北斗 有利区間ランプ。 パチスロの「有利区間」とは?【3000枚規制・2400枚規制】

『パチスロ北斗の拳 天昇』解析第2弾! 〜激闘ボーナス単発後を狙え!!〜

北斗 有利区間ランプ

伝承勝舞失敗=引き戻しなしではない! 蒼天の拳 朋友のメインボーナスである死合の刻。 その継続失敗後に必ず突入する引き戻しをかけた伝承勝舞。 メーカー発表値で 成功率は50%となっておりとても気合の入る瞬間でもある。 そして伝承勝舞チャレンジ失敗後は 七星カウンター発動状態の通常時からスタートとなります。 「あ~あ、伝承勝舞チャレンジ失敗しちゃった、七星カウンターなんて大したことないし回さずに辞めちゃおう」 なんて思ったあなた、この判断には注意が必要です! というのも、本機には 伝承勝舞チャレンジ失敗後にも引き戻しをする可能性があるからです。 それじゃあ結局辞め時はいつなのか?どうしたらいいのか? 次項に続きます。 つまり、内部状態の完全な低確状態。 それには有利区間報知ランプの消灯を目安にするのが無難かと思われます。 有利区間報知ランプは上記画像で赤丸をで囲ってある部分の_みたいなやつ。 これがAT後も一回も消えずに残っている場合はなにかしらの状態を残していると疑い、それが消えた場合には全てがクリアになったと思って問題ないかと思います。 そのため、逆に言えばこの有利区間報知ランプが途切れていない状態でAT当選 引き戻し をした場合には前回ATからの続きとなることになります。 つまり、前回天授の儀であれば天授の儀へと戻ることが濃厚と思われます。 もちろん、 同一有利区間内の出来事となりますので【有利区間上限1500G】【有利区間内一撃獲得上限2400枚】は継続している条件となりますので忘れないようにしましょう。 繰り返しとなりますが、本項目はあくまでも推測となりますので参考程度にお考えいただければ幸いです。 ゆえに、逆に狙い目!?思わぬお宝台も? さて、ある意味ここが本題でもある。 辞め時を見誤らないことが大切ということはつまり、辞め時を見誤ったAT後即辞め台は狙い目である可能性も高いということになります。 特に、個人的に注目しているのは 伝承失敗後の白モヤ付き七星カウンター これは絶対にチェック! 白モヤがついていないものよりも、内部状態への期待 引き戻しへの期待 は大きいのではないかと。 なので、伝承後即辞め台を狙う場合は ・AT当選から少ない連荘数のもの が 優先的に狙うべき台となると言えるかもしれません。 ただし、大連荘しているものは天授の儀が近いor天授の儀の最中ということも考えると ・AT当選から多く連荘しているもの も 獲得期待値としては上限は下がるものの平均値は高い可能性は十分にあります。 うまいことできてますね。 大連荘後の引き戻しを拾った時には突然エンディングから始まる…なんてことも場合によってはあるかもしれませんw お疲れ様です! そうなんですよね、おそらく現状の印象で 【伝承勝舞失敗=引き戻し失敗】 というイメージが強い方も多いんじゃないかと思います。 しかしだからこそ狙い目が出来たり、考察も出来たり楽しいですね! 有利区間ランプにつきましても、消えれば一旦終了した合図ととっていいとは思うのですが、確定情報ではないのでご参考程度にw 他にもこの機種有利区間関係は謎が多い…。 引き戻しは北斗シリーズならではの設定差だからあってもおかしくないですよね! 早く有利区間関係の解析…出たらいいなと最近はそればかり考えています。

