水星人 性格。 水星人プラスの性格の特徴16個と恋愛・仕事・相性[六星占術]

六星占術・水星人(マイナス)の特徴や性格・相性の良い運命星や恋愛傾向【2019年最新版】

水星人 性格

世の中にはさまざまな占いがありますが、九星気学を知っていますか? これは中国から伝わった伝統的な方法による占いです。 その人の性格やその人の持つ特徴から相性や向いている職業などを占うものです。 そして一白水星は、その九星気学で分類された本命星の一つです。 一白水星の人はどんな特徴や性格を持つのでしょうか? 一白水星とは 一白水星とは、九星気学にある本命星のひとつになります。 九星気学とは、中国から伝来した占いで、生年月日やそこからわかる干支、火・水・土・木・金からなる五行説を組み合わせたものです。 九星気学は、一白水星(いっぱくすいせい)・二黒土星(じこくどせい)・三碧木星(さんぺきもくせい)・四緑木星(しろくもくせい)・五黄土星(ごおうどせい)・六白金星(ろっぱくきんせい)・七赤金星(しちせききんせい)・八白土星(はっぱくどせい)・九紫火星(きゅうしかせい)という9つの分類をしています。 この九星気学によって導き出された星により、その人の持つ運勢や運気、開運法、性格や相性などを知ることができるといわれています。 白水星の基本的な特徴や性格など 一白水星の人は、基本的に九星気学一番の強運の持ち主といわれます。 特に水の性質を持ち、水のパワーを強く受ける星といわれています。 その水のように変幻自在で柔軟な性質は、変化にも強く、世の中を強く生き抜く力を持っています。 一白水星の特徴 一白水星の人は、変幻自在な水の性質をもつことから、一つのところに留まることは苦手な傾向にあります。 また一生を通じ、環境の変化が多く訪れる運勢でもあります。 そのため、早くから親離れしたり、仕事の関係で常に環境が変わるなどの生活を送ることもしばしばあります。 そのため、独立心や辛さに耐え抜く精神力、忍耐力などがはぐくまれ、さらに周囲と柔軟に調和することを心がけるようにもなります。 しかしその性質は、ストレスを溜めやすいものでもあります。 また恋愛や結婚では、女性、男性共にあまりこだわらず、事実婚や別居婚などの形をとることもあります。 結婚後も自分の時間を大切にする恋愛傾向があるので、元来寂しがりやではありますが、自立した関係性を求めます。 一白水星の性格 基本的に、一白水星の人は、星の特徴である水の性質のように、柔軟な態度や温和であることが多く、親しみやすい性格です。 運勢的に周囲の環境が変わることが多いため、柔軟性に富み、どんなことにも臨機応変に対応するので、周囲とすぐになじむことができます。 しかしあまり本心をさらすことはしないため、親友といわれる人が少ないのが特徴です。 人によっては、つかみどころのない人などと揶揄されることもあります。 長所 一白水星の人は、静かで穏やかな雰囲気を持っているという印象を与えます。 しかし中身は割としっかりとしている人が多いのが特徴です。 変化に富んだ人生を送ることが多いので、どのようなことに対しても順応力や社交性があり、周囲と良い関係を築くことができます。 そして、意外と行動力もあります。 一白水星の人は、常にマイペースに行動します。 愛嬌があり、寂しがりやの性質から、にぎやかで華やかな場所や多様な人間関係を好みますし、その中でも自分の実力を惜しみなく発揮できます。 短所 一白水星の人は、その柔軟な精神から、周囲との調和のためには、たとえ思ってもいないことでも言ってしまうことがあります。 それは愛想やお世辞などとなり、人によってはあまりよい印象を与えません。 また周囲との調和を考え、言いたいことややりたいことを我慢したり、ストレスを溜め、限界になると、それが一気に爆発してキレてしまうこともあります。 また二面性があり、苦手に思ったり、嫌いとなったら、今までの柔軟で社交的な態度とは裏腹に、態度や言葉など、途端に冷たくなるのも一白水星の人の特徴です。 元来寂しがりやで、悩みなどを抱え込む性質を持つので、たまには人に頼ってみるのもよいかもしれません。 一白水星の恋愛 一白水星の性質は恋愛面や愛情面でも発揮され、相手に柔軟に合わせることができるため、包容力があるといわれ、多くの人に好かれます。 自分自身にその気がなくても、いわゆるモテる人です。 しかし、本当に心を開くまで時間がかかります。 すぐには本心をさらさず、親しくとも一定の距離感を保ちます。 そして変化のある環境に身を置くことが多いため、恋人以外にもその都度深入りせずに付き合って流されていると、二股や三角関係などの恋愛関係に陥ってしまうこともあります。 しかし、一白水星の人が一旦心を開くと、本心を明かし、きちんと付き合うようになります。 そのように心を許した相手には、独占欲を出し、嫉妬深くなることもしばしばあります。 