山口 敬之 伊藤 詩織。 【ブログ内容】北口雅章弁護士が伊藤詩織を侮辱!経歴+懲戒について

山口敬之の今現在!嫁や息子・伊藤詩織ハニートラップ説のデマも総まとめ

山口 敬之 伊藤 詩織

プロフィール 名前:山口敬之(やまぐちのりゆき) 生年月日:1966年5月4日 出身地:東京都 最終学歴:慶應義塾大学経済学部 現在フリージャーナリストとして活躍する山口敬之さんですが、TBS入社からフリージャーナリストになるまでの経歴を見ていきましょう。 山口敬之の経歴 慶應義塾大学経済学部を卒業した山口敬之さんは、1990年にTBSに入社します。 そして報道部に配属された山口敬之さんは、報道カメラマンに配属されるのです。 その後1993年には、ロンドン支局に配属された山口敬之さんは、ルワンダ紛争の現地特配員として活動します。 その後も政治部や報道特集プロデューサーとして活躍した山口敬之さんは、2013年にはワシントン支局長に就任します。 そんな山口敬之さんはワシントン支局長時代には、ベトナム戦争下における韓国軍の慰安婦の裏付けとなる公文書を初めて週間文春で発表したのです。 hatenablog. この米公文書は、週刊文春(4月2日号)でTBSの山口敬之ワシントン支局長が最初に発表した。 wikipedia. そして2016年5月30日付けでTBSを退社した山口敬之さんは、フリージャーナリストとして活躍しながら、アメリカ系シンクタンク『イースト・ウエスト・センター』客員研究員に転身したのです。 そんな山口敬之さんは、TBS時代から退社したその後も『ひるおび!』や『NEWS23』、『スーパーJチャンネル』などの複数のテレビ番組出演し、コメンテーターとしても活躍していました。 また2016年1月には政治団体『日本シンギュラリティ党』代表に就任し、同年3月には、一般財団法人『日本シンギュラリティ財団』を設立し、代表理事に就任したのです。 このように、山口敬之さんは学歴だけではなく、ジャーナリストとしても素晴らしい経歴の持ち主だったのです。 山口敬之の家族(嫁・息子)について 山口敬之さんの経歴を見てきましたが、家族についても調べてみました。 そんな山口敬之さんの家族は、嫁と息子の3人家族だそうです。 そんな山口敬之さんの嫁は、フジテレビの元政治部記者だったことが過去に報じられており、その際『フジテレビ美人記者』と紹介されていたのです。 当時は妻のほうが有名だったらしく、この記事には山口氏のことは出てこない。 しかし、 山口氏の妻がフジの元政治部記者であることは、先日、本サイトでも指摘したとおりだし、何より、新婦のそばでにこやかに笑っているタキシード姿の山口氏の写真がバッチリ掲載され、キャプションに〈フジテレビ美人記者とTBSの政治部記者の結婚式〉と書かれていた。 excite. そんな山口敬之さんは、2002年に結婚したようです。 さらに、注目すべきは本文にあった記述だ。 〈披露宴に安倍晋三官房副長官、加藤紘一自民党元幹事長が顔を見せていた〉とはっきり書かれていた上、安倍氏が出席していることを踏まえて鳩山氏がスピーチで安倍氏の話題に言及したこともふれられていた。 merumo. しかし山口敬之さんは2002年に結婚しているので、息子はすでに高校生くらいでは?という情報がインターネット上で上がっているようです。 ただ、ご本人が明かしている訳ではありませんので、実際はもっと小さいということも考えられます。 山口敬之による伊藤詩織への性暴力事件とは?詳細まとめ 山口敬之さんは2015年4月3日、当時27歳のジャーナリストの伊藤詩織さんに強姦したとして翌5月に週刊新潮に報じられたのです。 