ロイヤル ダッチ シェル 減配。 【ロイヤルダッチシェル】RDS.BはEPS3.90に対して3.76の配当を出しているので問題ないのです。【株価下落】

RDSB(ロイヤルダッチシェル)減配から考える、高配当銘柄を持つという事

ロイヤル ダッチ シェル 減配

投資をしていない方ですら貝殻(シェル)のロゴを街中のガソリンスタンドやF1番組等で目にすることも多いのではないでしょうか?イタリアの名門フェラーリのスポンサーとしてもお馴染みですね。 連続増配実績こそありませんが過去 70年以上減配せず、幾多の戦争や経済危機でも配当金を株主に払い出し続ける株式会社本来の姿を全うしている点も素晴らしいですね。 追伸:2020年4月のQ1決算にて減配が発表されました。 その後1900年代に入り、ロックフェラー財閥擁するスタンダード・モービル(のちのエクソンモービル)と競争が激化したロイヤルダッチは、正式にシェルとの業務提携を実施。 その後2005年に完全合併、今日のロイヤル・ダッチ・シェルが誕生します。 同社は第二次世界大戦後の石油需要拡大期から1970年代のアラブ系産油国の台頭までの間、世界の石油相場を独占していた旧セブン・シスターズ(独禁法で解体され生まれた7大オイルメジャー)の一角を担っていました。 こうした背景から同社は英国とオランダに起源をもつため、その株式は欧州市場とニューヨーク市場でそれぞれティッカーコードが3つ存在します。 このうち日本の証券会社から購入できるのは NYSEに上場している蘭国ADRの【RDSA】と英国ADRの【RDSB】です。 その点、ロイヤルダッチシェルCEOのBen van Beurden氏は2019年度 世界で最も影響力のある経営者として第二位に選出されています!() オランダの名門デルフト工科大学で化学工学の博士号を取得後、同社に入社。 注力事業となる液化天然ガス事業に従事しディレクターを務めたのちCEOに就任。 かなりのハイキャリアで30年以上に渡って同社に勤めています。 生え抜き勢として今後のエネルギー業界を牽引していくことが期待されます。 PL(損益計算書) 資源価格の下落を受けここ三年の売上高は3,000億ドル台で 頭打ちになっており、微減傾向を辿っています。 BS(貸借対照表) エネルギーや公益企業の多くがそうであるように固定資産が大半を占めていますが、流動資産の 現金で200億ドルも保有しており貯め込んでいますね。 負債の部は非常に安定しています!さすが世界のオイルメジャーだけあって手元のキャッシュが潤沢でほぼ無借金経営です。 一方で逆に捉えると手元に積み上がった現金を上手に使えていない 『経営効率が悪い』という評価もされてしまします。 後述する株価が冴えないのはこうした背景も影響しており、今後大型買収など資金の使い道に注目したいですね。 これだけ原油価格が低迷しているにも関わらずFCFをきちんと創出しています。 借金の負担が少ないので財務キャッシュを見ると借入金の返済のほとんどを 配当金の支払いと自社株買いに使用しており株主還元に積極的なことが伺えます。 RDSBの株価と石油価格の関係性 ロイヤルダッチシェルの株価は特も悪くも原油価格(GSCI Crude OIL Price)に左右されます。 販売している商品価格が高騰すればその分マージンスプレッドが広がるので利益が出る一方で、逆もまた然りです。 2013年頃から米国とカナダで起こったシェール革命により、これまで採掘されていなかったシェール層から膨大な石油や天然ガスが採掘され始め世界のエネルギー需給は一変しました。 エネルギー供給の過多によりオイルメジャー各社は原油価格の大幅な下落に直面します。 現在はOPECでの石油減産など需給のコントロールをすることで価格は反発しつつありますが、かつてのような繁栄は難しいと考えれます。 