一白水星の人に合う職業とは 一白水星の人は、基本的に柔軟で、協調や調和ができるので、どのような職業でも向いていますが、特に協調性が必要な職業に向いているといわれます。 仲間など多くの人と協力してこなす仕事で成功します。 また交友関係を広げ育てていくことで、金運がアップしていきます。 そのほか、感性を大切にするので、芸術的な仕事にも向いています。 仕事面では、いつも同じ仕事をするのは向いていない性質です。 常に変化があったり、スピード感を求められるような仕事のほうがよいでしょう。 適職として、芸能界やマスコミ関係、芸術や法律家など、また、バーや居酒屋などの水商売にも向いています。 お金の流れの良い一白水星の人ですが、お金を貯めることも得意なので、コツコツ貯金することで、いつのまにか溜まっているということもあります。 一白水星のラッキーカラー 一白水星のラッキーカラーは、白と黒です。 相性の良い色は、水色や青です。 白色には、愛や無邪気、子供や奉仕などの意味があり、黒には、金持ち、嫉妬、強引、夜行性などの意味があります。 意識して使ってみるとよいでしょう。 一白水星の吉方位 九星気学では、気の流れを意識し、大切にします。 吉方位を意識することで、運の流れも良くなるといわれています。 吉方位 東南 最大吉方位といわれています。 社交運アップ、恋愛運アップ、やる気アップの吉方位です。 人間関係運もアップします。 東 今までの苦労が報われるような出来事があります。 病気からの回復や悩みが解決するなどの運が期待できます。 南 忍耐力や継続、持続力のアップ、思考能力のアップなどが期待できます。 北 未来を見通す力のアップが期待できます。 計画的能力の向上や人間関係運の向上、仕事運や経済能力の向上などが期待できます。 凶方位 西 一白水星の人にとって、西は、媚、虚偽、虚飾、虚偽などの意味を持ち、騙されたり、疲労がたまりやすくなる方位です。 西北 一白水星の人にとって西北は、感情の波、恋愛関係のもつれ、自信過剰などの意味を持ちます。 自信過剰による信用問題などが起きやすくなります。 東北 一白水星の人にとって東北は、大凶の方位になりますので注意が必要です。 感情の波が荒れ、普段温和で周囲との関係を大切にする一白水星の人が、その関係を自分のせいで壊してしまう可能性がある大凶の方位です。 西南 東北よりも最大の大凶方位が西南です。 すべてにおいて上手くいかない可能性があるので、できればこの方位は避けて通りましょう。 他の運命星との相性 では、一白水星の人と、そのほかの星の人との相性はどうなのでしょうか? 一白水星と一白水星 基本的に似た者同士ですから、価値観も同じで、出会いから居心地はよいでしょう。 性質が同じもの同士で、平和主義ですから、争いになることはあまりないでしょう。 お互いに心を開くと、お互いのことが手に取るようにわかる関係になります。 ただし、お互いに遠慮していると、いつまでも心を開けずに表面的なお付き合いしかできない可能性もあります。 一白水星と二黒土星 二黒土星と一白水星は、たびたび反発しあう関係になり、相性はあまりよくないといわれています。 二黒土星の人は本当に心を開かないと関係が進みません。 一白水星の人のように、表面上でも多くの人と交流できる性格とは正反対になります。 そのため、たとえ調和のためといって、愛想やお世辞を振りまくと、二黒土星の人は信用できないと受け取ってしまいます。 また、二黒土星の人は、家族を尊重しすぎる部分があります。 もし二黒土星の人と恋愛関係になれば、恋愛から結婚に進むのはとても自然な流れとなるでしょう。 しかし、一白水星の人はあまり結婚という形にとらわれない人も多く、割と淡泊な人が多いので、お付き合いはお互いの理解が必要になります。 一白水星と三碧木星 三碧木星の人は、明るく、話好き、甘えん坊な性格です。 常にリードしてくれるので、本来穏やかな一白水星の人にとっては、居心地のよい相手になります。 ただ、三碧木星の人が一白水星の人のやさしさや穏やかさに甘え、調子に乗っていると、一白水星の人のストレスが溜まり、関係が上手くいかなくなる可能性もあります。 一白水星と四緑木星 四緑木星の人は、マイペースです。 その部分では一白水星の人と似ているので、一緒にいて自然な関係が築けるでしょう。 ただし、どちらも基本的に受け身の姿勢なので、どちらかがリードしないとなかなか物事が前に進みません。 また自己主張もあまりしないため、お互いの本当の気持ちがわからず、困ることもあります。 きちんとした関係を築きたいときには、自分の思っていることを出すように心がけましょう。 一白水星と五黄土星 五黄土星の人は、気が強く、頑固で自己主張が強いひとが多いため、調和を大切にする一白水星の人とはあまり良い相性ではありません。 