくリバウンドしやすいという見解もあります。 なので、ホアキンがりんごダイエットを続け24キロも減量したことがいかににすごいことがわかるでしょう。

次の

兄の死を乗り越えて……ホアキン・フェニックス 子役時代から『ジョーカー』を演じるまで | ガジェット通信 GetNews

ホアキン フェニックス 死亡

伝説の俳優リヴァー・フェニックスの弟という呪縛を乗り越え、俳優として円熟期を迎えたホアキン・フェニックス。 リヴァーとの思い出の中に、感動的な秘話が隠されているホアキンのスピーチは、最終ページに記載している。 ヒッピーの両親のもとに生まれ、宗教コミュニティで生活した幼少期 チルドレン・オブ・ゴッドの人々。 1972年撮影 Children Of God — ホアキン・フェニックスの半生を語るときに、外すことができなのが、家族のストーリーだ。 ホアキンの両親は、1960年代に社会現象となったフラワーチルドレンの流れをくむ、典型的なヒッピーだった。 父親のジョン・リー・ボトムと母のアーリーン・デューンズは、農場で果物を摘む作業をして日銭を稼ぎながら、ヒッピーのコミューンを転々としているときに出会った。 二人は1969年に結婚し、翌年、1970年には、長男リヴァーがオレゴン州マドラスで、1972年には長女レインがテキサス州クロケットで誕生している。 この頃からボトム夫妻は、宗教団体「チルドレン・オブ・ゴッド」に入信し、団体のコミュニティで暮らすことになる。 熱心に活動したジョンは、やがて伝道師として南米に派遣され。 一家は南米各地を移動することになる。 1974年10月28日、ホアキン・フェニックスは、南米プエルトリコのサンファンで生まれた。 ボトム家の次女リバティは、1976年ベネズエラで誕生したが、南米での暮らしは貧しく、まだ幼い長男のリヴァーと長女のレインが、ストリートパフォーマンスで歌を歌い、小銭を稼ぐこともあった。 転々と旅を続ける「チルドレン・オブ・ゴッド」での生活と、宗教活動に疑問を持ち始めた両親は、三女サマーが誕生する1978年に、団体と決別し、母型の祖父母がいるフロリダに戻り新たな生活を始めることになる。 この時、ボトム一家は、再生を意味するフェニックスという名字に改名した。 南米での貧しい生活は、兄弟たちの絆を深め結束を固いものにした。 また、一家は、アメリカに戻る際に、漁師が釣った魚を無残に(子供たちの目にはこのように映った)捌く様子を目撃し、ショックを受け、動物を殺めたものを口にしないヴィーガンとして生きることを誓っている。 フェニックス一家は、現在でも動物愛護の運動を続けている。 PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)設立35周年記念パーティでのフェニックス一家 2015年撮影。 しかし、子ども5人を養うには十分な収入ではなく、貧困は続く。 そこで、南米時代にもやっていたように、子どもたちはロサンゼルスの路上にたち、ストリートパフォーマンスで稼ぐことにした。 このパフォーマンスが評判を呼ぶ。 ハリウッドで子役エージェントとして活躍していたアイリス・バートンが、彼らのパフォーマンスに興味を持ち、5人の子供たち全員と契約を結ぶのには、そう時間はかからなかった。 1980年ころ、芸能活動をするにあたりホアキンは、自分の名前が兄や妹たちと比べて普通だと感じるようになる。 ホアキンは、6才の時に、自ら「リーフ」という名を選び改名した。 CMに出演したり、TVドラマに子役としてゲスト出演するようになり、すぐさま活躍することとなる5人の子供たち。 中でも、圧倒的に美しい容姿をしていた長男のリヴァーには、たくさんのオファーが集まり、彼が12才の頃には、TVドラマ『略奪された7人の花嫁』のレギュラーに抜擢されることとなった。 ホアキンの俳優デビュー作は、兄の初レギュラードラマであるこの『略奪された7人の花嫁』である。 妹のリバティと共に、リーフ・フェニックスとして第13話「クリスマスソング」に出演している。 1986年12才になったリーフは、映画に進出した。 『スペースキャンプ』に出演し、ロボットと交流する宇宙オタク少年を演じて高評価を得た。 しかし、この年、スペースシャトルのチャレンジャー号が、発射後に爆発するというショッキングな事故が起こり、宇宙ものの映画から、観客の足が遠ざかってしまった。 一方、同じ年に公開された兄リヴァー・フェニックスの映画『スタンドバイミー』は、世界的大ヒット作となる。 幼少期からずっと一緒に苦楽を共に過ごしてきた4つ年上の兄は、瞬く間に映画界のトップ俳優になっていった。 リーフは、兄に対する尊敬の念を抱えつつ、オファーがきた役柄を真摯に演じつづけた。 カリスマ的で、美しい俳優だった。 しかし、あまりにも急激な成功が、一家の生活にも影を落としていく。 フェニックス家の父親ジョンは、リヴァーの成功により、今までの自分が信じてきた質素な暮らしと、ハリウッドでの成功した暮らしとのギャップに悩み、アルコール依存症になっていった。 ホアキンも、15才の頃に出演した『バックマン家の人々』(1989)を最後に、数年間、俳優業を休んでいる。 休業している間、ホアキンは父親と南米を旅行していたとのことだ。 プライベートについて多くを語らないので、ここは推測をするしかないが、ハリウッドに来る前の暮らしを思い出してもらうことで、父を癒したかったのかもしれない。 