ヒロイン育成計画あらすじ。 ┗

告白予行練習 ヒロイン育成計画

ヒロイン育成計画あらすじ

インスト• 透過・合成用• 打ち込み• ゲームミュージック• ゲーム• キャラクター• ポップ• 3D・CG• テクスチャ• VOCALOID• MIDI• ロック• 乗り物• カラオケ• 手描き• エレクトロニカ• オーケストラ• テクノ• 生演奏• オリジナルキャラクター• モノクロ• アンビエント• ジングル• クラシック• ボーカル• テキスト• バラード• 食べ物• ジャズ• アニメ調• アニソン• J-POP• ドット絵• アイキャッチ• トランス• メタル• ヒップポップ• オルゴール• フォーク• カントリー• アイドル• 吹奏楽• 水彩画• AOR• ぬりえ•

次の

HoneyWorks

ヒロイン育成計画あらすじ

時に23世紀の初頭、人類は深宇宙より来たる謎の敵性異星体グォイドに対し、太陽系防衛艦隊を結成、種の存亡を賭けた大宇宙戦の時代を迎えていた。 航宙艦エンジニアの少年ケイジは、木星近傍での激戦の末に漂流していたところを、適性をもつ少女でし か扱えない超高速情報処理システムにより、破格の戦闘力を有する航宙戦闘艦〈じんりゅう〉に救われる。 しかし〈じんりゅう〉もまた主機関が故障し、減速出来ずに小惑星帯《メインベルト》へと危険な速度で突入せんとしている最中であった。 ケイジは〈じんりゅう〉の個性豊かな少女クルーと協力し小惑星帯への安全な突入を試みる。 が、行く手にもまたグォイドの影が潜んでいた。 児童ポルノ法改正により児童ポルノの単純所持が罰則化され、児ポは入手はおろか所持さえ犯罪とされる世の中となった。 ロリっ娘大好きガチロリコンのアラフォーオッサン加智楼理(かちろうり)は、児ポを自給自足すべく、高台にある 公園で日々少女の盗撮に励んでいた。 しかしある時警察に職務質問され、逃げ惑う最中不幸にも高台から落下してしまう。 気が付いた時楼理は、12人のロリっ娘に囲まれていた。 人間、エルフ、人狼、魔族、ゴーレム、ドワーフ、獣人、サキュバス、オーガ、竜人、ネクロマンサー、猫族。 みんな見た目の異なる種族だったが、ロリっ娘たちは一斉に口にした。 『ようこそ! わたしたちの勇者さま!! 勇者カティ・ローリーへの転移を果たした楼理に与えられた使命は、12人の異種族ロリっ娘たちとの共同生活だった! ヒロインが全員人間換算10~14歳の少女たちでお送りする、育成ゲーム風味なロリハーレム異世界転移物ファンタジーです。 ちょっとエッチな描写や成人男性と未成年少女との性愛を肯定的に描く描写等から、R15扱いとさせていただきます。 私こと、エヴァ・カタストロには秘密がある。 転生者であり、転生先が乙女ゲームの悪役令嬢で、悪魔。 私は、不幸なことに悪魔で悪役令嬢に転生してしまった。 乙女ゲームでの悪役令嬢は全ルートで死刑確定。 更にゲームの舞台である 帝国では、悪魔とバレたら即死刑。 死と隣り合わせの、薄氷を踏む思いで日々を送る事になった私はゲームを根本から壊すことにした。 ゲームのヒロインである平民であるフェイトを幼少の時に知り合い専属メイドとした。 光源氏計画ならぬヒロイン育成計画で、攻略対象者とフラグを立たないように調節をして、死刑確定を回避しようとした矢先。 私を転生させた悪戯神ロキの奸計により、学園にフェイトと同等の力を持った新ヒロインが登場したのである。 悪魔である事を知り、私を滅しようとする、ロキの狂信者で道化でイカれた変態女。 私が苦しむ姿を嘲笑して愉しむ悪神ロキの思惑になんか絶対に負けない。 絶対に死刑フラグを全力回避して、幸せなってみせる! 【pixiv】及び【カクヨム】にも掲載しています クソゲーと名高い恋愛ゲームの世界に転生し、主人公の親友というポジションを与えられた俺。 困ったことにこの世界、主人公が告白に失敗すると魔王覚醒して世界を滅ぼす、トンデモ設定が存在した。 ハーレムルートが存在しないこの世界、俺は主人公か ら世界を守るため、彼が6人のヒロインのうち、誰に告白しても振られることがないようサポートしようと決意する。 幼少期からの計画的な育成によって、主人公のパラメーターはほぼカンスト状態。 どこに出しても恥ずかしくない理想の恋人、のはずが、彼の読めない行動と、ヒロイン達と手当たり次第に関係を深める奔放さに、俺は振り回されているばかり。 ヒロイン達それぞれが抱える問題も、攻略法を知っている俺ではなく、主人公に解決してもらわなければならないという縛りがある。 