グラフの作成 支店別 月別 棒グラフ積み上げ。 前年対比ができる積み上げグラフは[おすすめグラフ]で

Excelで3期(3年)比較売上グラフを作って数字を行動に変えよう

グラフの作成 支店別 月別 棒グラフ積み上げ

複合グラフの作成 主軸と第2軸の2軸にすることで、内容の異なる2つのグラフをひとつにまとめることができます。 このグラフを複合グラフといいます。 オンラインショッピングで売れた衣料品の売上金額と、ショッピングサイトのアクセス数をひとつにまとめた複合グラフを作成し、内容を比較してみましょう。 まずは、基本グラフを作成します。 衣料品の売上金額が入力された、セル範囲【A4:D12】を選択します。 続けてCtrlキーを押しながら、アクセス数が入力された、セル範囲【F4:F12】を選択します。 《2-D縦棒》の《積み上げ縦棒》をクリックします。 縦棒グラフが作成されます。 しかし、グラフのもとになる数値に開きがあるので、このままでは「紳士用衣料」や「婦人用衣料」、「子供用衣料」のデータ系列が(棒)がほとんど見えません。 数値が大きい「アクセス数」のデータ系列を折れ線グラフに変更して、右側に表示される値軸「第2軸」を使用するようにしましょう。 《グラフの種類の変更》ダイアログボックスが表示されます。 右側の《アクセス数》の下向き三角のボタンをクリックし、一覧から《マーカー付き折れ線》を選択します。 プレビューの「アクセス数」のデータ系列が折れ線グラフになります。 《アクセス数》の《第2軸》のチェックボックスにチェックを付け、《OK》をクリックします。 「アクセス数」のデータ系列が、第2軸を使用したマーカー付き折れ線グラフになり、積み上げ縦棒グラフとの複合グラフができました。 値軸の書式設定 目盛り軸の最大値と最小値の設定や、目盛りの間隔の設定により、数値を読み取りやすいグラフに調整できます。 今回は、第2軸の最大値を「250000」に変更しましょう。 第2軸を右クリックし、《軸の書式設定》をクリックします。 《軸の書式設定》作業ウィンドウから《軸のオプション》をクリックし、《軸のオプション》ボタンをクリックします。 《軸のオプション》が展開されていることを確認し、《最大値》に「250000」と入力します。 作業ウィンドウを閉じます。 第2軸の最大値が「250,000」になり、グラフエリアいっぱいに拡大され、見やすくなりました。 このようにグラフを作成するときには、複合グラフを活用すると、より多くのデータを比較できるようになります。 また、データ系列の書式設定を変更することで、データを見やすくし、正確に読みとることができます。 ぜひ試してみてください。

