夏 の 終わり。 THEATER|映画『ポルトガル、夏の終わり』公式サイト

夏の終わり 森山直太朗 歌詞情報

夏 の 終わり

夏の終わりって何だか切ない気持ちになる。 特に夕方。 まだ生き残ってるセミの鳴き声と、夏の終わりに現れるヒグラシの鳴き声。 この2つの鳴き声が交じり合った、何とも言えない切ない音。 夏の終わりって昼間はまだ暑いんだけど、夕方にかけては少しだけ涼しくなる。 クッソ暑くて汗だくだった時期も終わりを迎える。 その涼しさが、何だか急に切ない感じになる。 今までウザかった夏の暑さも、夏の終わりに近づくと急に切ない。 「あ~、今年の夏も終わりか~」 「何だか、今年の夏も大したことやってないな~」 こんな風に、夏の終わりは切ない気持ちになる。 だけど、どうして夏の終わりはこうも切ない気持ちになるんだろう? 夏は毎年やってくるのに、毎年毎年、夏の終わりは切ない気持ちになる。 前世の人生で夏に何かあったのかね? それとも、人間の遺伝子的に、夏を重んじる感情が組み込まれてるのかな? 男は女好きなのが遺伝子に組み込まれてるように、日本人は夏が好きって遺伝子なのかね? ぶっちゃけさ、夏の終わりに毎年切ない気持ちになるのって、私は少し嫌だ。 夏は 何かしたくなる季節だから。 夏は イベントが多いから。 夏は風景も服装も 色が明るいから。 夏は汗をかき、 生きてる実感があるから。 夏が終わると以上のことが無くなるから。 そして、温かい季節から寒い季節へと移り変わるから。 要するに、夏ってイベントが多いし色合いも明るい物が多い。 そして、メッチャ遊んで汗もかく。 皆でワイワイ騒いで遊ぶのが夏ってイメージ。 学生だったら部活は夏こそキツイし、恋愛して青春ってイメージは夏にある。 汗かいて水浴びして、皆でハシャグのも夏で青春のイメージ。 お祭り、花火大会、海、プール、どれも夏の青春。 社会人だって、仕事が終わってビール飲むときは、夏こそ上手い。 冬に飲むビールより、夏の仕事終わりに飲むビールの方が最高でしょ! 仕事終わり、暑い中帰宅して「お疲れ~、乾杯!ゴクゴクゴク…ク~ッ!」ってイメージが夏にはある。 こういう季節の夏が終わりを迎えるから、夏の終わりは切ないんだよ。 アクティブでハシャイで、青春して疲れる夏だからこそ、その忙しい感じの夏が終わりを迎えると、寂しくもあり切ない気持ちにもなる。 スポンサーリンク 夏は何かしたくなる季節 夏って何かしたいって気持ちになる。 夏が始まる前は、「これから夏だ~」みたいな気持ちになるもの。 夏はイベントも沢山あるし、今年は遊んで恋したいって思う。 でもさ、実際には夏に特別何かするってこともないんだよね 汗 もちろん、行動力のある人は友達と遊びまくるし、旅行したり海に行ったりもするだろうけど。 行動力のない人は、夏であろうと特別何かをする訳じゃない。 実際、私も行動力は低い方だから、夏に海行かずお祭りや花火も行かないって年は多々ある。 切ない話だけどね笑 そして 、 結局は夏に何もしなかったり、まだ何もしてないのに気がついたら、日の出が短くなってきて夏が終わりを迎えることに気が付く。 「やべ、今年の夏もまだ何もしてない」ってなる笑 その後悔の念みたいなのが、夏の終わりに切ない気持ちを与えてる。 スポンサーリンク 夏はイベントが多い 単純に、夏はイベントが多い。 夏の行事は冬場よりも多い。 祭り、花火、海、フェス、暑さに身をまかせたひと夏の恋。 夏はやることが多い! 冬のイベントと言えばクリスマスと年越し、バレンタインとか? まぁ、夏に比べると冬はやること少ないよね 汗 だからこそ、夏が終わってしまうのは切ない。 夏のイベントが終わりを迎えることが切ない。 夏は風景も服装も色が明るい 夏と言えば、カラフルな色が多い。 青、白、緑。 こういった色は夏って感じがする。 