二重まぶた切開 失敗。 「部分切開法」の特徴・向いている人・他の二重手術との比較

二重切開で後悔!失敗のリスクが3つある!?抜糸後は大丈夫?

二重まぶた切開 失敗

大手美容外科のひとつである「共立美容外科」。 知名度抜群なため、安心感を抱く人も多いでしょう。 「有名なクリニックだし口コミも良いから大丈夫!」という理由で、二重整形を共立美容外科でしようかな…と考えている方は少なくないはずです。 しかし、よく調べもせずに知名度だけで選んでしまうと後悔することになる恐れも…。 まずは共立美容外科で受けられる二重整形術を知り、さらに悪い評判やデメリットも踏まえたうえで選ぶようにしましょう。 目もとは顔の印象を決定づける大切なパーツです。 理想的な二重ラインを手に入れるためにも、良いところだけでなく悪いところも把握しておきましょう。 共立美容外科ってどんなクリニック? 二重整形をする前に、まずは共立美容外科とはどんなクリニックなのか、特徴を把握しておきたいですよね。 安心して施術に踏み切れるよう、共立美容外科について学んでおきましょう。 複数人が関わる万全の体制 共立美容外科では、一人一人とじっくり向き合うため、一度の施術につき、受付からお見送りまで、最低でも3人以上のスタッフが関わります。 これは、ひとつひとつの施術に対するスタッフの集中力を高め、安全かつクオリティの高い治療を行うためのこだわりです。 共立美容外科では、施術に担当医の他、サポートする看護師が場合によっては複数人入り、アフターケアも必要に応じて別の専門スタッフがじっくりと行うため、結果として関わるスタッフが多くなります。 30年以上の歴史があるクリニック 共立美容外科は1989年の開院以来、30年以上、手術や施術を行っています。 美容外科だけでなく、大学病院や総合病院などで経験を積んだ医師を積極的に採用し、満足度の高い美容医療の提供を目指しています。 信頼ある美容クリニックになれるよう、医師だけでなく、スタッフ一人一人が努めているのも特徴です。 ベテラン医師のみを採用! 共立美容外科の医師採用方針として、一般医療の外科や麻酔科を経験している医師のみを採用しています。 美容外科だけではなく、様々な施術、病院での執刀を経験しているスタッフを迎えることで、高い技術力の維持はもちろん、病院全体の技術が凝り固まらず、常に最前線の技術を取り入れることができるのです。 良くない評判・口コミをしっておく 共立美容外科は口コミ評価も高く、悪い内容のものはあまり見られませんが、0というわけではありません。 具体的にどんな良くない評判、口コミがあるのかチェックしておきましょう。 ・看護師さんの対応が良くないように思いました。 新人スタッフなのかもしれませんが、有名クリニックなのでもう少し自覚を持ってほしいものです。 ごく一部ですが、看護師さんの対応が雑すぎる、馴れ馴れしい、など対応がイマイチの場合があるようです。 技術に力を入れすぎているせいか、スタッフの教育まで行き届いてないのかもしれません。 お近くに店舗があれば、そちらを受診してみてもいいですね。 ・カウンセリングの対応が良くありませんでした。 真剣さを感じられず、あくびをして眠そうにしているのも気になりました。 二重施術の日程は決めてきたものの、大丈夫なのか不安になっています。 お手軽に二重整形を受けられる面でやはり医師や看護師の対応に目がいくのはよくわかります。 医師や看護師に対して不満がある状態では、安心して任せることができませんよね。 共立美容外科は全国展開している大規模なクリニックなので、そういった場合は違う医院を受診することをおすすめします。 ・二重整形を受けたくてカウンセリングに行きました。 希望を具体的に伝えたところ、予算を越す金額のものをおすすめされました…。 納得できない施術を無理に勧めたり、手術を強要することはないので安心してください。 予算も具体的に相談してみるといいですね。 共立美容外科は二重整形手術のプランが豊富なので、予算に合うものが見つかるかもしれません。 カウンセリングは無料ですし、2回・3回とカウンセリングを受ける方もいますよ。 二重整形の手術法について ひと言で二重整形といっても、メスを使う施術があれば、使わない施術もあります。 どの施術を選ぶかによって料金やリスク、ダウンタイムなどが異なるので、どの方法が適しているのか1つずつチェックしてみましょう。 埋没法 埋没法は、メスを使わず目を開ける時に動く筋肉と皮膚を、髪の毛よりも細い医療用の糸で留めて二重まぶたにする施術です。 目立たない腫れは1~2週間かけ徐々に引いていきます。 内出血が出た場合、青紫色から黄色に変化し、体内へ吸収され1週間程で徐々に肌色へ戻っていきます。 【価格】 施術名 価格 1点留め 36,000円 2点留め 54,000円 3点留め 75,600円 4点留め 86,400円 【こんな人におすすめ!】 ・手軽なものから試したい ・整形したことをバレたくない ・リーズナブルな二重整形を探している ・なるべくダウンタイムは短いほうがいい 共立式二重埋没P-PL挙筋法 目の上に点 ポイント と点 ポイント を結んで、二重のラインを作ります。 麻酔のかけ方や手術で使用する極細の糸など、独自の研究結果に基づき、大きくてチャーミングな目もとに仕上げます。 手術痕が残らず、腫れづらい自然な仕上がりで、眼瞼下垂 まぶたが重くなる・目が開けづらくなる の心配もほとんどありません。 極めて細く、体内で分解されないのが特長で、二重を長く保てるとされています。 目を大きくすっきりとした可愛くて美しい目にすることを目的とした手術方法です。 目立たない腫れや内出血は1~2週間かけ徐々に引いていきます。 【価格】 共立シェイプ法 259,290円 【こんな人におすすめ!】 ・メスを入れたくない ・二重をくっきりさせたい ・普段の生活に影響したくない ・毎日のアイプチやアイテープが面倒 二重切開法 切開法は、二重のラインにしたい部分を切開することで、理想的な二重ラインをデザインする施術です。 ミニ切開法 全切開とミニ切開の違いは、まぶたの上の切開する長さが長いか短いかの違いです。 全切開はまぶたの上を綺麗な二重のラインがでるように長く切開しますが、ミニ切開の場合は、まぶたの上を全切開より短く切開します。 2週間 ミニ切開の場合は、まぶたの脂肪を取る量も全切開に比べ少ないので、解消されるタルミも全切開に比べて少ないです。 【価格】 ミニ切開法 270,000円 【こんな人におすすめ!】 ・厚く腫れぼったいまぶたをすっきりさせたい ・過去に埋没法を受けたが一重に戻ってしまった ・半永久的な二重まぶたを手に入れたい ・はっきりした幅広の二重にしたい 全切開法 全切開の場合は、まぶたを大きく切開する分、まぶたの脂肪も多く取れるのですっきりした目にすることができます。 まぶたのたるみも解消されます。 2週間 上まぶたの皮膚を切開し縫合する手術でなので、抜糸するまでの約1週間は傷に糸がついていることもあり強い腫れがあります。 特に手術直後~手術翌日にかけてが腫れのピークで、その後は徐々に腫れが引いていきます。 【価格】 全切開 324,000~540,000円 たるみの程度により料金が異なります。 【こんな人におすすめ!】 ・厚く腫れぼったいまぶたをすっきりさせたい ・過去に埋没法を受けたが一重に戻ってしまった ・半永久的な二重まぶたを手に入れたい ・はっきりした幅広の二重にしたい 目頭切開法 目頭切開は、蒙古ひだの部分を数ミリ切開して、目の幅のバランスを調整してパッチリ大きな目元を作る手術です。 共立美容外科の目頭切開では主にZ型形成やW型形成を採用しています。 二重手術を併用することで、よりハッキリとした大きな二重まぶたが完成します。 離れた目の人に効果の高い治療になります。 【価格】 目頭切開 270,000円 【こんな人におすすめ!】 ・目を大きく見せたい ・目と目が離れていて気になる ・蒙古ひだが被って目つきが鋭く見える ・切れ長の目にしたい ・左右の目の形が違う 目尻切開法 目尻切開は目尻を切開することによって目の横幅を長くし、さらに大きな目にする手術です。 効果は長く続きますし、ダウンタイムも1週間ほどで済むので、メリットが大きい整形手術といえるでしょう。 【価格】 目尻切開 270,000円 【こんな人におすすめ!】 ・切れ長の目になりたい ・大きい目に憧れている ・目が中央に寄って見えてしまう 眼瞼下垂 眼瞼下垂は、先天性のもの、コンタクトの長期に渡る使用、加齢によるたるみなど、さまざまな理由で上まぶたが開けづらくなる症状です。 共立美容外科では眼瞼下垂の治療として挙筋短縮法という方法を採用しています。 挙筋短縮法は、挙筋を短縮する治療方法で、「挙筋の一部を切り取って短縮する方法」と「挙筋に補助する糸を加えて、力を伝わり易くする方法」の2つの方法があります。 共立美容外科では、患者さんの症状に合わせて最適な方法を採用しています。 【価格】 眼瞼下垂 423,000円 【こんな人におすすめ!】 ・目を大きくしたい ・まぶたの開きが弱い ・眼瞼下垂のせいで視界が狭い ・眠たそうに見られる 他クリニックとの料金比較 共立美容外科の二重整形は安いのか?それとも高いのか?今回は二重整形で人気がある湘南美容クリニックと城本クリニックの2社と料金比較をしてみました。 共立美容外科の二重整形はとてもプランが充実しているので、妥協することなく理想の二重ラインに近づくことができます。 症例数が多い共立美容外科だからこそ、柔軟に対応できますし、豊富な経験を活かしながら臨機応変に対応できるのも魅力的ですよね。 目もとは顔の印象を決定づける大切なパーツなので、二重整形は失敗したくないですよね。 「二重整形に興味がある」という方は、この機会に共立美容外科で二重整形を受けてみてはいかがでしょうか?.