そのため、物事を協力してすることになると、一白水星の人が五黄土星の人を気遣い、周りと調和を取ろうと努力します。 そのため、一白水星の人のストレスが溜まりやすくなります。 また、心を開くまで時間のかかる一白水星の人とは反対に、割と早く自分の気持ちに素直に行動する五黄土星の人は、どんどんと距離を縮めてきます。 一白水星の人は、それも苦手な要素となります。 一白水星と六白金星 立ち居振る舞いなどが凛としてオーラのある六白金星の人ですが、性格的に控えめな人が多いのが特徴です。 しかし内心、プライドが高く、勝ち負けを気にする性格です。 また、一白水星の人とはお互いのないものを持っているため、心を開くと、とてもよい関係になれます。 一白水星と七赤金星 七赤金星の人は、明るく話し上手なので、聞き役になれる一白水星の人は、一緒にいて心地よい関係に感じます。 お互い一緒にいることで絆が深まるタイプです。 また、七赤金星の人は、リーダーシップがあり、周囲からの信頼も厚いので、一白水星の人は自分が頑張って周囲との調和を取らなくてもよいと感じ、楽になるでしょう。 お互いの役割を助けることができる関係を築くことができます。 ビジネスパートナーとしてもよい関係です。 一白水星と八白土星 八白土星の人は、頑固ですが、とても素直でまっすぐな性格です。 一白水星の人のように、二面性があり、時に冷静、淡泊な考え方に対して理解できないことがあります。 そのため、あまり相性はよくないといわれています。 しかし、恋愛関係では、八白土星が、一白水星の人のクールな性格や二面性に魅力を感じることが多く、距離を縮めようとします。 恋愛関係では、お互いを理解し、一定の距離感を持って接することができれば良い関係になりますが、どちらかが強引に距離を縮めようとすると上手くいかなくなります。 一白水星と九紫火星 物事に白黒つけたがる熱い性格の九紫火星の人にとって、一白水星の人は、優柔不断に映ります。 もともと、火の性質を持つ九紫火星の人と、水の性質を持つ一白水星の人は、正反対なので、相性としてはあまりよくありません。 しかし、すべてにおいてはっきりとさせたい九紫火星の人の考えに一白水星の人が歩み寄り、九紫火星の人が一白水星の人の性格を尊重して、お互いが心を開くと、信頼のおける素晴らしいパートナーになる可能性もあります。 まとめ いかがでしたか? 一白水星の人の特徴や性格、吉方位やほかの星との相性などさまざまなことが見えてきました。 周りに一白水星の人がいたら、ぜひこれらの特徴や性格を理解してお付き合いしてみてはいかがでしょうか? きっとお互い素晴らしい関係が築けるかもしれません。 関連記事として、 ・ を読んでおきましょう。

次の

水星人プラスの性格の特徴16個と恋愛・仕事・相性[六星占術]

水星人 性格

あなたの周りには六星占術の水星人マイナスの人や水星人マイナスの霊合星人の人はいますか? 水星人マイナスの人は一見華やかな外見とソフトな印象で初対面の印象もよい人です。 しかし同時に、とても冷静で時に利己的な一面を持つ魅力的な人です。 また金運や財運にも恵まれている水星人マイナスの人は頑張れば頑張るほど、大きな財を築くことも可能です。 そんな水星人マイナスの人を調べてみました。 六星占術とは? 六星占術とは、何のことなのでしょうか? 六星占術とは、宗教家の細木数子さんが提唱した占いのことで、中国古来の算命学や易学、万象学などを参考に独自に求めた星占術です。 六星占術では、火星、水星、木星、金星、土星、天王星という、6つの運命星に分けて占われます。 そしてそれぞれの星の特徴を持つ人を火星人、水星人、木星人、金星人、土星人、天王星人と呼びます。 そして、運命星には、それぞれマイナスとプラスがあり、干支の陰陽で分けられています。 具体的には、子、寅、辰、午、申、戌がプラスで、丑、卯、巳、未、酉、亥がマイナスになります。 それを運命星の星回りと組み合わせて、火星人マイナスなどと表現します。 さらに、その中でも特殊な条件下に生まれた人を霊合星人といい、一つの星だけでなく、火星人は水星人と、木星人は金星人と、土星人は天王星人のように、対応する星の特徴や運勢も兼ね備えた人として占います。 六星占術では、このようにして、その人の生年月日によって導き出された運命数や星数によって、占命盤が描かれます。 そしてこの占命盤をもとに占いが行われ、その人の年運や月運、日運、さらに恋愛運や結婚運、仕事運や金運、家庭運や愛情運、総合運などの運勢を判断します。 占命盤とは、 占命盤には、1年において、以下の12の運気が示されています。 種子(しゅし)• 緑生(りょくせい)• 立花(りっか)• 健弱(けんじゃく)• 達成(たっせい)• 乱気(らんき):• 再会(さいかい)• 財成(ざいせい)• 安定(あんてい)• 陰影(いんえい)• 停止(ていし)• 減退(げんたい) この運勢サイクルによって、その人の人生運を占っていきます。 