お腹 の 左下 が 痛い。 左下腹部の痛み

お腹が痛い原因とは〜痛みを感じる部位から考えられる病気〜

お腹 の 左下 が 痛い

普段生活していて例えば左下腹部が痛いと感じられたことはありませんか? 急に抑えつけれらるような痛み、または激痛などです。 チクチクするようでしょうか?ズシズシ来るようでしょうか? またはお腹をえぐれられるような痛みでしょうか? かなり激しいですね。 鋭い痛みも鈍い痛みもあるでしょう。 どうやら痛みや身体の感じ方によって病気の種類やその対処法が違うようなんです。 やはり理想ではありますがいつも健康に気持ちよく生活したいものです! よく耳にする痛みの原因としてはストレスが一番ですね。 世間の変化のスピードはあまりにも早ずぎます。 その変化の対応に追われかなりの ストレスを抱えるのではないでしょうか。 ここでは 痛みの原因とストレスとの関わり、その場合の対処法を男性に絞って説明します。 過敏性腸症候群 これは下痢型と便秘型に分かれ、または交互に繰り返す場合もあるそうです。 急に腹痛に襲われトイレのに駆け込む。 急に便意の襲われるなど。 会議中にお腹が痛むシーンのCMなどがありますよね。 医学的原因としては 腸のぜん動運動の過剰と減少によるもののようです。 ぜん道運動とは腸が収縮・弛緩によって生じた波のこと。 前者の下痢型はぜん道運動が過剰になり腸内で十分に水分が吸収されない。 つまり水分を含んだ状態で排泄される。 後者の便秘型は運動が減少し腸内にとどまる時間が多くなる。 その間に水分が吸収されすぎて便が硬くなる状態で排泄される。 どちらにしても運動の過度な動きと停滞が原因のようです。 その動きはやはりストレスから来るものと考えられるようです。 大腸憩室炎 大腸憩室炎の対策としてはまずは消化のよい食事をすること。 いわゆる腸にやさしい食事です。 たとえばうどん・白米・麺類・パスタ・パン・ヨーグルトなど。 消化によく食物繊維が少なくて脂質がすくないものです。 そして水分の摂取が大事となるでしょう。 朝起きてコップ一杯の水を飲む。 これだけでも腸の動きが刺激されて動きだすそうなんです! 簡単ですね。 これなら習慣付けることができそうです。 ぜひやりましょう。 もし仮に重度の場合、38度以上の熱が出た場合はばすぐに病院です。 この場合は家庭内の対処では対応できませんので、プロにまかせましょう。 感染症や合併症の恐れがありますので入院して構成物質を点滴し安静にする。 症状が良くなるまで絶食して症状を安定させるようです。 尿道結石 尿道結石の対策としては上記にすでにお伝えしてしまいましたが、水分不足。 目安は1日2リットル以上水分をとることです。 そうすると結石をつくる物質も一緒に溶けて排出しやすくなります。 ただお酒は水分を蒸発させてますので避けるようにしましょう。 そして痛くなってしまったら熱めのお湯で半身浴する。 痛みのある部分を温めるのが効果的です。 また、一部腰を指圧するのもいいでしょう。 発症しやすい理由に肉メインの食生活があります。 肉中心の食事はシュウ酸や尿酸といった結石の原因となるものと作ります。 肉から野菜中心へ切り替えしてカリウムや食物繊維などを積極的に摂取しましょう。 またヨーグルトもよいでしょう。 病とのこ関わりにおいて これまで左下腹部の原因と対策について述べました。 このことから 食生活と生活習慣を改善しストレスをいかに回避するか。 この一言にすべて尽きるのではないでしょうか? ともすれば偏食になったり、睡眠不足や過剰なストレスを抱えてしまいます。 病気が起きる前から日々の生活から起こりうる原因をなるものを避ける。 暴威暴食や運動不足。 タバコや長時間労働。 これらから 自身の生活のリズムを守ることが、病気から身を守ることといえます。 ただ、私たちは一社会人として世の中との関わりをもっています。 仕事を通じて関わる中でとても「自分のペースで」とは言っていられない。 そんなこともあるでしょう。 もはや聞き慣れてしまったことですが、現代ではいろいろなものの変化。 そしてスピードが早いものすごい世の中です。 その変化に柔軟に対応できない場合、多くのストレスを抱えるでしょう。 それは時代に取り残された感情や自分の力の至らなさかもしれません。 それが原因で上記のような病を患ってしまう。 そんな方がすごく多いように感じます。 仕事を通じてプロとして使命感をもったが故に病気になってしまった。 それではプロが世の中にの役にたったとは結果的にですが、言えないでしょう。 プロとして存在し続けるために、生活習慣や食生活は必要。 私自身これを書きながらそう感じました。

次の

左下腹部の痛みは便秘によるもの!?痛みの軽減法も紹介!