次の

【二重整形】埋没法と切開法の比較!あなたにぴったりなのはどっち?

二重まぶた切開 失敗

美容クリニックはビジネス要素が強く、高い広告費用を払っている経営上の問題から、多くの美容クリニックが売り上げ至上主義になってしまっております。 そのためリスク説明についてはほとんどなされていないの現状です。 ここでは、二重まぶた切開をする前に知っておくべきリスクについて、口コミなどでは得られない情報をプロならではの視点から詳しくお話し致します。 本記事のテーマ 「二重整形切開法の失敗やリスクを回避する方法。 」 記事の信頼性 記事を書いている私は、眼科医・美容外科医・形成外科専門医(日本形成外科学会認定)で、2017年のMEVOS美容整形国際学会では「一流美容外科医」のトロフィーを受賞しました。 美しく仕上げる「美容整形」のみならず「眼科診療」もおこなっており、目の健康を大事にした「二重整形」が専門です。 他院で行われた二重切開の修正にも力を入れています。 読者さまへのメッセージ リスクを知らずに「二重切開法」を受けて こんなはずじゃなかった、、、 と後悔しないように、二重切開法の全リスクと、その回避方法をお伝えしていきます。 それでは詳細について見ていきましょう。 二重整形切開法の失敗やリスクを回避する方法 そもそも、当たり前ですが、美容整形は魔法ではありません。 美容整形手術をした後、お客様の理想通りにならず 手術をしたことを後悔しているお客様が全国には数多くいらっしゃいます、、、 どんな手術にもリスクがあります。 通常の美容外科ドクターは起こりうるリスクを説明します。 失敗が今までないということは経験が浅いということです。 もしくは失敗したお客様に真摯に向き合わないドクターです。 そのようなドクターの場合、お客様の多くは他院に行かれるので 失敗していることに気づかないのでしょう。 今回は 本当に怖い美容整形、、、二重整形切開法編です。 二重整形切開法失敗の悲しいエピソード 22歳のA子さんはOLをしています。 今の仕事は自分に向いていない。 人間関係もうまくいってない。 そうだ!転職しよう!! 転職を契機に、以前から二重まぶたにあこがれていたA子さんは 二重整形を考えます。 毎日出勤前にアイプチをする時間が面倒、、、 最近まぶたもかぶれてきた、、、 次の仕事が始まるまで時間がある! 二重整形しよう!! 意を決したA子さんは、CMも沢山流れている大手美容クリニックを訪れます。 ホストのようなイケメンドクターから提案されたのは 「二重切開法」 取れない二重整形 今ならモニター価格で90パーセント割引ですよ!! 「今なら安い!」 その言葉に引かれたA子さんはそのまま当日二重切開を受けることになりました。 手術して1ヵ月後 明らかに不自然な二重まぶた、、、 こんなはずじゃなかった、、、 (注:上記A子は架空の人物です。 ) 二重整形切開法の全リスクと回避方法一覧 二重切開法のこんなはずじゃなかったリスクと回避方法一覧(よくある順位順に掲載) 1位:「まぶたが腫れていて人前に出れない!!」 まぶたの腫れは、体質による個人差があります。 また、希望とする二重幅が広いほど長引きます。 強い腫れは手術後7日目~1ヶ月(平均2週間)は覚悟が必要です。 2位:「内出血がひどい!」 内出血がでてしまうと、最初は青あざができます。 徐々に黄色いあざに変わっていきます。 消えるまでは3週間~1ヶ月半ほどかかりますので、その間はメガネやメイクで過ごすしかありません。 3位:「傷跡が目立つ、、、」 傷跡が目立ってしまった… やらなければよかった… というお悩みも非常に多いです。 傷跡は体質により個人差はあります。 通常1か月~3年で改善していきます。 最低でも半年間は待ったほうがいいでしょう。 「目を閉じたときの傷跡が目立つ、目を閉じたときに凹みがある」 と訴えがあります。 半年経っても目立つ場合は、傷跡修正手術で目立たなくさせることができる可能性もあります。 4位:「二重の食い込みが強い、、、」「二重の食い込みが弱い、、、」 腫れている間は食い込みが不安定で、食い込みが強かったり、弱かったりします。 なので最低半年はお待ちください。 半年以上経過しても、「うつむいたときの食い込みが気になる」 など、食い込みが強い場合もあります。 その際は 食い込みを弱くする修正手術で改善できることがあります。 逆に、二重の食い込みが弱く、最悪の場合は二重ラインがなくなってしまう方もいます。 その際は、 再度、食い込みを強くする二重切開修正手術が必要になります。 5位:「二重の幅が希望のラインではない!」 手術して半年以上経過した後、 二重幅が広い、狭い、左右差、ラインがなめらかでない、三重になった、予定外の二重ライン などの訴えがあることがあります。 修正手術で改善するしかありません。 6位:「二重ラインからまつ毛までぷっくり、、、」 通称ハム目、ソーセージ目といわれます。 修正手術で直すことができる可能性があります。 7位:「まぶたの感覚がない、、、」 二重切開をすると、二重ラインから下の感覚が一時的になくなることがあります。 通常、時間とともに改善していきますが、長いと3年くらいかかることがあります。 待つしかありません。。。 8位:不定愁訴 (眠たい目に見えるようになった、目が重い、まぶしく感じる、まぶたがピクピクする) 目とお腹は非常にストレスに弱い臓器です。 手術した後、気にするあまり、不定愁訴に悩まされる方もいらっしゃいます。 一番は気にしないのが良いでしょう。 場合によっては、手術によるまぶたへのダメージが原因のこともあります。 症状によっては、修正手術で改善できる可能性があります。 これは全て起こりうることです もちろん対処法もあります。 二重切開法といってもやり方は様々です。 その中でも安全で安心で信頼できる方法をご提供致します。