水星人マイナスとは? 水星人マイナスの人はどのような人なのでしょうか? 水星人マイナスの人は、独立心や自立心があるといわれます。 そして割と早い時期から親元から離れることが多いです。 物事に対する分析能力や観察力もあり、冷静に判断できます。 そのため、何事も自分で決断、実行します。 またそんな自分に対する周囲の評価などもあまり気にしない強さを持っています。 水星人マイナスの恋愛傾向 恋愛の仕方 水星人マイナスの人は、男女共に、見た目がとても華やかで、恋愛的性格な人が多く、恋愛を楽しむことが好きなので、とてもモテます。 しかし恋愛関係においてもクールで、恋愛によって取り乱したりしません。 また結婚には向いていないといわれています。 自分は自分、他人は他人と考えるので、家庭を第一に考えるよりも、意識が外に向けられているので、仕事や自分の趣味などを優先させてしまう人が多くいます。 そのため別居や離婚する人も多くいます。 そんな水星人マイナスの人は、本来の孤独を愛する性質もあるので、そんな状況を楽しみ、受け入れてしまいます。 そのため、40代や50代になっても現役で恋愛する人も多くいます。 ある程度年を重ねることで、純粋に恋愛を楽しむようになります。 束縛を嫌う 水星人マイナスの人は、束縛を嫌います。 そもそも、自分のペースを乱されることが嫌いです。 そのため、恋愛中から、さらに結婚してからも自分の仕事や趣味を優先する人が多くいます。 またそんな状況を非難されたり、自分を束縛しようとすると、気持ちが離れていきます。 結婚運 冷静でともすれば利己的な一面を持つ水星人マイナスの人は、結婚運や家庭運はあまりよくありません。 そのクールな性格から、常に一緒にいることができず、長続きすることが難しいといわれます。 さらに家族運がないことで、子どもにも縁が薄いといわれています。 セックス運 水星人マイナスの人のセックス運はどうなんでしょうか? 水星人マイナスの人は、そのクールな性質とは裏腹に、男女ともによくモテるし、男好き、女好きです。 そのため男女ともに恋愛関係が途絶えることがありません。 さらにセックス好きな人も多く、セックスに対し貪欲な人も多くいます。 特定の相手以外のワンナイトラブでも盛り上がれます。 水星人マイナスの家庭運 水星人マイナスの人は、家庭や家族の縁が薄い人が多いのも特徴です。 両親、特に父親との関係が悪いのも珍しくありません。 水星人マイナスの人は、冷静ではありますが、独立心が旺盛で、時に頑固なので、両親と衝突することも多いのです。 さらに元来の孤独になれているせいか、それを気にしないという性質もあります。 そのため、割と早くから一人暮らしをして自立することも多いのが特徴です。 水星人マイナスの性格 水星人マイナスの人は、元来孤独を愛する人です。 子どものころから独特な雰囲気を纏っています。 子供らしからぬ態度だったり、物言いをする子供になります。 友人はいるのですが、自分は自分、人は人という考えの持ち主なので、関係はドライになります。 そのため、小さいころから孤独を感じていることが多いのが特徴です。 しかし容姿的には華やかで、ソフトな印象を与える人が多く、表面的には温厚な感じを出しています。 初対面ではとても良い印象を残すので、コミュニケーション能力は高いほうです。 一定の距離感を保つので、居心地がよく、周囲に人が集まりますが、どんな時も人に流されず、感情に流されることはありません。 さらに、水星人マイナスの人は、短気でもあります。 基本的に強いものに憧れがあり、格闘技などの武術を好みます。 筋トレなど、強くなるための努力も惜しみません。 冷静ではありますが、喧嘩などでは恫喝などもすることがあります。 行動力 水星人マイナスの人は、計算高く行動します。 元来冷静で観察力があるので、周囲の状況を適切に見て、状況に応じた行動をとります。 そして自分の利益になるようなことがあれば、ソツなく行動に移します。 そして、冷静で独立心が旺盛で、頑固なので、社会などの集団生活では、トラブルに発展したり、上司などと折り合いが悪く、若いうちは日の目を見ないことが多くあります。 しかし、年を重ねることで、人間的にこなれ、今までに積み上げてきたものが花開くタイプでもあります。 大器晩成型といわれています。 また、意外と情にもろいところもあります。 流されることはありませんが、ふと情け深い行動をすることがあります。 社会面 水星人マイナスの人は、元来冷静で集中力があり、頭の回転も速いです。 ビジネスのセンスがあり、ビジネス運や勝負運があるといわれていて、起業家になることもよくあります。 初代運があるともいわれています。 独立心が旺盛なことから、自分で一から仕事を立ち上げることに長けているのです、運命星の中でビジネスに関する運がとてもよいのも水星人マイナスの人の特徴です。 