物理基礎。 【物理基礎】初学者必見!物理基礎おすすめ参考書・問題集5選!

【物理基礎】弦の振動の公式とは?導出も問題もイメージで突破せよ!

物理基礎

はじめに 「センターの物理基礎で点が取れない…」 「公式を覚えても問題になると使えない…」 こんなふうに思っているあなた。 国立は科目数が多いので、物理基礎に時間を割くこともできず焦りますよね。 しかも、横浜国立大学や千葉大学ではセンターの配点が高く、理科だからといって油断できません。 事実、効率よく勉強することが求められる国立の入試において、物理基礎に足を取られてしまうようでは合格は難しいです。 ですが、逆に言えば、正しい対策をとって物理基礎をさっさと完成させてしまえば、センターの他の科目や二次試験の勉強に時間を割くことができます。 合格が近づくこともまちがいなしです! 私も12月から勉強を始めましたが、本番で47点を取ることができました。 ここではまず、「公式の覚え方」「問題集の解き方」「過去問演習の際の注意点」を説明したあとに、おすすめの参考書・問題集を紹介します。 この勉強法を実践して、物理基礎を得意科目に変えてしまいましょう! 物理基礎で失敗すると合格が遠のく理由 「理科基礎は点数も低いし、そんなに対策する必要あるの…?」と思っているあなた。 ここでは、物理基礎でなぜ失敗してはいけないのか説明します。 センターの点数は合否に直結するため物理基礎は重要 東大など一部の大学を除き、ほとんどの国立大学ではセンターと二次試験はほぼ同率の配点です。 例えば、千葉大文学部でも二次試験が550点満点であるのに対し、センター試験は450点満点で、センター試験での点数が合否に大きく関わることがわかります。 さらに横国(横浜国立大学)はセンター重視で有名です。 例えば経営学部の前期試験は、センター試験が800点満点であるのに対し二次試験は100点満点という、完全にセンターの点数で決まる入試となっています。 入試は、0. 1点の差で明暗が別れる勝負です。 物理基礎を甘く見た結果、不合格になってしまったなんていうことがないよう、しっかり対策しましょう! 物理基礎は難易度が低め 物理基礎は、やはり「基礎」と付いているだけあって、英語や数学など他の科目に比べて簡単です。 勉強すればするほど、点数が上がります。 それはつまり、きちんと勉強した人とそうでない人の差が開きやすいということでもあります。 「友達が満点をとっている隣で、自分は20点しか取れなかった…」なんてことがないよう、計画的に学習しましょう! 物理基礎の点数が一気に上がる公式の覚え方 「物理基礎は公式が無限にあって覚えられないよ…」というあなた。 それはきっと、あなたの記憶力ではなく、覚え方の問題です。 これを丸暗記しようとしていませんか?そのやり方ではおぼえきれないのも当然です。 学校で使う教科書には、公式をどのようにして導くのかという証明が書いてあると思います。 それを読み返して、公式の導き方、公式が持つ意味を理解してください。 「文字列の意味を理解すること」、これは暗記にとてもよく効きます。 