また ESGの観点から化石燃料である石油や石炭関連の銘柄は機関投資家から嫌気されやすく、株価への下落圧力になります。 石油価格がかつてのような水準になることが期待できない今日、他のオイルメジャーに先駆け同社は 風力や太陽光などの再生可能エネルギーを中心とした電力供給事業に参入しています。 これは太陽光発電のために各家庭に備え付けられた蓄電池をが同社がネットワークで集約管理し、電力需給のバランスをコントロールすることで災害時に電力不足に陥った各家庭に優先して電力供給することが可能になるなどの効果が期待されています。 "(Dividend Policies) ロイヤルダッチシェルは欧州企業でありながら 米ドルベースでの配当還元の強化を打ち出しています。 また配当金だけでなく資本効率に応じて自社株買いによる株主還元をとることも明示しています。 2019年度の同社のフリーキャッシュフローは約200億ドルだったのに対し、配当支払いで150億ドル+自社株買いで100億ドルと手元の現金を食いつぶしてまで株主還元に力を入れています。 FCF以上の還元は短期的なインカム投資としては有難い一方、株式会社の本来の姿である事業投資による成長で企業価値(株価)を上げるというより 稼いだお金と預金を切り崩した株主還元によって株価を支えようとしており、個人的には結構リスクが高いと思っています。 今後も自社株買いと配当支払いを続けていくためには純利益を底上げするか、FCFを高めないと今ある株主還元も先細りする可能性は大いにあります。 理論上RDSBは利益と配当性向を維持すれば良い一方で、XOMは8年間増益し続けなれば同じ水準になれないことを考慮すれば、あくまで インカム投資としてはRDSBに軍配が上がりますね。 そんな エクソンモービル(XOM)の銘柄分析はこちらからどうぞ! RDSB:今後の見通し 2019年ロイヤルダッチシェルが配当還元に充てたキャッシュ総額は 約150億ドルです。 つまり、自社株買い(Buyback)により発行済み株式数を償却することで、相対的に配当原資を切り上げ自然な増配を実現します。 直近19年の例では三菱商事が減益したにも関わらず、増配を実現できた時と同じ手法です。 そのため同社はキャッシュの創出と配当を通した更なる株主還元にコミットすることで、増配率は少なくとも2桁規模になることが想定されています。 とはいえ、もちろんこれは2018年~2020年にかけて現在既に実施されている250億ドル規模の自社株買いが無事に完了した後のお話になります。 しかも1バレル60ドルで計算されたFCFなので今後5年で原油価格が反発するという希望的観測によるものです。 マクロ経済環境が芳しくない中、ロイヤルダッチが力強くキャッシュを生み出し続けてくれることを祈るばかりです。 RDSBを買うならNISA口座がオススメ 最後にロイヤルダッチシェルを購入する際のオススメポイントをご紹介します。 つまり国内課税(20. 但し、気をつけて頂きたいのはNISA口座は損益通算ができないため損切りとの相性が悪く、 株価が下落トレンドにある銘柄を持つのは危険です。 ロイヤルダッチのような高配当株をNISA口座で購入する際は株価が大きく下がたタイミングで保有するか一生保有する覚悟で使用した方が賢明です! 欧州市場のRDSAを見ればRDSBの株価を予想できる!? 日本時間23時30分に開場するNYSEに先駆けて、17時から欧州市場が開きます。 先に欧州での【RDSA】の値動きを把握しておくと、その日のNYSE市場での値動きを予想することができます。 上場先が違うだけで、基本的に同じ会社の株価になるので途中サプライズが無い限りはほとんど同じ値動きをします。 Google検索で『ams rdsa』と検索するとGoogle Financeでサクッと確認できます。 事前に欧州市場の値動きをみておくことで、少しでも安く指値買いすることをすることをオススメします。