俺はかつて得た薄い本を中心としたゲームの知識と、主人公が攻略不可能なサブヒロインたちの協力を頼りに、今日も愉快にがんばるのであった! 注意:この作品は作者の都合により未完の作品となっております。 暇つぶし程度でお読み下さい。 ある世界が終わり、ある世界が蘇る。 人族、獣人族、魔人族の国々は魔獣や神獣が統べる世界の片隅にあった。 人族、獣人族、魔人族問わず人々は協力しな ければ、生きていく事すら難しかった。 長い時を経て人々は、遺跡やダンジョンを見つけた。 そこには、様々なアイテムや過去の技術があった。 そして人々は、生きていく術を得ていく。 徐々に人々は増えていくが、やはり魔獣や神獣には敵わない。 100年200年1000年と人々は戦い続け、その日がやって来る。 世界中に、新たなダンジョンが現れたのだ。 第一部、仁編 2019. *本作の世界観はへのへのもへじさんがピクシヴで連載中のセイバーVと言う作品の世界観を間借りしたヒーロー作品です。 ご注意ください。 戦いは正義の心を持ったヒーロー達の勝利で終結を迎えたがその代償は大きく、参加したヒーローの九割が命を落とすと言う凄惨な結果に終わる。 あまりにも大き過ぎる犠牲と共に平和が訪れたが、防衛隊はその一時を味わう間もなく彼達の後継者を生みだすためにあらゆる手を尽くしていた。 だが平和は想定外の速さで脆く崩れ去る事となる。 リユニオンと呼ばれる新たな侵略者達がNEW YEAR WARを生き延びた英雄を求めて学校を襲撃。 この学校に通っていた五人の少女は新たな正義の戦士セイバーVとなりこれを撃退。 以後、地球の命運はたった五人の少女に委ねられたも同然の状態のままリユニオンや他の悪の勢力を交えた激しい戦いが繰り広げられる事となる。 しかしこの状況を防衛軍は静観するつもりなど毛頭なかった。 セイバーVと同等かそれ以上の新たな戦士を生みだすため、防衛軍を中心とした各協力機関に新たな戦士の育成、準備を急ピッチで進めていた。 これはその計画に纏わる物語である。 コスタクルタ王国にある由緒正しきセント・エバスティール魔法学院。 生徒は王族から平民まで幅広く有能な生徒を募っている。 ヒロインであるエレーナ・エルスミストは、伯爵家令嬢でありながら公爵位の者をも凌ぐ魔力の持ち主で、中等部の三年間ものあ いだ首席の座を守り続けていた程の優秀な生徒であった。 そんな彼女は、魔法学院最大のイベントである『使い魔召喚の儀式』で、あろう事か人間の男を召喚してしまう。 その日から彼女の波乱万丈な学院生活は始まった。 召喚した男は、おっぱいの事しか考えていない最低な男だったのだ。 想像を絶する過酷な試練に、エレーナはどう立ち向かうのか・・・。 一方、召喚された男、川島竜也は、友人に勧められて始めた Virtual Reality Massively Multiplayer Online Role-Playing Game 通称VRMMORPGと呼ばれているゲームにダイブする。 最近開発された新世代のブレインコンピューターインターフェイスと想念技術の賜であるこのゲームは、現実の世界との見分けが付かない程の出来を誇っていた。 ゲームの世界と異世界、どちらに迷い込んだのか分からない状況に思い悩む竜也。 彼は果たして、無事に現実世界へ帰る事が出来るのだろうか・・・。 そんな二人が織り成すロマコメ風エロティック・ハイファンタジー。 俺こと伊達大和(だてやまと)は赤い月と青い月の二つが浮かんでいる異世界で目が覚めた。 コールドスリープの影響か記憶を失った俺に盗賊たちの魔の手が襲う。 そして、俺は青い髪をした猫耳の魔女に命を救われる。 彼女の名前はソフィ。 彼女は俺のことを 神様といったのだった。 そしてソフィと俺は伝説の聖獣赤龍(レッドドラゴン)を倒す。 色々とあって俺とソフィは結婚したのだった。 俺たちは俺を救ってくれた恩人ハルカに会うために、異世界ガーデンを放浪することになったのだった。 異世界を舞台に主人公ヤマトが元の世界に戻ろうと世界中を放浪していきます。 チート設定はほとんどなく、主人公の成長もそんなにしません(笑) 敵もかっこよく書くがコンセプトだったりします。 ストーカー系ヒロイン達の活躍もお楽しみに! 弱ハーレム要素あり(32部の時点ではなし) 初めて長期連載ので至らぬところなどあるかもしれませんが、ご容赦ください。 2016年7月27日 星球大賞に応募すべくあらすじ大幅に変更しています。