お金に愛されるのです。 ただし、意外と細かいこともあり、支出について詳細に記憶していることがあります。 頭の回転が速く、会話も上手な人が多いのも特徴です。 観察力や判断力に長けているので、人に合わせてさまざまな話題をふることができ、楽しませることができます。 営業などの仕事にも向いているでしょう。 水星人マイナスの人が、芸能界や水商売に向いているといわれるのもこのためです。 世界的に有名なビルゲイツさんやスティーブ・ジョブズさん、孫正義さんも水星人マイナスの人です。 日本では、芸能界の大御所である、タモリさん、明石家さんまさん、松本人志さんが水星人マイナスの人です。 財運 冷静で観察力のある水星人マイナスの人は、金銭感覚も優れています。 しっかりと計画的に貯蓄していきます。 お金を生むことも上手なので、起業したり、独立したりして、気が付いた時には結構貯まっているというようなこともあります。 しかし他人に対してはあまりお金を使いません。 おごったりすることはめったにありません。 ケチな人といわれることもあります。 水星人マイナスの人は、金運や財運がよく、お金に好かれます。 特に好きな仕事の場合は元来の集中力を発揮して大金を稼ぐこともあります。 男女ともに、華やかな容姿や会話術がありながら、常に冷静に行動することから、芸能関係や水商売関係のほかに、金融関係の仕事や不動産関係の仕事にも向いています。 水星人マイナスの芸能人は? 芸能界には多くの水星人マイナスの人がいます。 お笑い界では、タモリさん、明石家さんまさん、松本人志さん、浜田雅功さん、有田哲平さん、りゅうちぇるさん、サンシャイン池崎さん 俳優では、鈴木亮平さん、上戸彩さん、綾瀬はるかさん、高畑充希さん、柴咲コウさん 音楽界では、オノ・ヨーコさん、吉田美和さん、森田剛さん、ピコ太郎さん スポーツ界では、テニスプレーヤーの錦織圭さん、元プロ野球選手の清原 和博さん、 学問の世界でも、林修さんなどの今をときめく人達がたくさんいらっしゃいます。 水星人マイナスの霊合星人とは? 水星人マイナスの人でも、特に生まれ年が停止のところに当たる人を、特別に水星人マイナスの霊合星人といいます。 この霊合星人は、生まれ年が停止から始まっていて、運気も、水星人マイナスだけでなく、対応する火星人の運気の影響を強く受けることになります。 このような水星人マイナスで霊合星人の人は、水星人マイナスの運気のほかに、火星人の運気もよくみましょう。 特徴的なのは、丑年生まれの水星人マイナスの人です。 男性では、まじめで頭の回転も速く、冷静で仕事はできますが、常に一匹狼的な立場で、マイペースで周囲との連携が取れず、信頼を得られないことが多くあります。 女性では、家族や母親との縁が深く、結婚後は相手の男性を婿養子にしてしまうほどです。 このように水星人マイナスの性質と火星人の性質を複雑に併せ持つことが特徴です。 運周期によっては、日運、月運、年運など運が重なるため、両方の運気の影響をうけます。 場合によっては、何事においても大成功を収める可能性があります。 反対に両方とも運気の低迷しているときは、とにかく不運が去るのを待つしかないという状況になります。 水星人マイナスの霊合星人の性格とは? 水星人マイナスで霊合星人の人は、水星人マイナスの気質と対する火星人の気質、両方を併せ持つ複雑な性格の持ち主であるといえます。 性格的には、水星人マイナスの孤独な運勢をもちつつ、冷静さや観察力、独立心旺盛である性質もあり、一見クールです。 しかし一方、火星人の持つ、マイペースな行動力や発言もあり、不思議ちゃんなどといわれることもあります。 火星人の持つ意外と繊細な部分もあり、何かあるとドッと落ち込むのも特徴です。 水星人マイナスで霊合星人の人は、メインの性格がどちらになるかは、その時々で変わるため、いまいちつかみどころのない人と評されることも多くあります。 さらに、自分の信じる道を突き進む頑固な面もあるので、周囲との軋轢を生むこともしばしばありますが、火星人特有の助けられる運もあるので、成功者が多いのも特徴です。 家庭運では、水星人マイナスの人とは違い、家族との縁が強くなる人が多くいます。 特に母親とは縁が深くなります。 男性の場合は、婿養子などになる場合もあるそうです。 複雑な性格からか、その人生も複雑で波瀾万丈な人生を送る人が多いのも特徴です。 まとめ いかがでしたか? 水星人マイナスの人や水星人マイナスの霊合星人の人は、とても魅力的な人が多いことがわかりましたね。 芸能関係や勝負事、ビジネスの世界で活躍している人も多くいます。 冷静で独立独歩的な性格のようですが、社会的に成功している人も多いので、個人主義といいながら、実はかなり情に厚い人なのかもしれませんね。 あなたの周りの水星人マイナスの人に当てはまりましたか?.

