賞与 健康 保険 料。 被保険者資格喪失月の賞与と厚生年金保険料・ 70歳到達の場合

賞与(ボーナス)にかかる厚生年金の保険料ってどう計算されてる?

賞与 健康 保険 料

賞与とは 社会保険料の賞与の定義 社会保険の対象となる賞与は、労働の対象として支給される賞与のうち、年3回以下の支給のものとなります。 法律により、賞与からも社会保険料を控除するようになっています。 年4回以上支給されるものは賞与として取り扱わず、標準報酬月額の対象となります。 標準報酬とは、被保険者が事業主から受ける報酬の月額を、区切りのよい幅で区分したもののことです。 いつから社会保険料がかかるように? 平成15年度以降は総報酬制を導入 総報酬制とは、毎月の給与からのみ徴収されていた社会保険料が、賞与からも同じように徴収される仕組みのことをいいます。 標準報酬月額を基準として、保険料率をかけて保険料を負担しています。 もともと社会保険料は賞与の一律1%としており、賞与の多い人は負担が軽く、少ない人は負担が重ということになります。 このような不公平さを解消するために導入されたのが、総報酬制になります。 賞与の社会保険料の計算方法や保険料率 計算には標準報酬賞与額を使用 標準報酬賞与額とは、賞与額から1,000円未満の端数を切り捨てた額のことをいいます。 標準報酬賞与額には上限があり、上限を超えた分には社会保険料はかからないことになっています。 健康保険の上限は、年度の累計額で考え540万円になります。 厚生年金保険の上限は、1回の支給ごとに考えるため 同じ月に複数回にわたって支給される場合は、1ヶ月間の合計 150万円となっています。 県ごとにも保険料率が変わってくるため、注意が必要です。 賞与の健康保険料の計算方法 介護保険第2号被保険者かどうかによって保険料率が変わります。 通常は労使折半ですが、健康保険組合によっては、被保険者の割合を少なくし、従業員の負担を軽くしているところもあります。 保険料率は、ほとんどの場合で健康保険組合の方が協会けんぽよりも低く設定されています。 第2号被保険者ではない場合の保険料率は9. 91%、第2号被保険者は11. 56%となります。 賞与の健康保険料の計算例 第2号被保険者ではない場合の計算例を紹介します。 東京都在住の30歳男性で、20万円の賞与をもらった場合、このような計算になります。 第2号被保険者は、40歳〜64歳の医療保険加入者を指します。 東京都在住で45歳の男性が、30万円の賞与をもらった場合です。 資格取得日は40歳の前日であり、前日が属する月から介護保険料が徴収されることになります。 例えば、40歳の誕生日が12月1日の場合、誕生日の前日が11月30日となるため、11月より介護保険料が徴収されることになります。 保険料率は1. 65%ですが毎年改定され、保険料は労使折半です。 介護保険証1. 3%をかけ、さらに労使折半となります。 厚生年金基金に加入している場合は、基金ごとの免除保険料率 凡そ2. 4%~5. 0%とされる を控除したものになります。 記載した通り、厚生年金保険料にも上限があります。 また、特例ではありますが、同じ人に同じ月に賞与が2回支払われる場合は、2回の賞与の合計額が150万円に達するまで厚生年金保険料がかかります。 保険料率は毎年改定されていましたが、平成29年9月分控除分より固定されることになりました。 賞与の厚生年金保険料の計算例 厚生年金保険料の計算例について紹介します。 もらった賞与の額に、平成29年9月から固定された18. 東京都の男性が、20万円の賞与をもらった場合の厚生年金保険料は以下の通りです。 保険料徴収の対象となる賞与額の上限は設けられておらず、保険料率は毎年改定されます。 雇用保険料率は事業の種類 一般の事業、農林水産または清酒製造の事業、建設の事業等 によって税率が異なります。 賞与の雇用保険料の計算例 雇用保険料率は前述した通り業種によって異なります。 こちらでは、一般の事業 農林水産・清酒製造・建築以外 の場合で計算します。 また、保険料率は毎年変わるので、2017年のもので計算します。 2017年に一般の事業に従事している人が30万円の賞与をもらった場合、以下の雇用保険料を支払うことになります。 その年によって保険料率も変わるため、まずは計算方法をしっかりと理解しておくことがとても重要です。 総報酬制が導入されましたが、保険料率の引き上げにより事業主、被保険者ともに負担が増えていることも事実であることも知っておかなければなりません。

