鬼舞辻無惨 呪い。 【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨とはどんな人物?彼の正体や過去から死亡シーンまで徹底調査!

【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨に関する7つの知識!鬼を統べる悪の正体とは?【鬼滅の刃】

鬼舞辻無惨 呪い

人物 闘争本能が激しく邪悪な鬼でありながら、理知的かつ静謐な自我を有する(あるいは、永い時をかけて取り戻した)。 さらには無惨以外には不可能であるはずの『人間を鬼に変質させる』事に成功した(ただし、実現できたのは二百年かけて一人のみ)ばかりか、既に『鬼の治療法』の開発を視野に入れる域に至っており、限定分野では無惨を超える程に『鬼の正体』に近づいている。 永い時を生きているためか、無惨についても一定以上の情報を把握しており、彼/彼女を「 臆病者」と評している。 ただし逆に、無惨滅殺の目的を同じくするには、現当主であると交流を持っていることから、鬼殺対象とはされないようである。 浅草において、鬼となった者にも「人」という言葉を使い助けようとした炭治郎に好感を持ち、援助しようと愈史郎とともに姿を現す。 直後に襲来した無惨からの刺客を退けた後、鬼殺隊である炭治郎とは別行動を取るため、鬼の採血に必要な装備を託して新たな拠点へ発った。 禰豆子が日光を克服したのを機に、目前に迫りつつある無惨との総力戦に備えるため、鎹烏を通じて産屋敷から鬼殺隊の本部に招かれる。 無惨襲来の際には、産屋敷が自身の命と引き換えに作った千載一遇の好機を利用して、禰豆子や十二鬼月の血を使い完成させた、 鬼を人間に戻す薬を無惨に投与した。 その際に、人間だった頃は病で余命幾許もなかった事、子供が大人になるのを見届けたい一心で無惨の誘いに乗って鬼と化してしまい、結果として夫と子供を喰い殺してしまった事、その後は自暴自棄になり更に大勢の人間を殺してしまった事など、彼女が鬼になった経緯が断片的に明かされている。 「お前・・・は・・・今日・・・必ず・・・地獄に堕ち・・・る・・・」 「私の・・・夫・・・と・・・子供を・・・かえ・・・せ・・・」 と最後の力を振り絞って吐き捨てるが、「 ならばすぐさま死んで 己が殺した身内の元へ行くがいい」と言い放った無惨によって喰い殺された。 186、7話の炭治郎が見た先祖の記憶では、戦国時代、に無惨が追い詰められた時もその場にいた。 当時すでに無惨に対する憎悪と人としての理性を取り戻していたらしく、追い詰められた末に逃げ出すというあまりに生き汚い姿を晒す無惨に激昂し、まだ無惨の支配下にあったにもかかわらず無惨の名前を口に出し罵った。 しかし無惨は縁壱に絶命寸前まで追い詰められたせいで弱体化していたため、珠世は一時的に呪いから解放され死なずに済んだ。 それ以降は「無惨はあなたが生きている間は姿を現さない」と言いつつ、縁壱に協力することを誓った。 つまり珠世は少なくとも 400歳以上の鬼であることが判明したのである。 縁壱と別れてからは動物や人間の死骸を喰らう事で何とか生き延び、食人衝動に襲われても縁壱の己への信頼の言葉を思い出しながら、苦しみに耐え抜いてきた。 珠世が投薬した人間に戻る薬を無惨は分解、覚醒したと思われたが、実は 薬は四種類投薬されており、無惨が白髪となったのはその効果でしたためだということがわかった。 薬の効果と種類は、 1. 人間に戻る 2. 1分で肉体を50年加齢させる 3. 分裂阻害 4. 