次の

【ロイヤルダッチシェル】RDS.BはEPS3.90に対して3.76の配当を出しているので問題ないのです。【株価下落】

ロイヤル ダッチ シェル 減配

RDSBが66%減配を発表!高配当株はオワコン? こんにちは!高配当株大好き落ちKENです。 ビッグなニュースが飛び込んできたので、記事にしました。 なんと、高配当株でかつ減配記録が第二次世界大戦(1940年から)より無い、代表的な高配当ADR銘柄であるRDSBが減配を発表しました。 マメ知識 落ちKENのポートフォリオの50%が高配当のタバコ株 そして、ポートフォリオの10%は今回減配したRDSBとBPと共にオイル株なのだ 昨今オイル価格がマイナスを付けたり、何やら不穏な空気が漂っておりました。 その中でもXOM(エクソンモービル)は配当維持であったり、RDSBも以前に配当を維持する表明をしていましたが、遂に恐れていた事が起こりました。 WTIが初のマイナス価格を記録! 皆様の記録に大きく残っているイベントとは思いますが、米ウエスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)5月限は、史上初のマイナス圏で取引されました。 ブルームバーグより 上記の表にはありませんが、WTIは、2020年初頭には1バレル60ドルを超えていたものの、コロナウイルスの影響で需要が激減し、原油価格が急落したのは記憶に残るところです。 ロシアではウォッカが水より安いなんてジョーク?を聞いた事がありましたが、まさかオイルが水より安くなるなんて、しかもオイルを買ったら買った分だけお金がもらえるなんて事になるとは思いもしなかったです。 タンカーやタンクローリーを保有していたら、原油を買えるだけ買いたかったのは落ちKENだけでは無いはずですw ロイヤル・ダッチ・シェル(RDSB)66%減配 代表的なオイルメジャーでかつADR銘柄(米国配当税の10%なし)は2つあり、今回減配したRDSB(ロイヤル・ダッチ・シェル)とBP(ブリティッシュ・ペトロリアム)です。 どちらも高配当株で有名で特にRDSBはBPと比すると減配歴がなく(BPは石油漏出事故で50%減配)、 連続増配歴は6年ですが、1940年より減配の歴史はなく高配当株の継続性としては優秀であると落ちKENは考えていました。 ・2019年末の0. 47ドルから1株当たり0. 16ドルに引き下げる。 殴られはしましたが、よくよく考えてみると、これだけ オイル価格が下がり、それと同時にコロナショックで需要もなくなれば、減配は仕方無いですし、むしろ無配転落にならなくて良かったと今では思いました。 CNBCニュースからサマリー日本語訳• 2019年末の0. 47ドルから1株当たり0. 16ドルに引き下げる。 シェルの減配は第二次世界大戦以来初めて。 シェルの株価は早朝の欧州マーケットで7%以上下落。 シェルの2019年第一四半期純利益:53億ドル• cnbc. いきなりこれだけの利益が落ちると、、、素人の落ちKENから見てもどうしようもなく酷い状態というのがわかります。 尚、同業のBP(ブリティッシュ・ペトリアム)は第1四半期の純利益が前年同期比で67%減少したと報告しています(配当は維持)。 