シャボン 玉 飛ん だ 歌詞。 童謡「シャボン玉」は怖い歌?

【都市伝説】シャボン玉飛んだの歌詞の意味と怖い話についてを調査

シャボン 玉 飛ん だ 歌詞

今回はお子さんと一緒に歌える童謡の中から、「シャボン玉」を紹介します。 無邪気にシャボン玉遊びに興じる子どもたちの様子を、抒情的に表現していますね。 作曲家である中山晋平の譜面集「童謡小曲」にて、大正12年に発表されたそうです。 シャボン玉遊びという、誰もが共感しやすいテーマがあつかわれており、優しいメロディとリズム感も相まって、子供たちにもとても覚えやすい曲ですね! 「シャボン玉」とは 「シャボン玉」とは作詞、作曲による日本の童謡で、「日本の歌百選」にも選ばれています。 野口雨情は童謡界の三大詩人ともいわれたほどで、「七つの子」「赤い靴」など、代表作が多数あります。 一方の中山晋平も非常に多くの童謡作品を世に排出しました。 歌詞紹介 「シャボン玉」作詞:野口雨情 作曲:中山晋平 シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ 屋根まで飛んで こわれて消えた シャボン玉消えた 飛ばずに消えた 産まれてすぐに こわれて消えた 風、風、吹くな シャボン玉飛ばそ 楽しそうなシャボン玉遊びの情景が浮かぶ、ほのぼのとした歌詞です。 作ったシャボン玉が、どのくらい長く飛んでいられるか競争しているのでしょうね。 歌詞が作られたのは大正12年ですが、いまなおシャボン玉遊びは子供たちの人気の遊びです。 誰もが共感できるテーマを扱ったことが、この歌が長く愛され続けている理由の一つでしょう。 歌詞の解釈として、幼くして亡くなった野口雨情の娘への、鎮魂歌であるという説がありますね。 儚いシャボン玉に、亡くなった娘の魂を重ねてこの詩を書いたのだとすれば、なんとも切ない。 ですがこの説は、雨情自身が子どもの死との関連についてふれた資料が一切なく、雨情の遺族の間でも意見が分かれているそうです。 ここにもう一つ、この歌が長く愛されている理由があるのではないでしょうか?というのも、この曲を聴いた人たちそれぞれに、シャボン玉に投影できる何かがあるはずだからです。 ある人は夢、ある人は思い出、ある人は大切な人・・・。 解釈の余地を残すことによって、その人だけの歌になることができるのです。 あえて雨情自身が歌詞の真意に言及しなかったかどうかは、定かではありませんが、この点がこの歌の魅力を高めているように思います。 シャボン玉にうつし出した思い出たち、それと対比するように描かれた、シャボン玉遊びに興じる無垢な心が、生を慈しむ心を持たせてくれる気がします。 大人になって、よりいっそう楽しめる名曲ですね。 ぜひ子どもたちと歌ってください!.

次の

シャボン玉の歌|ケンちゃん|note

シャボン 玉 飛ん だ 歌詞

シャボン玉消えた 飛ばずに消えた 産まれてすぐに こわれて消えた 風、風、吹くな シャボン玉飛ばそ これが2番の歌詞である。 この2番の歌詞にこそ、真相を解く鍵がある。 野口雨情の夭折した娘が生きていたらこの子達と同じように シャボン玉遊びをしていただろうと言う思いがしたためられた1番と違い 2番は現実を表している。 つまり1番は比喩と空想であり、現実の出来事ではない。 2番こそが現実に起きた現象を抽象化したものである。 だから何も起きていないのである。 シャボン玉は生まれたと同時に消えており 「屋根までは飛んでいない」のだ。 飛んでいたのは作者の脳内妄想である。 現実から乖離した哀しい空想から もっと悲しい現実へ引き戻された歌なのだ。 一説にシャボン玉とは「沙門魂」とか「謝坊ん魂」とも言われ 生まれてすぐ死んだ、亡き愛娘に宛てられた供養の弔慰でもある。 そのため、屋根がかりして魂が空へ旅立てないのを危惧し 雨情は自らの心の屋根を破壊したのである。 蛇足ではあるが、その後雨情は「雨降りお月さん」を発表している。 お月さんは「雲の陰」となっているが「屋根の陰」ではない。 最初に屋根を破壊しておいたため、もはや遮るものは雲のみなのである。 この歌はシャボン玉の続編であり、妄想の亡き愛娘が嫁ぐまでの姿が描かれている。 「お嫁に行くときゃ誰と行く?」との問いかけに 「一人で唐傘差していく」と述べている。 唐傘とは空嫁沙であり、やはり空想の産物である意味がある。 また、故人に介添え人が付いていく事は出来ないので「一人で行く」のだ。 また、「唐傘ないときゃ~」の後に「馬に揺られて濡れていく」とある。 「馬」をユングやフロイトばりの下世話な解釈をしてはいけない。 これは盆のきゅうりやナスの馬の事である。 これらは本来死者の霊を乗せて送り盆に川に流す風習がある。 だから「濡れて行く」のだ。 妄想は脳内の愛娘が嫁した事で一応の終結を見るのである。 これらは雨情の脳内愛娘の成長記録であり やっと、雨情は愛娘を極楽浄土へ送り届けることができたのだ。 『わが娘は天に嫁いでいったのだ』と。 ひとつの哀しき執着が、ようやく解かれたのである。 念の為に。 何か勘違いをしているようですね。 あなたはまるで飛ばないことが当たり前のように思っている。 違いますか? それじゃあいつまでもたってもあなたの足は地についたままです。 あなたにだって飛ぶことは出来るのですよ? あのシャボン玉のようにね。 どうやって飛ぶのかって? 「心の翼」で飛ぶのです。 あなただけじゃない。 大人も子どもも、世界中のどんな人だって、みな心の中に明日へ羽ばたく翼を持っている。 あなたはただ気づいていないだけだ。 自分の可能性に。 あなたが本当に飛びたいと願えば、シャボン玉程度じゃない。 そう、屋根が飛ぶくらいに大きく羽ばたく事だって出来るんです。 そういう意味が、この歌詞には含まれているのです。 シャボン玉は希望の歌なのです。