次の

積み上げ縦棒グラフを作成する:エクセル2013基本講座

グラフの作成 支店別 月別 棒グラフ積み上げ

ビジネスシーンで目にする機会の多いグラフ。 Microsoft Excel(以下、エクセル)を使ってグラフが入った資料を作成する機会も少なくありません。 グラフには、時間の経過に伴う数値の移り変わりや、数量の比較などを、瞬時(または直感的)に伝えらえるメリットがあります。 今回は基本的なグラフのほか、覚えておくと便利な2軸グラフの作成方法も解説します。 記事の最後に、ダウンロードしてすぐにご活用いただけるサンプルデータもご用意しています。 エクセルでグラフを作ってみよう エクセルのグラフは、羅列された数字だけでは理解しにくいデータの変化や割合などを視覚化するために使われます。 例えば資料でデータを文章だけで説明される、あるいはプレゼンテーションで数値を読み上げられるだけでは、内容を把握するのは難しいですよね。 そんな時、グラフを用いることで、数値の大小や推移などが視覚的に理解しやすくなります。 また、棒グラフや円グラフなど、シーンによってグラフの種類を使い分けることで、データをわかりやすく伝えることが可能です。 相手に伝わりやすい資料作りやプレゼンテーションをするために、グラフを積極的に活用しましょう。 なお、今回はExcel 2010を使って、解説します。 基本のグラフ 棒グラフ 棒グラフは最も基本的なグラフで、見かける機会も多いかと思います。 地域別の生産量や、年や月ごとの売上といった期間内の数値の変動や、項目ごとの変化を比較することができます。 また、積み上げ形式で全体の構成比率を表すことも可能です。 例えば「社内の各部署がどれだけ売上を上げているか」といった比率を見やすく表現するときなどに活用されます。 棒グラフには縦棒グラフと横棒グラフが存在し、シチュエーションに応じて使い分けるとより伝わりやすくなります。 例えば縦棒グラフは年や月ごとの売上といった期間別の数値の推移を見るときによく使われます。 一方、横棒グラフは項目間で直接関連が薄い数値(例えば地域など)を比較するときに多く用いられます。 基本のグラフ 折れ線グラフ 折れ線グラフは、ある期間内の売上の推移や、Webサイトへのアクセス数の推移といった、一定期間内にどのようにデータが変動したかを表現するときなどに用いられます。 複数の折れ線グラフを重ねてデータを比較したり、棒グラフと組み合わせたりといった「2軸グラフ」もよく見かけます。 今回は折れ線グラフだけでなく、2軸グラフについても解説します。 基本のグラフ 円グラフ 棒グラフや折れ線グラフは、例えば「期間」と「生産量」といった2つのデータ系列を比較するためのグラフですが、円グラフはデータ系列が1つしかない場合に用い、各項目の構成割合を見やすくします。 例えばアンケート調査の回答数率や、ある集団内の年齢や性別といった比率をわかりやすく表現できます。 応用編 2軸グラフとは 2軸グラフとは、棒グラフと折れ線グラフといった複数のグラフを組み合わせたグラフを指します。 異なるデータ系列を1つのグラフで表すことによって、複雑なデータもわかりやすく表現でき、データ分析の材料にもなります。 例えば下図の2軸グラフでは、わかめの国内生産量と輸入量という棒グラフと、国内生産価格と輸入品価格という2つの折れ線グラフで、4つの系列を1つのグラフにまとめたものです。 このグラフを見ることによって、2011年以降輸入品の価格が上昇し、国産品の価格が降下したため、市場全体で輸入から国内生産にシフトしたとことがわかります。 Excel 2010で2軸グラフを作る それでは実際にExcel 2010を使って2軸グラフを作成しましょう。 今回は棒グラフと折れ線グラフの作成方法をご説明します。 