オイルを取り囲む厳しい状況 大幅減配の事実は変わりませんが、ロイヤル・ダッチ・シェルのチャド・ホリデイ会長は声明の中で以下の様に述べています。 「株主還元はシェルの財務的枠組みの基本的な部分です。 しかしながら、経済の不確実性が長期化し、商品価格が下落し、ボラティリティが上昇し、需要の見通しが不透明になるリスクがあることを考えると、取締役会は、現在の株主配当の水準を維持することは慎重ではないと考えています。 」 CNBCニュースより ロイヤル・ダッチ・シェルのチャド・ホリデイ会長 減配の事実は変わらないものの、株主還元(配当)は基本的な部分であり、減配は苦渋の判断であった事と表明しています。 減配して苦しいコメントですが、将来的には増配の含みも感じ取れました。 PVMオイルアソシエイツのシニアアナリスト、タマス・ヴァルガ氏からは 需要の減少に伴い、現金が王様(cash is king)となっている。 自社株買いを中断し、設備投資を削減し、配当金を減らすことは「標準になりつつある」流れである。 CNBCより PVMシニアアナリスト ヴァルガ氏コメント 以前は配当金や自社株買いと言った様な株主還元は当たり前の様に行われてきたものの、そいった株主還元の流れは控えられて、会社が現金を大事に保有する流れになっている様です。 それを裏付ける様に、シェルのベン・ファン・ベアデン最高経営責任者(CEO)からのコメントもありました。 今年最初の3ヶ月間のエネルギー市場の状況を 「非常に困難な状況」と表現。 続けて、 「マクロ経済の見通しが引き続き悪化しており、中長期的な不確実性が顕著になっていることを踏まえ、当社は、当社の回復力を強化し、バランスシートの強化を図り、シェルの長期的な価値創造を支援するために、さらなる慎重な措置を講じています」 CNBCより シェルCEO ベアデン氏コメント 未来を考えた際に、今回シェルが減配を決定したことは辛い事ですが、シェルが非常に困難な時期に 財務体質の強化とコスト削減(減配・自社株停止)が、企業体力を回復に力強く繋がる事に一縷の希望を託すしかホルダーとしてはありません。 シェル自社株買い終了のお知らせ また、同ニュース内ではシェル(RDSB)は減配の発表と同時に自社株買い終了もアナウンスしたとの事。 減配と同時に、シェルは次の自社株買いプログラムを継続しないことを発表した。 このプログラムを開始して以来、シェルは約160億ドルの自社株買いを行ってきたと発表。 CNBCより コロナショックが終了してオイルの実需が戻る事や、オペック、オペック+のゴタゴタが順調に解決していく事が今後のオイルの復調に繋がると落ちKENは考えています。 減配+自社株買い停止によるRDSBの体力が回復し、力強い配当を再度期待したい所です。 7万ドルまで低下する事になりました。 3000ドルの配当金を取り戻すためには高配当株式を6万ドル〜7. 5万ドルも購入する必要があります。 日本円にしたら700〜800万円分高配当株式を購入する必要があり、大きな痛手になりました。 今回の件をもって、オイルがオワコンとまでは思っていませんが、高配当の個別株にはこの様なリスクがあるという事、過去の減配記録は参考にはなるが、参考になる程度だという事を皆様にも理解して頂けたらと思います。 まとめ.

