ロボコン 2019 放送。 決勝速報:高専ロボコン2019全国大会 パーフェクトゲーム!

NHKエンタープライズ ・ 「NHK学生ロボコン2019~ABUアジア・太平洋ロボコン代表選考会~」~2019年度のロボコン~

ロボコン 2019 放送

1988年に「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(通称:高専ロボコン)」の第一回大会が開催されてから、今年は32年目になります。 1991年には現在の学生ロボコンのもとになる「NHK大学ロボコン」が始まり、2002年にその国際大会である「ABUロボコン」が始まりました。 今や世界中にNHKのロボコンが広がっています。 特にベトナム、中国、インド、タイなどでは、日本を超える数の学生たちがロボコンの舞台を目指してロボットを製作しています。 NHKエンタープライズは、これらのロボコンのイベント制作を行っています。 このコラムでは、5月に行った「学生ロボコン2019」から、今年度中に開催するロボコンを順番にご紹介します。 またコラムの最後に、NHKエンタープライズが新たに始める「小学生ロボコン」もご紹介します。 <NHK学生ロボコン2019 開催> 5月26日(日)に「NHK学生ロボコン2019」を蒲田の片柳アリーナ(日本工学院専門学校)で開催しました。 NHK学生ロボコン2019会場(片柳アリーナ)の様子 日本全国からたくさんのエントリーがありましたが、2回のビデオ審査を経て選ばれた22チームが本大会に参加しました。 この大会の優勝チームは国際大会である「ABUロボコン2019ウランバートル」に日本代表として出場します。 今年の競技課題は2018年8月に発表しました。 参加チームはそれから9か月の間、この日のために準備をしてきました。 <ロボコン史上初!4脚自動ロボット> 長いロボコンの歴史の中でも初の試みだったのが「4脚移動ロボット」でした。 しかも人がコントロールするのではなく、すべて自動で動かなくてはいけません。 これまでの競技課題では、タイヤで移動するロボットがほとんどでした。 その結果、多くの常連チームの中にはタイヤ移動の長年のノウハウが蓄積しています。 チームによっては、もうこれ以上速くはできないというところまできていました。 そんな状況で学生たちの良い刺激になって欲しいという思いで、私たちは今回の競技課題に「4脚移動ロボット」を採用しました。 その結果、たくさんの個性的な4脚移動ロボットが会場を湧かせました。 優勝した京都大学の4脚ロボット。 無駄のないスマートな機構。 もちろん、彼らの優勝の裏には涙を呑んだチームもたくさんあります。 参加した学生たちは様々な想いをもって、9か月間この競技課題に取り組んできました。 その学生たちにとって、この経験が彼らの人生に少しでもプラスになることを願っています。 彼らの熱い戦いぶりは7月15日(月・祝)にNHK総合で放送される予定ですので、ぜひご覧ください。 <ABUロボコン2019ウランバートル> 一方、優勝した京都大学のロボコンはまだまだ終わりません。 彼らは今、8月25日(日)にモンゴルで行われる「ABUロボコン」に向けてロボットの調整を行っています。 彼らはABUロボコンで、各国の国内大会で勝ち上がってきた強豪チームと戦うことになります。 特に中国やベトナムの代表チームは非常に優れた4脚ロボットを作っているようです。 また、開催国であるモンゴルのチームも例年になく頑張っています。 果たして、日本代表の京都大学はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。 こちらは強豪中国の国内大会決勝動画です。 どんな面白い四脚ロボットが登場するのかも、今年のABUロボコンのみどころです。 世界の学生たちが、どのようなアイデアを披露してくれるのか。 今から楽しみです。 ぜひ皆さんもご注目ください。 <高専ロボコン> ABUロボコンが終わっても、ロボコンは終わりません。 10月には高専ロボコンの地区大会が全8地区で行われます。 全国大会は11月24日に国技館で行われます。 良いロボットが登場したら、ぜひ洗濯物干しロボットの商品化を目指してほしいところです。 詳細はこちらの公式HPでご覧ください。 <第一回 小学生ロボコン> 最後に「小学生ロボコン」をご紹介します。 今や世界中の学生が参加するNHKのロボコンですが、NHKエンタープライズは若い世代にさらに裾野を広げていきたいと考えています。 そこで、2020年の3月に「第一回 小学生ロボコン」を開催することになりました。 日本では、2020年に小学校でプログラミングが必修化されます。 今後、AIをはじめ様々な最先端技術が生活の一部となっていきます。 そんな新しい時代を迎えるにあたって、私たちはNHKロボコンに貫かれている「アイデア対決」というコンセプトを小学生に知ってもらいたいと思っています。 ものが溢れる今だからこそ、ロボコンを体験してもらい、楽しんでもらい、モノづくりの楽しさや喜びに触れる機会を増やしたい、というのがロボコン事務局の想いです。 小学生ロボコンの意義にご賛同いただける協賛企業も募集しております。 ご興味がある方はぜひNHKエンタープライズロボコン事務局までのフォームからご連絡ください。 小学生ロボコンの関連イベントとして、今年の夏には「ロボコン体験ミュージアム シーズン3」を開催します。 詳細は下記の公式HPをご覧ください。