お腹 の 左下 が 痛い

2 お腹が痛い、お腹が張る、などは誰もがよく経験する症状で、様々なことが原因で起こります。 大半は、 食べ過ぎや 飲み過ぎ、 便秘で 便や ガスが溜まっている、といった、病的ではない腹痛です。 しかし中にはこの記事に書くような大きな病気が隠れていることもあるため、注意が必要です。 腹痛でみなさんが病院を受診した時、私たち医師が質問すること、つまり みなさんにチェックしてほしいことは決まっています。 今回は、 腹痛の時に確認すべき5つのチェックポイントを解説します。 お腹の中には多数の臓器があります。 胃、 小腸、 大腸、 肝臓、 胆嚢、 膵臓などの消化器 子宮や 卵巣といった婦人科系の臓器 膀胱や 尿管といった泌尿器科系の臓器 これらはいずれも腹痛の原因になります。 特に女性の場合は、 妊娠に関わる腹痛の可能性があるため注意が必要です。 この記事の末尾にチェックリストを用意しています。 受診時のメモとしても便利に使えますので、ぜひご利用ください。 また、下痢や吐き気・嘔吐を伴う場合は、やも参照して下さい。 (注)症状だけで病気を診断することはできません。 必ず医師の診察を受けましょう。 「突然始まる」というのは、何をしている時に始まったか、ということを細かく言えるくらいの突発性の痛みを指しています。 女性の場合は、 子宮外妊娠の破裂や 卵巣出血が突然発症の腹痛の原因になります。 卵巣出血は 性行為の直後に痛くなるのが典型的です。 この経緯は言いにくいと感じる方が多いかもしれませんが、正確な診断のためには、むしろ最初に医師に伝えるべきポイントです (ただし卵巣出血は命に関わる病気ではありません)。 一方で、 虫垂炎(いわゆる「盲腸」)や胆嚢炎、胆管炎、憩室炎などの 炎症性の病気 手術後の癒着や、大腸や小腸の腫瘍が原因で起こる 腸閉塞 はゆっくり始まることがほとんどです。 また炎症性の病気は、大部分は 細菌感染が原因のため、 発熱を伴うことも多い傾向があります。 (高齢の方では 熱が出ないケースもあります) いずれの病気も、手術が必要になることがあります。 いつから、どのように始まったかをきっちりチェックしましょう。 ポイントは、 「押さえると痛い場所が1ヶ所だけある」という症状では ないことです。 「どこを押さえてもなんとなく痛い」というケースがこれに当てはまります。 みぞおちが痛い みぞおちの痛みは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎などを考えます。 これらは、 キリキリ、ズキズキと表現され、差し込むような痛みが特徴です。 また 急性膵炎でもみぞおちの痛みが生じます。 うずくまるほどの、 差し込むような鈍痛が特徴です。 ほかにも例外的に、 胆石発作や胆嚢炎でみぞおちが痛くなるケース 虫垂炎(盲腸)の初期症状としてみぞおちが痛くなるケース があります。 虫垂炎では、 「最初にみぞおちあたりが痛くて、その後右下腹部に移動してきた」 といった、 痛みの場所が移動するということもよくあります。 右上腹部が痛い 右上腹部(お腹の右上、あばらの下、右わき腹)には胆のう、胆管、肝臓があります。 胆石発作や、胆嚢炎、胆管炎といった炎症性の病気が右上腹部痛の原因になります。 ( 肝臓の病気では痛みがほとんど出ないため、腹痛の原因ということはまれです) また大腸も右上腹部を通ります。 頻度は低いですが、 大腸がんなどの腫瘍、大腸の 憩室炎が原因になっていることもあります。 右下腹部が痛い 右下腹部(お腹の右下、へその右横)が痛いケースでは、まず虫垂炎(盲腸)を疑います。 ただ、 虫垂は人によって位置や長さ、大きさが異なるため、 へそ周囲や、下腹部の真ん中が痛くなるケースもあります。 また右下腹部の大腸に起きた憩室炎でも全く同じ症状になります。 私たち消化器外科医でも、 お腹を触っただけでこの位置の憩室炎を虫垂炎と区別することはかなり困難です。 こちらもご参照ください。 また女性では、右下腹部には卵管や卵巣があります。 卵巣出血や 卵管炎、 子宮外妊娠など、婦人科系の臓器が痛みの原因になっていることがあります。 左上腹部が痛い 左上腹部(お腹の左上、左のあばらの下、左わき腹)にあるのは、脾臓です。 ただ脾臓の病気で痛みが出ることはまれで、左上腹部痛であれば、まずそこを通る大腸の痛みを考えます。 つまり、 大腸がんなどの腫瘍、大腸の 憩室炎が原因になっているケースです。 