さらに、16才になり、名前を芸名のリーフから出生名のホアキンに再び改名しており、誘惑の多いハリウッドから少し距離を置き、今後のキャリアについて考えようとしていたのだろうか。 そして、夢のような成功を手に入れたリヴァー・フェニックスにも、ハリウッドの闇が迫っていた。 クラブ「バイパールーム」で、リヴァー・フェニックスが死亡した。 「兄が、バリウムか何かを飲んで、何かは分からない!死にかけてる!早く来てください!」 動揺した様子で、そう叫んでいたのは、19才のホアキン・フェニックスだった。 自分の兄が、意識のない状態で倒れているその横で、緊急通報で助けを求めるという経験は、想像するだけでもツライものがある。 ましてや、19才の青年にとっては、トラウマとなる悲痛な出来事だったに違いない。 映画界の若きスター、リヴァー・フェニックスは、そのまま帰らぬ人となった。 ドラッグの過剰摂取だった。 23才という若すぎる死だった。 ホアキンにとって、さらなる悲劇だったのは、自分の通報を録音した音声が、何度も何度も繰り返しテレビで放送されることだった。 日本に住んでいた筆者でさえも、ワイドショーで何度も聴かされ、ホアキンの胸中を想い「もう、やめてあげて欲しい」と思ったものだ。 それ以来、ホアキンは公の場で、兄リヴァー・フェニックスのことを語らなくなった。 リヴァーの死から立ち直れなかったホアキンを、映画に起用したガス・ヴァン・サント監督 ホアキンとガス・ヴァン・サント監督。 『ドント・ウォーリー』(2018)でもタッグを組んだ。 リヴァー・フェニックス自身が思い入れの強かった映画『マイ・プライベート・アイダホ』(1991)の監督だ。 ガス・ヴァン・サント監督作で、ニコール・キッドマン主演映画『誘う女』(1995)には、子役時代に使用していたリーフという名前ではなく、ホアキン・フェニックスとして出演した。 これがホアキン・フェニックスとして出演した初めての映画となる。 ホアキンの演技は、リヴァーの死のショックから立ち直れていないファンたちにも好評だったが、心ないファンの中には、「容姿がリヴァーと似ていない」と揶揄する者もいた。 同じフェニックスという印象的な名前から、どうしてもリヴァーを思い起こし、美しい容姿を期待する人たちが少なからず存在したのだ。 以後、ホアキンは、23才で夭折した兄リヴァーと比較され続ける人生を送ることになる。 リヴァーの死に影響を受けたのは、ホアキンだけではない。 別居中だった父親のジョンと母親のアーリーンは、1997年に離婚することになった。 しかし、『誘う女』での演技が好評で、ホアキンにはオファーが絶えず舞い込んできた。 その後も、オリバー・ストーン監督作『Uターン』(1997)や、ジョエル・シューマッカー監督作『8㎜』(1999)など、話題作に出演しつづけキャリアを積んできたホアキンは、ついに運命の役柄に出会うことになる。 1996年当時の恋人、リヴ・タイラーとホアキン。 NEW YORK, UNITED STATES — NOVEMBER 4: Actress Liv Tyler and actor Joaquin Phoenix at the 30th Anniversary of the Whitney Museum on November 4, 1996 in New YorkCity. 主演のラッセル・クロウの敵役となるコモドゥス帝を演じ、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。 兄のリヴァーも『旅立ちの時』(1988)で、助演男優賞にノミネートされており、リヴァーとホアキンは、アカデミー史上初めて、兄弟で俳優賞にノミネートされた人物となった。 『グラディエーター』は、第73回アカデミー賞作品賞を受賞し、ラッセル・クロウも主演男優賞を受賞したが、ホアキンはオスカーを逃してしまう。 しかし、その後もホアキンの快進撃は続く。 ホアキンは、アカデミー賞に母を連れていった。 2006年には、妹のサマーが俳優のケイシー・アフレックと結婚し、ケイシーとホアキンは意気投合することになる。 二人は、ひそかにモキュメンタリーの製作を開始したが、これがひと騒動となった。 突然、「俳優をやめてヒップ・ホップアーティストになる」と言い出したホアキンを、世間の人々は心配した。 生放送で出演したデヴィッド・レターマンの番組でも、だれだか分からない風貌で現れ、おかしな言動をする。 後に、この行動は、モキュメンタリー映画のためだということが判明するが、ほぼ2年間映画の仕事を休んでいたため奇行の信憑性が増し、世間の人々も、ハリウッドの俳優たちも、心底彼のことを心配したのだ。 エキセントリックな発言で有名なホアキンだが、この騒動でお騒がせな人物という印象を世間に与えてしまった。 しかし、彼の言動が世間の関心をひくということは、それだけ愛されているという証拠でもある。 このモキュメンタリーは、『容疑者ホアキン・フェニックス』(2010)というタイトルで公開されることになった。 問題のデヴィッド・レターマンの番組出演したホアキン。 ひげ面の風貌もモキュメンタリー用。 