細胞を破壊する というものである。 1の薬を主軸に、1が分解されたとき2から4の薬の効果が出るように開発された。 これはと共同で作られたものであり、上記の四種類を組み込むという発案をしたのも彼女である。 鬼である珠世に対する憎悪が抑えきれないしのぶと、それを察知ししのぶに殺意を向ける愈史郎の板挟みに遭い、居心地が悪そうにしていたが、しのぶの発想には素直に感心しており、薬の開発自体には問題はなかったようである。 しのぶもまた、禰豆子に使う分が足りなかった時のために藤の花から作った鬼を人間に戻す薬を万が一に備えに預けた際に、「 鬼を人間に戻す薬は珠世さんが3つも作ってくださったので これはもう必要なかった」「 あの人は・・・・・・すごい方です 尊敬します」と、鬼である珠世を「人」と呼び称賛の言葉を漏らしていた。 上述通り、無惨が白髪となったのは覚醒したからではなく、老化したためであったのだが、人間に戻る薬だけを分解するのに注力していた無惨は当初気づいていなかった。 炭治郎が無惨の攻撃を回避したことで自身の身体の異変に漸く気付き、薬について吸収した珠世に問いただしている。 しかし珠世は薬について話すのを激しく拒絶しており、「 無駄に増やした脳味噌を使って考えたらどうだ?」などと怒りと恨みを晴らすような言動をしている。 投薬により、無惨が分裂して逃走するのを防ぎ、更に縁壱のように無惨より強い存在にならなくても戦えるように無惨を弱体化させた。 このことからしのぶと珠世は 影の功労者として相応しい存在と言えよう。 なお薬の効果が表れる前に、猫の(詳細は下記)から珠世が作った血清が達に届けられている。 それによって細胞破壊を一時的にではあるが、緩和することができた。 その直後に茶々丸は無惨にバラバラに斬り刻まれてしまうが、決戦直前にため生存が発覚した。 能力 身体能力・体質 人喰い鬼としての特性を有する。 すなわち不老不死(日光と以外には)で、頭部を破砕されてもすぐに治癒する超再生力を備えている。 長期間にわたって食人を絶っているためか、身体能力・強度面においては(特に四百余歳と鬼としても高齢であることを加味すると、非常に)弱いが、それでも常人を大きく凌駕する。 また、無惨が全ての鬼にかけている 呪いを医術的に『正当な方法で』解除している唯一の個体であり、この一点をもってして鬼とは別種の生物とすら言える存在に昇華している。 しかしながら、彼女の目的のためには高度な医療設備が必須であり、流石の珠世といえど無惨と遭遇した場合は必滅が避けられないため、愈史郎の 目隠しの術のサポートを受けながら拠点を転々としている。 この他、食人衝動が最小限となるよう体質を変質させており、医者として市井に紛れる中で、金銭に余裕のない者から輸血と称して血を購入して摂取している。 惑血(わくち) 自らの血を媒介として発動する、幻惑系の異能。 匂いが及ぶ範囲なら無差別に影響し、様々な効果を選択できるが、強風などで匂いが拡散すると効力を失う欠点も有している。 ただし、当然ながら珠世はその欠点を熟知した上で戦術を組み立てる。 視覚夢幻の香(しかくむげんのこう) 匂いを嗅いだ者の視覚に不可思議な紋様が現れ、身動きを取れなくする。 白日の魔香(はくじつのまこう) 自白剤のようなもの。 脳の機能を低下させるため、虚偽を述べたり秘密を守ることが不可能となる。 人体にもかなり有害。 融通無碍の香(ゆうずうむげのこう) ジャンプGIGAに掲載された番外編の四コマで使用。 対象者に冗談かと思うような効果が現れる(ちなみに、失敗している)。