今回は上図のデータを例にグラフを用いて表現してみましょう。 まずは「国内生産量」と2つのデータを選択して棒グラフを作成します。 使用したいデータを選択した上で、「挿入」タブを開き、「グラフ」内の「縦棒」をクリックしてください。 グラフのテンプレートが選択できますので、「2-D縦棒」の「集合縦棒」を選択します。 4つのデータ系列が入った縦棒グラフが作成されました。 ここから「国産品価格」と「輸入品価格」を折れ線グラフで表現しましょう。 輸入品価格」のデータ系列を選択し、右クリックします。 ポップアップメニューが表示されるので、「系列グラフの種類の変更」をクリックしてください。 グラフの種類を選択する画面が表示されるので「折れ線」を選択しましょう。 これで「輸入品価格」のデータを折れ線グラフで表すことができました。 「国産品価格」も同様の手順で折れ線グラフに変更することができます。 これで生産量は棒グラフ、価格は折れ線グラフにできましたが、軸が左の1つのみなので棒グラフが見えづらくなっています。 そこで軸を右にも追加しましょう。 棒グラフを選択し、右クリックします。 ポップアップメニューの中の「データ系列の書式設定」をクリックしてください。 「系列のオプション」で「使用する軸」のチェックを「主軸」から「第2軸」に変更することで棒グラフの軸が右側に追加され、2軸グラフが完成します。 分かりやすいグラフを作るテクニック 2軸グラフの作成方法はお分かりいただけたかと思います。 このままでもデータを読み取るグラフとして十分使えますが、ちょっとした工夫でよりわかりやすく、伝わりやすいグラフを作ることができます。 グラフの色や値軸を変更して視覚に訴えることで、大きく印象が変わります。 ここからは見やすいグラフにするための設定方法をご紹介します。 強調したい項目の色を変える 伝えたいことの根拠となる数値(変化や差分)の項目の色を変えることでより一層伝わりやすい資料となります。 特に1位の値だけでも色を変えるだけで、印象が随分と違ってきます。 項目の色の変更は簡単にできますので、有効活用しましょう。 今回の例では生産量が多い「岩手県」の項目の色を変更してみましょう。 まず変更したい項目を2回ゆっくりとクリックすることで、その項目のみが選択できます。 その後「書式」タブをクリックしましょう。 「書式」タブ内の「図形の塗りつぶし」をクリックして、変更したい色を選択するだけで項目の色を変更できます。 値軸を調整して、データを確実に伝える グラフの最大値や最小値を変更するだけで、データの大小の差を強調することができます。 見た目の印象が変化し、インパクトを演出することができるだけでなく、分かりやすい、意図を伝えやすい資料を作成できます。 上図のグラフは軸の値が0から450まで設定されていますが、価格の変動があまり大きいように見えず、インパクトが薄い印象です。 そこで、軸の最小値と最大値を変更することで変動が見やすくなります。 値軸上で右クリックし、「軸の書式設定」を選択してください。 「軸のオプション」で、「最小値」と「最大値」のチェックを「自動」から「固定」に変更します。 その後右の記入欄に任意の最小値と最大値を記入します。 (ここでは例として最小値を100、最大値を410と設定します。 ) 軸の最小値と最大値の範囲を狭めることによって、変動がわかりやすく表現できます。 変動をより強調したいのであれば、グラフの大きさを調整するのも効果的です。 用途にあわせてグラフを作ることができれば、作成する資料に説得力を持たせることができるでしょう。 さらに色や値軸の最大値、最小値を変更するなど、ちょっとした工夫で自分の言いたいことを強調できるのもグラフを使うメリットです。 ぜひ資料にグラフを積極的に取り入れ、自分の意図をわかりやすく表現しましょう。