NEW YORK — FEBRUARY 11: Actor Joaquin Phoenix, waves to the audience during his interview with Late Show host David Letterman during the Late Show with David Letterman Wednesday, February 11, 2009 on the CBS Television Network. com 騒動後の復帰作『ザ・マスター』で、俳優としての価値がさらに上がることに ホアキンと2014年に亡くなったフィリップ・シーモア・ホフマン。 共演者のフィリップ・シーモア・ホフマンの強いプッシュがあったために、出演が実現したといわれている。 『ザ・マスター』を見た人たちは、「やはりホアキンは、素晴らしい俳優だ」という認識を再確認させられることになる。 第二次世界大戦で心に傷を負った退役軍人を演じ、再びアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。 同作で、ベネチア国際映画祭の男優賞を獲得している。 さらに、2017年に出演した『ビューティフル・デイ』では、再びPTSDに悩まされる元軍人を演じ、第70回カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞している。 さまざまな映画祭で賞賛されてきたホアキン。 あとは、オスカーだけという状況で、準備も整っているだけに、2019年公開の『ジョーカー』には期待がかかる。 CANNES, FRANCE — MAY 28: Actor Joaquin Phoenix, who won the award for Best Actor for his part in the movie 家族への感謝と共に、公の場で兄リヴァーについて言及するホアキン。 2019年9月11日、第44回トロント国際映画祭で、姉妹や両親への感謝を、冗談交じりに話すホアキン。 「リヴァー・フェニックスの弟」という呪縛とも言える代名詞を超え、名俳優となったホアキン・フェニックス。 俳優として輝かしい功績を残している今のホアキンに対して、「リヴァーの弟なのに…」と揶揄する人物はもういないだろう。 リヴァーの死から26年の歳月が経ち、ようやく心の整理がついてきたのか、カナダで開催されている第44回トロント国際映画祭のスピーチで、ホアキンがリヴァーについてこう言及している。 「15才、16才の頃でした。 兄のリヴァーが『レイジングブル』(1980)のビデオを持ってきて、私に見せました。 翌朝、私を起こして再びビデオを見せて、 『お前は、また演技を始めなきゃいけない。 これがお前のすることだ。 』と私に言いました。 私に 演技をやりたいかどうか)尋ねもしないで、ただそう言ったのです。 今、私は兄に感謝しています。 なぜなら演技をすることが、私に素晴らしい人生をもたらしたからです。 」 15、6才の頃というと、ホアキンはちょうど『バックマン家の人々』の撮影を終え、俳優業を休んでいた時期だ。 ホアキンが俳優を続けるかどうか悩んでいた時に、リヴァーが「演技を続けるべきだ」と強く進めていたことが伺える。 riverphoenix riverphoenixedits classic 90s 80s river vintage film movie JoaquinPhoenix standbyme keanureeves martha marthaplimpton eyes darkblood runningonempty friends chandler matthewperry movie happybirthdayriverphoenix Joker JokerMovie JoaquinPhoenix? さん rphoenixangel がシェアした投稿 — 2019年 9月月12日午前4時45分PDT 実は、俳優としてのホアキン・フェニックスの実力をいち早く見抜いていた人物がいる。 その人物とは、ホアキンの実兄リヴァー・フェニックスその人だ。 これは、筆者の記憶の話で、ソースが見つからないので、記事に載せるかどうかは決めかねた。 しかしタイミングよく、トロントでのホアキンのスピーチを見て、やはり入れるべきだと考えた。 リヴァーの主演映画『旅立ちの時』(1988)が公開された頃だったか、映画雑誌に載っていたインタビュー記事を筆者は鮮明に覚えている。 故リヴァー・フェニックスは、このように語っていた。 「小さいころから人間ウォッチングが好きで、共演者たちを観察してるんだ。 『モスキート・コースト』(1986)で共演したハリソン・フォードは、テクニカルで計算された演技をする。 『リトル・ニキータ』のシドニー・ポワチエは、反対に衝動的に演技する感じ。 弟のリーフもいい俳優だよ。 彼の実力を知るには映画『スペースキャンプ』よりも、『ラスキーズ』(1987年)を見るほうがよくわかると思うよ。 」 『ラスキーズ』は、ホアキンの初主演映画である。 誰よりも早く、弟ホアキンの才能を見抜いていた兄リヴァー・フェニックス。 2019年、生きていれば49才になっている。 弟ホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』を、見たくてたまらないに違いない。