次の

【鬼滅の刃】朱紗丸(すさまる)の最後・死亡シーンの死因判明!無惨の呪いが残酷すぎる

鬼舞辻無惨 呪い

本作の に位置する人物であり、・および殺隊の宿敵。 世に蔓延るは全て彼の血から生まれたであり、その全てを血の呪いで統制しているのが鬼舞辻無惨である。 普段は長いを後ろでめた美のような姿をしているが、姿形を自在に変えることが可であり、作中では成人、成人、…と様々な顔を使い分けてに潜んでいる。 底した秘密義っぷりはそれだけに留まらず、配下の達には「自分の名前を他人に喋ると死ぬ」という呪いまでかけており、そのため達からは基本的に「あの方」と呼称されている。 更にはの全てがどこにいるのかも大体しており、によっては思考すら読むことが出来る。 的は「 陽のを浴びても死なない璧なになること」。 しかし璧なは自分一人でいいと考えており、その的達成の為に嫌々ながらも同族を増やしているという状態である為、配下の達の命はのように軽く扱われる。 彼にとってが己のために働くのは当たり前であり、達の行動の評価は全て減点方式で行われる。 そんな彼だが 短慮かつ感情的な行動が多く、性格も非常に自己中心的。 加えて沸点も低いために不愉快なことがあるとすぐ怒りを露わにし、たとえ(自身が精鋭で組織したはずの)相手であっても、容赦なく理不尽な制裁を加える。 特に印的なとして、下弦の・累が殺隊に殺された折に、下弦のの存在意義を疑った彼が残る下弦の達を召集、その場で下弦のを除くを殺してしまったというものがあり、そこで下弦の面々が殺された理由も• 心の中で文句を言ったから• を吐いて自分の言葉を否定したから• 二人が殺されたのを見て出したから• 自分に図々しく図したから という細かつ理不尽なものばかりで、しかもこの処刑による戦低下が後々自分の首を絞めているのを見るに、一時の感情に身を任せた短絡的な行動だと言わざるを得ない。 傍若人な振舞いが立ち、お世辞にもあまり性に溢れているとは言い難いが、ももどこか臭く、それゆえに次に何をするか読めないでもあり、魅的なとして描かれている。 一方で、・からはこうした彼の部下への理不尽な言動を受けて 「上」呼ばわりされるようになり、そこから生して 「の呼吸の使い手」だの 「作中で最もを殺した人物」だの好き勝手言われるなど、としてもされつつある。 においても、の彼の登場ではで彼への罵倒が書き連ねることが半ば恒例化するなどの盛り上がりを見せている。 余談だが、癖毛からからと呼ばれてることもある。 関連動画 関連静画 関連項目• それこそ豆子を発見して、ようやく自ら動き、鳴女を使ったくらいだし。 相手に偵察なんてしないし(面倒臭がりなら尚更)、そもそも、そんなことは上弦の2匹という「出来ると評判の業者」に任せればいい(駆除方法やその用意なんてで考えろ)、みたいなごく庶民的な考え。 そして上弦の方も、惨の性格的に戦よこせ!なんて言えないし、自信はあるからする気もない。 の首だが、でもなんでもないので、に細かい示を与える気はなく、そもそもそんな事に頭使う気が碌にないと思われる(性格が短絡的なだけで、最見る限りはいい)。 らはでにのか。 めらが幸福など感じるな」とばかりにに生きようとする 敵のを継ぐものであるかどうかに関わらず ぶち殺し、にさせて好きな時にぶち殺して悦に浸ること 本人は否定していそうだが「や呪いで殺す」のが好きでそれやり続けたい為にしようとしてただけなんじゃないだろうか。 もっと沢山のから幸福を奪ってぶち殺してを増やして使い倒し自分の手でぶち殺す為に 増やしたくもない同類々とはほざいてはいるが好きな時に自分の手で殺したり振るって理矢理暴論をっぽくして気分良くしたいのがだから多分それすらも まさに 1474 ななしのよっしん.