v0ははじめの速度、atが運動を始めてから加速した分の速度だとわかれば、v0とatを足したら今の速度になるというのは簡単にわかります。 このように文字式が表していることの意味をしっかりと理解することで公式の暗記もより定着します。 一度理解してしまえば、公式を使うたびに証明から始める必要性はありませんが、聞かれたらいつでも答えられる状態にはしておきましょう。 物理基礎の公式は日本語と文字式両方で覚えよう 「文字列の意味を理解して覚える」には、先程の内容を更に進めて、「公式を日本語に置き換えて覚える」ことも効果的です。 こうすることによって、公式の文字列と意味を常につなげて理解することができます。 なぜなら、問題文が言っている現象がどういった現象なのか想像できなくても、計算で答えを求めることができるからです。 公式をアルファベットのままで覚えつつ、1つ1つの文字が何を意味しているのかを必ず覚える、という方法が1番良いでしょう。 物理基礎の点数が伸びない問題集の解き方3つ 「公式は覚えたんだけど、問題になるとどの公式を使えばいいのかわからない…」というあなた。 正しい方法で問題演習を積めば、かならず問題で正解を導けるようになります。 ここでは、受験生が陥りがちな誤った勉強法と、正しい勉強法をおつたえします! 頭の中で解いていませんか? 手を動かすのが面倒だからといって、頭の中で問題を解いていませんか?面倒なのはわかりますが、頭の中だけで考えるのは変に頭がこんがらがったり、ミスを誘発したりするので、絶対にやめましょう。 図を書いたり公式を書き込んだりして、自分の考えが目に見える状態にすると、どう考えて何の公式を使うべきなのか、びっくりするくらいわかりやすくなります。 解きっぱなしにしていませんか? 「問題を解いたら、丸付けをして、間違えていたところを見直して、それで終わり」になっていませんか? 1度問題を解いただけでは、同じ間違いを繰り返す可能性があります。 間違えた問題には丸をつけて、何度も解き直しましょう。 また、自分がなぜ間違えたのかを分析することも重要です。 単に「わからなかった」ではなく、「空気抵抗を計算に含めるのを忘れた」「静止摩擦係数と動摩擦係数をとりちがえた」など、詳しく分析することで、自分の忘れやすい公式や犯しやすいミスが見えてきます。 「そんな何度も解き直す時間なんてないよ…」と思うあなた。 問題集を何冊も回す必要はないのです。 1冊、多くても2冊の問題集を回せば十分です。 量より質を重視しましょう。 とりあえず「わからない」って言っていませんか? 「問題の解説を読んでもわからないから、学校の先生や周りの人に聞いてみる」 そんなときは、聞く前に、自分は何がわからないのかをじっくり考えましょう。 一口に「わからない」と言っても、公式自体の理解があやふやなのか、なぜあの公式ではなくこの公式を使うのかがわからないのか、そもそもなんでこの現象が起きるのかがわからないのか、その内容は多様です。 自分は何がわからないのかを考えたうえで質問しに行くと、相手も解説すべきポイントをわかってくれるため、「聞いたんだけどよくわかんなかった…」という事態を防ぐことができます。