週間新潮に強姦を報じられた山口敬之さん 事件の時系列まとめ 事件が起こったのは2015年4月3日、当時TBSの政治部記者でワシントン支局長だった山口敬之さんが一時帰国中に、ジャーナリストの伊藤詩織さんと都内で会食したのです。 そして会食後、酩酊し意識を失った伊藤詩織さんは、同日深夜から翌日4日の早朝にかけて、山口敬之さんから性暴力を受けたというのです。 山口氏にレイプされたと訴えるのは、海外などでジャーナリスト活動を行う27歳の女性である。 山口氏と2人で東京・恵比寿の飲食店に入ったあと、途中から記憶を失ったという。 「私は薬(デートレイプドラッグ)を入れられたんだと思っています。 dailyshincho. 4月30日に警視庁高輪署が詩織さんからの刑事告訴状を受理。 捜査を進めた結果、裁判所から準強姦容疑で逮捕状が発布。 yahoo. そして2015年6月8日、山口敬之さんがワシントンから一時帰国のタイミングで逮捕する予定で捜査員が空港に向かうも、『上からの指示』で逮捕出来なかったのです。 4月30日には高輪署で告発状が受理されたが、6月8日に山口氏を逮捕しようと空港に行った捜査員から 「上からの指示で逮捕できなかった」と連絡があった。 bengo4. 中止の命令は、当時の警視庁刑事部長で現・警察庁ナンバー3・官房長の中村格氏によるもの で、彼自身、「 (逮捕は必要ないと)私が決裁した」と週刊新潮の取材で認めている通りである。 yahoo. しかしその後も捜査は続き、2015年8月には準強姦の疑いで山口敬之さんは書類送検されています。 山口敬之が不起訴処分に そして1年後である2016年7月、東京地裁は『嫌疑不十分』で山口敬之さんを不起訴としたのです。 そこで伊藤詩織さんは2017年5月、検察審査会に審査を申し立てますが、東京第6検察審査会は2017年9月、不起訴を覆すだけの理由がないとして「不起訴相当」としたのです。 警視庁に準強姦(ごうかん)(当時)容疑で書類送検された元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏(51)を不起訴とした東京地検の処分について、東京第6検察審査会が「不起訴相当」と議決したことが22日、分かった。 議決は21日付。 sankei. しかしその後の2017年9月28日、伊藤詩織さんは『望まない性行為で精神的苦痛を受けた』として、1100万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こすのです。 望まない性行為で精神的苦痛を受けたとして、ジャーナリストの伊藤詩織氏(30)が元TBS記者の山口敬之氏(53)に1100万円の損害賠償を求めた訴訟。 asahi. そしてこの本には、伊藤詩織さんの苦悩の4年間のすべてが暴露されており、これにより勝訴を掴んだと言っても過言ではないのです。 山口敬之が名誉毀損で伊藤詩織に損害賠償を請求 伊藤詩織さんが暴露本である『Black Box』を出版したことで、山口敬之さんは2019年2月、名誉を毀損し、プライバシーを侵害されたとして損害賠償を請求しています。 山口氏は今年2月、詩織さん側からの損害賠償請求に対し、「名誉を毀損し、プライバシーを侵害した」として詩織さんを相手取り1億3000万円の賠償を求めて「反訴」していた。 excite. しかし2019年12月18日、東京地裁(鈴木昭洋裁判長)は、山口敬之さんに対し、伊藤詩織さんに330万円を支払うよう命じ、勝訴を掴んだのです。 山口敬之による伊藤詩織への性暴力事件、ハニートラップ説はデマ 今回勝訴した伊藤詩織さんですが、事件後、伊藤詩織さんには『ハニートラップではないか』という声も上がっているのです。 なぜハニートラップ説が浮上したかと言うと、食事をするきっかけに至った経緯だと言われています。 