次の

鬼舞辻無惨 太陽の日光を克服?呪いの解き方!妻や子どもの名前!性別・正体!血鬼術の能力!ラスボス?【鬼滅の刃】

鬼舞辻無惨 呪い

鬼滅の刃の鬼舞辻無惨の呪いとは? 鬼滅の下弦パワハラ回、十二鬼月の上弦と下弦の説明と禰豆子が無惨の呪い外してることの説明があった直後にはもうパワハラ始まってんのマジで笑う — リュウビ Aa12ikusaGa 鬼舞辻無惨は1000年以上前に生まれた最初の鬼です。 無惨は自分の血を与えることで人間を鬼にできます。 無惨の血を多く与えられればられるほど強い鬼が生まれます。 しかしあまりにその血が強力であるため、無惨から血を与えられた人によっては細胞が耐え切れずに崩壊し、死に至ることもあります。 この無惨の血に耐えられることができた人が鬼となることができるのです。 しかし鬼には無惨の呪いがかけられてしまっています。 その呪いについて紹介していきます。 無惨の呪い そして鬼になったものには無惨は呪いをかけています。 呪いには今のところ3つ明らかになっています。 無惨は血を与えた鬼に以下のことができます。 思考を読み取ることができる• 位置を把握することができる• 無惨の名前を出すだけで細胞が崩壊してしまう このような呪いがあっては、逆らうことはもちろんできず、生死も握られているような状況です。 ですので鬼たちは無惨のことを直接無惨とは呼ばずに「あのお方」などと呼んでいるのです。 ただ、この呪いは必ず発動するわけでなく、あくまでも無惨自身がコントロールできるものなので上弦の鬼や下弦の鬼で無惨の名前を口にしても細胞が崩壊しない鬼もいるようです。 実際に98話で上弦が集結した際には「上弦の参 猗窩座」や「上弦の壱 黒死牟」は無惨の名前を口にしています。 しかし細胞が崩壊せずに特に何も起こりませんでした。 おそらく無惨から信用されている鬼に限っては呪いがでないのでは思われます。 鬼の制約 無惨の呪いではありませんが、無惨を含め鬼には制約があります。 無惨は人間だったころ、病気で長くは生きられない状態でした。 医者が治療をしていましたが、一向に治らないことに腹を立てた無惨に殺されてしまいます。 その後その医者による薬が効いていたことがわかり、無惨は強靭な肉体を手に入れました。 しかし、その代わりに人の血肉を求め、日光に当たると消滅する体になってしまったのです。 病弱だった無惨は巨人な肉体の代わりに、日光に当たると滅びてしまうという代償を得ました。 このような理由で無惨という鬼が誕生したのです。 無惨も望んで鬼になったのではないのですね。 産屋敷一族の呪い 無惨はお館様と同じ、「産屋敷一族」の血筋でした。 産屋敷一族はその中から鬼が生まれてしまったため、一族にも呪いがかけられてしまいます。 この呪いは無惨がかけたものではないと思われます。 産屋敷家の人間たちは皆、寿命が30年以下となり、寿命が短くなってしまいました。 その呪いによってお館様も長くは生きれないと悟っているのです。 無惨を自分の一族から生んでしまったため、無惨が鬼になってしまってからずっと鬼殺隊をまとめ対抗しています。 無惨の呪いは解くことができる? では無惨の呪いは解くことができるのでしょうか? 先ほどもお話ししましたが、無惨の呪いとは無惨の血が与えられたものは、無惨のコントロール下に置かれ、監視される呪いです。 無惨に鬼にされてしまっては、呪いを解除することはなかなか難しいように思われます。 ですが、無惨の血を与えられたにも関わらず、「珠世」と「禰豆子」は自力でその呪いを解いています。 では彼女たちはなぜ呪いを解くことができたのでしょうか? 無惨の呪いを解くカギが、その二人の解き方にあるかと思われます。 ここからはこの二人について考えていきたいと思います。 珠世はどう解いた? 10話まで。 珠世が自力で呪いを解除できたくだりを掘り下げて過去話やって欲しいなぁ。 