ナイン ボール セラフ。 ナインボール=セラフ (プラモデル)

ナインボール

ナイン ボール セラフ

実際にはハスラーワンという人物は存在せず(モデルとなった人物が存在していた可能性はある)、 その正体はレイヴン(AC世界での傭兵)を斡旋する組織「レイヴンズ・ネスト」のコンピュータ(の一部?)「H-1」と呼ばれるである。 そのため「H-1」ユニットを搭載したナインボールは何機も存在する。 かつて「大破壊」と呼ばれる戦争によって滅亡しかけた人類(のごく一部)が「人類を管理し、滅亡しないよう調整する」ために作り出した『モノ』の一部。 その目的は世界のパワーバランスを一定に保つことよる人類の存続であると思われる。 力を持ちすぎ、パワーバランスを崩そうとする者は「イレギュラー」としてナインボールによって排除される。 例えば、MOA最初のミッションに登場するクラッカーは、実は「レイヴンズ・ネスト」を探っていたらしく、 ナインボールが現れて彼を殺したのは、口封じのため(ただし、クラッカー本人はそういった事実は知らなかったようだが)。 「レイヴンズ・ネスト」や企業はおろか、ACを生み出したのも彼らであり、その圧倒的な能力で人類を管理していた。 この事実は極秘で、当然一般には知られていない。 そのため約70年後であるAC2やAAの世界では、ハスラーワンの名前は伝説のレイヴンとして語り継がれており、彼を真似た者が毎年現れるほどである。 ナインボール=セラフは、「あまりにも大きすぎる力」=「イレギュラー」に対して投入される最強の兵器である。 AAにおいて70年前という旧式の機体であるナインボール=セラフが、新世代のAC(プレイヤー機)を圧倒する性能を発揮することからも、その凄まじい能力が伺える。 MOAで主人公のマネージャーを勤めるラナ・ニールセンもネストのAIの一つであると考えられ、世界を管理するために必要なレイヴンの育成を行っていた。 MOA最終ミッションにおいてハスラー・ワンの声とラナ・ニールセンの声がダブる瞬間はまさに鳥肌ものである。 なお、AAのセラフとMOAのセラフの関係は不明。 とはいえ確かに 光波の威力はこちらが使える同種の兵器と威力の桁が一つ違ってるものの、実際に戦えば分かるが 光波を撃つ瞬間(と言うより地上ブレードの瞬間)は完全に硬直状態になる為こちらの攻撃を当てる最大のチャンスにもなりうる。 というわけで結局一番恐ろしいのは何時まで経っても地上に降りずにミサイルの嵐を吹き荒れさせる飛行形態、もしくは変形解除直後の空中ブレード連発(当作品においては空ブレは地上ブレに比べ隙が少ないうえに威力上昇補正がかかるという仕様が存在する)であったりする。 ……まあ、初登場時(MOA)のセラフはあまり強くは無く、再戦時の強化状態や後にアナザーエイジでの再登場で初めて鬼畜ボスといえる強さになるのだが。 そして、フロムソフトウェア開発の『Another Century's Episode:R』に、隠しボスとしてゲスト参戦。 不可能と言われたACEへのAC機体参戦に、ファンは狂喜した。 原作と違い遠距離に弱く、ビームライフルで封殺される性能だが、近距離では無類の強さを発揮する。 難易度最低では大した強さではないが、最高になるとACAA時代のごとき強さを誇る。 おまけにエキストラミッション限定でプレイヤーが操作することもできてしまう(しかもそのEXミッションにはナインボール量産型も登場)。 さらに戦闘曲は9のアレンジとレイヴン感涙モノの扱い。 なお、新規CGというだけでなく 変形突進、PA、オービットといった武装も追加されている。 一部ではその肩に追加されたユニットが、に似ていることから「」と呼ばれているとかいないとか。 順序は逆だが、これでMUGENのセラフのドミニオン 下記参照 やの12Pなども公式ネタの再現となった。 下はEXミッション。 11P、12Pはの支援兵装「CLAW」が自動装備される。 「一部の飛び道具を無効化+当たり有+こちらが飛び道具を出すと支援(さらに飛び道具を出す)」という極悪な仕様。 変形せずとも飛び道具を連射すればSTGになる事請け負い。 おまけに射撃時に距離が近かった場合、支援飛び道具がもう一発出る。 そして魅せコンの癖して10割余裕でした(AIは使わないが)。 相手はライフ1000・DEF100。 プラズマ無し。 飛び道具が上下両方当たるとドミニオンの前に死ぬ。 有利フレームが長いだけ。 でもギリギリだから実用性はないかもしれない。 連射中にできるだけ地面に近づき、支援飛び道具だけを当てる。 支援飛び道具だけ当てると相手が落ちない。 というか 空中の敵に対して支援飛び道具が2hitすればそこからこれに移行可能。 5~は弾幕キャラと化し、特に7はなんかもハメて秒殺するため、レベル設定などには注意が必要である。 その後、2011年11月6日の更新でAIは9段階になっている。 初期状態がレベル3。 9が最強かと思いきや、対人では6が多分一番強いとの事。

次の

ナインボール=セラフ

ナイン ボール セラフ

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます ナインボール=セラフはてなブックマーク - ナインボール=セラフ プレビュー ナインボール=セラフ =です。 とうとう買っていました。 前々気になってて、買おう買おうと思っ... 続きを表示 =です。 とうとう買っていました。 前々気になってて、買おう買おうと思ってて、になっておりました。 今、を塗装中なのですが、まだ、腕出来てないし、後、ホワイトグリント&V. 体目も手ェ付けちゃって、これはまだ肩できてないのに。。。 =っての「 オブ」に出てくるのですが、人、乗ってないんですよね。 そして確か、隠しとして2・アナザーエイジにも出てきたと思い。 (確かかなりの方) そして、飛行に変形す。 確か、サポートみたいのをするA. Iがしてたような・・? どんな感じだっしったのですが、オブ、に貸したままです。 (年位・・。 ) 難敵と言われてが、私の中でのACシ.