次の

【物理基礎】公式の覚え方やおすすめ問題集・参考書を紹介!

物理基礎

はじめに 「センターの物理基礎で点が取れない…」 「公式を覚えても問題になると使えない…」 こんなふうに思っているあなた。 国立は科目数が多いので、物理基礎に時間を割くこともできず焦りますよね。 しかも、横浜国立大学や千葉大学ではセンターの配点が高く、理科だからといって油断できません。 事実、効率よく勉強することが求められる国立の入試において、物理基礎に足を取られてしまうようでは合格は難しいです。 ですが、逆に言えば、正しい対策をとって物理基礎をさっさと完成させてしまえば、センターの他の科目や二次試験の勉強に時間を割くことができます。 合格が近づくこともまちがいなしです! 私も12月から勉強を始めましたが、本番で47点を取ることができました。 ここではまず、「公式の覚え方」「問題集の解き方」「過去問演習の際の注意点」を説明したあとに、おすすめの参考書・問題集を紹介します。 この勉強法を実践して、物理基礎を得意科目に変えてしまいましょう! 物理基礎で失敗すると合格が遠のく理由 「理科基礎は点数も低いし、そんなに対策する必要あるの…?」と思っているあなた。 ここでは、物理基礎でなぜ失敗してはいけないのか説明します。 センターの点数は合否に直結するため物理基礎は重要 東大など一部の大学を除き、ほとんどの国立大学ではセンターと二次試験はほぼ同率の配点です。 例えば、千葉大文学部でも二次試験が550点満点であるのに対し、センター試験は450点満点で、センター試験での点数が合否に大きく関わることがわかります。 さらに横国(横浜国立大学)はセンター重視で有名です。 例えば経営学部の前期試験は、センター試験が800点満点であるのに対し二次試験は100点満点という、完全にセンターの点数で決まる入試となっています。 入試は、0. 1点の差で明暗が別れる勝負です。 物理基礎を甘く見た結果、不合格になってしまったなんていうことがないよう、しっかり対策しましょう! 物理基礎は難易度が低め 物理基礎は、やはり「基礎」と付いているだけあって、英語や数学など他の科目に比べて簡単です。 勉強すればするほど、点数が上がります。 それはつまり、きちんと勉強した人とそうでない人の差が開きやすいということでもあります。 「友達が満点をとっている隣で、自分は20点しか取れなかった…」なんてことがないよう、計画的に学習しましょう! 物理基礎の点数が一気に上がる公式の覚え方 「物理基礎は公式が無限にあって覚えられないよ…」というあなた。 それはきっと、あなたの記憶力ではなく、覚え方の問題です。 これを丸暗記しようとしていませんか?そのやり方ではおぼえきれないのも当然です。 学校で使う教科書には、公式をどのようにして導くのかという証明が書いてあると思います。 それを読み返して、公式の導き方、公式が持つ意味を理解してください。 「文字列の意味を理解すること」、これは暗記にとてもよく効きます。 v0ははじめの速度、atが運動を始めてから加速した分の速度だとわかれば、v0とatを足したら今の速度になるというのは簡単にわかります。 このように文字式が表していることの意味をしっかりと理解することで公式の暗記もより定着します。 一度理解してしまえば、公式を使うたびに証明から始める必要性はありませんが、聞かれたらいつでも答えられる状態にはしておきましょう。 物理基礎の公式は日本語と文字式両方で覚えよう 「文字列の意味を理解して覚える」には、先程の内容を更に進めて、「公式を日本語に置き換えて覚える」ことも効果的です。 こうすることによって、公式の文字列と意味を常につなげて理解することができます。 なぜなら、問題文が言っている現象がどういった現象なのか想像できなくても、計算で答えを求めることができるからです。 公式をアルファベットのままで覚えつつ、1つ1つの文字が何を意味しているのかを必ず覚える、という方法が1番良いでしょう。 物理基礎の点数が伸びない問題集の解き方3つ 「公式は覚えたんだけど、問題になるとどの公式を使えばいいのかわからない…」というあなた。 正しい方法で問題演習を積めば、かならず問題で正解を導けるようになります。 ここでは、受験生が陥りがちな誤った勉強法と、正しい勉強法をおつたえします! 頭の中で解いていませんか? 手を動かすのが面倒だからといって、頭の中で問題を解いていませんか?面倒なのはわかりますが、頭の中だけで考えるのは変に頭がこんがらがったり、ミスを誘発したりするので、絶対にやめましょう。 図を書いたり公式を書き込んだりして、自分の考えが目に見える状態にすると、どう考えて何の公式を使うべきなのか、びっくりするくらいわかりやすくなります。 解きっぱなしにしていませんか? 「問題を解いたら、丸付けをして、間違えていたところを見直して、それで終わり」になっていませんか? 1度問題を解いただけでは、同じ間違いを繰り返す可能性があります。 間違えた問題には丸をつけて、何度も解き直しましょう。 また、自分がなぜ間違えたのかを分析することも重要です。 単に「わからなかった」ではなく、「空気抵抗を計算に含めるのを忘れた」「静止摩擦係数と動摩擦係数をとりちがえた」など、詳しく分析することで、自分の忘れやすい公式や犯しやすいミスが見えてきます。 「そんな何度も解き直す時間なんてないよ…」と思うあなた。 問題集を何冊も回す必要はないのです。 1冊、多くても2冊の問題集を回せば十分です。 量より質を重視しましょう。 とりあえず「わからない」って言っていませんか? 「問題の解説を読んでもわからないから、学校の先生や周りの人に聞いてみる」 そんなときは、聞く前に、自分は何がわからないのかをじっくり考えましょう。 一口に「わからない」と言っても、公式自体の理解があやふやなのか、なぜあの公式ではなくこの公式を使うのかがわからないのか、そもそもなんでこの現象が起きるのかがわからないのか、その内容は多様です。 自分は何がわからないのかを考えたうえで質問しに行くと、相手も解説すべきポイントをわかってくれるため、「聞いたんだけどよくわかんなかった…」という事態を防ぐことができます。