次の

【画像】ジョーカー(ホアキンフェニックス)の口の傷は口蓋裂?

ホアキン フェニックス 死亡

ホアキン・フェニックスの最狂の名演… - c 2010 Flemmy Productions, LLC 映画『』の大ヒットを受け、が主演を務めた超問題作『』のDVDが2020年1月17日に緊急再リリースされることが決まった。 VOD(ビデオ・オン・デマンド)でも同年1月1日より各プラットフォームで順次配信開始となる。 ホアキンが突然の「俳優引退とラッパー転向」を宣言し、突如として表舞台から姿を消したのは2008年のこと。 以来ホアキンは見る影もなく激太りし、挙動不審で会話すらままならない状態に。 実際に2年間の仕事をキャンセルし、巨額の自費を注ぎこんで作り上げた一世一代の大イタズラにアメリカ中はすっかりダマされ大激怒、ホアキンとケイシーは一瞬にして全国民を敵に回してしまった。 [PR] ファンの怒りを買った本作は興行的にも鳴かず飛ばずで、日本でも2012年に限定上映されたが成功を収めることもなく数年前に配給権は消失、DVDも絶版状態となっていた。 しかし今回『ジョーカー』の大ヒットでホアキンへの注目度が高まり、ファンや報道関係者から本作への問い合わせが殺到したため、日本の配給元は急きょ権利元と再契約交渉を行い、手頃になった新たな価格設定でDVDが再発売されることに決まった。 このフェイクドキュメンタリーの中で「常軌を逸した自分」を演じるホアキンの怪演はリアルそのもので、相棒ケイシーの回すカメラの前で、ドラッグ、買春パーティーまでしてしまう始末……。 や、といったセレブたちが次々とダマされていく様子も克明に記録されており、『ジョーカー』でアカデミー賞主演男優賞の本命とみられているホアキンの最狂の名演は必見だ。 (編集部・市川遥).

次の