次の

【都市伝説】シャボン玉飛んだの歌詞の意味と怖い話についてを調査

シャボン 玉 飛ん だ 歌詞

前々々回歌の都市伝説である「おお、スザンナ」についての記事を書かせて頂きましたが、今回は日本の童謡「シャボン玉」についてかいていこうとおもいます。 「シャボン玉」とは? 「シャボン玉」は作曲、野口雨情作詞の知る人ぞ知る名曲です。 また作詞作曲のお二方は童謡におけるゴールデンコンビなんだそうです。 シャボン玉の歌詞は シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ 屋根まで飛んで こわれて消えた シャボン玉消えた 飛ばずに消えた 産まれてすぐに こわれて消えた 風、風、吹くな シャボン玉飛ばそ とあり一見シャボン玉について歌った曲のようです。 しかしこの歌詞に鎮魂の意味が込められているという都市伝説があります。 「シャボン玉」のどこが鎮魂歌なのか? 1908年、雨情は後に協議離婚に至った妻のひろとの間に、長女をもうけた。 人形のように愛らしい赤ん坊であったが、産まれて7日目に死んでしまった[3]。 当時は、乳幼児が死ぬのはさほど珍しいことではなく、2~3割の子供が学齢前に死亡していた。 そのため、夫婦は子供を何人も産み、一所懸命育てた。 雨情もその後何人かの子供を授かっているが、長女の死を後々まで悔やんでいたという。 雨情は後に生まれた娘・恒子も亡くしている。 当時、2歳。 ()9月のことである。 そしてある日、村(多賀郡磯原村)の少女たちがシャボン玉を飛ばして遊んでいるのを見た雨情が、娘が生きていれば今頃はこの子たちと一緒に遊んでいただろうと思いながら書いた詩が、この「シャボン玉」だというのが最もよく知られる説である[3]。 しかし、これを裏付けるような決定的事実は無く、説の段階を越えていないとも言われている[4]。 しかしその他にも、時期的な観点から実子ではなく親類の子への鎮魂歌であるという説や、特定のモデルはなく子どもの死一般を悼んだものとする説、特に鎮魂の意は無いという説など、諸説存在する。 なお、雨情自身が子どもの死との関連について触れている資料は一切無い。 現状では鎮魂歌説を含めいずれの説も確たる根拠を欠いていると言える。 より引用 このようにで詳しくは解説されている通り鎮魂歌という説は確かにあるものの根拠はないみたいです。 しかし「シャボン玉」というすぐに消えてしまうものと当時死亡率が高かった子供の命はどちらもとても儚いものであり、また シャボン玉が屋根まで飛んで壊れて消えたという歌詞は大人になれなかった子供を連想させます。 また 産まれてすぐにという表現もシャボン玉を擬人化しているように感じられます。 結論 真偽は定かではないが死を連想させる歌詞がミステリアス。 そして日本人なら誰でも知っているメジャーな童謡なので都市伝説としてのウケもいい!また野口雨情の子供のエピソードも都市伝説の真実味を増している。 akideldel1989.

次の