次の

告白予行練習 ヒロイン育成計画

ヒロイン育成計画あらすじ

時に23世紀の初頭、人類は深宇宙より来たる謎の敵性異星体グォイドに対し、太陽系防衛艦隊を結成、種の存亡を賭けた大宇宙戦の時代を迎えていた。 航宙艦エンジニアの少年ケイジは、木星近傍での激戦の末に漂流していたところを、適性をもつ少女でし か扱えない超高速情報処理システムにより、破格の戦闘力を有する航宙戦闘艦〈じんりゅう〉に救われる。 しかし〈じんりゅう〉もまた主機関が故障し、減速出来ずに小惑星帯《メインベルト》へと危険な速度で突入せんとしている最中であった。 ケイジは〈じんりゅう〉の個性豊かな少女クルーと協力し小惑星帯への安全な突入を試みる。 が、行く手にもまたグォイドの影が潜んでいた。 児童ポルノ法改正により児童ポルノの単純所持が罰則化され、児ポは入手はおろか所持さえ犯罪とされる世の中となった。 ロリっ娘大好きガチロリコンのアラフォーオッサン加智楼理(かちろうり)は、児ポを自給自足すべく、高台にある 公園で日々少女の盗撮に励んでいた。 しかしある時警察に職務質問され、逃げ惑う最中不幸にも高台から落下してしまう。 気が付いた時楼理は、12人のロリっ娘に囲まれていた。 人間、エルフ、人狼、魔族、ゴーレム、ドワーフ、獣人、サキュバス、オーガ、竜人、ネクロマンサー、猫族。 みんな見た目の異なる種族だったが、ロリっ娘たちは一斉に口にした。 『ようこそ! わたしたちの勇者さま!! 勇者カティ・ローリーへの転移を果たした楼理に与えられた使命は、12人の異種族ロリっ娘たちとの共同生活だった! ヒロインが全員人間換算10~14歳の少女たちでお送りする、育成ゲーム風味なロリハーレム異世界転移物ファンタジーです。 ちょっとエッチな描写や成人男性と未成年少女との性愛を肯定的に描く描写等から、R15扱いとさせていただきます。 私こと、エヴァ・カタストロには秘密がある。 転生者であり、転生先が乙女ゲームの悪役令嬢で、悪魔。 私は、不幸なことに悪魔で悪役令嬢に転生してしまった。 乙女ゲームでの悪役令嬢は全ルートで死刑確定。 更にゲームの舞台である 帝国では、悪魔とバレたら即死刑。 死と隣り合わせの、薄氷を踏む思いで日々を送る事になった私はゲームを根本から壊すことにした。 ゲームのヒロインである平民であるフェイトを幼少の時に知り合い専属メイドとした。 光源氏計画ならぬヒロイン育成計画で、攻略対象者とフラグを立たないように調節をして、死刑確定を回避しようとした矢先。 私を転生させた悪戯神ロキの奸計により、学園にフェイトと同等の力を持った新ヒロインが登場したのである。 悪魔である事を知り、私を滅しようとする、ロキの狂信者で道化でイカれた変態女。 私が苦しむ姿を嘲笑して愉しむ悪神ロキの思惑になんか絶対に負けない。 絶対に死刑フラグを全力回避して、幸せなってみせる! 【pixiv】及び【カクヨム】にも掲載しています クソゲーと名高い恋愛ゲームの世界に転生し、主人公の親友というポジションを与えられた俺。 困ったことにこの世界、主人公が告白に失敗すると魔王覚醒して世界を滅ぼす、トンデモ設定が存在した。 ハーレムルートが存在しないこの世界、俺は主人公か ら世界を守るため、彼が6人のヒロインのうち、誰に告白しても振られることがないようサポートしようと決意する。 幼少期からの計画的な育成によって、主人公のパラメーターはほぼカンスト状態。 どこに出しても恥ずかしくない理想の恋人、のはずが、彼の読めない行動と、ヒロイン達と手当たり次第に関係を深める奔放さに、俺は振り回されているばかり。 ヒロイン達それぞれが抱える問題も、攻略法を知っている俺ではなく、主人公に解決してもらわなければならないという縛りがある。 俺はかつて得た薄い本を中心としたゲームの知識と、主人公が攻略不可能なサブヒロインたちの協力を頼りに、今日も愉快にがんばるのであった! 注意:この作品は作者の都合により未完の作品となっております。 暇つぶし程度でお読み下さい。 ある世界が終わり、ある世界が蘇る。 人族、獣人族、魔人族の国々は魔獣や神獣が統べる世界の片隅にあった。 