まず山口敬之さんと伊藤詩織さんの出会いは、伊藤詩織さんのアルバイト先のバーで知り合い、その後、就職活動中だった伊藤詩織さんが、山口敬之さんに就職先を紹介してもらおうとメールを送ったことがきっかけで会食に至ったのです。 訴えや判決によりますと、伊藤さんは4年前の平成27年、就職先を紹介してもらおうと、当時、TBSのワシントン支局長だった山口氏と食事に行き、飲酒をしました。 nhk. 伊藤詩織さんの件、松本人志もハニトラとか言ってたよね— 鈴木ドミノ domin0721 伊藤詩織の件はハニトラに引っ掛かった馬鹿な男の末路という感想しかないんですが。。 — ピノリユキ pinoeri1025 しかし、伊藤詩織さんがもしハニートラップであれば、TBSなどに就職するなどのメリットがあるはずですがそれもなく、判決の裁判長の言葉にもあるように、虚偽の申告をする必要はありません。 東京地裁判決は「伊藤詩織さんには被害を虚偽申告する動機がない」と指摘する一方で、山口敬之氏の説明は不合理に変わっており、信用性に重大な疑念があると判断した。 saga-s. 伊藤さんは2017年5月29日、司法記者クラブで会見を開き、名前と顔を出して山口さんからの被害を訴えた。 性被害を顔や名前を明かして告発するのが珍しかったこともあり、大きな注目を浴びたが、一方で「ハニートラップ」などと心ないバッシングもあった。 huffingtonpost. 伊藤詩織さん会見。 質問「月間ハナダやはすみとしこ氏などセカンドレイプに対する法的措置は考えているか」 伊藤さん「法的措置を考えている。 なぜなら、私に対する攻撃を見て他のサバイバーたちが声を上げたらこういう仕打ちをされるのかと口を閉ざしてしまう」— なすこ nasukoB 次は(セカンドレイプへの)法的措置を考えています。 というのは、こういう措置を行わなければ、同じことがどんどん続いてしまう。 一番心苦しいのは、私に対するコメントを見て、他の(性被害)サバイバーたちが『自分も話したら同じように攻撃されるんじゃないか』と思ってしまう。 yahoo. 外国特派員協会での記者会見において伊藤詩織氏が、改めて紹介するのも身の毛がよだつ内容の醜悪なセカンドレイプを繰り広げた「月刊Hanada」や「はすみとしこ」らに対し、他のレイプサバイバーを沈黙させてしまうとして法的措置を考えていると明らかにした件。 本当に勇気ある行動。 全力で応援する。 — 異邦人 Narodovlastiye 山口敬之の現在は? 山口敬之さんは2019年12月18日、東京地裁(鈴木昭洋裁判長)に、伊藤詩織さんに330万円を支払うよう命じられています。 そんな山口敬之さんは翌日の12月19日、日本外国特派員協会で記者会見を開きました。 弁護士とともに記者会見を開く山口敬之さん ジャーナリストの伊藤詩織さんが性暴力被害を訴えた裁判で、東京地裁から慰謝料など330万円の賠償を命じられた元TBS記者の山口敬之氏が、19日午後から日本外国特派員協会(東京・千代田区)で記者会見を開いた。 yahoo. また伊藤詩織さんに対しては、嘘つきの常習犯ともコメントしています。 他にも、私が自分の立場を利用して性行為に至ったわけではなく、合意の上での性行為だったとも主張しています。 まとめ いかがでしたでしょうか。 元TBS記者で、現在はフリージャーナリストとして活躍する山口敬之さんの経歴や家族、そして伊藤詩織さん事件の詳細などについてまとめました。 刑事事件では不起訴となり優勢かと思われていた山口敬之さんですが、民事訴訟では伊藤詩織さんが逆転しています。 そんな山口敬之さんは控訴する意向を明らかにしており、泥沼化しそうで、今後も目が離せません。