次の

【北斗天昇の有利区間継続】天井到達後スルーした場合のチャンスモードについて

北斗 有利区間ランプ

ハイエナがゲロウマというリゼロ。 最近は導入するホールも多いですよね。 とあるホールでは 120台リゼロを導入されたところもあるみたいです。 天井が約777 G(CZ確定)くらいなのに100G〜期待値があるのは魅力的すぎますね。 一台辺りの消化も早いし、ラッシュに入っても早い。 2400枚取るのもたった300Gですからね。 そんなゲロ甘なリゼロを更に甘く打てる打ち方がCZ、AT終了後の有利区間ランプです。 赤で囲った部分が有利区間ランプになります。 これが点灯したままだと、 有利区間引継ぎとなり早いCZやATに期待できるのが特徴。 CZ、AT後の有利区間引継ぎが必ず勝てる訳ではありませんが、絶対攻めるべきケースも存在します。 有利区間引継ぎ時の次回モードを考察してみたので、参考になれば幸いです。 有利区間引継ぎ時は6号機北斗の拳と結構似てます。 深いゲーム数から有利区間引継ぎ時の場合は、次回当選ゲーム数が浅くなります。 逆に、浅いゲーム数から有利区間引継ぎ時の場合は、深いゲーム数になる可能性があります。 一応、有利区間引継ぎ時には250G台でAT直撃の 鬼天国へ移行する可能性があります。 ただし、今までの実践からCZ敗北時から鬼天国に移行したことはありません。 履歴を見ていると、ほぼほぼ高設定の台からしか移行していないように思われます。 なので過度な期待は禁物です。 仮に鬼天国だった場合、ループ性があるため出玉を作るチャンスとなります。 CZ or AT終了時から31G以内の台も狙い目? リゼロは即やめが基本ですが、場合によっては 有利区間を引き継いでる台を見極めれます。 0G辞めの場合 有利区間ランプが消灯していれば、有利区間は引き継がれてません。 スルーしても問題ないですが、 コンビニのお釣りや膝枕ステージからモード推測が可能です。 コインを入れて 「温泉ステージ or 膝枕ステージかつ画像の赤枠で囲った部分が残り30G」の場合は上記のケースになります。 赤枠で囲った部分が28Gならコンビニ非経由の可能性が高いため有利区間を引き継いでる可能性があります。 ただし、 350G以内のCZ敗北の場合、コンビニ非経由でエミリア膝枕ステージに移行します。 この場合、有利区間がリセットされている可能性大なので打たぬが吉です。 3G~32G辞めの場合 2G辞めの場合の応用となります。 まず350G以内のCZ敗北の場合、スルーが吉です。 それ以外なら、温泉ステージ or 膝枕ステージの残りゲーム数に注目。 データカウンターの表示が30Gで、 ステージ滞在ゲーム数の残りが0ならコンビニ非経由が濃厚。 この場合は有利区間を引き継いでる可能性があります。 データカウンターの表示が32Gで、 ステージ滞在ゲーム数の残りが0ならコンビニ経由が濃厚。 次回モード示唆のカードを見るために辞められた可能性大です。 もしもレム、ラムの膝枕ステージであれば早いゲーム数での当選が期待できます。 レムの場合はモードB天井の可能性があるのでお財布と相談ですが、ラムの場合は絶対に打ちましょう。 リゼロは狙い目の宝庫 稼働が無い店だと全然ですが、ある程度稼働のあるお店だと狙い目の台はそこそこあります。 3桁ゲーム数ハマりの台が落ちてることは私の地域ではほとんどありませんが、CZ or AT終了後に辞められている台の中には打てたりするのもそれなりにあります。 勝率は大して良くありませんが、収支は+域。 即やめ台だとスルーしがちですが、案外打てたりするのが落ちてたりします。 コインを入れるだけで打てるかどうかの判別が可能なので、上記のパターンに当てはまる台があれば注目です。 実際に、 有利区間引継ぎ時の実践をしてきましたので参考となれば幸いです。 350G辞めのリゼロを発見 忍魂を置いてあるホールにふと入ると、リゼロが目に止まる。 ありがたーく打たせてもらい、B天井と思われる 568Gで白鯨攻略戦。 この白鯨攻略戦は聖闘士星矢より好き。 1体目、2体目と、順調に鯨を討伐していく。 遂に望む3戦目…! ありがたや… 主人公は大してカッコよくないのに、美人と話をしている姿を見ると嫉妬に狂いそうになりますが。 ついでにとどめの 「花は好き?」 撮り所を間違えたようで、 「いいや、キライだな…」 各ラウンド毎に「3. 毎ゲーム5G以上の上乗せとなるが、連打や7揃いを引くことが重要となる。 なんも引けないと、45Gとかで終わりますからね。 これがめちゃくちゃデカい。 ジャグラーのBIG並みの出玉になりますからね笑 その後は強チェリーで +24G。 このまま完走とかできちゃったり…と希望を持つ中 速攻で駆け抜け。 でも出るのは早いですね。 10分程度でこの出玉ですからね… 初代ビンゴも純増8枚でしたから、4号機のAT機時代を一部体感できているような感じですね。 有利区間ランプが消えない時は続けるべき? 有利区間ランプは基本的に、 ・白鯨攻略戦 ・ぜろからっしゅ どちらかを経由すると、リセットされる可能性があります。 が、リセットされないこともあるのです。 リセットされる場合は、 赤枠で囲ったランプが両方消えます。 上がぜろからっしゅの時に付くランプ。 下は通常時、白鯨攻略戦、ぜろからっしゅの時に付くランプ。 この有利区間ランプが消えない場合には、続行か続行しないかで分かれそうだが、今回のパターンはこんな感じ。 通常時 568G 白鯨攻略戦 約30G おねだりATTACK 約10G ぜろからっしゅ 約95G 合計 約703G 有利区間は1500Gのため、残りは約797Gとなりますね。 有利区間ランプが消えない場合は、ぜろからっしゅを完走できるゲーム数を残しておくため、次の当たりは大体400G付近であると推測できます。 有利区間がリセットされていないと、次の当たりがある程度か推測できるのもリゼロの楽しみの1つ。 一日に2回連続でぜろからっしゅを堪能するのは初めてです。 ただ… 上乗せは、しょぼからっしゅでした。 純増も、さぎからっしゅでした。 有利区間ランプが消えたため、これにて実践終了。 リゼロは現在も増大傾向にあるため、打てる機会は多くなると思います。 ただ、250くらいまでは無抽選に近い状態のため、若干苦行ですがね… 異世界体操が唯一の楽しみになるってのも、なんだか嫌な話ですが… 今のスロットであれば、 ・ハイエナはリゼロ ・無ければ っていう立ち回りでもなんだか食っていけるような気がしますね。 毎日のディスクアップ1万G回すだけでも、理論上900枚のプラスですからね。 高設定ならもっといけますし… いつかはこの2機種をメインでをして、ホントに食っていけるかやってみたいなぁ。 と思いつつも、妻子がいますので、実現するのはほぼ無理なんですけどね….