青い空、広い海、まぶしい太陽、緑の葉っぱ、色とりどりな浴衣、綺麗な花火。 夏は、色的に明るいイメージが強い。 私服も明るい色が多い。 夏場に黒色の服を着てる人ってあんまりいないじゃん? サラリーマンだってワイシャツで通勤してるし、全身黒色の人って夏場は少ない。 そんな色が鮮やかな夏だからこそ、夏が始まるとワクワクした気持ちになりテンションが上がる。 そして、その夏が終わりを迎えるから切ない。 夏は汗をかき生きてる実感がある 夏は暑いから汗もかくし、1日の終わりって「ホントに今日もお疲れ様」って感じになる。 それくらい、 夏は良い意味で疲労するし、1日をやり切った感がある。 そして、1日をやり切った後のシャワーとかメッチャ気持ち良いし、シャワー浴びた後のアイスも美味しいよね~ 夏って、全力で1日をやり切る季節。 そういう全力で生活してる季節が終わるから、夏の終わりは切ない。 寒くなると汗もかかないし、冬だと変に肩がこったり疲れたりする。 冬だと1日の終わりも、気持ちよく「今日もお疲れ様」って感じになれない日が多い。 冬ってどちらかと言うと、「あ~、疲れた~、早く帰って寝よ」みたいなイメージ笑 まぁ、冬って鍋が美味しい季節だから私は好きだけどね。 でも、夏は1日1日を全力で生きてるって感じがするから、そんな夏が終わりを迎えると切ない気持ちになるんだよ。 温かい季節から寒い季節へと変わる 夏が終わりを迎えると秋が来て冬を迎える。 つまり、暑い季節から寒い季節へと移り変わっていく。 これも、夏の終わりを切ない気持ちにさせる要因の1つ。 やっと暖かくなってきて嬉しいし、新しい生活の始まり。 新生活にも慣れ、気がついたら暖かくなってる。 そして急に夏になる。 気がついたら徐々に寒くなって冬。 冬は出かけるってよりかは家でゆっくりとか、温泉で温まってゆっくりってイメージ。 つまり、活発に活動するってよりかは休憩の季節。 冬って動物も冬眠するし、何か動けなくなる季節。 寒くて体も凍えて固まり、気持ちも固まる。 夏は暑いから涼しい時間帯の夜にイベントが多かったり、アクティブなイメージが強い。 海、花火、外で運動して汗かいたら水遊びとか。 そういうアクティブな夏が終わるから切ない。 そして、アクティブな季節なのに自分は何もしてないって思うと、更に切ない気持ちになる。 そもそも、夏の夕日が切なすぎる! 夏の暑い気温とジメジメした湿度の状態で、日が沈んでいき空がオレンジ色に染まっていく光景がメチャクチャ切ない気持ちにさせる。 ただ、夏が始まったばかりだと、また明日も夏だから切ない気持ちは生まれないんだよ。 でも、夏の終わり頃だと、また明日も夏とは思えないから切ない。 もう、夏が終わりを迎えるんだって思うから切ない気持ちになる。 まとめ 夏の終わりってさ、誰しも切ない気持ちになるものだよ。 私なんて行動力がないから、せっかく夏だってのに、お祭り行ったり海行ったりしないことが多い。 で、夏が終わる頃になって「今年の夏も何もしてないな…」とか思って切ない気持ちになる笑 で、夏の終わりにこんな切ない気持ちになるのは、以下の理由があるから。 夏は 何かしたくなる季節だから。 夏は イベントが多いから。 夏は風景も服装も 色が明るいから。 夏は汗をかき、 生きてる実感があるから。 夏が終わると以上のことが無くなるから。 そして、温かい季節から寒い季節へと移り変わるから。 基本的に、夏がメッチャ嫌いな人以外は、夏の終わりって切ない気持ちになる。 特に、日が沈んでいく夕日なんて、最高に切ない。 夏の終わり頃の夕日はヤバイよね 汗 私の兄は、夏がメチャクチャ嫌いで暑いのが無理って人だから、夏が終わる頃は嬉しそうだったけど。 普通は、夏の終わりって切ない気持ちになるよね。 きっと、私は今年の夏終わりも切ない気持ちになるんだろうな笑.