次の

ボーナスにかかる社会保険料の計算方法とは?計算例や注意点をご紹介

賞与 健康 保険 料

なお厳密には平成15年3月以前にも"特別保険料"という名目で厚生年金保険料の徴収は行われていました。 しています。 つまり、総報酬制の導入以前は、月給に対してのみ社会保険料がかかっていたので「月給を安くして賞与を多めに支給する」ことで、従業員も事業主も社会保険料を節約する事ができたのです。 どういう事か?総報酬制が導入される以前の考え方で社会保険料を計算してみましょう。 計算例では、平成29年10月時点のを使用して計算しています。 また事業主負担分も含めて計算しています。 計算パターンは以下の二つ。 ) 社会保険料は事業主も半分負担しなければなりませんので、費用を減らしたい事業主は当然「毎月の給料を少なくして賞与を多めに払う」という行動を取りますよね。 (従業員の側からしてもそちらの方が手取り額が増えるというメリットがありました。 ) それに、当時は法律上「社会保険料は月給からのみ徴収する!」となっていたそうなので別に違法でもなんでもありません。 合法的な節税方法と言われればそれまでです。 (著者は真偽は知りません。 ) ただ、• 賞与制度がない会社との不公平感を是正するため• 徴収対象を拡大することで、月収にかかる保険料負担を軽減するため などの理由から、月給も賞与もひっくるめた"収入額"に対して社会保険料がかかる"総報酬制"が導入されました。 なお、総報酬制の導入により賞与からも社会保険料が徴収できる事となったため、2003年 平成15年 3月まで17. (給与も賞与も同じ料率で計算します。 ) 【参考】最近になって急に賞与から社会保険料がひかれるようになった!これはなんで? 「前回までの賞与では社会保険料は引かれていなかったのに今回から急に引かれだした!なんでだ!?」 昔はこういう現象がよく起こりました。 中小企業なんかでは"総報酬制"があまり認知されておらず、制度導入後もそのまま以前の計算方法(月給からのみ社会保険料を徴収する方法)で給与計算をしていた会社が結構あったのです。 そして、給与計算担当者が"総報酬制を認識した以降の賞与"から社会保険料が引かれる・・・。 こんな事がよくあったそうです。 この場合は会社が意図的に社会保険料を逃れようとしてたんじゃなくて 単なる知識不足が原因です。 ただ、2017年時点では、総報酬制が当たり前の時代になっていますから、現在では上記のようなケースはほとんどないでしょう。 他に考えられるケースとしては• 今まで会社が 意図的に賞与にかかる社会保険料を払っていなかった• 今まで会社が賞与にかかる社会保険料を負担してくれていた などがあるでしょうか。 いずれにせよ、給与明細・賞与明細を見て不自然な点を見つけたら、必ず給与計算担当者に聞いてみて下さい。 単純に計算ミスの場合もあるかもしれませんからね。 【参考】厚生年金では平成7年以降から賞与支給時に"特別保険料"が徴収されていた さきほど賞与にかかる社会保険料は、総報酬制が導入された平成15年4月から徴収されるようになったと書きました。 厚生年金の特別保険料に関するポイントは以下の3つですね。 特別保険料が導入された経緯は?• 特別保険料は何のために使われたの?• 特別保険料は自分の年金額には反映されない 以下詳しく見ていきます。 特別保険料が導入された経緯は? これは先ほど「総報酬制の導入」のところで書いたのと同じ理由です。 主に以下の2点ですね。 保険料徴収対象を拡大することで月給に対する保険料を抑制するため• 日本の年金制度はを採用していますから、当然と言えば当然ですね。 しかし、以下の様に1つ問題があります。 特別保険料は自分の年金額には反映されない 残念ながら、 特別保険料は自分の年金額には反映されません。 「特別保険料を払っていた記憶があるけど"ねんきん定期便"を見ると自分の年金額には反映されていない」 なんでだ!? こんな疑問を持ったことがある方も多いでしょう。 年金は自分が払った保険料に応じて貰える額が変わってくる制度なのに、特別保険料として支払ったお金は年金として反映されないなんておかしいですよね。 明らかに 不公平です。 そういう声もあって、政府は平成15年4月から総報酬制を導入して、賞与から支払った厚生年金保険料も年金額の計算基礎として利用するようになりました。 しかし、重ね重ねいいますが、 平成7年4月~平成15年3月までの間に支払っていた特別保険料に関しては自分の年金額には反映されません。 これは大きな問題です。 なんで特別保険料を年金額に反映させないの?という疑問に対しての政府の回答がこちら。 当時の政府の説明によれば、「月給に対する保険料率16. 5%に対し、特別保険料は1%という低い保険料率に抑えて、年金の計算はそれまでどおり、月給に対する保険料だけを基に計算することとした」ということでした。 特別保険料はそもそも自分の年金には反映しないという前提で、すでに年金給付に充てられてしまっています。 ですから、もしこれから年金に反映させようとすると、新たな財源が必要となり、これからの保険料の引き上げなどが必要になってしまうんですよ。 あまり納得できない回答ですね・・・。 労働者としては単純に賞与の手取り額が減っただけです。 われわれ国民は政府の決定に従うしか選択肢がないわけですから、本当ちゃんとして貰いたいところです。 まとめ 今回の記事をまとめるとこんな感じです。 賞与にかかる社会保険料は総報酬制が導入された平成15年4月以降から本格的に徴収されるようになった• 総報酬制の導入により月給に対する負担は軽くなり賞与に対する負担は重くなった• 厚生年金は平成7年~平成15年まで賞与に対して特別保険料がかかっていたが年金額には反映されない とにかく年金に関しては政府はズサンです。 財政検証もけっこうユルユルな試算結果を公表していますので、政府の発言を鵜呑みにするのは危険です。 自分たちの将来に関わることですから、わたしたち国民がしっかりと監視をしていく必要があると言えるでしょう。