次の

パチスロの「有利区間」とは?【3000枚規制・2400枚規制】

北斗 有利区間ランプ

パチスロ5. 9号機の有利区間とは?【3000枚規制】 パチスロ5. 9号機には【 通常区間】と【 有利区間】というのがあり、 【通常区間】はいわゆる低確状態、 【有利区間】はいわゆる高確状態となっています。 【通常区間】では 基本的にARTの抽選はしておらず、あくまでも 【有利区間】への移行抽選だけを行っているそうです。 【有利区間】はART抽選の行われる区間で、 通常時高確・CZ(チャンスゾーン)やART中、ボーナスも含まれます。 9号機では有利区間滞在を告知しないといけないため、有利区間滞在時は主に ドットランプなどによって告知されています。 乙女マスターズの場合。 クレジットの33の右下にあるドットが有利区間滞在中示唆 この【有利区間】は 最長1500ゲームとされており、1500ゲーム到達すると強制的に終了という事です。 マジハロ6では残り有利区間以上のストックがあった場合、画像のように有利区間終了までの残りゲーム数を告知します。 じゃあなぜ3000枚規制と言われているのかと言いますと5. しかしあくまでも最長1500ゲームなので3000枚到達するのは稀で、1000~2000枚前後が基本だと思います。 有利区間の告知は義務ですが、 有利区間が何ゲーム消化されたかの告知はされません。 なので1400ゲーム有利区間が消化された状態でARTに入れてもMAX100ゲームしかARTを消化できないということになります。 これこそが 嫌われている原因なのではないでしょうか? そして、 この有利区間はボーナス中やボーナス確定後も続く場合があります。 つまりボーナス確定後は早く揃えないと損だし、ART中のボーナスで有利区間がマックスになる場合もあるってこと。 ボーナス中の有利区間1500到達時はボーナス消化中にリセットされます。 ただしボーナス中のARTの抽選はしないと思われます。 なのでどうあがいても 一撃3000枚が限界だって事なんです。 もちろん有利区間がMAXになっても、再度有利区間に入れ何回も自力で引き戻すことで3000枚以上出すことができます。 有利区間滞在を告知しなくていい 有利区間1500Gまたは最大2400枚まで 5. 9号機からの変更点としては 「 有利区間の滞在を告知しなくていい」という事になりました。 しかし多くの6号機で有利区間ランプは搭載されています。 9号機よりも出玉スピードが上がったため、有利区間1500ゲームの他に 最大2400枚制限があります。 また 天井も復活しているため 常に有利区間状態(例外あり)で、5. 9号機では 有利区間が1500ゲームに達するまではリセットされずヒキ損などもありましたが、6号機では 一通りの流れでリセットされるし、仮に天井からのATで残り有利区間が少なくとも高純増ATでカバーされるので、そこまで有利区間を気にせず楽しめるようになりました。 天井もだいたいの機種が1000ゲーム以下に抑えられているので、残り有利区間500ゲームを残した状態でスタートできます。 もちろん出玉減少区間(CZ)があれば、エンディングに行っても1000枚くらいで終わる可能性もありますけどね。

次の