次の

これでゼロから早慶まで!おすすめ物理基礎の参考書ルート│アクシブblog予備校

物理基礎

弦の振動には特徴がある 波は媒質が振動することで発生します。 一般的には波は水面に石を投げたときのように、波を打つように広がりますね。 しかしギターなどの弦の振動をよく見ると波を打つように振動は起こりません。 弦では両端が固定されていて、振動の仕方に制限がかかってしまいます。 ですから、 特定の波長、特定の振動数の波が弦では生じるのです。 これは気柱の振動でも同じことが起こります。 詳しくはこちらの記事で確認してください。 弦の固有振動と共振 弦がどのような振動を起こすのかをチェックしていきます。 ポイントは両端が固定されているということです。 つまり節となるような振動しか起こらないのです。 両端が節となるような波形を考えてみましょう。 弦の基本振動 一番簡単は波形はこれですね。 ですから、図のように式が立てられます。 この一番単純な振動のことを基本振動と言います。 2倍振動 次は弦の間に腹が二つある場合を考えます。 つまりこの波の振動数は次のようになります。 この振動を 2倍振動と呼びます。 3倍振動 次は弦の間に腹が3つある場合を考えます。 つまりこの波の振動数は次のようになります。 この振動を 3倍振動と呼びます。 弦の固有振動数は? 基本振動(1倍振動)、2倍振動、3倍振動と見てきました。 規則性が見えてきたでしょうかね。 それを踏まえれば波長、そして基本振動数が図のように求めることができるのです。 このように、弦の振動は飛び飛びの値(整数倍)の振動数のみを取れるように振動が起こるのです。 この振動数を 固有振動数と呼ばれています。 音の高さ・・・振動数が高いほど高い 音の大きさ・・・振幅が大きいほど大きい 音色・・・波形の重なり合いで決まる 弦をはじくと、いろんな振動が起こり様々な波形が重なり合います。 ですから、 ギターの音は単調ではなくきれいに聞こえるのです。 弦の振動の問題で注意すべきポイント2つ 最後に弦の振動の問題について話して終わります。 弦の振動は2次試験にはあまり出ませんが、センター試験にはバッチリ出ます。 弦の振動は難しくないのですが、2つほど注意点があります。 これはよく聞かれることなので理解しておくといいです。 はじく位置で起こらない振動がある。 ギターを弾くとき、同じ弦でも弾く場所によって違った音に聞こえることがあります。 これは弦の振動で考えることができます。 例えば弦の中央を指で弾きます。 すると、この点は大きく揺れますよね。 すると、本来起こるはずの振動の中で起こらないものが出てきます。 それは何でしょう? 鋭いね! オンライン物理塾長あっきー 中央を弾いたのでこの付近は振動していなければいけませんよね。 しかし、2倍振動、4倍振動・・・では中央が節となる波形が生まれてしまいます。 これはおかしいですよね。 この 2倍振動、4番振動・・・は起こらないのです。 このようにはじく位置によって起こらない振動も出てきます。 なので、波形が変わりギターの音色も変化するんですね。 弦を押さえることでも振動を制限できる またギターの弦を押さえる位置を変えることでも音に変化が生まれます。 例えば弦の中央を押さえてみます。 ここでは、2つのパターンで考えます。 弦を強く押さえるとき 弦を強く押さえると、その先に波が伝わらなくなります。 つまり、 押さえた点が振動の端となるのです。 弦を弱く押さえるとき 弦を弱く押さえると、波自体は端まで伝わります。 しかし、 押さえた部分は節にならなければいけません。 先ほど弾いた場合とは逆ですね。 押さえた部分が節になるような振動だけを考える必要があるのです。 この場合なら、2倍振動、4倍振動・・・が起こります。 抑える位置によって波形が変わるのでやはり音色も変わりますね。 このようなことが問われることがあるので理解しておきましょう。 まとめ:弦の振動はイメージ いかがでしかた? 弦の振動は図を書いてしっかりイメージすれば問題なく解けます。 楽勝です。 そしてギターを使ったことない僕でも、このようにギターについて語ることもできます(笑) しっかり理解してギターについて語れるようにしてください。

次の