左下腹部が痛い 左下腹部(お腹の左下、へその左横)にあるのは大腸です。 やはり 大腸がんなどの腫瘍、大腸の 憩室炎をまず考えます。 ただし女性では、右と同じく左下腹部にも卵管や卵巣があります。 卵巣出血や 卵管炎、 子宮外妊娠など、婦人科系の臓器が痛みの原因になります。 下腹部中央が痛い 下腹部の真ん中(へその下)には、 膀胱や 直腸があります。 膀胱炎や、 直腸の腫瘍(直腸がん)、 憩室炎などが原因となります。 膀胱炎では、 排尿時の痛み、 残尿感、 頻尿といった尿の症状を伴います。 また女性では下腹部中央に子宮があります。 子宮内膜症、子宮腺筋症が痛みの原因になります。 これらは月経周期と関係する痛み( 強い生理痛)が特徴です。 また、子宮周囲に感染症による炎症を起こす 「骨盤内炎症性疾患(PID)」が下腹部痛の原因になります。 原因は 性感染症(性病)ですので、 不特定多数の人との性交渉がある女性や、 性風俗関連の仕事をしている女性ではリスクになります。 PIDは 入院での治療が必要な病気です。 お腹全体の激痛 お腹全体がすごく痛い、歩けないほどの激痛があるという場合は、 腸閉塞や 穿孔性腹膜炎(胃や腸に穴があいて腹膜全体に炎症を起こしている状態)を考えます。 穿孔性腹膜炎でお腹全体に腹膜炎が起こっているケース(汎発性腹膜炎)では、 お腹のどこを触っても激痛 軽く押すだけ、あるいは触れるだけでも激痛 座る、立つ、咳をするといった軽い 振動でも激痛 といった症状が典型的で、 うずくまって脂汗をかいて動けない、ということがほとんどです。 腹膜炎で「痛みでのたうちまわる」ということはありません(少し動くだけでも痛いからです)。 一方、 腸閉塞でも激痛が起こりますが、腹膜炎よりは症状が軽く、 「お腹が張って苦しい痛み」が 長時間続くのが特徴です。 帝王切開を含め、お腹の手術を一度でもしたことがある人は腸閉塞のリスクがあります(お腹の中の癒着が原因です)。 また、 大腸や小腸のがん(腫瘍)や、 腸重積、 鼠径ヘルニア(いわゆる「脱腸」)など、お腹の手術以外にも 腸閉塞を起こす要因はあります。 ここに書いたことを参考に、どの場所が痛いか、あるいは 痛みが移動したりして 痛みの場所が複数ある場合は、どの場所からどの場所にどんな時間経過で移動したかをチェックしてみましょう。 また例外として、帯状疱疹などの皮膚の痛みを腹痛と捉える人もいます。 ピリピリ、チクチクといった痛みは体表面の痛みである可能性が高いため、必ず目で皮膚の表面を見て変化がないか確認しましょう。 虫垂炎や 憩室炎は周囲の腹膜に炎症が起きるため、歩くと お腹に響くような痛みがあります。 穿孔性腹膜炎など重症の疾患は、歩くとお腹に響くので全く歩けない、というのが典型的です。 前述の通り、腹膜炎の痛みは少し動くだけでお腹に響くので、 「痛くてじっとしている、うずくまっている」 というのが普通です。 逆に、 「痛くてのたうちまわっている、暴れている」というようなケースは、むしろ上述した腹膜炎の可能性は低く、 尿路結石などが原因となることが多いです。 症状が軽い場合は、 ジャンプしたり、背伸びした後かかとをストンと落として、痛い部分に響くかどうか確認してみましょう。 なお、 「お腹をへこませると痛い」というのは、腹膜炎の典型的な症状ではありません。 腹壁(お腹の壁)によって 小腸や大腸が圧迫されたときの痛みですので、便秘で便やガスが溜まっている時に起こる可能性はあります。 広告 4. お腹の手術を受けたことが一度でもある人は、癒着が原因で 腸閉塞になりやすくなっています。 腸閉塞では、便が出ないどころか、ガスも全く出なくなります。 (「おならが出ない」は危険ですが、「おならがよく出る」は全く問題ありません) 一方、 水のような下痢をしている場合は、 腸炎による腹痛である可能性が高くなります。 「どんな便が出ているか?」「最終排便(直近に排便した日)はいつか?」といった排便状況を私たちは 必ず聞きますが、突然聞かれると思い出せないこともあるでしょう。 事前に確認しておきましょう。 どのような始まり方でしたか? 突然始まった ゆっくり始まった 2. どの部分が痛みますか? 一定しない みぞおち 右上腹部 右下腹部 左上腹部 左下腹部 へそ周囲 下腹部中央 お腹全体 3. 歩くと響きますか? 響く 響かない 4. 便秘・下痢はありますか? 便秘をしている 下痢をしている 通常の排便 最終排便:[ ]日前 5. 他の症状をチェックする場合は以下の記事へ.