次の

夏の終わりはどんな言葉で表せる?情緒いっぱいの表現を紹介!

夏 の 終わり

かっこいい夏という漢字がつく単語・熟語6つ目は、「解夏」(げげ)です。 仏教の僧たちの夏の修行、安居(あんご)が終わることを言います。 安居の始まりが「結夏」(けつげ)で、終わりが「解夏」です。 響きがかっこいいですね。 夏という漢字がつく言葉は他にもありますので、以下のリストもご覧ください。 かっこいい夏という漢字がつく単語・熟語一覧• 九夏:夏の90日間。 夏のこと• 立夏:二十四節気のひとつ。 暦の上では夏になる。 5月上旬から下旬• 夏時間:サマータイムのこと• 夏日(かじつ):夏の日のこと• 夏日(なつび):夏の暑い日のこと。 25度以上を言う• 真夏日:夏の暑い日のこと。 30度以上を言う• 夏祭り:夏に行われる祭りの総称• 夏休み:夏の休暇。 主に学校の夏休み• 夏季休暇:夏の休暇。 企業など• 夏季学校:夏に行われる講習会。 学校の夏の学習イベント• 夏場:夏の時期• 夏季:夏という季節• 夏眠(かみん):夏にカエルやカタツムリなどが活動を休むこと• 夏嵐:主に初夏に吹く激しい南風• 夏虫疑氷:ものを知らないことのたとえ• 夏下冬上:火の起こし方• 首夏:夏のはじめ• 消夏:夏の暑さをしのぐこと• 盛夏:夏の盛り• 炎夏:真夏のこと• 夏念仏:土用に念仏を唱えて修行すること• 破夏:仏教用語(安居の期間に禁を破ること)• 夏狂言:夏に行われる狂言。 怪談ものが多い• 夏蚕(なつご):夏に飼う蚕• 夏商戦:おもに夏のボーナス頃の商売の競争• 夏館:夏の装いをこらした邸宅• 夏の陣:秀吉が負けた戦い。 夏の闘争を比喩的に言う• 杪夏(びょうか):夏の終わりのこと。 晩夏は夏の終わりのことで、晩夏光はその時期の陽射しや太陽の光のことを詩的に表す言葉です。 夏は力強い生命力を象徴しています。 夏の終わりの少し翳りの見える光には、どこかせつなさを感じます。 夏の字がつく夏に関する美しい単語・熟語一覧29選• 夏陰:夏の涼しい日陰のこと• 夏茜(なつあかね):夏に多い赤トンボの一種• 夏暁(なつあけ):夏の明け方• 夏木立:青々と茂り、日陰を作ってくれる夏の木々のこと• 夏芝居:夏に興業する芝居。 怪談ものあり• 夏野:生い茂った草いきれのする夏の野原• 夏帽子:夏の帽子。 主に麦わら帽子• 初夏:夏の初め• 冷夏:平年より気温の低い夏のこと• 夏菊:夏に咲く菊の総称• 夏鶯:夏になっても鳴いているウグイス。 残鶯、老鶯ともいう• 夏雲:夏の空に現れる雲のこと。 入道雲など• 夏水仙(なつずいせん):ヒガンバナ科の水仙に似た花。 ハダカスイセン• 夏霞:夏の霞• 夏枯れ:暑さで植物が弱ること。 転じて、夏場に景気が悪くなること• 夏服:半袖やノースリーブなどの夏の服装• 夏蜜柑:柑橘の一品種• 夏中(なつなか):夏の盛り• 夏柳:夏になって緑濃く繁った柳のこと• 夏潮:夏の潮、夏の海• 夏めく:夏の気配がすること• 夏至:日照時間が一年で一番長い日。 6月22日前後• 夏越(なごし):6月30日に行う祓いの儀式のこと• 夏の月:夏の月のこと。 白く輝く姿に涼を求めた• 夏富士:雪が溶けた夏の富士• 夏山:草木が繁る夏の山のこと。 登山の対象となる夏の山を言う場合もある• 夏暖簾:涼しい趣の夏の暖簾。 麻暖簾などがある• 夏草:夏場に生い茂る草のこと• 「処暑」(しょしょ)です。 七十二候(しちじゅうにこう)の一つで、8月23日頃になります。 これからは暑さが和らいでくることを表す言葉です。 風にすこしだけ秋の気配を感じる頃です。 夏の字が入らずに夏をイメージさせる単語・熟語13選• 夕涼み:涼しくなった夕方に戸外で涼むこと• 薄暑:初夏にうっすら感じる暑さ• 中元:旧暦7月15日。 お世話になった人に贈り物する• 打ち水:地温を下げるために地面に水を撒くこ• 日傘:日差しを避ける夏の傘• 入道雲:夏空にもくもく立ち上がる雲• 百物語:夏の怪談話の形式• 避暑:暑さを避けて涼しい土地で過ごすこと• 団扇:手であおいで風を起こす道具• 氷室:氷や雪を貯蔵する穴倉や部屋• 水中花:造花の花を水を入れた器で開かせたもの• 舟遊び:船で池や川に出て楽しむこと• 朝顔市:鉢植えの朝顔の市のこと。