次の

エクセルで月別・年別に集計する手軽な方法~システムからダウンロードしたデータの集計にも使える

グラフの作成 支店別 月別 棒グラフ積み上げ

何か良い情報 ないかな? 企業リリース情報を見る• 便利ツール• 記事の内容カテゴリから探す• 記事の種別カテゴリから探す• 記事のタイプから探す• サービス情報をDBから検索• セミナー・ プレゼント• Web担に ついて• 記事を投稿してみる (メンバー登録が必要です)• メンバー• 図1:棒グラフ(クリエイティブ別のクリック率) これはバナーA、B、Cの順にバナーのサイズ(面積)が大きい順なので、ABCの序列をそのままにすることによって、「バナーの面積が大きいからといって、クリック率が高いという訳ではない」という別の知見が発見できるからです。 しかしときどき何も考えずにアンケート項目の順などがそのまま並んでいるグラフもよく見ますので、数字の大きい順あるいは、意味のある順番で項目は並び変えましょう。 ヒストグラム(度数分布図)は階級のまとめ方に注意 一方、ヒストグラムは縦軸に度数(データの個数)、横軸に階級をとったグラフで、データの分布状況を把握できるグラフです。 階級とは、身長のような連続型変数であれば150cm以上155cm未満など適切な小区間に分割したものです。 都道府県別のようなカテゴリー分けもあります。 ヒストグラムは、連続的に変化する値や意味合いのある序列をカテゴリー分類しているので、数字の大きい順に並び替えることはあまりないでしょう。 年齢の低い方から高い順、年収の低い方から高い順、北から順番の都道府県などで、左から右へ並べます。 図2:ヒストグラム(クリック率別の媒体数) またヒストグラムを見る際の注意点は、カテゴリーのまとめ方に一貫性があるかどうかという点がポイントです。 図2では0. 5%刻みにグルーピングしているので、最後の4. 0%以上だけを注意すれば大丈夫です。 ここの内訳をもう少し尋ねることで、より正確な分布が把握できます。 どういった場合に注意が必要かということですが、途中のカテゴリーにおける数値の間隔が変わっている場合です。 例えば年齢区分で20歳から49歳までは5歳刻みの6カテゴリーがあり、その他の年代は10歳区切りといったことがあります。 そのまま同じボリューム感でグラフを見てはいけない訳で、グラフの作成者が意図的に作図したわけではなくても、また注記がなくても、ヒストグラムを見る場合に、まっさきに注意しなければならないポイントになります。 また年収の分布などは青天井ですから、上の方のカテゴリーはかなり大きくまとめられている場合がありますので、一番下と一番上のカテゴリー、途中における間隔の変化という3つの点に気をつけましょう。 時系列でも結構使う棒グラフ さてで、時系列の場合の基本は折れ線グラフといいましたが、実際に棒グラフも多用されておりますし、問題はありません。 時系列で全体とその内訳を見せたい場合は、積み上げ棒グラフを使うしか手はないので、こちらを使うのは当然です。 下図の例は、mixiのページビュー数の時系列推移ですが、最近は携帯電話からのアクセスが増えていて、パソコンからのアクセスは減少し、全体としては緩やかに増加しているという3つの情報を一度に盛り込んでいます。 図6:100%積み上げ棒グラフ(年齢別関心度) ここはグラフそのものの見方というより、データの見方で注意しなければならない点です。 これはアンケート調査において関心度を年齢区分別にクロス集計してグラフにしたものですが、男性60歳以上の比率が、10. 0、25. 0、25. 0、25. 0、15. 0とやけに切りがいいですよね。 そうですサンプル数が20と少ないのです。 そうするとこのカテゴリーの結果は少し気を付けてみなければなりません。 一人の回答が5%と非常に重いので、回答が少し変われば%の変動も大きいということなのです。 Nは全体の回答者数、nは各カテゴリーの回答者数を示しています。 nが小さいと、注釈で「このデータは注意が必要です」ということを記述していることもあります。 集合棒グラフはレーダーチャートや折れ線にした方がいい場合も さて最後に、系列が2つ以上のオーソドックスな集合棒グラフを解説します。 項目にあまり序列の意味はないので、この場合は男性の数字の大きい順に項目が並べてあります。 男女という2系列しかないのでまだ見やすいですが、これがもし系列が増えて4つも5つもあると見づらくなります。 図4と図5のところでも話をしましたが、系列が3つ以上ある場合は折れ線にしてすっきり見せることで解決します。 図7:集合棒グラフ(サイトでよく目に入る項目) 項目が10個以上あり、横に項目が並んで長いグラフもよく見かけます。 これはいたし方ありませんが、できればこの場合も系列はせいぜい3つくらいまでにしましょう。 全体で普通の棒グラフを作図した上で、特徴のない項目は外してもう一つ別の集合棒グラフを作るというのも手です。 当然特徴が際立った部分は、レーダーチャートにするということもよくあります(図8)。 ただしレーダーチャートは棒グラフよりもさらに表示スペースに限りがありますので、あまり多くの系列や項目がある場合には、何を伝えたいのか分からないグラフになりがちですので、気を付けましょう。 ときどき系列数や項目数が多い巨大なレーダーチャートを目にすることもありますが、ごちゃごちゃしてわかりにくいので、個人的にはあまり見たくないチャートの一つです。 図8:レーダーチャート(サイトでよく目に入る項目) まとめ 棒グラフは系列数が一つの時は、通常の棒グラフとヒストグラムの2種類があります。 基本的には通常の棒グラフは大きい順に並べ、ヒストグラムは項目の意味の順に並べましょう。 またヒストグラムは項目が数字の場合、分類間隔が同じかどうかに注意してみなければなりません。 また時系列データを棒グラフで作図することも多く行われています。 系列が2つまでなら、時系列データを棒グラフにしても問題ありません。 系列が多くなった場合は折れ線グラフにするとよいでしょう。 また系列数や項目数が少ない場合で、系列間で特徴に違いがはっきりする場合は、レーダーチャートを使うことも考えましょう。 この記事が役に立ったらシェア!

次の