次の

男性の左下腹部の痛みの原因は?鈍痛の症状がある場合の対処法

お腹 の 左下 が 痛い

お腹が痛いとき、お腹のどの辺りが痛いかによって、原因として考えられる病気は異なります。 ここでは腹部を七つのブロックに分けて、考えられる病気をご紹介します。 みぞおち( 心窩部 しんかぶ )全体が痛い場合に考えられる病気 急性胃炎 ストレスや食生活の乱れなどによる胃酸の過剰分泌が原因で、胃の粘膜が荒れる病気です。 の代表的な症状は、上部腹痛(みぞおち周辺の痛み)、吐き気や嘔吐、、腹部膨満(腹部の張り)などがあります。 胃粘膜の炎症がひどくなって出血を起こすと、黒色便(便が黒くなる)が出ることもあります。 急性胃炎の方の胃粘膜の状態を内視鏡で観察すると、びらん(ただれ)やむくみ、 発赤 ほっせき (赤み)が見られます。 消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍) 食べ物を消化する胃酸やペプシンと呼ばれる酵素によって、胃や十二指腸の粘膜が傷つき潰瘍が形成される病気のことです。 みぞおちの強い痛みは・によく見られる代表的な症状のひとつです。 ほかにも、みぞおち周辺の不快感、吐き気や嘔吐などを経験する方もいます。 また、ひどくなると血管が傷ついて大量出血をきたし、血を吐いたり便が黒くなったりすることもあります。 お腹が痛くなるタイミングとして、潰瘍が胃の上部にある場合は食後、 幽門 ゆうもん (胃と十二指腸のつなぎ目)や十二指腸にある場合は空腹時(食前)に感じるといわれています。 急性虫垂炎(盲腸) 虫垂 ちゅうすい と呼ばれる腸の一部分が炎症を起こす病気です。 急性による腹痛は、最初はみぞおちあたりに生じますが、次第に右下腹部へと移動するのが特徴です。 ほかにも、吐き気や食欲不振、微熱も特徴的な症状といえるでしょう。 急性心筋梗塞 とは、心臓の壁に張り巡らされるように走行する冠動脈と呼ばれる血管が詰まることにより、心臓の筋肉に充分な血液が行き渡らなくなって最終的に壊死する病気です。 心筋梗塞では約半数の方に前駆症状(前触れ)があるといわれており、胸の痛みのほか、呼吸困難、息切れ、冷や汗、吐き気、嘔吐などの症状が生じます。 みぞおちの右側が痛い場合に考えられる病気 胆石症 胆嚢から分泌される胆汁(消化を助ける液体)が何かしらの原因によって固形化(もしくは砂状、液状化)したものがです。 胆石が胆嚢や胆汁の通り道である胆管にできた状態のことをといいます。 肝内結石 胆石が肝臓内の胆管にできると胆管結石のような症状が現れます。 は激しい腹痛や発熱などが起こることもあり、肝臓の機能が悪化すると 黄疸 おうだん が生じます。 また、長期化した場合はがんの原因になることもあります。 胆嚢炎と胆管炎 胆嚢や胆管が胆石や腫瘍などによって、胆汁の通り道が塞がれてしまうことがあります。 ここに雑菌が侵入して起こる炎症を胆嚢炎やといいます。 急性胆嚢炎では、上部腹痛や右肩の痛み、吐き気や嘔吐、発熱、ときに黄疸が生じます。 