次の

決勝速報:高専ロボコン2019全国大会 パーフェクトゲーム!

ロボコン 2019 放送

2010年のインドのチーム ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト(: ABU Asia-Pacific Robot Contest, ABU Robocon)、略称 ABUロボコンとは、(ABU)が主催する、が製作したによる競技会である。 にが主催する日本国内向けのが始まり 、に(アイデア対決・ロボットコンテスト 大学部門)が開催されるようになった。 、NHK大学ロボコンにの大学が参加するようになったのを皮切りに参加国が少しずつ増加した。 一時はの大学が参加したこともあったが、次第にアジア太平洋各国が参加するようになり、アジア太平洋放送連合が主催する ABUロボコンとして生まれ変わった。 が地上波で放送する ため、一般への認知度が高いロボット競技会の一つである。 この種の競技としてはに匹敵する世界有数の国際大会である。 なお、NHK大学ロボコンは第10回を最後に海外チームの参加ができなくなり、 ABUロボコンの日本代表選考会となった。 対戦方法 [ ] 毎年競技課題は変更され、ホスト国のABU加盟局が中心に作成される 競技内容は開催国の文化、風習を反映した競技になる場合が多い ボールを運んだり、投げたり、ブロックを運んだりして、いかに速く目的を達成するかを競う。 相手の妨害も可能な場合もあり、大会によっては2台以上のロボットを使用することがある。 基本的に、3チーム以上の複合戦はなく、1チーム対1チームの対決である。 まず、6~7グループ程度に分けたリーグ戦形式の予選を行い、各グループの1位及びを含めた計8チームでトーナメント形式の決勝を行い、優勝が決定される。 参加国・地域 [ ] ABUに加盟する放送局を通じて、各国・地域の大学、工科大学、高専生 4年生以上 、高専専攻科生の学生によるチームが出場する。 開催年度によって参加数には変動がある。 原則各国・地域より1チームが出場し、さらに開催国・地域からは2チーム出場する。 日本からはNHKを担当放送局として、第1回の2002年より毎年ABUロボコンに出場している。 他、全ての年度(2015年まで)のABUロボコンに出場している国を以下に示す。 カッコ内は担当放送局である。 インド(インド国営テレビ)• インドネシア(インドネシア国営テレビ)• タイ()• ネパール(ネパールテレビ)• フィジー(フィジーテレビ)• ベトナム()• マレーシア(マレーシア国営放送)• モンゴル(モンゴル公共ラジオテレビ) 開催履歴 [ ] 各年度における優勝、準優勝大学、ABUロボコン大賞受賞大学ならびに日本代表大学の成績を示す。 回 年 開催地、開催国 大会テーマ 優勝、準優勝、ABUロボコン大賞 日本代表 第1回 2002年 "Reach for the Top of Mt. - NHKが主催に関与する、生を対象としたロボット競技。 競技形式や本大会におけるロボコン大賞をはじめとする各賞など、本大会の運営フォーマットの原型となっている。 - 本大会の日本代表選考会。 - 本大会の開催に関与した人物。 ABUロボコン開始当時、NHK会長およびABU会長であった。 出典・参照 [ ] []• History 第1回大会]• History 第1回大会]• History 第1回 2002年 大会]• History 第2回 2003年 大会]• History 第3回 2004年 大会]• History 第4回 2005年 大会]• History 第5回 2006年 大会]• History 第6回 2007年 大会]• History 第7回 2008年 大会]• History 第8回 2009年 大会]• History 第9回 2010年 大会]• History 第10回 2011年 大会]• History 第11回 2012年 大会]• History 第12回 2013年 大会]• History 第13回 2014年 大会]• 2015年大会結果]• 2016年大会結果] 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 NHKロボコンの公式ページ• アジア太平洋放送連合公式ウェブサイト• 各年度の公式ウェブサイト ABUロボコン2014 公式ウェブサイト ABUロボコン2015 公式ウェブサイト ABUロボコン2016 公式ウェブサイト.