次の

夏を表す言葉100選!終わりをイメージ・連想するかっこいい単語や言い方も

夏 の 終わり

夏の真っ盛りの時期や、夏の最中を表現して使う言葉です。 「九句の夏」の意味があり、夏の90日間に及ぶ夏いっぱいのことを示します。 5月から6月の、夏の入り始めの時期を指す言葉として使います。 カラスビシャクという植物の漢名で、乾燥させて漢方薬として使います。 邪神を払うことを意味します。 「夏越の祓い」で知られている言葉です。 夏の間のことを示す言葉で、反対語に「冬場」という言葉があります。 夏を示す言葉で、「夏季休暇」という言葉などで使われます。 耳慣れない言葉ですが、こちらも夏の時期を示す言葉として使われています。 ミカン科の常緑低木です。 甘酸っぱい実が美味しいですね。 暑く乾燥する夏の時期に、生き物が休眠状態に入ることを意味します。 「冬眠」の反対語です。 麦わら帽子などの夏にかぶる帽子のことを指す言葉です。 夏の時期に卵から孵って育てられる蚕のことです。 夏の間に着る、涼やかな服装のことを表している言葉です。 五行思想では夏を赤色で配色することから、夏の異名として定着しています。 僧侶が夏に集まって修行をする夏安居の期間に、禁止を破って外出することを意味します。 涼しいことを表現する言葉として用いられます。 夏の時期に、暑さを取り除くために冷たい食べ物や漢方などで、熱気を取り除くことを指す言葉です。 二十四節気の一つで、陰暦の5月21日頃のことを指します。 今年に入って初めて出た若々しい葉っぱのことを意味する言葉です。 照りつける太陽や、その太陽が輝く夏のことを示す単語です。 文字通り、クスノキの若葉を指す言葉として使われます。 夏の暑さが非常に厳しいことを表す言葉として使います。 青く茂った木の陰の、涼やかな様子を表現する言葉です。 日中の時間が長いことを示す言葉で、短日の反対語として用いられます。 7月15日前後に贈答品を贈り合う文化のことを指します。 雨の多い梅雨の時期に入ることを意味する言葉です。 6月中旬から7月中旬の梅がなる時期に渡る日本の雨期です。 夏の間に、何日も雨が降り続くことを表現する言葉です。 夏の間の短い夜や、夜が明けやすい夏の日を示す言葉です。 「短夜」と同じように、夏の期間の夜が短く明けやすいことを意味する言葉です。 夏に季節が向かうことを意味する季語で、春の終わりから夏の初めにかけて使われます。 夏の中でも、一番暑い真夏の時期を指して使う言葉です。 暑さが非常に厳しいことを表現して用いられる言葉です。 「酷暑」と同じように厳しい暑さを意味する言葉ですが、二十四節気の一つとしても知られています。 夏の終わりの一か月を指して用いられる言葉です。 