人族、獣人族、魔人族問わず人々は協力しな ければ、生きていく事すら難しかった。 長い時を経て人々は、遺跡やダンジョンを見つけた。 そこには、様々なアイテムや過去の技術があった。 そして人々は、生きていく術を得ていく。 徐々に人々は増えていくが、やはり魔獣や神獣には敵わない。 100年200年1000年と人々は戦い続け、その日がやって来る。 世界中に、新たなダンジョンが現れたのだ。 第一部、仁編 2019. *本作の世界観はへのへのもへじさんがピクシヴで連載中のセイバーVと言う作品の世界観を間借りしたヒーロー作品です。 ご注意ください。 戦いは正義の心を持ったヒーロー達の勝利で終結を迎えたがその代償は大きく、参加したヒーローの九割が命を落とすと言う凄惨な結果に終わる。 あまりにも大き過ぎる犠牲と共に平和が訪れたが、防衛隊はその一時を味わう間もなく彼達の後継者を生みだすためにあらゆる手を尽くしていた。 だが平和は想定外の速さで脆く崩れ去る事となる。 リユニオンと呼ばれる新たな侵略者達がNEW YEAR WARを生き延びた英雄を求めて学校を襲撃。 この学校に通っていた五人の少女は新たな正義の戦士セイバーVとなりこれを撃退。 以後、地球の命運はたった五人の少女に委ねられたも同然の状態のままリユニオンや他の悪の勢力を交えた激しい戦いが繰り広げられる事となる。 しかしこの状況を防衛軍は静観するつもりなど毛頭なかった。 セイバーVと同等かそれ以上の新たな戦士を生みだすため、防衛軍を中心とした各協力機関に新たな戦士の育成、準備を急ピッチで進めていた。 これはその計画に纏わる物語である。 コスタクルタ王国にある由緒正しきセント・エバスティール魔法学院。 生徒は王族から平民まで幅広く有能な生徒を募っている。 ヒロインであるエレーナ・エルスミストは、伯爵家令嬢でありながら公爵位の者をも凌ぐ魔力の持ち主で、中等部の三年間ものあ いだ首席の座を守り続けていた程の優秀な生徒であった。 そんな彼女は、魔法学院最大のイベントである『使い魔召喚の儀式』で、あろう事か人間の男を召喚してしまう。 その日から彼女の波乱万丈な学院生活は始まった。 召喚した男は、おっぱいの事しか考えていない最低な男だったのだ。 想像を絶する過酷な試練に、エレーナはどう立ち向かうのか・・・。 一方、召喚された男、川島竜也は、友人に勧められて始めた Virtual Reality Massively Multiplayer Online Role-Playing Game 通称VRMMORPGと呼ばれているゲームにダイブする。 最近開発された新世代のブレインコンピューターインターフェイスと想念技術の賜であるこのゲームは、現実の世界との見分けが付かない程の出来を誇っていた。 ゲームの世界と異世界、どちらに迷い込んだのか分からない状況に思い悩む竜也。 彼は果たして、無事に現実世界へ帰る事が出来るのだろうか・・・。 そんな二人が織り成すロマコメ風エロティック・ハイファンタジー。 俺こと伊達大和(だてやまと)は赤い月と青い月の二つが浮かんでいる異世界で目が覚めた。 コールドスリープの影響か記憶を失った俺に盗賊たちの魔の手が襲う。 そして、俺は青い髪をした猫耳の魔女に命を救われる。 彼女の名前はソフィ。 彼女は俺のことを 神様といったのだった。 そしてソフィと俺は伝説の聖獣赤龍(レッドドラゴン)を倒す。 色々とあって俺とソフィは結婚したのだった。 俺たちは俺を救ってくれた恩人ハルカに会うために、異世界ガーデンを放浪することになったのだった。 異世界を舞台に主人公ヤマトが元の世界に戻ろうと世界中を放浪していきます。 チート設定はほとんどなく、主人公の成長もそんなにしません(笑) 敵もかっこよく書くがコンセプトだったりします。 ストーカー系ヒロイン達の活躍もお楽しみに! 弱ハーレム要素あり(32部の時点ではなし) 初めて長期連載ので至らぬところなどあるかもしれませんが、ご容赦ください。 2016年7月27日 星球大賞に応募すべくあらすじ大幅に変更しています。

次の