次の

ヒストリー

ロボコン 2019 放送

2010年のインドのチーム ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト(: ABU Asia-Pacific Robot Contest, ABU Robocon)、略称 ABUロボコンとは、(ABU)が主催する、が製作したによる競技会である。 にが主催する日本国内向けのが始まり 、に(アイデア対決・ロボットコンテスト 大学部門)が開催されるようになった。 、NHK大学ロボコンにの大学が参加するようになったのを皮切りに参加国が少しずつ増加した。 一時はの大学が参加したこともあったが、次第にアジア太平洋各国が参加するようになり、アジア太平洋放送連合が主催する ABUロボコンとして生まれ変わった。 が地上波で放送する ため、一般への認知度が高いロボット競技会の一つである。 この種の競技としてはに匹敵する世界有数の国際大会である。 なお、NHK大学ロボコンは第10回を最後に海外チームの参加ができなくなり、 ABUロボコンの日本代表選考会となった。 対戦方法 [ ] 毎年競技課題は変更され、ホスト国のABU加盟局が中心に作成される 競技内容は開催国の文化、風習を反映した競技になる場合が多い ボールを運んだり、投げたり、ブロックを運んだりして、いかに速く目的を達成するかを競う。 相手の妨害も可能な場合もあり、大会によっては2台以上のロボットを使用することがある。 基本的に、3チーム以上の複合戦はなく、1チーム対1チームの対決である。 まず、6~7グループ程度に分けたリーグ戦形式の予選を行い、各グループの1位及びを含めた計8チームでトーナメント形式の決勝を行い、優勝が決定される。 参加国・地域 [ ] ABUに加盟する放送局を通じて、各国・地域の大学、工科大学、高専生 4年生以上 、高専専攻科生の学生によるチームが出場する。 開催年度によって参加数には変動がある。 原則各国・地域より1チームが出場し、さらに開催国・地域からは2チーム出場する。 日本からはNHKを担当放送局として、第1回の2002年より毎年ABUロボコンに出場している。 他、全ての年度(2015年まで)のABUロボコンに出場している国を以下に示す。 カッコ内は担当放送局である。 インド(インド国営テレビ)• インドネシア(インドネシア国営テレビ)• タイ()• ネパール(ネパールテレビ)• フィジー(フィジーテレビ)• ベトナム()• マレーシア(マレーシア国営放送)• モンゴル(モンゴル公共ラジオテレビ) 開催履歴 [ ] 各年度における優勝、準優勝大学、ABUロボコン大賞受賞大学ならびに日本代表大学の成績を示す。 回 年 開催地、開催国 大会テーマ 優勝、準優勝、ABUロボコン大賞 日本代表 第1回 2002年 "Reach for the Top of Mt. - NHKが主催に関与する、生を対象としたロボット競技。 競技形式や本大会におけるロボコン大賞をはじめとする各賞など、本大会の運営フォーマットの原型となっている。 - 本大会の日本代表選考会。 - 本大会の開催に関与した人物。 ABUロボコン開始当時、NHK会長およびABU会長であった。 出典・参照 [ ] []• History 第1回大会]• History 第1回大会]• History 第1回 2002年 大会]• History 第2回 2003年 大会]• History 第3回 2004年 大会]• History 第4回 2005年 大会]• History 第5回 2006年 大会]• History 第6回 2007年 大会]• History 第7回 2008年 大会]• History 第8回 2009年 大会]• History 第9回 2010年 大会]• History 第10回 2011年 大会]• History 第11回 2012年 大会]• History 第12回 2013年 大会]• History 第13回 2014年 大会]• 2015年大会結果]• 2016年大会結果] 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 NHKロボコンの公式ページ• アジア太平洋放送連合公式ウェブサイト• 各年度の公式ウェブサイト ABUロボコン2014 公式ウェブサイト ABUロボコン2015 公式ウェブサイト ABUロボコン2016 公式ウェブサイト.

次の