「季夏」と同じように、夏の終わりを指して使う季語です。 季節に応じて衣服を変えることを意味します。 夏に入るときと、秋に入るときにも使う言葉です。 夏の終わり秋の初めごろの涼やかな時期の季語として使います。 紫色や青色、ピンクなど、さまざまな色合いが楽しめる花ですね。 夏や秋にかけて、藍色の可愛い花をつける植物です。 夏のさまざまな時期に行われる、日本のお祭りの総称です。 お盆の時期の夜に、人々が輪になって踊ることです。 日本の伝統的な風習ですね。 肌の上に襦袢なしで着る、夏の昔からの略装です。 白地に藍染めが基本ですが、今ではさまざまなファッション性の高い浴衣があります。 夏に響く風鈴の音は、涼やかな気持ちにさせてくれますね。 太陽に向かって堂々と咲く向日葵は、夏を代表する花です。 夏を表す言葉25選|夏らしい季語や時候の挨拶㉑朝顔 続いての夏を表す夏らしい季語や時候の挨拶は、「朝顔(あさがお)」です。 夏から秋にかけて、朝に可愛い花を咲かせるつる植物です。 夏を表す言葉25選|夏らしい季語や時候の挨拶㉒南風 続いての夏を表す夏らしい季語や時候の挨拶は、「南風(なんぷう・はえ)」という言葉です。 南から吹いてくる風のことを指す言葉です。 夏を表す言葉25選|夏らしい季語や時候の挨拶㉓青嵐 続いての夏を表す夏らしい季語や時候の挨拶は、「青嵐(あおあらし・せいらん)」です。 青葉が出るころに吹く、通常よりも強めの風を指す言葉です。 夏を表す言葉25選|夏らしい季語や時候の挨拶㉔雹 続いての夏を表す夏らしい季語や時候の挨拶は、「雹(ひょう)」です。 空から降ってくる氷の塊です。 雷と共に降ってくることが多くあります。 夏に関する言葉25選|夏らしい季語や時候の挨拶㉕甚平 続いての夏に関する夏らしい季語や時候の挨拶は、「甚平(じんべい)」です。 羽織と比べると丈が短く作られている、男性の夏の衣服です。 また次の記事では夏の季語を使った子どもの名前などについてご紹介しています。 あわせて参考にしてみてくださいね。 昔武将たちが栄光をつかむために競い合ったこの地は、今は夏草が生い茂るただの場所であり、それらは一時の夢に過ぎない、という解釈をします。 武将たちの過去の栄光に、夏の終わりの儚さを感じますね。 こちらは、百人一首におさめられています。 現代語訳では、「夏になると真っ白な着物が天の香具山に干されるが、いつの間にか今年も春が過ぎて夏が来たようだ」と解釈します。 夏の晴れ晴れとした気候や涼やかさを感じますね。 夏らしい言葉をたくさん学んでみよう! 夏らしい言葉や、夏をイメージさせる季語などについてご紹介しました。 いかがでしたでしょうか。 夏にまつわる言葉をたくさん知って、深く学んでみてくださいね。

次の