次の

水星人プラスの性格的特徴や相性・運勢【細木数子六星占術】

水星人 性格

水星人プラス(+/陽)の性格や性質 基本的な性格や性質? 利己的でクール 水星人プラスの人は、どんな事象に対しても、どこか醒めた目で見ていることが多く、周囲の人からは「クール」な印象を抱かれます。 また、それが他者愛への感情を掴みにくいことから「利己的」とも思われがちです。 けれど決して冷酷なのではなく、人ともほどほどの距離間で付き合いますし、一緒に楽しむこともできます。 元々目立たないわけではないので、多くの人と触れ合う機会をもつことで、自分の立ち位置でコミュニケーションをとることにも長けていきます。 水星人プラスの人の中には、利己的を超えて自己愛の強さが人並み以上に感じられる人もいますが、そういう人は世間に迎合されないだけで、他の人もそうあるべきと感じているからでしょう。 基本的な性格や性質? 強烈な個性を持ちやすい 水星人プラスの人は、殆どの場面において自分は自分、他人は他人という見方ができるため、自分の演出の仕方も独特です。 何か一つこだわりをもって取り組んでいるというよりは、自分流儀という姿勢が目立つでしょう。 水星人プラスの人は公私ともに自分アピールに必死さはなく、人にいい印象を与えるためだけに「頑張る」などの姿はありません。 追及するものがあるとしたら、「自分自身の納得のため」です。 それでも外に向ける時に肝心なことは心得ていて、自分の魅力的部分を出すのが上手い人が多いとも言えます。 ただ、どこか平然とした姿は、他者と溶け込んでいない、醒めた人柄に映ってしまうことも多いと言えます。 そのような雰囲気があいまって、個性的な印象も与えます。 基本的な性格や性質? 一時の情に流されることなく常に冷静 水星人プラスの人は、冷静に物事を考えることが出来る真面目な人で、一時の感情に流されることがありません。 情に流されることはないというと、少し冷たい印象を持たれるかもしれませんがそうではなく、本当に相手にとってプラスになることを推し量って行動できるので、実は誰よりも思いやりのある人です。 例えば、頼まれたらすぐ手伝ってあげたり、気持ちが動けばお金を貸してあげたりする人もいます。 一見情が深い優しい人に見えますが、それは相手が甘えてしまい努力を忘れやすく、本人の為とは言えないかもしれません。 水星人プラスの人はそうではなく、相手がまだ努力できる段階ではすぐに手は貸しません。 そういった軸のある冷静さを持っているので、周りからとても信頼される隠れた人望のある人です。 基本的な性格や性質? 計算高い 水星人プラスの人は、あらゆる状況で自分の立場や他者を客観的に捉えることが得意ですが、それを利己的な面だけに許した場合、周囲からは「計算高い」という認識をされてしまいます。 水星人プラスの人は誰が自分にどう働きかけてくるか、ちゃんとわかって物事を進めるので、身近な人は「してやられた。 」と思うことが多くなります。 それでも自分のことを信じて行動している意思の強さ、その働きかけはどこか純朴で、憎めない雰囲気もあると言えます。 計算高いと感じさせながらも周囲の力をまんまと借りて、状況を乗り切っていくことも多いでしょう。 それは水星人プラスの人の、うまく世渡りができない気質を感じさせてしまうからでもあります。 基本的な性格や性質? 独立心が強く事業に成功しやすい 水星人プラスの人は独立心が強く、困難なことが起きた時にも自分の力で乗り越えていくという力が強いです。 自分がこうしたいという信念に基づいて行動を起こしていき、決してあきらめることがなく突き進んでいきます。 そのために新しい事業を始めることにも向いていて、成功をおさめるために努力を続けていく力も持っています。 水星人プラスの人が始めた事業が何代にわたっても続いていくことがあるのですが、最初に行動を起こすのは水星人プラスの人というケースが多いです。 周りの人が言った意見を聞き入れにくく、自分勝手だと思われることがあります。 しかしそうした風当たりの強さを気にすることなく自分の道を進んでいけるのが、水星人プラスの人の長所とも言えます。 霊合星人の水星人プラスの性格や特徴 霊合星人の水星人プラスの性格・特徴として、「自分を貫く」「魅力的」の二つがあげられます。 何事も自分から始まり、何事も最後は自分で決断するのが特徴です。 群れを成すことは少なく、一匹狼になることも厭わないようです。 しかし、いかなる状況でも自己を見失うことなく、クールに行動することができるのは大きな武器になっています。 また、他者の意見に耳を傾けても、結局は自分の考えを尊重するようなマイペースさもあります。 たしかに一匹狼な気質ではありますが、華やかで親しみやすい雰囲気を漂わせています。 また、かなり個性的で目立つことも功を奏しています。 とにかく人たらしでカリスマ性があるので、人を惹きつける才能は群を抜いています。 水星人プラス(+/陽)の家庭運・結婚運の特徴 家庭や結婚の特徴? 家庭に恵まれにくい 水星人プラスの人は、家庭運に恵まれにくく、育ってきた家庭が安定していないという人が少なくありません。 家庭環境が複雑なのでどうしても幸せな家庭像を描きにくく、幸せな結婚生活をイメージすることができません。 結婚願望を抱いていたとしても、なかなか思うようにいかないところが水星人プラスの人の弱点でもあります。 水星人プラスの人は自由が必要で束縛されることが嫌いなので、結婚したとしてもあまり家庭の方に目を向けずに、独身時代のような自由を望んでしまいます。 