次の

山口敬之の現在と伊藤詩織の正体は?グラビア撮影をした真相とは?|イヌノツドイ

山口 敬之 伊藤 詩織

先ほど東京地裁がジャーナリスト・伊藤詩織さんに対して元TBS記者・山口敬之氏から性暴力を受けたことを認定し、損害賠償330万円の支払いを命じました。 同時に山口氏が伊藤さんに起こした1億3000万円の名誉棄損訴訟は棄却されるなど、全面的に山口氏側の非が認められる格好となりましたが、どうしても見逃せないポイントがあります。 詳細は以下から。 まず見てもらいたいのが「月刊Hanada」2019年10月号。 小川榮太郎氏の「 【伊藤詩織氏を告発する! 】性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体」という記事が掲載されました。 2019年11月号では「 【告発! 「伊藤詩織」事件の闇】「伊藤詩織」は性被害者なのか」という記事。 あくまで性被害者でない……と言わんばかりのタイトルです。 2020年1月号では「 【徹底追及『Blak Box』! 巨大ネットワークの正体】「伊藤詩織」に群がる面々」として、今度は伊藤さん周辺の人物をターゲットにしています。 別の月刊誌では対談記事を載せるなど、小川氏は山口氏を積極的に支援しています。 ちなみに山口氏に対する「月刊Hanada」のバックアップはこれらの記事だけでなく、編集長・花田紀凱氏が自らの番組に出演させることも。 つまり雑誌ぐるみで伊藤さんを攻撃していたわけです。 「 "伊藤詩織問題"。 山口氏の言い分を真に受けた視聴者から「山口さんがかわいそうだ。 こんな変な女に引っかかって」などのコメントが寄せられています。 性暴力が認定された今、これらの記事や動画は伊藤さんの名誉を毀損するものになるのでは……という気がしてなりません。 ・18:00追記 なお、山口氏を積極的に支援している小川榮太郎氏は「少数意見の偏重で国民は幸せになれるのか?」といったキャッチコピーが躍る本で対談するなど、杉田水脈議員と意見を共にすることでも知られています。 杉田議員の寄稿が炎上した後の「新潮45」ではLGBTを「性的嗜好(正しくは性的指向、性的嗜好はフェチなどを指す)」と断言した上で性犯罪と同列に並べて語るなどして、彼女をバックアップしていました。 そしてそんな杉田議員はをはじめ、各所で伊藤詩織さんを叩いていた人物。 さらに杉田議員の盟友・はすみとしこさんも強く侮辱するイラストをアップし、BBCで報じられた伊藤さんの泣き顔に「」とコメントするなど、むせ返るような悪意をぶつけています。 上記の例だけでも、伊藤詩織さんが保守を自称する人々から、どれだけ徹底的に蹂躙されてきたのか分かるのではないでしょうか。 ・次の記事.

次の

【ブログ内容】北口雅章弁護士が伊藤詩織を侮辱!経歴+懲戒について

山口 敬之 伊藤 詩織

先ほど東京地裁がジャーナリスト・伊藤詩織さんに対して元TBS記者・山口敬之氏から性暴力を受けたことを認定し、損害賠償330万円の支払いを命じました。 同時に山口氏が伊藤さんに起こした1億3000万円の名誉棄損訴訟は棄却されるなど、全面的に山口氏側の非が認められる格好となりましたが、どうしても見逃せないポイントがあります。 詳細は以下から。 まず見てもらいたいのが「月刊Hanada」2019年10月号。 小川榮太郎氏の「 【伊藤詩織氏を告発する! 】性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体」という記事が掲載されました。 2019年11月号では「 【告発! 「伊藤詩織」事件の闇】「伊藤詩織」は性被害者なのか」という記事。 あくまで性被害者でない……と言わんばかりのタイトルです。 2020年1月号では「 【徹底追及『Blak Box』! 巨大ネットワークの正体】「伊藤詩織」に群がる面々」として、今度は伊藤さん周辺の人物をターゲットにしています。 別の月刊誌では対談記事を載せるなど、小川氏は山口氏を積極的に支援しています。 ちなみに山口氏に対する「月刊Hanada」のバックアップはこれらの記事だけでなく、編集長・花田紀凱氏が自らの番組に出演させることも。 つまり雑誌ぐるみで伊藤さんを攻撃していたわけです。 「 "伊藤詩織問題"。 山口氏の言い分を真に受けた視聴者から「山口さんがかわいそうだ。 こんな変な女に引っかかって」などのコメントが寄せられています。 性暴力が認定された今、これらの記事や動画は伊藤さんの名誉を毀損するものになるのでは……という気がしてなりません。 ・18:00追記 なお、山口氏を積極的に支援している小川榮太郎氏は「少数意見の偏重で国民は幸せになれるのか?」といったキャッチコピーが躍る本で対談するなど、杉田水脈議員と意見を共にすることでも知られています。 杉田議員の寄稿が炎上した後の「新潮45」ではLGBTを「性的嗜好(正しくは性的指向、性的嗜好はフェチなどを指す)」と断言した上で性犯罪と同列に並べて語るなどして、彼女をバックアップしていました。 そしてそんな杉田議員はをはじめ、各所で伊藤詩織さんを叩いていた人物。 さらに杉田議員の盟友・はすみとしこさんも強く侮辱するイラストをアップし、BBCで報じられた伊藤さんの泣き顔に「」とコメントするなど、むせ返るような悪意をぶつけています。 上記の例だけでも、伊藤詩織さんが保守を自称する人々から、どれだけ徹底的に蹂躙されてきたのか分かるのではないでしょうか。 ・次の記事.

次の