次の

【ロイヤルダッチシェル】RDS.BはEPS3.90に対して3.76の配当を出しているので問題ないのです。【株価下落】

ロイヤル ダッチ シェル 減配

コンテンツ• ロイヤル・ダッチ・シェルってどんな会社? ロイヤル・ダッチ・シェル( Royal Dutch Shell、ティッカー: RDS. A、 RDS. B)は、 オランダのハーグに本社を置く、 石油や天然ガス事業などを手掛ける総合エネルギー企業です。 1907年にロイヤル・ダッチ(Royal Dutch)とシェル(Shell)が合併して誕生しました。 (Image By:Adobe Stock) ロイヤル・ダッチ・シェルは、 石油・ガスの探査・開発(上流部門、Upstream)から精製・販売(下流部門、Downstream までを一貫して手がけており、 スーパーメジャー(国際石油資本)の一つに数えられます。 収益は 約3,965億ドル(約43. 4兆円、2018年)で、 世界第3位の収益高を誇っています。 近年は原油安の影響もあり、業績・株価ともに伸び悩んでいますが、その分高配当が魅力です。 なお、ロイヤル・ダッチ・シェルはADR(米国預託証券)として RDS. Aと RDS. Bの2種類が上場しています。 RDS. Aはオランダ株扱いのため、源泉徴収税が 15%かかります。 この15%分はのちほど外国税額控除をすれば取り戻せますが、手続きが複雑なうえ、所得税をある程度支払っていないと全額戻ってきません。 私たちが投資するならイギリス株扱いで、源泉徴収がない RDS. B一択になりますね。 日本におけるロイヤル・ダッチ・シェル 日本では、 Shell(シェル)のブランドで知られています。 今、そのブランドを背負っているのは、石油元売り大手の昭和シェル石油(現:出光昭和シェル)という企業です。 2016年までは、ロイヤル・ダッチ・シェルの子会社が筆頭株主となっていましたが、15年に出光興産と経営統合を発表したことを受けて、株式を出光興産に譲渡しています。 出光興産との経営統合までは、出光興産の創業家が反対するなど、紆余曲折ありましたが、2019年4月に経営統合が行われ、出光興産(出光昭和シェル)として生まれ変わりました。 当面、Shell(シェル)ブランドは存続するとされていますが、将来的になくなる可能性は否定できません。 GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)に代表されるテクノロジー企業が、日本市場を席巻する一方で、スーパーメジャー(国際石油資本)が日本から撤退し、日本からその名前を冠するブランドが消えていくという姿は何とも対照的ですね。 データは ドルベース、2020年第2四半期決算まで反映。 収益、営業利益、純利益 2014年以降の原油安で大きく収益が低下しており、あわせて 営業利益率も低下しています。 15年の営業利益は赤字でしたが、純利益はぎりぎりプラスを維持しています。 原油安が落ち着くにつれて、業績も回復傾向にありますが、 原油価格に大きく左右されるビジネスであることは間違いなさそうです💦 2019年はまだ第2四半期決算までのデータですが、収益が前年比で 6. 8%減、純利益は 24. 5%減とあまり思わしくありません。 第3四半期以降の決算に注目したいですね。 ロイヤル・ダッチ・シェルの部門別収益(2018年) ロイヤル・ダッチ・シェルの事業は3つの領域に分かれています。 Upstream(上流部門)は、 石油・ガスの探査・開発を担う部門です。 石油・ガスの輸送やそのためのインフラという、本来なら中流部門に属する事業も含まれています。 Downstream(下流部門)は、 ガソリンなどの石油製品や、産業用の化学品を製造・販売する部門です。 Integrated Gas(総合ガス事業)は、 LNG(液化天然ガス)にかかわる事業を担う部門です。 再生可能エネルギー事業もここに含まれます。 その収益は、上流部門と総合ガス事業で 各1割ずつ、下流部門が 約8割となっています。 ここ3年間で割合に大きな変化はありません。 ロイヤル・ダッチ・シェルの部門別純利益 上流部門は、探査・開発した石油・ガスが高値で売れるほど利益が出るので、 原油価格に大きく左右されるビジネスです。 ということで、原油価格の変動に応じて、利益も大きく変化していることが読み取れますね。 下流部門は、それほど原油価格の影響には左右されず、安定した利益を稼いでいます。 そして、総合ガス事業の利益がここ3年で急伸していますね。 2019年の第2四半期決算時点では、総合ガス事業が 10%の減益、上流部門は ほぼ横ばい、下流部門は 7%ほどの減益になっています。 EPS、BPS、ROE、株式数 BPSは2012年をピークに減少傾向にあります。 