次の

二重整形でおすすめ!失敗しない名医の見分け方と値段まとめ

二重まぶた切開 失敗

二重まぶたの整形は非常に人気のある手術ですが、お顔の手術となると、失敗はあり得るのか…もし失敗したらどうしよう…どんな失敗例があるのか…と、心配になってしまいますよね。 もちろん、どなたでも失敗はしたくないというのが当たり前です。 失敗の可能性を低くくするためには、手術に関する正しい情報を知っておくことが必要になります。 そこで今回は、二重の整形手術に関する失敗例とその確率、また、失敗を防ぐための注意点をご説明いたします。 受けたい手術で起こりうるリスクをきちんと知り理解しておくことで、まずは手術を受けるかどうかの判断ができますし、失敗のリスクを最少にすることもできます。 二重整形を検討中の方はぜひ読んでください。 1-1-1.希望の二重幅にならない、左右差が出る 埋没法で大きなズレや左右差が出る事はほとんどありません。 しかし、たまに左右差や希望のラインにならないという事も起こりえます。 原因としては以下のようなものがあります。 手術前のシミュレーションや手術技術に問題がある• 特に目を開ける時に眉毛を持ち上げて目を開ける癖がある方• たるみの多い方 二重幅は眉毛の持ち上げ具合によって変化して見えます。 眉毛を上げると二重幅が広く見え、眉毛を下げると二重幅が狭く見えます。 このように、手術前後で眉毛の持ち上げ方が変わってしまうと、手術前の予定と違うラインになってしまいます。 対処法:再度埋没法を行う事で解決します。 3.失敗しないための注意点 ・自分の理想やなりたい形を医師にはっきり伝える 希望をしっかり伝えましょう。 きちんとした医師であれば出来ること出来ない事、リスクなどを詳しく話してくれます。 理想と現実実現できるラインを医師と相談しながら詰めていくのが重要です。 ・その場の勢いで安易に手術を決めない その場の勢いで手術してしまうと、思わぬ失敗につながります。 思っていた料金より高いもので施術してしまった。 考えてもいないローンを組んでしまった• 腫れないと言われて予算より高いお金を出したのに、手術したら腫れてしまった などがあり得ます。 しっかり比較検討して手術を決めるのが良いでしょう。 ・自分のまぶたに合った二重幅にする メイクの方法の変化やつけまつげ・エクステの出現により、かなり幅の広いラインを希望される方がいます。 美しい二重幅は黒目の大きさに対して2割程度と言われています。 広い幅が好まれると言っても3割以下のラインがいいと思います。 ・ドクターは自分で選ぶ ドクター選びは重要です。 万が一の事があってもきちんと対応できる医師を選ぶ必要があります。 多数医師が在籍しているクリニックでは全員の技術力は同じではありませんので、カウンセリングでも信頼感のある医師を選びましょう。 詳しくは「」をお読みください。

次の