関さんと皆口さんが夫婦役ってのは個人的に興味深いw — 是 alternative2096 珠世は「自らの体をいじった」とありますが、自分で手術などして体の仕組みから変えたのでしょう。 珠世は無惨の鬼にされた後、自身の身体を改造して人間を食べなくても大丈夫な体に変え、少量の血で生きることができます。 珠世は、無惨の支配から逃れており、無惨を倒そうとしています。 珠世が無惨を倒そうとするのなら、無惨は呪いで珠世を殺すことができます。 しかし無惨は珠世を探すこともできていませんでしたので、珠世は無惨の呪いを解くことに成功しているといえます。 ちなみに、珠世は「愈史郎」という鬼を作り出しています。 無惨以外で鬼を作り出したのは珠世だけです。 禰豆子が無惨の呪いを解けた理由は、明らかになってはいません。 おそらく禰豆子は炭治郎が鱗滝左近次と修業をしていた2年間眠り続けています。 禰豆子はその間に無惨の呪いを解いたと言われています。 なぜ禰豆子は呪いが解くことがで来たのでしょうか? 人間を食べない まず、はじめに禰豆子は人間を食べていません。 禰豆子は人を食べたいという欲求を我慢できます。 血を見せられても、よだれは出ていましたが、襲おうとはしませんでした。 常に竹をくわえているのもそのためだと考えられます。 つまり禰豆子は長い間人間の肉を食べなかったことで、呪いを解除できたかもしれませんね。 人間を食べることで鬼の本能を呼び覚まして、無惨の呪いが強まるといったところでしょうか? 人間を敵とみなしていない また、禰豆子が人間の心を持ったことで、無惨の呪いを解除できたとの説もあります。 禰豆子が寝ている間に鱗滝左近次は「人間は家族だ。 人間を守れ。 鬼は敵だ」と暗示をかけています。 それから禰豆子は人間を自分の家族のように見え、守ろうとします。 そして家族を襲う鬼を敵と認識しているのです。 人間を家族と思い大切にしようとする気持ちが、無惨の呪いを解いたのかもしれませんね。 血統が影響? さらに、禰豆子の血筋、つまりは日の呼吸の伝承者の子孫だから呪いを解除できたとの説もあります。 炭治郎や禰豆子の竈門家は代々ヒノカミ神楽を受け継いできており、そのヒノカミ神楽の元になっているのは日の呼吸ですね。 日の呼吸は水の呼吸や炎の呼吸などの原点となる「始まりの呼吸」と言われていました。 日の呼吸による攻撃を受けた鬼は、自分の体を再生できないです。 これは日の呼吸を扱っているときに刀が赫刀のようになっているためでしょう。 また、鬼には血鬼術という特殊能力が使える「異能の鬼」がいます。 禰豆子は「爆血」という血鬼術が使えます。 禰豆子の爆血は鬼の細胞を燃やせます。 そのため鬼のみを燃やし、鬼による毒も消し去ることができます。 日の呼吸も鬼が再生できないので、禰豆子の爆血の能力と似ているように感じます。 ですので、禰豆子の爆血は鬼の細胞を燃やすことができるため、何かのタイミングで無惨の細胞も燃やして呪いが解けたのではと考えられますね。 まとめ 鬼舞辻無惨の呪いとは、無惨に血を分け与えられた鬼がかけられるものと、産屋敷家一族の中から鬼を出したことにより一族が30まで生きられなくなったものと2つあります。 無惨は己の血を与えたものの思考を読み取ることができ、位置も把握できます。 また、鬼が無惨の名前を口にすれば体が崩壊することもあります。 通常、鬼は無惨の呪いをとくことはできませんが、珠世と禰豆子は自力で呪いを解いています。 珠世は自分で体をいじって解きました。 禰豆子は人食べていない、人の心を持った、日の呼吸を使っていた人物の子孫であることが呪いを解除できた理由だと考えられます。 これらのことから無惨の呪いの解き方を考察してきました。 以上「鬼滅の刃の鬼舞辻無惨の呪いとは?解き方をねずこや珠世から考察」と題しお届けしました。

次の