EPSやROEはやはり原油価格の影響を大きく受けていますね。 株式数は増加傾向です。 自社株買いというよりは 配当で株主に還元するという形でしょうか。 2016年に同業のBGグループ(イギリス)を買収したことで、株式数が一気に増えましたが、2019年は第2四半期までで 44億ドルの自社株買いを実施しており、株式数がやや減少しています。 キャッシュフロー(CF) 営業CFマージンは 10%程度の水準で安定しています。 収益は原油価格に大きく左右されますが、ビジネスモデル自体は安定しているといえそうですね。 ロイヤル・ダッチ・シェルの配当 ロイヤル・ダッチ・シェルの配当は、ここ4年間は 3. 76ドルと横ばいです。 連続増配はしていませんが、減配はしておらず、何とか配当を維持しています。 3年連続で配当性向は100%を超えていました(2015年はなんと 600%超え!)が、2018年の配当性向は 67%程度とひと段落しています。 2019年はまだ第2四半期決算までのデータですが、今のところ前年の水準を維持しています。 決算は思わしくありませんが、配当性向は 85%程度で踏みとどまっています。 ちなみに、ロイヤル・ダッチ・シェルは、会社として、 ドルベースでの配当を増やすことを掲げています。 アメリカ以外に本社を置く企業でありながら、ドルベースでの配当を重視する企業は珍しいと思います。 例えば、ヨーロッパに本社がある企業の場合、ポンドやユーロ建てでは 増配でも、ドル高が進んだことで、ドル建てで見れば 減配というケースは少なからずあります。 ロイヤル・ダッチ・シェルに関しては、その心配をしなくてよさそうです。 ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS. エクソンモービルと比較すると、やや値動きが激しい印象を受けますね。 値上がり益を期待するというよりは、如何に 株価が大きく下落したタイミングで拾えるかどうかにかかってきそうです。 2009,16年は、原油安に関連して、大きく株価が落ち込みました。 このタイミングで仕込めた人はかなりの利益を得られたのではないでしょうか。 現在の株価はちょうどレンジの中間になりますが、それでも配当利回りは 6%近くになっています。 配当再投資分を含めれば、その差は多少縮まるかと思いますが、それでもこの差は大きいですね。 この数字だけ見ると、インデックスでいいじゃん…と思ってしまいます。 トータルリターンの最大化をめざすなら、素直にインデックスを購入したほうがよさそうです。 まとめ プラス要因 石油需要量は2040年頃まで増加する可能性が高い 詳しくは、を見ていただければと思いますが、現状の温室効果ガスの削減目標が達成できたとしても、2040年の石油需要量は、 2016年比で1. 12倍となる見込みです。 世界の収益高上位の企業には軒並み石油関連企業がランクインしています。 それだけ石油ビジネスは巨大な市場です。 シェルCEOも、まだ石油・ガス事業から目を背けるのは早すぎると述べていますね。 マイナス要因 既存のビジネスモデルがいつまでもつか不透明感が強い 先ほど、2040年頃まで石油需要量は増えていくだろうとありましたが、これはあくまでも 予測の数値です。 2019年9月の国連サミットでのグレタさんの演説が話題となりましたが、再生可能エネルギー推進の動きは加速していくことこそあれ、減速することはないでしょう。 石油・ガス事業が時代遅れとなるタイミングが果たしていつになるのかというのはなかなか予想がつきません。 ESG投資の広がりで、石油関連銘柄が敬遠されている 近年、石油関連企業の事業活動に対し、地球温暖化を推進しているとして、石油関連銘柄を投資対象から外す機関投資家(金融機関、保険会社、年金基金など)が登場してきています。 この事例に限らず、環境・社会・ガバナンスの3つの観点から、基準を満たす企業に投資し、そうでない企業は投資対象から外すという動きがみられます。 この動きこそが ESG投資です。 環境・社会・ガバナンスの頭文字をとってこのように呼ばれます。 膨大な資金を運用する機関投資家の投資対象から外れてしまえば、 株価にマイナスの影響を及ぼすことは避けられません。 一般投資家までには広がらないと思いますが、この動きについても、加速していくことこそあれ、減速することはないと考えています。 私の保有状況・所感 私はロイヤル・ダッチ・シェルを 60株保有しています。 スーパーメジャーの中でも、 再生可能エネルギーに意欲的に取り組んでいる点が好印象です。 この先、想定よりも早く、石油・天然ガス事業が曲がり角をむかえても、「うまく事業構造を転換していけるのでは?」と楽観的に見ています。 エクソンモービル:配当利回りはロイヤル・ダッチ・シェルよりも低いものの、30年以上の連続増配の実績があります。

次の