クレヨン と クレパス の 違い。 クレヨン・クレパス・パステルの違いは?それぞれの使い方や特徴を紹介

「クレヨン」と「クレパス」の違いと通な使い分け方とは?

クレヨン と クレパス の 違い

「クレヨン」と「クレパス」の違いとは? どちらも似ていて、見分けるのは難しいのですが、一体何が違うのでしょうか。 「クレヨン」とはパラフィンや蝋などを顔料と練り合わせた棒状の画材のことですが、本来は顔料を固形ワックスで練り固めたものです。 現在では日本製のクレヨンには顔料と固形ワックスだけでなく、その他に体質顔料と液体油も混ぜて、よりなめらかに描きやすいよう軟らかめにさせていることでも知られています。 「クレパス」とはサクラクレパスが販売しているクレヨンの一種であり、商品名でもあります。 一般名称は「オイルパステル」で、英語表記でも「Oil Pastel」となっています。 「クレヨン」と「クレパス」の特徴は? どちらも絵を描く上で必要になってきますが、それぞれの特徴とは一体何でしょうか。 「クレヨン」はとても硬いので線描には向いていますが、広い範囲を塗ったり、色を混ぜ合わせたり、重ね塗りするのには向かないのです。 しかし、幼い子は絵を書く時に力を入れがちですが、クレヨンは硬くて折れにくいですし、手に汚れもつきにくいため、おすすめとなっているのです。 「クレパス」は柔らかくて伸びが良いため、広い範囲を塗るのに適しており、色は不透明で、油絵のような重厚なタッチの絵を描くこともできるのです。 実際に紙の上に盛り上げるように重ねたり、塗ったあとに引っ掻いて描画したり、さまざまな技法使うことができるため、子供から専門家まで幅広く使われています。 子供に合わせて使いましょう! それぞれ「クレヨン」と「クレパス」の特徴や違いについて説明をしましたが、実際に使う際は子供の年齢やどんな絵を描きたいのかによって使い分けることが大切です。 また、実際にそれぞれ使ってみて、子供の好みで使い分けてみるというのが特に重要で、自分に合っているものを使うことで、より絵を描くのが大切になります。 ただし、学校指定がある場合はそれに従って選ぶことが大切です。 まとめ 子供から大人まで楽しむことが出来る「クレヨン」と「クレパス」ですが、それぞれの違いや特徴をしっかりと理解をして使っていきましょう。

次の

クレヨンとクレパスの違いは?子供におすすめなのはどっち?

クレヨン と クレパス の 違い

ダイソーのパステルでどこまで描けるのか パステルとクレヨンのちがいとは パステルとクレヨンの違いをグーグルで調べてみると、 クレパス、クレヨンの違いは、基本的には表で示しているように組成に違いがあることです。 しかし、現在では日本の多くのメーカーは、クレヨンにも体質顔料と液体油を配合させ、クレパス等のオイルパステルやパスとクレヨンはほぼ同じ原材料が使われている状況ですが、体質顔料、固形ワックス、液体油の含有量の差が両者の違いとなります。 より ふむ……? なんだかよくわかりませんね。 たぶんクレヨンのほうがワックス量が多くて、重ねていくとテカテカしていくよ~みたいなことだと解釈しました。 実際にパステルを使用して違いを考えてみました。 パステルでの試し描き パステルを使うのは中学以来だったので、ますは試し描き! 偶然発掘されたスケッチブックに描いていきます。 こんな感じ! クレヨンよりも 色の混ざりがよくて、伸びやすいかなと思いました。 クレヨンだとこすり付けるような形になりますが、パステルはなでるようにするだけで色が伸びていきます。 また、クレヨンよりも 粉っぽさがありました。 描いていると粉のようなものがぽろぽろを落ちてきます。 そして発色。 発色はかなりいいですね。 クレヨンと違い、予想通りテカテカしないのが好感触です。 そして描いた絵がこちら う~ん、悩みながら描いたのでバランスと色使いがちょっと怪しいですね。 ワインとバラのあたり、ポルノグラフィティの「カメレオン・レンズ」にだいぶ影響を受けていますね。 画像を少し加工しているので本来の色味とは少し異なりますが、これはこれで理想的な色になったのでよしとしてます。 題名は「一瞬」です。 まとめ 今回はパステルとクレヨンの違いについて書いてみました。 より粉っぽく、色を重ねやすいのがパステル。 より油っぽく、さまざまな画材に書くことができるのがクレヨン。 そういった違いもあるようです。 今回はダイソーのパステルを使いましたが、100円均一と侮ることなかれ。 けっこう発色もよくて満足しています。 そんな感じで。

次の

クレヨン・クレパス・クーピーの違い・使い分け 小学校で準備するのはどれ?

クレヨン と クレパス の 違い

「クレパス」とは? 「クレパス」の意味と概要について紹介します。 意味 「クレパス」は、 「ろう・オイル・顔料を原材料として作られた絵を描く道具で、オイルが多くふくまれているもの」です。 「クレヨン」よりも柔らかくて描きやすいのが特徴です。 概要 「クレパス」は文具メーカーが付けた商品名で、正式名称は 「オイルパステル」と言います。 「クレヨン」よりも伸びがあって描きやすいものとして作られました。 どちらも原材料は同じですが、 「クレパス」は 「クレヨン」よりも 「オイル」が多く含まれているのです。 柔らかく重ね塗りや塗りつぶしがし易いのですが、手もそれだけ汚れや易くなります。 「クレヨン」とは? 「クレヨン」の意味と概要について紹介します。 意味 「クレヨン」は、 「ろう・オイル・顔料を原材料として作られた絵を描く道具で、ろうが多くふくまれているもの」です。 「クレパス」より硬くてしっかりとした線が描けます。 概要 「クレヨン」はフランス発祥で、石油由来の固形パラフィンワックスという 「ろう」と、顔料を合わせて作ります。 ろうが多く含まれているので硬くて線画に適しているのですが、塗りつぶしには向いていません。 また、手につきにくく色落ちもしにくいので、扱い易くなります。 現在では 「クレヨン」にもオイルが使われていて、柔らかくて描き易なっています。 「クレパス」と「クレヨン」の違い! 「クレパス」は、 「ろう・顔料・オイル」から作られ、オイルが多く使われているので柔らかい描き味です。 「クレヨン」は、 「ろう・顔料・オイル」から作られ、ろうが多く使われているで硬い描き味です。 まとめ 「クレパス」と 「クレヨン」は、ほぼ同じ原材料ですが、その配分が違います。 柔らかいのが 「クレパス」、硬いのが 「クレヨン」と覚えておきましょう。

次の