急性胆管炎の場合は、右側肋骨周辺を中心とする腹痛や黄疸が主な症状で、重症化すると低血圧や錯乱状態などの精神症状が現れます。 みぞおちの左側が痛い場合に考えられる病気 急性膵炎 膵臓が、自らが分泌する膵液という酵素によって消化されることによって起こります。 は激しい痛みが特徴です。 痛みには個人差がありますが、痛さのあまりその場にうずくまってしまう方もいます。 右もしくは左の脇腹が痛い場合に考えられる病気 尿管結石 尿を作る腎臓から膀胱につながる尿の通り道のことを尿管といいます。 とは、この尿管に結石が詰まることです。 尿管結石の症状は、結石が詰まっている側の脇腹や、背中から下腹部にかけて生じる激しい痛み、血尿、吐き気などです。 がある、男性、30~50代の方は、尿管結石のリスクが高いといわれています。 へその下が痛い場合に考えられる病気 卵巣出血 若い女性の場合、の可能性があります。 卵巣が成熟した卵子を排出する際、表面の部分に傷がつきます。 傷の量はごくわずかなため、通常であれば出血しないか、ごく少量の出血で済むのですが、何かしらの原因によって出血量が多くなったり、腹痛を伴ったりする場合があります。 卵巣出血の症状は腹痛と出血です。 特に腹痛は急激な下腹部痛であることが多く、出血がひどい方の場合はやショック症状を起こすこともあります。 子宮外妊娠 受精卵が子宮内膜以外の場所に着床して成立したのことを、()といいます。 現在は検査機器の精度が向上したこともあり、異所性妊娠は初期の段階で発見されるようになりましたが、受診の遅れなどによって発見されるのが遅くなり、受精卵の成長によって卵管が圧迫され破裂すると、腹痛や大出血を起こす可能性もあります。 子宮内膜症 子宮内部以外に子宮内膜の組織が発生する病気です。 周辺の組織と癒着を生じるため、下腹部に慢性的な痛みを引き起こします。 また、月経時に痛みが強くなるのも特徴のひとつです。 30~34歳頃に発症することが多く、不妊の原因になることもあります。 お腹の左側が痛い場合に考えられる病気 便秘 便秘は腸の運動異常や水分不足が原因です。 便秘の定義はさまざまですが、3日以上便が出ていない状態のほか、毎日便が出ていても残便感がある状態、便の出る間隔が不規則な状態、出る便の水分量が少なく硬い状態なども便秘の症状といわれています。 便秘が続くと腹部の張りや不快感などによって、精神的、身体的にも悪影響が出ます。 お腹全体が痛い場合に考えられる病気 腹膜炎 腹膜に炎症が生じる病気です。 お腹全体に非常に強い痛みが生じ、歩いたりすることでお腹に刺激が加わると痛みが増すのが特徴です。 また、お腹は全体的に板のように固くなり、押すと跳ね返すように無意識のうちに力が入るようになります。 治療が遅れるとなどに進行して死に至る危険もあります。 原因は多々ありますが、やなどお腹に炎症が起きる病気や、がん、消化管 穿孔 せんこう (穴が開く)などが挙げられます。 痛みが強いときは病院を受診 以上のように、お腹の痛みにはさまざまな病気が考えられます。 痛みが引かないときや、激痛が生じているときは、早めに病院を受診することを検討しましょう。

次の