結果としてパートナーとすれ違いが起きてしまうことが多いのです。 最初から結婚を考えずに、独身でいる気楽さを選ぶという人も多いのですが、これは水星人プラスの人に向いている生き方だとも言えます。 家庭や結婚の特徴? 幸せを得にくい 水星人プラスの結婚願望は特に大きく、結婚しても末永く幸せが続くと思い込んでいる節があります。 結婚後の生活でトラブルがあっても愛の力で乗り越えていけると信じているのも、水星人プラスの特徴なのです。 楽しいことばかりではない現実の家庭生活は、時として理想を打ち砕いてしまいます。 期待値が大きい分、こうしたトラブルに見舞われると立ち直れないほどのショックを受けることになります。 必ずしも打たれ強くない水星人プラスの人は、そのまま内にとじ込もって絶望感に苛まれることも多々あります。 現実を直視して、小さな幸せを掴もうとする努力ょ疎かにしがちなので、円満で平和な家庭環境を構築することがだんだん難しくなるのです。 家庭や結婚の特徴? 家庭の仲は冷えやすい 水星人プラスの人は、決して冷酷人間ではないのに、反応の薄さが災いして相手が感情を捉えにくく、例え「愛している。 」と言語として伝えても、その言葉に対する情熱の込め具合に、相手が不満を感じてしまうこともあるでしょう。 怒りや悲しみなどネガティブな面では冷静さを感じますが、歓び、感動、愛情表現などを意識して伝えないと、相手から受け取る感情も同化していく可能性もあります。 それはパートナーとの関係だけでなく、子供に対しても同様で、自分は愛されているのだろうか、と感じてしまうこともあるでしょう。 ただ、これも慣れてしまうと、家族全員が淡々として日常を送っていくことも予想されます。 水星人プラスの人が家族にいた場合、周囲がその人を理解していることや、うまく反応を引き出すことを怠らなければ、笑顔の絶えない関係性を築けるはずです。 恋愛運の傾向は恋愛下手で行動が鈍い マイペースでのんびりとした性格の水星人プラスは、自分の気持ちを大切にしすぎるあまり、相手から反感を買ってしまうことが多々あります。 優柔不断で行動も鈍いことから、相手は苛立ちを募らせ、信頼関係にもヒビが入りやすくなるのです。 明るい面が水星人プラスの長所ではあるものの、場の空気を読めず気分屋な面も出やすいことが玉に瑕です。 物事を深く考えるのが面倒で、短絡的な発想をしがちなことも嫌われやすいポイントです。 独自の楽観的な恋愛観を持っているので、相手が真面目なタイプであればあるほど相性は悪くなります。 気持ちの機微に思いをはせることも出来ず、ただただ狼狽えているうちに関係が終局を迎えてしまう結果になるのです。 セックスの傾向は主導権を握って攻める 水星人プラスのセックスは、自分本位であり、精神的な繋がりより肉体的充実を重視します。 水星人プラスは、つかみどころのない不思議な魅力があり、相手をとりこにしてしまう事が多いです。 そのため、セックスにおいても、主導権を握りやすく、自分本位に事を進める事ができます。 積極的にリードをし、好奇心も旺盛なので、相手によってはついていけなかったり、拒まれたりするのでその辺は冷静に見極めなくてはなりません。 水星人プラスは性欲が強い傾向にあり、自分の気持ちのままに相手を求めてしまうので、本来の冷静な自分を取り戻し、コミュニケーションを取る努力をする事も必要です。 セックスが終わると、急に冷めた態度もとりがちなので、その点は注意した方が良いでしょう。 水星人プラス(+/陽)の金運の特徴は強運で自然と貯まる 水星人プラスの人は、とても強い金運を持っており、特に意識せずに生活をしていても自然に貯金が出来る人です。 自分では好きなものを自由に買っていたり、特に節約に興味がない人でも、持ち前の金運の強さで衣食住に困ることはありません。 こういった強運の持ち主ですから、普段資産運用について気にしていない人は、意識してきちんと貯蓄を管理し、運用することで、更なる金運UPを望める可能性が高いです。 せっかくの強運を利用しなくては勿体ないので、周りで知識のある人に話を聞きに行ったり、専門家に無料で相談できる窓口もありますから、利用してみるのも良いでしょう。 水星人プラスの人が自然にお金を貯めることができるのは、やはり潜在的にきちんとした倫理観や経済観念が備わっているからとも言えます。 水星人プラス(+/陽)の仕事運の特徴は自分で事業を起こすと成功しやすい 自発的な行動をすることで大きな成果を得られるのが水星人プラスの特徴であり、自ら事業を起こせば成功の確率が大きく高められます。 自分自身が打ち立てた目標を達成するために、努力を惜しまないのも水星人プラスの長所なので、少しずつ前進していけるのです。 また、友人や知人もそんな姿を応援したいと思うようになり、力強いサポートをしてくれます。 目標を見据えて、自らの行動を律する精神力・理性も持ち合わせているため、途中で心が折れてしまわないのも強みです。 事業の計画を綿密にして、リスクを恐れず立ち向かう中で、様々な経験をすることが出来ます。 最終的に自分の思い描いた成功の形に近づける、起業家としての素養が備わっています。 水星人プラス(+/陽)の相性はどう?各星人との関係を解説 水星人プラスと土星人との相性は浮き沈みが激しく燃え上がるような関係 情熱的な関係を心の奥で望んでいる土星人に対して、危ない関係に憧れのある水星人プラスの気持ちが近づいていくと、ますます激しく燃え上がっていきます。 