次の

厚生年金保険の保険料|日本年金機構

賞与 健康 保険 料

標準報酬月額を決定する基となる報酬は賃金、給料等労務の対償として受けるすべてを含みます。 決定時期• 【資格取得時(就職時)】 初任給等(通勤交通費やその他手当も含む)を基礎に標準報酬月額が決められます。 【定時決定】 1年に1回、7月1日現在で、3か月間(4~6月)の報酬を基礎にして決めます。 (原則としてその年の9月1日から翌年の8月31日までの保険料計算や保険給付の計算に使われます。 【随時改定】 昇給等によって、毎月の報酬が大きく変わった場合(標準報酬月額にしてその等級が2等級以上の変動があったとき)、定時決定を待たずに改定が行われます。 【産前産後休業終了時・育児休業等終了時の改定】 産前産後休業または育児休業等を終了後に満3歳未満の子を養育し、継続して勤めている場合は、標準報酬月額が2等級以上低下しない場合でも申出により改定されます。 標準賞与額 賞与・一時金等の支給総額で1,000円未満を切捨てた額が標準賞与額となります。 1年間の標準賞与額の年度累計が573万円を超える分には保険料がかかりません。 保険料の徴収 毎月の保険料は原則として翌月の給与から控除されます。 (給与支給明細書には、健康保険料と介護保険料が別表示) 保険料は月単位で計算され、加入した月は、月の途中であっても1か月分の保険料が翌月の給与から徴収されます。 また、退職した月の保険料は徴収されません。 ただし、月の末日に退職した場合は、その月分の保険料も徴収されます。 標準賞与額にかかる保険料は当該賞与から控除されます。 産前産後休業中、育児休業中の保険料は事業主の申出により免除されます。

次の