コロナ 挨拶。 【コロナ】営業再開のお知らせ例文の7業種まとめ!ビジネスメールの適切な挨拶文も!

コロナ禍のビジネスメールの気遣いの書き出しで印象が変わる挨拶文の例文!

コロナ 挨拶

日本中が新型のコロナウイルスで大変な様子ですね。 各種イベント関係、展示会をはじめ、飲食、宿泊、あらゆる業界が影響を受けていると聞いています。 サブプライムローン、リーマンショックに続く、コロナウイルスショック、、ですね。 一日でも早い収束をお祈りします。 今はラインやメールが当たり前となりましたが、古くから、手紙はスマホもライン、メールもなかった時代に主要な連絡をとる、または想いを伝える媒体でした。 ただコロナウイルスの影響で受け取った相手が困っている場合も懸念されますので、 の記事に3月や4月に使いやすい時候の挨拶をまとめた目次がございますので、 お困りの方はぜひご覧くださいませ。 新型コロナウィルス流行の中、 ・テレワーク系のサービスを開発されている会社様からサービスをご案内したい ・外出を控えたい今だからこそインサイドセールスに重点を置き、手紙を活用したい といった形でのお問い合わせもいただいております。 弊社としても社内でできる手紙施策として、 企業様のマーケティング面でのお役にたてましたら幸いです。 コロナに負けるな!!ロボット手書き特別価格を4月10日にリリースいたしました。 お気軽にお問い合わせくださいませ。 関連記事.

次の

新型コロナウイルスへの対応についての挨拶文と感染症対策の例文ひな形

コロナ 挨拶

印象が変わる挨拶文の例文の流れ!• 日ごろの感謝を伝える• 心配している事を伝える• 助けになる事を伝える• 今後の発展や健康を願う 一つずつ見ていってみましょう! 日ごろの感謝を伝える まず日ごろの感謝を伝える事で、周囲に感謝して日々を過ごしている印象を与えます。 仮に自分が相手に感謝されることが多くても相手に感謝の出来ない人は嫌われやすいので気を付けましょう! 例えば私生活でデートに行って食事を奢ってもらっても感謝をしない人と関わりたいと思えませんよね。 例文1「 平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます」 意味:日ごろ特別にひいきにして頂いて本当にありがとうございます 人は感謝をされたい心理がありますので、感謝から書き出すのもよいでしょう。 例文2「 ご健勝をお祈り申し上げます」 「ご健勝お祈り申し上げます」の意味: 相手の健康を願う言葉 相手の健康を願う言葉から入るのも良いでしょう。 時候の使い方などは以前書いた記事の 「 」を参考にして見てください。 心配している事を伝える 心配している事を伝える事で、気遣いの出来る印象を与えられます。 コロナ禍の影響で社会が不安定になっている中で、自分を心配してくれる人がいると分かるだけでも勇気になります。 逆にイベント中止など自分たちの状況だけを一方的に伝えられたら「心配していないのか?自分の事だけか?」と思われる可能性も出てきてしまします。 助けになる事を伝える 助けになる事を伝える事で、安心感を与えられます。 コロナ禍の影響で経営に悩んでいても、助けになる事を伝える事で今後のをより強いものにしやすいです。 今後の発展や健康を願う 今後の発展や健康を願う事で、一体感を与えられます。 今後の発展や健康を願う事で他人事ではなくより近い存在である印象を与えられます。 より近い存在である印象を与えられれば、仲間意識が芽生えビジネスが円滑に進みます。 普通に考えても信頼できない人とビジネスをしたいと思わないものです。 例文「貴社の更なるご発展をお祈りしご挨拶とさせていただきます」 例文2「一日も早く通常営業にお戻りになる事を切にお祈りいたします」 コロナ禍の影響ビジネスメールで印象が変わる挨拶文の注意点 コロナ禍では、IT関係は景気が良いですが飲食店やイベント関係の職種では閉店や倒産をしていますので、気遣いを意識していきましょう。 注意したい例文「 ご健勝のこととお慶び申し上げます」と書き出す人もいるのではないでしょうか? 普段なら普通の例文ですが、明らかにコロナ禍の様な自粛強制で特定の や で自殺が出たり、多くの方々が間接的に影響を受けている中で、あなたなら「お慶び申し上げます」と言う言葉を使えますか?(お慶びの意味:喜び祝うこと) 相手方がコロナ禍で確実に売り上げが上がっている事が分かっているならわからなくもないですが、それでも世間知らずで気遣いのかけらもない様にも感じられます。 コロナ禍の影響は精神状態にまで影響が出ていますので、言葉に敏感に反応する可能性もあり今後のビジネス関係を悪くする可能性もあるかもしれませんので、気遣いに注意しましょう。 それではどんな言葉が良いのか?気遣いの書き出しの例文を見てみましょう!.

次の

新型コロナの影響による取引先様へ返信・お見舞い等のメール文例集(テンプレート)

コロナ 挨拶

手紙の書き出しのポイント 1. 相手をよく考える ・手紙を出す相手とあなたとの関係を考えます。 親しい相手なのか、目上の相手なのか、ビジネスの相手なのかを良く考えて書きます。 先方の状況を推し量る ・現在の相手の状況を考えてみます。 例えば、幸せ、元気、健康、闘病中、超多忙、活躍している、暇を持て余している、大変な困難に遭遇している、寂しい、不安、など。 ・上記のうち、もしも先方がコロナウィルス感染症に感染して闘病中の場合には、入院中であったり、感染予防の観点から手紙のやり取りが難しい場合などがあります。 できれば患者本人やその家族に対しては手紙は避け、どうしても連絡を取りたい場合にはメールや電話を使うようにしましょう。 季節を考える ・季節についてふれるのが手紙の書き出しの慣例となっています。 手紙の書き出し 1. 頭語(とうご) ・頭語とは、手紙を書く時に冒頭に用いられる言葉をさします。 例えば「拝啓」「拝復」「謹啓」「前略」など。 ・頭語は、 必ず、決まった結語とペアになっています。 例えば「拝啓」で書きはじめる場合は結語「敬具」で結ぶのが決まりです。 代表的な頭語と結語のペアには以下のようなものがあります。 ・頭語を用いるのが手紙の正式なマナーですが、文章が堅苦しくなるので、親しい相手や子どもにあてた手紙の場合などには、省略しても構いません。 このほかに「頭語」「結語」のペアはこちらのページ 手紙の書き出し 2. 時候の挨拶 (じこうのあいさつ) 冒頭に「頭語」を書き、続いて自分の言葉で季節感を述べます。 これを「時候の挨拶」と言います。 頭語のあと一文字あけて続けて書くか、または改行して次の行の上一文字下げて書きます。 時候の挨拶の例 ( 下記を参考に、時候の挨拶は自分の言葉で) 1月 厳寒の侯 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 2月 余寒の侯 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております 節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 3月 早春の侯 桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 4月 陽春の侯 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 花の色が美しい季節になりました。 5月 新緑の侯 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 6月 梅雨の侯 梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 7月 盛夏の侯 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じるころになりました。 8月 残暑の侯 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 9月 初秋の侯 コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 燈火親しむ頃となりました。 10月 秋冷の侯 菊の花が香る季節となりました。 さわやかな秋晴れの日が続いております 11月 晩秋の侯 朝晩はめっきり寒くなって参りました。 庭の草木も日ごとに色づいて参りました。 12月 初冬の侯 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。

次の