見境が付かなくなるほど、一直線にアプローチしていくる土星人を受け入れて、泥沼にはまっていくことを水星人プラスは待ち望んでいるのです。 周りからの反対を押し切ってでも成就させたい思いが芽生え、二人だけのディープな世界の中で生きていく選択をしがちです。 その中においては精神的な浮き沈みが大きくなり、喧嘩も絶えないでしょう。 そのような感情のぶつかり合いも、時間の経過とともにほどよいスパイスとなって感じられます。 一度燃え上がった情動は、留まるところを知らず、加速し続けるのです。 水星人プラスと金星人との相性は互いの良さを引き出しながら築きあうことができる 相手の性格を理解して、その魅力を引き立てることのできる水星人プラスは、金星人との相性が良く、素敵な関係を築くことが出来ます。 ゆっとりと丁寧に相互理解を深めていき、互いの良さを認識できるのがポイントです。 自分に足りないものを補うことの大切さを知っている金星人は、相手の持つスキルを分けてもらおうとしています。 その際、水星人プラスは自己顕示欲を示しつつも、しっかりと相手をサポートしようと努力し続けられるのです。 双方の利害の一致だけではなく、献身的な態度で関係性を構築できるようになっていきます。 どんな困難があっても、理論的に検討を深めて、互いの長所でフォローしあう中でしっかりと解決していけるでしょう。 水星人プラスと火星人との相性は当事者は幸せだが周りから非難にあいやすい 水星人プラスと火星人の相性は良いですが、周囲から反対されたり、否定的な意見を投げかけられたりする事があります。 水星人プラスは、恋愛において勝者であり、本人が何かせずともモテオーラが出ており、自然と好かれてしまう事が多いです。 一人でいる事も多く、思考も読みにくいのですが、それがかえって魅力的にうつったりします。 火星人は、自分のペースを崩さず、自意識が高いです。 そして、カリスマ的なセンスがあり、独自の嗅覚で相手を見定めます。 このような水星人と火星人が付き合うと、二人だけにしか分からない世界観が生まれ、一般的な価値観にとらわれず、自由なルールで関係を築こうとします。 それを周りは、やっかみ半分、老婆心半分で、諭したり、非難したりする事があります。 水星人プラスと天王星人との相性は2人だけで1から作り上げていくと良い まず、お互いに創業者的な気質を持っています。 まず水星人プラスは初代運で目上の恩恵を受けにくく、天王星人は両親と縁が薄く、どちらかといえば権威や目上に批判的です。 なので、何かを受け継いで、それを大きくしていくのではなく、自分たちで何かを始めて、自分たちのやり方でそれを大きくしていく方が成功するでしょう。 結婚したとしても、両親と同居するのではなくて、自分たちで一家を構える方が、両親や親類からの干渉もなくて、逆に心が落ち着くでしょう。 目上の恩恵が薄い代わりに、目下との縁は深いので、子供たちの教育もうまくいくはずです。 無理をして、誰かの後を継ぐよりは、自分たちで始めたほうが、成功するかしないかは別として、心理的負担も少ないでしょう。 水星人プラスと木星人との相性は相手の影響を受けやすいが上手く乗れると吉 水星人プラスと木星人の相性としては、相手の影響を受けやすいという事です。 具体的に言えば、木星人が水星人プラスの運気を持ち上げるといった感じです。 その際、気をつけたいのは、木星人はとても勢いのある星ですので、そのスピードに乗れるかという事なのです。 仕事においても、スピード感がありますから、水星人プラスのように、ゆっくりと積み上げていくタイプは、少しテンポがあわないでしょう。 それでも、意地になってでも、ついていく事によって、結果的に水星人プラスが大きく発展できるのです。 なので、疲れはしますが、ついていって損はない相手です。 そして、木星人の方も、水星人プラスから大きく発展するためのヒントを得るというのがこの相性です。 水星人プラスと水星人との相性は息が合い親しくなれるが安定には程遠い 水星人プラスの人と水星人の人との相性は息が合って親しくなれるのですが安定には程遠いというのがあります。 基本的に水星人プラスの人というのはあまり誰かと慣れないをしたくないと思っているので1人で行動をするのが好きなタイプの人です。 ですから水星人の人と息が合って親しくなれてもずっと一緒にいる事に疲れてしまう事が多いのでその関係は安定しないです。 ただお互いに水星人プラスと水星人は同じような生き方をしてきた事もあって親近感が持てるのですが、恋人同士で長く付き合っていくのは不向きで途中で破綻してしまう可能性があるので注意が必要になります。 ずっと円満な夫婦関係を保ち続けたいと思うなら無理なのでそこは諦めるしかないです。 水星人プラスの2020年運勢 水星人プラスのあなたは、2020年はできるだけ静かに過ごした方がよさそうです。 水星人プラスの方は、2020年は大殺界の2年目。 12年に一度やってくる一番辛しんどい時期です。 だからと言って自暴自棄にはならないようにしましょう。 この時期に堅実に歩みを進めていくことで、最悪の状態は避けられます。 開運のカギは目の前のことを着実に進めていくこと。 また、必死に頑張ることもあまりすべき時期ではありません。 運勢自体が悪いですから、頑張りすぎるとかえって体調面や人間関係での不調を招きやすくなります。 長く先を見据えて動こうと思っても運気に邪魔されることがあるので、目の前のできることからコツコツと、が大切ですよ。 この一年を内省のための期間とすることで、再来年の運気上昇後にあなたの魅力がさらに高まることでしょう。

次の