アジアン 隅田 休業 理由。 アジアン隅田の休業理由は婚活?現在はカフェでバイト!復帰も厳しい?

アジアン隅田の休業理由の本当の理由はもっと根が深い問題: 芸S。芸能人情報エンタメスクープ

アジアン 隅田 休業 理由

「 実は、その後で相方の馬場園さんが、隅田さんが酒で仕事に穴を空けたり、遅刻が続いたため休業することになったと暴露したんです。 つまり、婚活ではなく、酒が原因だと話したんです。 でも、本当の理由は、彼女が隅田さんを『ブスブス』と罵倒したからなんです」(バラエティプロデューサー) 過去に一度,、解散したことがあるアジアン。 「 隅田さんは、正直、馬場園さんのことが怖いそうです。 ネタの練習中もものすごい勢いでブスブスと連呼されるので、ストレスがたまっていたとか。 しかも、馬場園さんのほうが年下ですからね。 その積み重ねでストレスが悪化して、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に近い症状に悩まされ、お酒に走るようになってしまった。 馬場園さんの言うように、決してイケメンと知り合って連日飲み歩いてというわけじゃないんです。 2人の漫才のレベルは高くて周囲の期待も高かったのですが、隅田さん自身が馬場園さんを怖がっている以上、もう2人での活動は難しいかもしれませんね」(芸能事務所関係者) 引用:日刊サイゾー さすがに見た目でそう言われても笑いに変えられる人もいますが、隅田さんは「ブス」と言われる事に対してかなりストレスだったのでしょう。 馬場園のツイッターには「 なんかネットニュース見てたら、馬場園さんて、勘違いしたブサイクおデブちゃんみたいですね。 隅田さん可哀想やわ」という声が寄せられ、馬場園は「 今も漫才はずっと一緒にやってますけどね。 片方を悪い奴、片方を病的にして深刻なニュースにしたいんやろうけど でっち上げも甚だしい」と反論。 引用:デイリースポーツ 確かにネット上や人の噂は100%ではありませんが、関係者が話している内容ですし実際ブスいじりは行われていた事は確かですから信憑性は高いかもしれません。 馬場園さんは隅田さんの心の回避句が出来るように相方としてフォローしてお笑い・アジアンをテレビで再度見たいですね。 吉本ぶちゃいくランキング1位の殿堂入りを果たした、ハリセンボン春奈さんのメンタル面は相当強いとわかりますね。

次の

アジアン隅田の休業理由は婚活でなくホスト通いが原因!?現在はカフェ店員?

アジアン 隅田 休業 理由

もはやいいところを探す方が難しい? アジアンの隅田美保、馬場園梓が7月6日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。 15年に婚活に専念することを理由にテレビでの活動を休止した隅田だったが、馬場園の暴露により、休業の本当の理由は婚活ではなかったことが発覚した。 馬場園によれば「休むきっかけとなったのは、お酒なんですよね。 結構遅刻が続いて…」と、当時の隅田は酒の飲み過ぎが原因で、仕事に遅刻することが多かったとのこと。 昼1時の出番でも夕方6時頃にようやく連絡がつくようなことがあったといい、隅田も「寝てました」と、自身の失態を認めていた。 また、その遅刻が続いた結果、全国の劇場で無期限出入り禁止をくらってしまったという。 なんでも、隅田はさまざまな業種の人と出会ううちに飲み会に誘われる機会が増え、その飲み会で仕事の前日でもアルコール度数強めのお酒をショットグラスで何杯も飲み、寝過ごすという最悪のローテーションを繰り返していた。 そこからマネージャーを交えての話し合いとなり、婚活を理由に休もうという流れに持っていたとその経緯が明かされた。 要するに、婚活が理由というのは真っ赤な嘘で、仕事もすっぽかしまくっていただけという事実に、ネット上では「ちょっと応援しようと思ってたけど、やめとくわ」「ビジュアルも中身も残念過ぎる」「馬場園がただただ可哀想」など、隅田を批判する意見が殺到している。 「テレビでのブスいじりが婚活の邪魔になると隅田は嫌っていたようですから、思うように婚活ができないストレスをお酒で解消していたのでしょう。 だとしても、それだけの豪快な遅刻を何度も繰り返すのはプロとして完全アウト。 ダウンタウンの2人も、そんな遅刻を繰り返せるのは昔の師匠クラスの芸人だけと話しており、隅田の遅刻癖にドン引きしていました。 いずれにせよ、このエピソードが公になったことで、また隅田のイメージがダウンしたことは間違いありません」(エンタメ誌ライター) もはや救いようのないレベルだが、そんな隅田とコンビを組み続けている馬場園の懐の深さは本物だろう。 隅田も馬場園に感謝して、今後は仕事に精進して欲しいものだ。 (田中康).

次の

アジアン隅田の休業理由の本当の理由はもっと根が深い問題: 芸S。芸能人情報エンタメスクープ

アジアン 隅田 休業 理由

婚活イコール男性と出会うこと。 こう考えている婚活女子は多いのではないでしょうか。 出会える婚活スポットが特集されるのも、「出会いの数が婚活の決め手」と考える女子たちのニーズがあってこそだと思います。 もちろん男性と出会うことは、重要です。 けれど、共通の知人がいないなど、共通点のまるでない男性との出会いをやみくもに増やすことを、私はあまりおすすめしません。 なぜなら、男性の身元を確認するすべがないから。 婚活の場には、プロフィール詐欺や独身詐欺がいます。 出会いの数を増やす前に、婚活女子にチェックしてほしいのは、婚活の環境がよいかどうかです。 婚活環境がよくない具体例をあげてみましょう。 29歳の婚活女子Eさんから、こんなメールが届きました。 「母はずっと医師と結婚しなさいと言っています。 彼氏ができても、医師でないと露骨に嫌な顔をします。 やはり母の言うとおり、医師の人と結婚したほうがいいのでしょうか」 28歳の婚活女子Fさんは、友人との関係に悩んでいます。 「友人が読者モデルをしていて、大手企業の男性との合コンに呼んでくれるのですが、いつも引き立て役です。 私が気にしすぎなんでしょうか? 正直、大手企業の男性とは知り合いたいです」 よい婚活環境とは何か。 たとえば、Eさんのお母さんのように「〇〇(職業)な人と結婚してほしい」と言ってきた場合、婚活女子のみなさんはもう十分大人ですから、「自分のことは自分で決める」と言ってほしいところです。 しかし、実際はお母さんの言葉に決断を左右されやすい婚活女子も多いことでしょう。 そういう場合は、お母さんに〇〇の人が在籍する結婚相談所の入会金を払ってもらいましょう。

次の