次の

ナインボール・セラフ

ナイン ボール セラフ

実際にはハスラーワンという人物は存在せず(モデルとなった人物が存在していた可能性はある)、 その正体はレイヴン(AC世界での傭兵)を斡旋する組織「レイヴンズ・ネスト」のコンピュータ(の一部?)「H-1」と呼ばれるである。 そのため「H-1」ユニットを搭載したナインボールは何機も存在する。 かつて「大破壊」と呼ばれる戦争によって滅亡しかけた人類(のごく一部)が「人類を管理し、滅亡しないよう調整する」ために作り出した『モノ』の一部。 その目的は世界のパワーバランスを一定に保つことよる人類の存続であると思われる。 力を持ちすぎ、パワーバランスを崩そうとする者は「イレギュラー」としてナインボールによって排除される。 例えば、MOA最初のミッションに登場するクラッカーは、実は「レイヴンズ・ネスト」を探っていたらしく、 ナインボールが現れて彼を殺したのは、口封じのため(ただし、クラッカー本人はそういった事実は知らなかったようだが)。 「レイヴンズ・ネスト」や企業はおろか、ACを生み出したのも彼らであり、その圧倒的な能力で人類を管理していた。 この事実は極秘で、当然一般には知られていない。 そのため約70年後であるAC2やAAの世界では、ハスラーワンの名前は伝説のレイヴンとして語り継がれており、彼を真似た者が毎年現れるほどである。 ナインボール=セラフは、「あまりにも大きすぎる力」=「イレギュラー」に対して投入される最強の兵器である。 AAにおいて70年前という旧式の機体であるナインボール=セラフが、新世代のAC(プレイヤー機)を圧倒する性能を発揮することからも、その凄まじい能力が伺える。 MOAで主人公のマネージャーを勤めるラナ・ニールセンもネストのAIの一つであると考えられ、世界を管理するために必要なレイヴンの育成を行っていた。 MOA最終ミッションにおいてハスラー・ワンの声とラナ・ニールセンの声がダブる瞬間はまさに鳥肌ものである。 なお、AAのセラフとMOAのセラフの関係は不明。 とはいえ確かに 光波の威力はこちらが使える同種の兵器と威力の桁が一つ違ってるものの、実際に戦えば分かるが 光波を撃つ瞬間(と言うより地上ブレードの瞬間)は完全に硬直状態になる為こちらの攻撃を当てる最大のチャンスにもなりうる。 というわけで結局一番恐ろしいのは何時まで経っても地上に降りずにミサイルの嵐を吹き荒れさせる飛行形態、もしくは変形解除直後の空中ブレード連発(当作品においては空ブレは地上ブレに比べ隙が少ないうえに威力上昇補正がかかるという仕様が存在する)であったりする。 ……まあ、初登場時(MOA)のセラフはあまり強くは無く、再戦時の強化状態や後にアナザーエイジでの再登場で初めて鬼畜ボスといえる強さになるのだが。 そして、フロムソフトウェア開発の『Another Century's Episode:R』に、隠しボスとしてゲスト参戦。 不可能と言われたACEへのAC機体参戦に、ファンは狂喜した。 原作と違い遠距離に弱く、ビームライフルで封殺される性能だが、近距離では無類の強さを発揮する。 難易度最低では大した強さではないが、最高になるとACAA時代のごとき強さを誇る。 おまけにエキストラミッション限定でプレイヤーが操作することもできてしまう(しかもそのEXミッションにはナインボール量産型も登場)。 さらに戦闘曲は9のアレンジとレイヴン感涙モノの扱い。 なお、新規CGというだけでなく 変形突進、PA、オービットといった武装も追加されている。 一部ではその肩に追加されたユニットが、に似ていることから「」と呼ばれているとかいないとか。 順序は逆だが、これでMUGENのセラフのドミニオン 下記参照 やの12Pなども公式ネタの再現となった。 下はEXミッション。 11P、12Pはの支援兵装「CLAW」が自動装備される。 「一部の飛び道具を無効化+当たり有+こちらが飛び道具を出すと支援(さらに飛び道具を出す)」という極悪な仕様。 変形せずとも飛び道具を連射すればSTGになる事請け負い。 おまけに射撃時に距離が近かった場合、支援飛び道具がもう一発出る。 そして魅せコンの癖して10割余裕でした(AIは使わないが)。 相手はライフ1000・DEF100。 プラズマ無し。 飛び道具が上下両方当たるとドミニオンの前に死ぬ。 有利フレームが長いだけ。 でもギリギリだから実用性はないかもしれない。 連射中にできるだけ地面に近づき、支援飛び道具だけを当てる。 支援飛び道具だけ当てると相手が落ちない。 というか 空中の敵に対して支援飛び道具が2hitすればそこからこれに移行可能。 5~は弾幕キャラと化し、特に7はなんかもハメて秒殺するため、レベル設定などには注意が必要である。 その後、2011年11月6日の更新でAIは9段階になっている。 初期状態がレベル3。 9が最強かと思いきや、対人では6が多分一番強いとの事。

次の